Photo/frame produced by sluggo
「気になるな...気になるな...」

-Information-
☆チョコエッガーもアライグマさんも気になるホットな
話題を、コラム風にご紹介するコーナーです。





-Contents-

【今一番、Hot!な話題はこれ!!】


 2001.5 気になる食玩の最新動向総Check!

【Topics No.003】

 ◆2001.5月末時点で次々と登場する食玩コレクションに、もう混乱状態...
   今回のTopicsでは、チョコエッグサイトで話題になった食玩の最新動向を
   総点検♪気になる食玩をCheck,it up!


----------------------------------------------------------------
 □ フルタ製菓「20世紀漫画家コレクション」

  (20th Century.CARTOONIST COLLECTION)
  
2001.5.21全国規模での販売を開始!(事前に受注していたショップや、
  コンビニなどで販売
)
  チョコスナック(麦チョコ)7g、彩色済組み立て式フィギュア(全8種+SP)、
  解説カード(両面刷り)付属。希望小売価格は300円/税別(F-30)。
  ブラインドパッケージ仕様で、永井先生の近影イラストが側面にプリント。
  対象年齢12歳以上。バーコードNo.4902501201237
  特製ピンズ(非売品/バリエーションあり)の全プレ
  キャンペーン実施中(締め切りは2002.4末日)

  ≫≫≫フィギュアの概要≪≪≪
  原型製作:三枝 徹(シャドームーン)>
  プロデュース/解説:安斎レオ(A-DESIGN)
  組み立て式。全種(SP含む)台座あり。

  
  ◆20th Century.CARTOONIST COLLECTION List(全8種+SP)◆
  007 No.1
  【コミックス版/デビルマン
  008 No.2
  【コミックス版/不動明(デビルマンより)
  009 No.8
  【コミックス版/牧村美樹(デビルマンより)】
  010
No.3
  【TVアニメ版/デビルマン】
  011....No.6 SP
  【コミックス版/.....】
  012 No.9
  【コミックス版/バイオレンスジャック】
  013 No.5
  【コミックス版/如月ハニー(キューティーハニーより)
  014 No.4
  【コミックス版/キューティーハニー
  015 No.7
  【コミックス版/ドロロンえん魔くん(えん魔くん、雪子姫、カパエル、シャッポ爺)

 
左端の3桁のナンバーは、付属のカードに記載されているもので、
   No.ではじまる数字は箱の中のビニール袋に記載されている数字です。

 ◆気になるSPは楽しみ半減なので、時期を待って....
   ただ、ヒントはNo.008、コミックス版不動明のフィギュアとセットにすると...
   いろんな意味で話題になったデビルマンの変身シーン、印象深く覚えている
   方も多いはず。これまで変身セットのフィギュアはお宝品も含めて多くが発売
   されていますが、このシチュエーションをジオラマ化するあたりは、
   さすがという感じ!です。破れ加減もいい感じ♪
   SPのパーツ数は4で、重さ的に、特徴があるので、
   意外と分かりやすいかも。数字の上に見慣れない棒線があれば、
   そう、それは...!


  ≫≫≫関連Webサイト≪≪≪

 
販売元のフルタ製菓の公式Webサイト
  http://www.furuta.co.jp/index.htm
 
◆解説書でもファン心理を理解した、マニアックなコメントを
  書いておられるプロデューサーの安斎レオ氏のサイト▽

  http://a-toys.net/index.html

  
サイト内の食玩のコンテンツでは、今回の作品の企画やコンセプト
  に関する安斉氏や三枝氏のコメントも掲載されています。

  
特製ピンズの画像と、謎のシルエットもこちらでCheck!
  
http://a-toys.net/index3.html

  ≫≫≫Megukuma的感想≪≪≪

  

----------------------------------------------------------------
 
 □ フルタ製菓「ダイノモデルズ」

  (Furuta DINOMODELS)

  2001.5.28中部/北陸/中四国/九州地区での本格販売開始(予定)
  関東・新潟・長野・静岡地区は6/28発売予定。
  東北・北海道・近畿地区は7/9発売予定。
  既に卸業者からの出荷は始まっているようですが、発売日等の
  詳細はFuruta Web Siteで、要確認。


