−Information−

☆わたしたちの発行するチョコエッグメルマガ「☆目指せ!チョコエッグマスター!!☆」
のバックナンバーを掲載しています。

「☆目指せ!チョコエッグマスター!!☆」Vol.21/02(2001.5.13発行)

-ATTENTION-
−本文を転用、転載される場合は、ご連絡を頂けると幸いです−
All rights reserved




−2001/5/13発行号−

 ☆目指せ!チョコエッグマスタ−!!☆ Vol.21/02


┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏ 
           ☆目指せ!チョコエッグマスタ−!!☆ Vol.21/02
┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

 「☆目指せ!チョコエッグマスタ−!!☆ Vol.20/01」の続きです。

 ◆CONTENTS◆

   −Vol.21/02−
  ┏┏ ☆連載☆【やっぱりチョコエッグ!日本の動物第4弾版】
  ┏┏ ☆連載☆【チョコエッグのあの一品 No.14 オオクワガタ Vol.1】
  ┏┏ ☆特集☆【チョコエッグクッキング−!☆】
  ┏┏ ☆特集☆【チョコエッグ秀作サイト紹介☆】
 
  ┏┏ ☆編集後記 担当:Megukuma

☆彡☆・☆=================================================☆・☆・☆彡

  ┏┏ ☆毎号連載☆【やっぱりチョコエッグ!日本の動物第4弾版】

 ☆今回も購読者リクエストから、存在そのものがとてもミステリアスな、
  日本の動物第4弾メガマウス/099の登場です!!

 ◆メガマウス【099】

 ・パーツ数:4(成形タイプ凸型=凹型)※1
 ・分割方法:胴体二分割(前・後)、ヒレ部、尾部。

  ※1:実際のメガマウスは、存在そのものがとってもミステリアスなのです
  が、チョコエッグのメガマウスにもそんなミステリアスな側面があります。
  目の塗り忘れや、体色の濃淡違い、その他塗装エラー系といった、ロットに
  関係なく見られる個体差の他に、ロットによる偏りが著しい、二つの成形タ
  イプがあります。Megukuma的に、便宜上このふたつの違いを、凸型成形版、
  凹型成形版と呼びますが、前者は尾の部分のジョイント部が凸状で、後者は
  凹状という違いがあります。他にも、凸状成形版には胴体を構成している、
  尾部以外の3パーツいずれにも、【ナンバー刻印】(成形刻印とは違い、動
  物のシリーズナンバーが刻印されている。)【099】(bboではない)があるの
  に対して、凹型成形版には、そのいずれにも刻印が見られないという特徴や
  ヒレ部を上面から計った幅が、099刻印のある凸型成形版では、ほぼ1セン
  チなのに対して、凹型成形は多くが7ミリ、まれに6ミリ前後と明らかに一
  回り小ぶりに切り出されているという特徴が見られます。他にも、この両者
  には、著しく違う箇所が複数見られるのですが、それはいずれサイトでご紹
  介するとして、興味深いのは、全体数から見て、圧倒的に少ない凹型成形版
  がある時期の特定ロットに集中しているということです。なぜ、変則的な成
  形が特定ロットに集中しているか、定かなことは分かりませんが、凹版だけ
  に博多湾沿岸に打ち上げられた(1994.11.29)世界初のメスのメガマウスを
  彷彿させる個体ですよね♪初期、後期の違いというよりは、ロットの違いに
  よるところが大きいバージョン違いですので、トレードやオークションに出
  す際は、お手元のメガマウスさんのシッポの部分をぜひ確認してみて下さい。

 ・刻印位置:尾部正面左側【C KAIYODO 099】(凸型=凹型)
       凸型成形版:刻印位置は中央より
       凹型成形版:刻印位置は上方より
       
 ・成形色:凸型=凹型ともに乳白色系の成型が用いられていますが、
      ごくまれに白色成形が使われています。
          
 ・個体差関連:メガマウスもよく観察すると、塗装系の個体差の多い個体であ
      ることが分かります。特に目立つのは尾部のグラデーション処理の
      違いや、口内部の、先輩曰く「ドム系色」(?)の処理の違いなどで
      す。

 ☆メガマウスの画像はフルタ製菓の公式ホームページに掲載されています。
  ▽URLはこちら 
  http://www.furuta.co.jp/index.htm

 ☆【おまけ】メガマウスフリークのMakiのおすすめの一冊

 ◆Biology of the Megamouth Shark,東海大学出版会,1997,
  ISBN:No.4486031113.

