チョコエッグ用語集の簡易版

−Contents−

−下記リストの項目をClickすると、該当箇所の先頭に移動します。−






 007 海洋堂 【KAIYODO】


┏┏ チョコエッグ原型制作担当!!フィギュア界の最高峰!!
 
☆チョコエッグを集め出してしばらくすると、こんな精巧なフィギュアを誰が造っているのだろうか、と思ったことはありませんか?チョコエッグのおまけは、もはや単なる食玩の域を超えているというのは、誰もが感じることなのですが、そのフィギュアを手がけている方々もただ者ではないのです。そうなんです!フィギュア制作を担当しているのは、カリスマ原型師の松村しのぶ氏擁するフィギュア界の最高峰!株式会社 海洋堂(KAIYODO)に他ならないのです。(^^)/☆海洋堂については、うかつに語れません!創業1964年、フィギュア界の老舗にして、最高峰の呼び声高く、熱烈なファンに長らく支持され続けている名店に他ならないのです。まずは、襟を正して、必見のオフィシャルホームページをDon't miss it!(^_-)/→http://www.kaiyodo.co.jp/

☆実績を裏付けるとても重厚なホームページです!!英語版も用意されています。残念ながら、チョコエッグ専門のコーナーはないのですが、チョコエッガーの御用達ショップ、というより今や聖地と化した「ホビーロビー」のページがあるので、ぜひご覧下さい。東京店、大阪店ともに、営業時間や交通アクセスなど分かりやすく図説されています。「ホビーロビー」については、別の特集で詳しくご紹介します。(^^)/ HLT関連ニュース

☆海洋堂の経営理念は☆「創るたのしみをすべての人に」☆です。「作る」でなく、「造る」でもなく、まさに「創る」ことにこだわり続けたクリエイターであることが、この経営理念からも伝わってきます。わたしたちが愛して止まないチョコエッグは、このようなこだわりのある方々が手がけているのですね。♪♪見事なフィギュアを完成させた松村氏をはじめとする海洋堂スタッフが優れているのはもちろんのこと、あの海洋堂に制作を依頼したフルタ製菓のこだわりも忘れてはいけませんね♪(o^-')b
Back to Top



 008 カプセルの刻印CE 【Comunite Eurpeen】

−カプセルに刻印されているCEって、チョコ(C)エッグ(E)!?−
☆目敏く刻印を見つけた子供に、CEって何?と聞かれて、それは、チョコ(C)エッグ(E)の頭文字だよ!と自信満々で教えてしまった方はまさかいないですよね!いたりして...(^^;)もしいたら、すぐ訂正して下さいね!この国際化の時代、将来、お子さんが海外勤務をするようになったとき、赴任先で目にしたCEのマークをチョコエッグと勘違いして、大変なことに... (ならないか...)☆前置きが長くなってしまいましたが、CEとは海外、特にヨーロッパ諸国に行けば、必ずといってよいほど目にする有名なマークなのです。☆正確には、フランス語の【Comunite Eurpeen】の略語です。欧米では“CE Marking”としてよく知られています。“Council of Europe”だと思った方はなかなかマニアックなポイントを突いています。要は日本のJISマークのように、国内に流通するさまざまな商品の品質管理と消費者保護を目的にした規格のこと、です。この規格は、海外からヨーロッパ地域へ持込まれるあらゆる商品にも適応されます。そうなんです!中国で製造したフィギュアとカプセルをチョコ詰めする際に、イタリアのミラノに空輸する多国籍食玩のチョコエッグは、このCEの定める基準を満たしていないといけないのです!なので、フルタ製菓の本社のどこかには、このCE Markingの認定書があるはずですよ!アメリカなどでは、よくオフィスに額入れされて置いてあります。意外とかっこよいのです!!☆より詳しく調べたい方は、Official Journal of the European CommunitiesをCheck!☆EUROPAサーバのURL 
http://europa.eu.int
Back to Top