  清涼菓子(ラムネ菓子) 7g(20粒前後)
  彩色済組み立て式フィギュア(全8種+SP)。
  
解説カード付属(両面刷り)。希望小売価格は150円/税別(F-15)。
  
ブラインドパッケージ仕様で、背面に全8種のラインナップがプリント。
  
対象年齢10歳以上。バーコードNo.4902501201398
  製品版の解説カードは両面刷りで、原型製作者の荒木氏の

  
解説と、人間(身長180センチ)と比較した恐竜の推定スケールが掲載。


  
≫≫≫フィギュアの概要≪≪≪
  原型製作・解説:荒木一成


 ◆DINOMODELS COLLECTION List(全8種)◆

 
 ◆ティラノサウルス(Tyrannosaurus)
  ◆ステゴサウルス(Stegosaurus)
  ◆スピノサウルス(Spinosaurus)
  ◆パラサウロロフス(Parasaurolophus)
  ◆トリケラトプス(Triceratops)
  ◆パキケファロサウルス(pachycephalosaurus)
  ◆ブラキオサウルス(Brachiosaurus)
  ◆アパトサウルス(Apatosaurus)


 ※上記8種のうち、ティラノサウルス、パラサウロロフス、トリケラトプス
  は、
チョコラザウルス第1弾(UHA味覚糖)、ダイノワールド(カバヤ食品)
  にも同種があるので、3体を並べて比較してみるのもGood!。


  ≫≫≫関連Webサイト≪≪≪
 
販売元のフルタ製菓の公式Webサイ
  http://www.furuta.co.jp/index.htm
 
◆解説書カードでも紹介されている荒木氏のサイト▽
  http://village.infoweb.ne.jp/~dinodino/

  ≫≫≫Megukuma的感想≪≪≪


 

----------------------------------------------------------------

 □ 今夏発売予定のフルタ製菓「妖怪根付」

  kaiyodo@netが2001.05.24付で更新。フルタ製菓「妖怪根付」シリーズ
  の概要を紹介。今回のシリーズは『陰の巻』『陽の巻』各12種の計24種で
  それぞれ「赤根付」「天然色根付」の2種の塗装パターンになるとのこと。
  雑誌「フィギュア王」に写真が掲載される予定も!!詳細はこちら▽
  http://www.kaiyodo.net/
 ※日本の伝統工芸「根付」については連動サイトに簡易解説を掲載▽
  http://user15.hoops.ne.jp/~megukuma/News.htm

----------------------------------------------------------------
 □ UHA味覚糖「チョコラザウルス」

 ※チョコラザウルスは先行販売地域の近畿地区での出荷を終え、関東地区
  本格販売に備えて在庫調整中。
  2001.6.25から販売を開始する予定の地域は次の通り▽
 ※東京/神奈川/埼玉/千葉/茨城/群馬/栃木/静岡/山梨/長野/新潟

 ※詳細はこちら▽UHA味覚糖.com
  
http://www.uha-mikakuto.com/

----------------------------------------------------------------
 □ カバヤ「ダイノワールド」

 ※関東地区で現在販売中の「ダイノワールド」が、2001.5.29からは
  東北・北海道地区での本格販売を開始(予定)。西部地区は7月発売予定。

 ※詳細はこちら▽カバヤ食品公式サイト内の関連コンテンツ
  
http://www.kabaya.co.jp/dino/index.html

----------------------------------------------------------------
 □ DyDo「深海生物フィギュア」

 ※2001.4.23から開始されたキャンペーンは各地でほぼ終了!
  今度は、のんびりと関連Webで深海探索♪

 ※DyDoドリンコ公式サイト特集企画「深海のフシギ研究室」第2回をCheck!
  連続企画6回企画の第2回▽
  http://www.dydo.co.jp/dswl/
  蓄光バージョン(Fluorescent Version)を見たい方はこちら▽
  http://www.dydo.co.jp/figure/chikuko.html


----------------------------------------------------------------

Back to Top




 「2001.5 フルタ製菓からも恐竜フィギュア付属「食玩」販売...」

【Topics No.002】

◆フルタ製菓「ダイノモデルス DINOMODELS」について

☆「チョコラザウルス」(UHA味覚糖)、「ダイノワールド」(カバヤ)に続く、第三の恐竜食玩がフルタ製菓から発売されます。その名も「ダイノモデルス DINOMODELS」。原型制作を担当されたのは、海洋堂とも親交のある、著名な恐竜モデラーの荒木一成(Araki Kazunari)氏です。雑誌「モデルグラフィックス」や「ホビージャパン」、あるいは「Dinopress」愛読者の方にはもうお馴染みの方ですよね♪チョコラザウルスの造型師8人集のひとりでもあります。そんな、キャリアと技術をもつ荒木氏の手がける最新作が、今回発売される「ダイノモデルスDINOMODELS」なのです。卸業者の方や、ショップ関係者の方から頂いたご連絡で、対象地域への出荷と、受け入れ態勢が整いつつあるとのことでしたので、まもなく発売される「ダイノモデルス「DINOMODELS」について、ちょっとだけ耳寄りな情報をご紹介致します。

