−Information−

☆わたしたちの発行するチョコエッグメルマガ「☆目指せ!チョコエッグマスター!!☆」
のバックナンバーを掲載しています。

「☆目指せ!チョコエッグマスター!!☆」Vol.18(2001.4.24発行)

-ATTENTION-
−本文を転用、転載される場合は、ご連絡を頂けると幸いです−
All rights reserved




−2001/4/24発行号−

 ☆目指せ!チョコエッグマスタ−!!☆ Vol.18


┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏ 
            ☆目指せ!チョコエッグマスタ−!!☆ Vol.18
┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

 ☆全国のチョコエッガーの皆様、お元気ですか!Megukumaです。<(_ _)>
  4月も残すところあとわずか!新しい月には、どんな楽しいことがあるか、
  ドキドキしながら、目指せ!チョコエッグマスターのスタートです!!
 ☆今号も楽しい話題をCheck it up!(^_-)/

☆彡☆・☆=================================================☆・☆・☆彡

 ◆CONTENTS◆

  ┏┏ ☆毎号連載☆【やっぱりチョコエッグ!日本の動物第4弾版】
  ┏┏ ☆特集☆チョコエッグクッキング♪的話題!カカオ増量の第五弾!?
  ┏┏ ☆毎号掲載☆今週の耳寄り情報!!☆ Chocoegg-News
  ┏┏ ☆特集☆チョコエッグ秀作サイト紹介☆

 ┏┏ ☆毎号掲載【チョコエッグのあの一品 No.13 キツネ Vol.1】
 ┏┏ ☆読者リクエスト☆チョコっと、マニアック!
 ┏┏ ☆編集後記 担当:Megukuma

☆彡☆・☆=================================================☆・☆・☆彡

  ┏┏ ☆毎号連載☆【やっぱりチョコエッグ!日本の動物第4弾版】

 ☆今回は、日本の動物第4弾から、ムササビ君の登場です!!

 ◆フィギュアデータ【110 ムササビ】

 ・パーツ数:4(通常版=限定版)※1
 ・分割方法:頭部、胴体二分割、尾部

  ※1:ムササビはその大部分が、組み立て済みの状態でカプセルに入って
  います。まさに、組み立て手間いらず!(少し物足りない...)なのです
  が、初期に混入した一部と、後期流通の特定ロットには、分解版が比較的
  多く見られます。組み立て済み個体は、組み立てた状態で塗装を施してい
  るので、パーツの隙間に塗装が入り半接着状態になっています。また、限
  定版とは、講談社『チョコエッガー』に付属する、東北地方特徴色のムサ
  サビのことです。

 ・刻印位置:正面右側足下部分【C KAIYODO 110】
       (通常版=限定版)
       あるロットでは、表面塗装が厚すぎて、この刻印をほとんど読
       みとれない個体が目立ちます。別名、厚化粧版...(^^;)
       よーく見ると、110の1だけ、極端に短い個体もあります。
       他、まれに刻印位置ずれ個体が見つかります。

 ・成形色:通常版の大部分は乳白色系成型(濃淡違いで3種確認)
      関西地方流通版、特に分解版などには、黒系成型が目立ちました
      が、黒成型個体は関東地域で販売された一部のロットの組み立て
      済み版にも使用されています。組み立て状態で販売されている、
      限定版の成型は乳白色成型です。(限定版の黒成型は未確認)
            
 ・成形タイプ:成形刻印はアルファベット刻印
      (ムササビに用いられているのは、A.B.C.Dなど)で、
      左右の胴体パーツ内側脇部分に刻印されています。
      限定版も同様で、アルファベット刻印(多くはA刻印成形)
      タイプです。数字刻印の限定版は未確認。胴体パーツの凸部は
      正面右側(製品版=限定版)にあります。

      あと、これは余談ですが、成形の内側に、型抜き時の跡(丸印)が
      3つあるのですが、この跡(バリ)が1ミリ以上ある個体もありま
      す。確認してみて下さいね!!

