久しぶりの我が家のペット、点(テン)と線(セン)。

『ハムスターを飼いたい』娘の突然の発言に『よし、探しに行こう』珍しく波長の合った娘と母。近くのホームセンターへ直行。
ハムスター売り場には大・中・小、沢山ケージがあって、いろんな種類のハムスターが居ました。
何しろ突然の思いつきですから何の構想もなく売り場に立ったのでした。ただ、できれば仲良しのオスをみつけて一緒に飼えればな〜という希望は持っていました。本来自然ではハムスターは一匹で行動するので一ケージに一匹で飼うのが基本です。ところが10年前、我が家の初代ハムスター・ミミとモモという兄弟は2匹一緒に何の問題もなく暮らし、2匹一緒ならではのかわいい姿をいっぱい見せてくれました。なので、なんとか売り場のハムスターの中から気のあった2匹を見つけだせたらと思っていました。

くりくりオメメのやんちゃなテンちゃん
(ちょっと写真写り良すぎです。)
のんびり寝坊助のおっとりセンちゃん
(実物はここまで太くありません・・かな・・と・思い・・ます。はい。)

何故オスがいいかと言うと、今までハムスターを飼った経験からメスよりもオスの方が優しくて飼いやすい様に思うのです。個体差なのかもしれません。でも信じる者は救われる!? とにかく仲良しオス二匹を探しました。

オスと書かれたケージを順番に見ていくと、『ブルーサファイア・オス』というのがありました。大っきなケージの中を覗くと隅っこに2匹だけ居ました、確かにブルーサファイア。たったの780円!
安いの大好きな母と娘、早速店員さんに頼んで見せて貰いました。

通常ハムスターをお店に置く期間は3ヶ月。テンとセンはそろそろその期限が近いと言うことでした。そう言われてみるとお隣のハムくん達より大きめでした。

店員さんに2匹一緒に飼いたいという希望を伝えると、やはり難しいとのこと。子供の頃は一緒にいられても成長するにつれて縄張り意識が強くなってけんかをしてしまうのだそうです。ただ、テンとセンはこの大きさになってもケンカする様子がないので、相性は悪くないかも知れないということでした。店員さんがケージに手を入れると2匹は揃って手に寄ってきました。なかなか人懐っこい様です。という訳でこの2匹は我が家にやって来ることとなりました。