☆まず、新商品の印象ですが、試験流通版と、サンプル版を見る限り、高い前評判を裏切らない秀作に仕上がっていると思います。今回選定された8種の恐竜たちは、いずれも大御所and有名どころを中心(骨格版はありません!)なのですが、中には、おおっ!と思える選定も!(Megukuma的に♪)。成形素材には、ペットシリーズでお馴染みの硬度の高いABS樹脂が用いられていて、組み立てジョイント部や、パーツ分割方法などには、どこかチョコエッグに通じるものがあります。成形素材に厚みがある分、多少重くなっていますので、ダイノワールドのような不自然な軽さやすかすか感(?)は、それほど気になりません。パーツ分割方法や組み立て方法は、全種それぞれにアイデアが盛り込まれていて、シンプルかつ、安定したものになっています。この点では、チョコラザウルスと比して、やはりフルタ製菓に一日の長があるといった感じです。(中国工場の熟練度の差でしょうか...)。組み立て後のスケール的には、同種を比較した時に、それほど大きな差は見られませんが、微妙に大きく感じる種もあります。うーん、何というか肉付きがよく、皮膚の皺の再現具合が独特のいい感じをかもし出しているのです。素材や、彩色的には、よりダイノワールドに近く、さらに恐竜らしい(見たことないのですが...イメージ的に)硬質感と、躍動感のあるフォルムを再現した、アクティブな造型に仕上がっていると思います。人それぞれ、どの点に着目するかによってお気に入りは変わってくると思いますが、同種の恐竜を並べて比較してみても楽しめそうです。♪最後に、パッケージその他について、少しだけ...。パッケージは111×70×35ミリサイズの箱で、RDAのパッケージより一回り小さい感じです。側面に表記されている対象年齢は、10歳以上で、「チョコラザウルス」(4歳以上)、「ダイノワールド」(7歳以上)、恐竜食玩3種中、対象年齢が一番高く設定されています。お菓子はフルタ製菓のサイト上で、「清涼菓子」と紹介されているカラフルなラムネ菓子で、非売版、サンプル版ともに、直径1センチほどのラムネが20個ほど入っています。【F15】の表記がありますので、希望小売価格が150円であることが分かります。解説書は...と、楽しみがなくなってしまいますので、お楽しみにします♪フルタ製菓が、チョコエッグオフシーズンに送り出す食玩の第1弾!本格的な販売が待ち遠しいですよね。(^_-)/

◆DINOMODELS 第1弾 Collection List(全8種)◆

□ティラノサウルス(Tyrannosaurus)
□ステゴサウルス(Stegosaurus)
□スピノサウルス(Spinosaurus)
□パラサウロロフス(Parasaurolophus)
□トリケラトプス(Triceratops)
□パキケファロサウルス(pachycephalosaurus)
□ブラキオサウルス(Brachiosaurus)
□アパトサウルス(Apatosaurus)


◆販売開始予定日と販売地区
□中部・北陸・中四国・九州→2001.5.28から販売(予定)
□関東・新潟・長野・静岡→2001.6.28から販売(予定)
□東北・北海道・近畿→2001.7.9から販売(予定)

Back to Top



 「2001.4 深海からの訪問者、そしてLost Kingdom再び...」

【Topics No.001】

 ◆2001年4月、チョコエッグオフシーズンを直前にした時期に、チョコエッガー達を
   大いに沸かせた食玩が次々と登場しました。今回は、その中でも、特に注目されている
   3種の「食玩」を取り上げ、その魅力に迫ってみました。
  
 ◆チョコエッガーも気になる3商品って、こんな感じ!!◆

----------------------------------------------------------------
 ・【MIU】発売元:DyDoドリンコ株式会社
 ☆キャンペーン期間限定付属「深海生物フィギュアコレクション」

 「深海に住む魚たちをモデルにしたフィギュア付ボトルキャップで、彩色版と
  蓄光版の全9種18タイプで登場!パッケージやフィギュアの台座部は深海
  をイメージさせるお洒落なマリンブルーでコーディネート!!深海魚という
  グロテスクなイメージを払拭させる、とてもスタイリッシュな外観に仕上が
  っている秀作が揃っています。♪ダイドーの太い流通ラインを活かした桁違
  いの短期集中出荷と、種類の少なさの甲斐あってか、同種の重複率が比較的
  低いのもポイント!松村氏監修の解説書を片手に、深度別に並べてみるのも
  いいかもです。より海洋堂らしさを全面に出した、海洋堂リリースの姉妹品
 「深海探査艇」(1種色違い3タイプ)は、販売元の海洋堂が、好評に答えての
  大量増産とコンビニ(ファミリーマート)での店頭販売を決定!深海生物フィ
  ギュアの姉妹品として、深海探査艇を登場させるなんて、今回も、海洋堂ス
  タッフの粋なセンスが光っていますよね!!」(Megukuma)