 P.S.Maki曰く、この本は有名な「マリンワールド」でも売っているそうです。
  福岡市の観光名所「マリンワールド海の中道」の情報はこちら▽
  http://www.marine-world.co.jp/

 ◆メガマウス研究の第一人者、籔本美孝氏(Ph.D)のサイトはこちら▽
  http://www.d3.dion.ne.jp/~y.yabu/yprofile.html
  P.S.Maki...これ、チョコエッグのメガマウスじゃなくて...
  本物の...(^^;)(Megukuma)

☆彡☆・☆=================================================☆・☆・☆彡

 ┏┏ ☆連載☆【チョコエッグのあの一品 No.14 オオクワガタ Vol.1】

 ☆カブトムシに続いて、早くも人気の甲虫第2弾は、そう「黒いダイヤ」
  といっても、Yash Chopra監督の映画ではなくて、多くの昆虫ブリーダー達
  を虜にする、昆虫界の洋ラン!オオクワガタさんの登場です。

 ┏ シリーズ:日本の動物シリーズ第1弾 No.013

 ┏ 販売時期:☆日本の動物第一弾
         1999年9月頃〜1999年12月頃/販売終了
        ☆日本の動物総集編
         2000年4月頃/販売終了
        ※第1弾販促用パック(日本分布地図版)の四国の位置に、
         組み立て済の初期版オオクワガタが含まれています。
         もしかして、愛媛産のオオクワ!?のイメージなの
         でしょうか...Megukuma的には、あのお尻の形から
         山梨産とばかり思っていました。
         
 ┏ 亜種情報:公認亜種はないようですが、販売時期による艶の有無の
        個体差が有名です。前にご紹介した、カブトムシの艶あ
        り、艶なしは光沢以外にも、全体的なグラデーションの
        違いや、成形違いなどからも明らかに見分けられたので
        分かりやすかったのですが、オオクワガタの艶あり、艶
        無しの区別は、照り返しよりも質感で確認した方が分か
        りやすいと思います。第1弾と、総集編で前期、後期と
        分ける理解もあるようですが、明らかな総集編後期ロット
        からも、艶あり、艶無し個体が両方出ているので、
        Megukuma的に、それを判断材料にするのには、無理があ
        ると思います。オオクワガタを複数お持ちの方は、個体
        を並べて、特に足の部分や背中の部分の塗装に注目して、
        第5弾のパルコ版イボイモリ(初期型)のような、フラッ
        ト(つや消し)な質感をもった塗装であれば、艶無し個体
        と考えるか、あるいは、オオクワガタマニアの方に見せ
        て、「ヒメオオ系だね!」と言われた方を艶無しにする
        方法も...うーん、どうでしょう...(^^;)。

       ☆区別の方法はともかく、オオクワガタという以上は、
        やっぱり、光沢があった方がいいですよね♪

       ☆他、黄色系の塗料で再現された体節の毛や、腹部の刻印
        位置にも注目!思わぬ個体差が発見できます。

 ┏ 見所紹介:動きのあるActiveなオオクワガタを表現したかった松村
        氏の思惑とは違い、全体としてスタティックなフォルム
        に仕上がった製品版ですが、Megukuma的には、短気で攻
        撃的な割には、意外に貧弱(?)なオオクワガタさんの意
        外な一面が表現されているようで、それはそれとして、
        成立している(かな?)と思います。(^^;)
       
       ☆全体的に不自然な状態に見えるのも、松村氏をして「愛
        のない分割」と言わしめた旧弾らしい分割方法が原因だ
        と思います。ただ、第5弾でルリボシカミキリをあのレ
        ベルで再現するまでに成熟した中国工場の職人の皆さん
        にも「そんな時代も、あったね♪」と感じさせてくれる、
        古きよき(?)時代の一品なのではないでしょうか。        
       
        To be continued....

 ☆チョコエッグのオオクワガタの画像はフルタ製菓の公式ホームページに
  掲載されています。URLはこちら▽ 
  http://www.furuta.co.jp/index.htm


 ☆【おまけ】本格派指向の甲虫模型「ビ−トル・オブ・ザワールド」の第1弾
  がまもなく発売(5月下旬)されるようです。発売元は「タカラ」で、昆虫写
  真家の海野和男さんが監修を担当される大作になりそうです。海野和男さん
  といえば、何だかコアな仕上がりになっている、ビデオ「ドラえもんのクワ
  ガタムシ図鑑」の撮影も担当されていましたよね。うーん、かなり本格指向
  な方だけに、第1弾の日本のカブト・クワガタから、
  とても気になるMegukumaです。
 ☆久しぶりに、昔集めたBANDAIのバグズミュージアムを出してきましたが、
 「ビ−トル・オブ・ザワールド」は単価が500円で、1ケース12種セット販売
  も有リ、うーん、150円のチョコエッグと200円のバグズ☆では、ちょっと、
  分が悪そうです...(^^;)近々購入予定の水着を買いに行って、昆虫に
  化ける事態だけは避けなくては...

 ◆好評発売中の雑誌「BE-PAL」6月号のP.246にも関連情報が掲載されて
  います。全12種のラインナップも掲載されているので、要Check!です。

 ◆商品情報はこちら▽「ホビーネット」
  http://www.hobbynet.co.jp/figure/takara/takara.html

☆彡☆・☆=================================================☆・☆・☆彡

  ┏┏ ☆特集☆【チョコエッグクッキング−!☆】
 ☆もう、夏まで待てない(もたない...)!チョコエッグ消費作戦第1弾♪

 ◆チョコエッグ風味のチョコレートバナナドリンク♪
 ☆ご自宅にミキサーをお持ちの方は、ミキサーの中に刻んだバナナ1本分、
  牛乳適量(コップで2杯ほどが目安)、湯煎して、ペースト状にした
  チョコレートを少しづつ加えて、自分が一番美味しそうに感じる色合い
  になるまで、Let'sミキシング♪(変な英語を使ってしまいました...)