 ・リテイク関連:リテイクというか、ダメ出しというか、とにかく、
      大きすぎて、カプセルに収まらず、市場に流通していない幻の初
      期版(少し恐い感じのリストの画像は、この初期版です。
      Megukuma的にボクサームササビくんと命名!『チョコエッガー』
      p.83には、この幻の初期版の原型の写真が掲載されています。)

 ・個体差関連:ロットによる混入数に極端な偏りがあり、フルタ製菓のHPに
      までお詫びが掲載されたムササビ君ですが、個体差の数もかなり
      多くの箇所で見つけることが出来ます。その中で、Megukuma的な
      おすすめチェックポイントは、鼻の頭!!よーく見ると、通常版
      には、薄い茶のグラデーションが施されているのですが、そこの
      濃淡差(全くない個体もあり)をCheck!、鼻の頭の色にも注目です。
      あとは少しマニアックに、耳と耳の間の頭頂部の幅をCheck!実は
      成型刻印との因果関係が...。上にも書いた、塗りの厚みによ
      る重量差なども調べてみると意外な発見があります。限定版の個
      体差としては、成形刻印をはじめ、シッポと脇部のグラデーショ
      ンの濃淡と幅の違いなどが代表的です。

 ・リスト:要Check!ポイントは、組み立て解説図の左側の違い。
      プレゼントボックス応募キャンペーン告知があるものと、告知が
      なく、代わりに保護者の方への注意書きがあるタイプの2種
      他、素材違いなど。

 【補記】半接着状態のムササビ君を分解するときは、まず頭部を抜くように
     外し(この時点で成型色を確認できる)、底部の境目に極細のピック
     などを入れて、てこの原理を利用して、ゆっくり分解します。分解
     時は、強引にやらず、ケガをしないように、くれぐれも気をつけて
     下さいね!

 P.S.頭部を抜く、だなんて、ここまで書いておいて、恐い表現だと気がついた
   Megukumaでした。(^^;)

 ☆ムササビの画像はフルタ製菓の公式ホームページに掲載されています。
  ▽URLはこちら 
  http://www.furuta.co.jp/index.htm
     
☆彡☆・☆=================================================☆・☆・☆彡

  ┏┏ ☆特集☆チョコエッグクッキング♪的話題!カカオ増量の第5弾!?

 ♪チョコエッグクッキング的話題、というかMegukuma達も困っている話題!!
  ペットシリーズのチョコレートのホエイパウダーの甘さにすっかり味覚が麻痺
  してしまった今日この頃、チョコラザウルスのチョコ球の味が妙に新鮮に..
 ♪と、余談はさておき、第5弾のチョコレートの味が変わったのでと疑惑が浮上
  しています。内側のホワイトチョコの厚みが増したのはほぼ間違いないのです
  が、それ以上に、チョコレートのカカオ風味が増したような...
  相変わらず、1度に1個が限界のMegukuma達では、真偽のほどが..(^^;)
  カカオ風味が増して、美味しさアップしたと思うのは、Megukuma達だけでしょ
  うか?新鮮(?)な第5弾を入手できる地域にお住いの方、ぜひ情報提供をお待
  ちしていますね!

 ♪情報提供はこちら▽
 「チョコエッガー憩いの掲示板」
  http://megukuma.hp.infoseek.co.jp/bbsat.htm

☆彡☆・☆=================================================☆・☆・☆彡

  ┏┏ ☆毎号掲載☆今週の耳寄り情報!!☆ Chocoegg-News

 ◆とっても可愛いチョコエッグ本登場!!その名も『チョコエッグ超図鑑』

 ☆HPの新着情報にも掲載したのですが、とてもかわいい子ども向けチョコエッグ
  本が届きました!!その名も『チョコエッグ超図鑑』、発行元はこども向けの
  書籍を主に販売していて、幼稚園の先生などの間では意外と有名な、ひかりの
  くに株式会社!!「どうぶつ」版と「ちいさないきもの」版があり、チョコエ
  ッグに登場する動物たちを大きめの活字(ひらがな)と写真で、分かりやすく解
  説しています。♪価格は何れも648円/税別です。

 ☆5月初版販売予定なので、まだ一部の書店にしか出回っていないようですが、
  ホビーロビー東京(4F)などでは販売しているようです。親子で楽しめるような
  本ですので、お子さんのいるエッガーの皆さんは要Check!です。

 ・『チョコエッグ超図鑑−どうぶつ−』
  (ISBN:4-564-24151-6 C8771 648円/税別 )
 ・『チョコエッグ超図鑑−ちいさないきもの−』
  (ISBN:4-564-24152-4 C8771 648円/税別)

 ☆出版社ひかりのくにの公式サイトはこちら▽
  http://manzoku.topica.ne.jp/onde/hikaridb/top.html

----------------------------------------------------------------

 ◆気になる食玩News!

 ☆恐竜大攻勢に続いて、今度は深海から...!!
  DyDo「深海生物フィギュアコレクション」キャンペーン本格始動!!