 009 カプセルの違い 【Different variety of Capsule】

◆日本の動物シリーズに使用されている青色カプセルの種類◆

【通常版Type1】
---------------------------------------------------
☆青カプセルの底に【M】刻印、上部にCE Marking+M刻印+MADE IN CHINA刻印のあるタイプ
---------------------------------------------------
【通報版Type2】
---------------------------------------------------
☆青カプセルの底に刻印がなく、上部にCE Marking+☆刻印+MADE IN CHINA刻印のあるのあるタイプ
---------------------------------------------------
【通常版Type3】
---------------------------------------------------
☆青カプセルの底に【CE】刻印、上部にMADE IN CHINA刻印のみあるタイプ。特定のロットに集中している感じもしますが、動物による偏りはありません(全種で確認)。極端に色が濃いのが特徴のType.3ですが、Type.12に限りなく近いタイプもあります。
---------------------------------------------------
【通常版Type4】
---------------------------------------------------
☆他、最初期に売られた試験販売版の一部や、エラー品(オモチャ混入版)には、大きめのCE Marking刻印の入ったオレンジ系色のカプセルが用いられていました。
---------------------------------------------------
※Type1-3共に、カプセルの厚み(強度)や、色の濃淡差があります。厚みは、からの状態で指先に力を加えてつまむと、その違いがよく分かります。また、Type3は特に色が濃いので、利き目を鍛えるときにはまず、Type3を見抜く練習から初めてみると効果的です。トレーなどに、エイリアンの卵のごとく整然と並べてチャレンジしてみて下さいね!!(通常濃度のType.3を見分けられたら、もう達人です。)
【SPのカプセル】
---------------------------------------------------
☆SPがツチノコ期のカプセル種に規則性は見られませんが、キタダニリュウの黄色カプセル、盲導犬の白カプセル、は前期後期共に【Type1】、ヒメネズミのピンクカプセルもこれに準じます。最近、☆刻印の黄色カプセルがあるような話を聞きましたが、未確認です。お持ちの方は、ご連絡下さいね!!
---------------------------------------------------
【補記】
---------------------------------------------------
☆前号の日本の動物シリーズのカプセルの追加なのですが、平凡社発行の『日本動物大百科』シリーズに付属するフィギュアには、☆刻印のあるType2カプセルが多く利用されているようです。
---------------------------------------------------
◆ペット動物コレクション第1弾に使用されている緑色カプセルの種類◆

【Type1】
---------------------------------------------------
☆緑カプセルの底に【M】刻印、上部にCE Marking+M刻印+MADE IN CHINA刻印のあるタイプ
---------------------------------------------------
【Type2】
---------------------------------------------------
☆緑カプセルの底に刻印がなく、上部にCE Marking+☆刻印+MADE IN CHINA刻印のあるのあるタイプ
---------------------------------------------------
【Type3】
---------------------------------------------------
☆緑カプセルの底と【CE】刻印、上部にMADE IN CHINA刻印のみあるタイプで、どういうわけか、特定のロットに集中している珍しいタイプ。
---------------------------------------------------
【SP/盲導犬のカプセル】
---------------------------------------------------
☆盲導犬が収められているカプセルは2種で、初期の緑カプセル(関東再販ロットにもまれに用いられる)には通常版と同様のType1カプセルが多く利用されているように思います。半透明の白カプセルは色こそ違いますが、刻印はType1と同じです。ただ、白カプセルは初期の頃から比べると、どんどん薄く、クリア度が増してきています(中身を入れた状態で上から見ると、内部の透け具合で厚みの違いがよく分かります)。また、Megukuma達が便宜上、「ミステリアスロット」と呼んでいる最近の特定ロットには、緑カプセルSPと白カプセルSPが混在しています。このロットからは、ハムスターの成形違い(クリア成形と白成形)や、初期版ねこさんなどが混ざっていて、本当にミステリアスです。賞味期限が、02.04.であることから、もしかしたら、在庫一掃ロット?かもしれません...。☆盲導犬の白カプセルでも、キタダニリュウと同様に、Type2、Type3カプセルは未確認です。
Back to Top








Back

Back to Home



To Megukuma
mail
Feel free to post any comments or suggestions about this page!
Best viewed at 800x600 resolution


-ATTENTION-
☆本文を転用、転載される場合は、事前にご連絡を頂けると嬉しいです♪
Copyright 2002 Megukuma. All rights reserved.