ホーム
うさぎさんの基礎知識
うさぎさんの性質
うさぎさんの生態
うさぎさんの雑学
素朴な疑問Q&A
仕草と行動からわかる気持
うさぎさんの困った行動
うさぎさんのごはん
うさぎさんの身体のつくり
季節ごとの注意点
環境やうさんぽの注意点
うさぎさんの生理と繁殖
年代別のケア
介護が必要なうさぎさん
うさぎさんの病気や事故
(症状と対処など)
うさぎさんが入れる保険
病院選びの難しさ
うさぎさんのお迎え
うさぎさんを迎える準備
ペットショップの選び方
うさぎさんを迎えたら
うさぎさんの病院情報
病院情報口コミ掲示板@
病院情報口コミ掲示板A
あなたがウサギに出来ること
ケア&お勉強用品
うさぎさんショップ
うさぎさんの育児書
うさぎさんの絵本
管理人からのお願い
里親募集の動物
迎える視野に入れて下さい
虹の橋へ渡ったら
お月様のうさぎさん


 
 

 

うさぎさんのような力の弱い草食動物は早いサイクルでたくさんの子供を作ります。
性成熟
女の子:生後3か月
男の子:生後5か月

発情期
女の子:12日から14日の発情と2日から4日の休止期を一年中繰り返します。
ほとんど、いつでも発情していることと、交尾が刺激になり排卵するので妊娠の確率は非常に高いです。
男の子:女の子の発情に合わせていつでも発情します。

まだ小さいのに妊娠してしまったというケースは非常に多いです。
特に注意したいのは母うさぎと男の子の仔うさぎ、男の子と女の子の兄妹うさぎを一緒にしている場合です。
女の子が生後3か月を過ぎたら、例え親兄弟でも男の子と離しましょう。

儀妊娠
交尾がうまくいかなかったり、人間へのマウンティング、女の子同士のマウンティングでも排卵が起こるので、儀妊娠が見られます。
儀妊娠の場合、交尾、マウンティングから16日くらいで母乳が出るようになり、自分の毛を抜いて巣作りを始めます。
病気ではなくそのうち治りますが繰り返し儀妊娠が起こる場合は母乳がたまって乳腺炎をおこすことがあります。


一般家庭内での繁殖は私個人としては賛成できません。
理由其の一
生まれる子は1匹とは限らないこと。3〜多いと12匹くらい出産します。
理由其の二
生まれた子が健康なことは限りません。
生まれつきの遺伝性の病気(親うさぎに発症していなくても仔うさぎに出る場合がある)や出産時に負担がかかっての疾患がある場合も多々あります。
理由其の三
母うさぎさんに大きな負担がかかり亡くなるリスクもあります。
理由其の四
母うさぎさんが育児放棄することもあります。人工保育で育てなければいけません。
理由其の五
出産は女の子にとってかなりの体力と精神力を使う仕事です。
一般的に出産を多く経験している子は出産経験のない子より寿命が短いです。

他にも出産に関わる問題を多くみています。

どうしてもうさぎさんに赤ちゃんを産ませたい場合

生まれた子の里親先の確保・病気の子が生まれた時の覚悟・育児放棄した時の保育の自信を念頭に入れ、軽い気持ちでの繁殖は絶対に避けなければいけません。。


交尾後3週間ほどしてから体重が増えてきた、太ったように見えるのは妊娠のサインです。
妊娠期間は1カ月なので、女の子は出産がつ近づくと巣作りを始めます。
出産のための巣箱を用意してあげましょう。広さは母うさぎが横になって、仔うさぎと過ごせる広さのものです。
あまり大きな巣箱は落ち着きがなく使いたがりません。


妊娠期間が進むにつれ食欲が出てきます。
3週間目くらいには普段の倍のごはんをあげましょう。
栄養価の高い妊娠授乳期用のフードもありますので、食べるのであれば切り替えることもいいでしょう。
出産間近になると母うさぎさんは神経質になってきます。
触ったりせず静かに見守りましょう。
出産間近になると母うさぎさんは自分の毛を抜き産床を作ります。
毛をぬき出してから早くて数時間、遅くても2から3日中にお産が始まります。
出産は通常、早朝に始まることが多いようです。


子育て中の母うさぎさんはとっても神経質になっています。
赤ちゃんが何匹生まれたか見たい、生まれたばかりの赤ちゃんを見たい気持は抑えて、
授乳後の確認と弱っている子、亡くなっている子等の確認にとどめ頻繁にに巣箱は覗かないようにしましょう。
頻繁にのぞいたり、かまうと、子育てをしなくなったり、赤ちゃんを殺してしまうこともあります。
ケージの回りに布をかぶせてそっとしておくことが大切です。
人間や他の動物の気配から守ってあげることで安心して子育てに専念できます。
出産後1週間はご飯と水やりのみに抑え、ケージの掃除も最小限に抑えます。
その間は部屋の掃除も掃除機は禁止。静かに過ごさせて下さい。
仔うさぎの確認
授乳は1日に1から2回、短時間で授乳し、授乳以外は巣箱から出て仔うさぎとは別の場所で過ごします。
授乳は足りているか、飲めない子はいないかの確認は、とにかく素早くやります。
仔うさぎのお腹がパンパンに張っていれば大丈夫です。
また、死産の子、出産後生きられなかった仔はすぐに取り除いてあげないと、他の子の体温を奪ってしまいますので、
その確認も大切です。
この時、素手で仔うさぎを触ってはいけません。人間の手の匂いが付き、子育て放棄、殺してしまうことがありますので注意が必要です。


出産後は通常の3倍のごはんを食べます。フードも牧草もいつもの3倍を上げましょう。
また、水分も多量に飲みますのでたっぷりの新鮮な水を与えて下さい。
離乳が始まる出産後ごはんの量も減ってきます。6週間目くらいには通常の2倍位になります。
そのまま同等のごはんをあげ続けると肥満になりますので、7週間を目安に通常の量に戻します。


生後3週間くらいで離乳が始まります。
3週間くらい経つと仔うさぎは巣箱の外へ出てくるようになります。
離乳食はフードを砕いたり、ふやかしたりした柔かいものをあげましょう。
牧草は柔らかめのアルファルファがよいでしょう。
約6週間で離乳は終わります。


かかりつけの獣医さんにご相談ください。
人工保育の参考サイトはこちらです



参考文献:かわいいウサギの飼い方

Copyright (C) love rabbit-mint 2008.11.21- All Rights Reserved