 ☆映画Abisのエンディングのように、何だか凄いことになってきた食玩業界!!
  本格販売開始の前に海面に浮き出てきた深海魚さん達もいたようですが、
  チョコラザウルスの時はクールに装っていたMegukuma達も、DyDoの深海生物
  シリーズには、目の色が...(^^;)Makiの瞳の色もロイヤルブルーに...
  あっ、Makiの場合は、カラ−コンタクトだった...

 ☆とにかく、お洒落好きの女の子にもおすすめの要Check!アイテムなのです。
  MIUそのものも、体に良さそうだし♪まずは、こちらをCheck!

 ◆キャンペーンの概要はこちら!!▽
  http://www.dydo.co.jp/figure/head.html
 ◆松村氏のコメント必見の深海生物フィギュアの公式ガイドはこちら▽
  http://www.dydo.co.jp/figure/top.html
 ◆まさにDeepな解説、海洋堂のMIU情報はこちら▽
  http://www.kaiyodo.net/MIU/miu.html

 ☆もともとMIUシリーズに加わる予定だった「深海探査艇」(The Deep Sea
  Odyssey)」(青・赤・緑のワンポイント色違い3種)は、海洋堂リリース商品
  として、HLなどで、限定発売されています。価格は1艇(?)300円、
  ブラインドパッケージなので、外側から混入色を確認することは出来ません
  が、色合いも、造型も、傾き加減(!)も、とってもGood!と、三拍子揃って
  いるので、要Check!です。

 ◆「深海探査艇」についてはこちら▽「kaiyodo @ net」
  http://www.kaiyodo.net/

 P.S.Megukumaは、MIUのボトルキャップと潜水艇、チョコラザウルスの
  アクセルロディクティスをセットにして、バスルームに飾っています♪
  透明感のある、ブルーと白のコントラストが、とても素敵ですよ!
  これからのシーズンにもピッタリかも!!(^^)/~~~

☆彡☆・☆=================================================☆・☆・☆彡

  ┏┏ ☆特集☆チョコエッグ秀作サイト紹介☆

 ◆「たまごパラダイス」(通称、たまパラ)-since Jan.14.2001-

 ☆Megukuma達も大好きなサイトです♪管理人のUPIさんは、お忙しいお仕事の
  合間をぬって、訪問者を歓迎して下さる、素敵な管理人さんです。(^^)/
  画像付の亜種情報掲示板や、チョコエッグ関連の各コンテンツがとても充実
  しているのはもちろんなのですが、いつも楽しい活気に満ちているのも魅力
  のひとつ!チャットルームもあり、情熱的なチョコエッガーの常連さん達が、
  優しく、訪問者を歓迎してくれるはずです!ぜひ、訪問してみて下さいね!

 ☆今訪問すると、チョコエッグサイト界最大(?)の企画に遭遇することが
  出きるかも!!(^^)/ Don't miss it!

 ◆「たまごパラダイス」のURLはこちら▽
 http://www.dab.hi-ho.ne.jp/uchii/home/tamapara/index.htm

☆彡☆・☆=================================================☆・☆・☆彡

 ┏┏ ☆毎号掲載【チョコエッグのあの一品 No.13 キツネ Vol.1】

 ☆分量が多くなってしまったので、2回に分けてお届けする、第1回の今回は
  チョコエッグのキツネさんのプロフィールから!
 
 ┏ シリーズ:日本の動物シリーズ第1弾 No.013

 ┏ 販売時期:☆日本の動物第一弾
         1999年9月頃〜1999年12月頃/販売終了
        ☆日本の動物総集編
         2000年4月頃/販売終了
        ※第1弾販促用パック(分布地図版)に付属するにも組み立て済の
         初期版キツネが含まれています。
         でも、なんで、北海道の位置に...

 ┏ 亜種情報:公認亜種はないようですが、販売時期による体色の
        濃淡の個体差が有名です。第1弾販売当初、なかな
        か出にくかったキツネさんですが、この頃の初期キ
        ツネさんは、全体的に色の薄い個体が目立ちます。
        その後、次第に体色の濃い個体や、艶が目立つ個体
        が増え、総集編の最終ロットの頃には、初期版より
        かなり濃い個体が大部分になっていました。成形の
        変化とも因果関係がありそうなので、何らかの指示
        か、中国工場の事情で色の濃いキツネさんになった
        ものと思われます。チョコエッグの体色濃淡といえ
        ば、オオサンショウウオが有名ですが、キツネさん
        も意外と濃淡差の著しい種なのです。他、特に顔面
        部分の描き方違いが多数確認出来ます。原型をより
        忠実に再現した尾の先端部の白く塗られた個体があ
        るという噂を聞いたことがありますが、実際に見た
        ことはありません。初期版のグラデーションに白色
        系の塗料が使われているので、可能性は無きにしも
        ですが、どうでしょうか...
       