 ☆アッという間に、チョコレートバナナジュースの出来上がりです。(^_-)/
  ポイントはバナナを入れ過ぎないことと、氷などで冷やして、すぐに飲ん
  でしまうことです。(^_-)/時間が経つと恐ろしいことに...(T_T)

----------------------------------------------------------------

 ◆チョコエッグとシュークリームで、エクレア気分♪
  コンビニや、Cogy Cornerなどで売っているシュークリームを買って
  きて、湯煎した適量のペースト状チョコレートで、コーティング♪
  適度に冷やすと、味も馴染んで、すっかり、エクレア気分に♪
  (イメージすることが大切です...)

  P.S.銀座Cogy Cornerのジャンボシュークリームのカスタードクリーム
  に入っている黒い粒々は、天然のバニラビーンズ!少し大きすぎるのが
  難点ですが、男性には、嬉しい大きさですよね♪。

 ◆おまけ 自家製チョコバナナに挑戦!
  ちょっと早い夜店気分で、自家製チョコバナナに挑戦してみるのもGood!
  です。カクテル用のコリンズ・グラスなどに、湯煎したチョコを入れ、
  その中に割り箸などに差したバナナを廻しながら入れていきます。チョコ
  が固まる前に、スーパーなどの自家製ケーキコーナーに売っている各種の
  トッピングをまぶせば、もうチョコバナナの出来上がり♪
  お友達とじゃんけんして、負けたら、もう一本作って上げて下さいね。
  チョコババナにするなら、固めのバナナを選ぶのがポイントです。

 −担当は、チョコエッグ☆クッキングスタッフのYumiでした♪−

 P.S.憩いの掲示板で、MIUとブルーキュラソーを使ったオリジナルカクテル、
  その名も「グランブルー」の話題が出たのだけど、
  どうもベースの相性が...
  お洒落で美味しいアイデア募集中です。(Megukuma)

☆彡☆・☆=================================================☆・☆・☆彡

  ┏┏ ☆特集☆【チョコエッグ秀作サイト紹介☆】

 ◆今回ご紹介させて頂くのは、Megukuma達の大先達のKimuさんが運営されて
  いる「Jil's Pastime」です。雑誌や書籍で紹介されることもしばしばなの
  で、もうお馴染みですよね♪充実したチョコエッグ関連コンテンツ以外の
  食玩コレクション情報も豊富です!。

 ◆多才なKimuさんのサイトのもう一つの見所は、チョコエッグ陳列棚などを、
  アイデアとセンスで自作してしまおうというHAND MADEのコンテンツです。
  最新作は、間接照明まで取り付けてしまった、ムード満点のMIU陳列ケース!!
  アイデアが光る作業工程も公開されているので、ぜひご覧下さい。

 ◆KimuさんのWebサイト「Jil's Pastime」はこちら▽
  http://www.ctt.ne.jp/~kimu/

☆彡☆・☆=================================================☆・☆・☆彡

  ┏┏ ☆編集後記 担当:Megukuma

 ☆今日は母の日!!休日をいかがお過ごしでしょうか?前編に続いて発行した
  後編は、じっくり読んでいただけるような、コラム風の内容でお届け致しま
  した。本当に多くの購読者の方から、励ましやアドバイスのお便りを頂き、
  おかげさまで、今後のメルマガの方向性が定まりつつあります。<(_ _)>

 ☆この場をお借りして、購読者の皆様に、そして貴重なご意見を下さった、
  投稿者の皆様に深く御礼申し上げます。<(_ _)>
 ☆皆様に喜んで頂けるようなメルマガを目指すために、率直なご感想やご要望、
  リクエストを頂けると幸いです。<(_ _)>
 
 ◆ご感想やご要望はこちらまでご送信下さい▽
  megukuma@syd.odn.ne.jp
 ◆「チョコエッガー憩いの掲示板」はこちら▽
  http://megukuma.hp.infoseek.co.jp/bbsat.htm

☆彡☆・☆===========================================☆・☆・☆彡

 ◆バックナンバーは、メルマガ連動サイト「Megukumaとチョコエッグ
  の森の仲間達」でも閲覧頂けます。URLはこちら▽
  http://www1.odn.ne.jp/megukuma/newpage1.htm
   
 ◆本文中に掲載された文章や内容を転載する際は、事前にご連絡を
    頂けると幸いです。m(_ _)m
  連絡先:(megukuma@syd.odn.ne.jp) 制作・編集責任者/代表:Megukuma

☆彡☆・☆===========================================☆・☆・☆彡

Back to Top







【back】
Back

Back to Home



To Megukuma
mail
Feel free to post any comments or suggestions about this page!
Best viewed at 800x600 resolution


-ATTENTION-
☆本文を転用、転載される場合は、事前にご連絡を頂けると嬉しいです♪
Copyright 2002 Megukuma. All rights reserved.