■No.044.045.046.ペルシャ3姉妹

☆まずは成型に見られる相違のご紹介(概要)♪

□毛並みの再現具合とマットな彩色、そして愛らしい瞳が秀逸なペルシャ各色ですが、個体差もバリエーション豊富です♪ロットとの整合性と彩色系の個体差を書くと少し複雑で混乱してしまうかもなので、今回は比較的分かりやすい成型刻印のバリエーションと各タイプの特徴に注目してみようと思います。ペルシャさんの成型刻印のタイプは大きく2系統(AlphabetとNumber)に分けられます(下記参照)。Alphabet成型とNumber成型ではそれぞれ、加工そのものが微妙に異なるのですが、更に同じNumber成型でも、数字の違いによって、微妙な相違が見られます。

□Alphabet成型とNumber成型の大きな違いは尻尾の部分の凸部の個数と、胴体部分のジョイントの太さです。Alphabet成型はA.B.C共にジョイント数は「1」、凸部が太いという特徴があり、Number成型は1.2.3.4.5.6共にジョイント数が「2」、凸部が細いという特徴があります。他にもkaiyodo刻印の位置違い(上付/下付)、刻印の厚み違いなど、顕著な相違が見られます。尻尾の長さもNumber成型の方が微妙に長いのですぐに見分けられると思います。

Next(2/2)

Back
【0】

mail
All rights reserved.