        To be continued....

 ☆チョコエッグのキツネの画像はフルタ製菓の公式ホームページに
  掲載されています。URLはこちら▽ 
  http://www.furuta.co.jp/index.htm

☆彡☆・☆=================================================☆・☆・☆彡

 ┏┏ ☆読者リクエスト☆チョコっとマニアック!

 ☆前号やホームページなどで、カプセルの相違について書いたところ、メルマガ
  読者の方からカプセルの相違について教えて欲しいとのご投稿を頂きました。
  カプセルの相違については、現在、ロットとの因果関係を調査中なのですが、
  取り急ぎ、代表的なカプセルの種類だけご紹介させて頂きますね!!

 ◆日本の動物シリーズに使用されている青色カプセルの種類◆

  【通常版Type1】
 ☆青カプセルの底に【M】刻印、上部にCE Marking+M刻印+
  MADE IN CHINA刻印のあるタイプ
  【通報版Type2】
 ☆青カプセルの底に刻印がなく、上部にCE Marking+☆刻印+
  MADE IN CHINA刻印のあるのあるタイプ
  【通常版Type3】
 ☆青カプセルの底に【CE】刻印、上部にMADE IN CHINA刻印のみ
  あるタイプ  

  【通常版Type4】
 ☆他、最初期に売られた試験販売版の一部や、エラー品(オモチャ混入版)
  には、大きめのCE Marking刻印の入ったオレンジ系色のカプセルが用い
  られていました。

 ※Type1-3共に、カプセルの厚み(強度)や、色の濃淡差があります。
  厚みは、からの状態で指先に力を加えてつまむと、
  その違いがよく分かります。また、Type3は特に色が濃いので、利き目を
  鍛えるときにはまず、Type3を見抜く練習から初めてみると効果的です。
  トレーなどに、エイリアンの卵のごとく整然と並べてチャレンジしてみて
  下さいね!!

  【SPのカプセル】
 ☆SPがツチノコ期のカプセル種に規則性は見られませんが、
  キタダニリュウの黄色カプセル、盲導犬の白カプセル、
  は前期後期共に【Type1】、ヒメネズミのピンクカプセルもこれに準じます。
  最近、☆刻印の黄色カプセルがあるような話を聞きましたが、未確認です。
  お持ちの方は、ご連絡下さいね!!

 ◆ペットシリーズのカプセルは次回!!
  To be continued....

☆彡☆・☆=================================================☆・☆・☆彡

 ┏┏ ☆編集後記 担当:Megukuma

 ☆今週は学校の行事やバイトが忙しくて、発行日が遅れてしまいました...
  もうすぐ、GWなので、なんだかバタバタしてしまって...
  いけませんね!反省モードのMegukumaです。<(_ _)>
 ☆そうそう、Good Newsと言えば、佐渡トキ保護センターのトキさん達に
  待望の3世が誕生しましたよね!Megukuma達も気になっていたので、
  嬉しさのあまり、チョコエッグのトキさんを学校に持っていってしまい
  ました♪無事に育って欲しいな♪(^_-)/

  −Megukuma−

 ☆リクエスト、ご感想はこちらまで▽「チョコエッガー憩いの掲示板」
  http://megukuma.hp.infoseek.co.jp/bbsat.htm 

☆彡☆・☆===========================================☆・☆・☆彡

 ◆バックナンバーは、メルマガ連動サイト「Megukumaとチョコエッグ
  の森の仲間達」でも閲覧頂けます。URLはこちら▽
  http://www1.odn.ne.jp/megukuma/newpage1.htm
   
 ◆本文中に掲載された文章や内容を転載する際は、事前にご連絡を
    頂けると幸いです。m(_ _)m
  連絡先:(megukuma@syd.odn.ne.jp) 制作・編集責任者/代表:Megukuma

☆彡☆・☆===========================================☆・☆・☆彡

Back to Top







【back】
Back

Back to Home



To Megukuma
mail
Feel free to post any comments or suggestions about this page!
Best viewed at 800x600 resolution


-ATTENTION-
☆本文を転用、転載される場合は、事前にご連絡を頂けると嬉しいです♪
Copyright 2002 Megukuma. All rights reserved.