 ◆【関連情報】
 ☆2001.4.23から、全国ほぼ同時にはじまったキャンペーンは在庫が無くなり
  次第終了の予定。ただ、卸業者の方のお話では、桁違いの数が流通している
  ようなので、しばらくはコンビニの店頭を陣取って、青く染めているかも!
 ☆販売価格は、500mlPETタイプが税別で140円、販売元が自販機販売に力を入
  れているDyDoであることを考えると、チョコラのように、低価格での値下げ
  販売は行われないものと思われます。
 ☆人気の「深海探査艇」(1艇300円)は、大増産が決定し、ファミリーマートの
  店頭販売も予定されています。パッケージは白で、外側から混入色を確認す
  ることは出来ませんが、絶対、おすすめの一品(三品かな?)です。

 ☆関連Webサイトのご紹介▽
 ◆DyDoドリンコ公式サイト内のキャンペーン告知はこちら▽
  http://www.dydo.co.jp/figure/head.html
 ◆深海生物フィギュアの公式ガイドはこちら▽
  http://www.dydo.co.jp/figure/top.html
 ◆「深海探査艇」関連情報はこちら▽
  http://www.kaiyodo.net/MIU/miu.html

----------------------------------------------------------------

 ・【フィギュア入りチョコラザウルス】発売元:味覚糖株式会社
 ☆「恐竜・古代生物フィギュアコレクション DINOTALES 第一シリーズ」

 「恐竜フィギュアの老舗、海洋堂が造型企画製作を担当する第一シリーズは、
  全24種(頭骨タイプ2/骨格タイプ3/通常タイプ19)で登場!低価格
  帯(オープン価格150円前後)で、ここまでの完成度に仕上げた海洋堂に
  またしても脱帽させられてしまうシリーズです。メジャーな種類だけでな
  く、かゆいところに手が届く的な一品も加えたバランス選定が光っていま
  す。三角すい状の外箱パッケージと、完全密封のシール付きブラインドパ
  ッケージ包装も、なかなかユニーク!ただ、期待されたSPは定石通りの選
  定で、1種。仕方のないことかもしれませんが、種による完成度の格差や
  成形接合部の処理、組み立て方法など、今後の改善に期待したい点も若干
  ありますが、それでも150円前後という販売価格から、トータルに評価
  したら、恐竜フィギュアファンにとって革新的な新商品であることには違
  いなさそうです。ただ、出荷時期による混入種の隔たりが大きいようにも
  思えるので、自力による、短期フルコンプを目指すのには、それなりの覚
  悟がいるかも...。今後の販売地域の拡大と、シリーズの継続に期待し
  たい一品です。P.S.恐竜ということで、女性の方には少し敬遠されるむき
  もありますが、そんな方には、015のアクセルロディクティスがおすす
  め!あの色合い、Megukuma達も大好きです♪」(Megukuma)

 ◆【関連情報】
 ☆フィギュア入りチョコラザウルスは、2001.4.16から、近畿地区(2府4県)
  での販売が開始され、今後、順次販売地域を全国に拡大していく予定との
  こと。その他の地域での販売開始時期については未定。現在関東地方で販
  売されている黄色パッケージの「チョコラザウルス」には、フィギュアは
  入っていないので注意が必要です(フィギュア入りのパッケージは、黒白
  赤の3色で、フィギュア付きと明記されています)。
 ☆チョコラザウルスは希望小売価格の設定されていない商品のため、価格は
  販売店によって異なります(オープン価格)。120-150円までの幅を確認し
  ましたが、150円前後で販売されていることが多いようです。
  販売地域外の、HL東京など一部のショップでは店頭販売も行っており、通
  販を受け付けているネットショップも多数あります。
 ☆解説書(シールタイプ)の右上に付属するポイント(1or5)は、プレゼント
  キャンペーンの応募用で、初回の締め切りは、6/30(下記サイト参照)。
  景品が景品だけに、チョコエッガーも見逃せないプレゼント企画かもです。

 ☆関連Webサイトのご紹介▽
 ◆チョコラザウルスに関する情報はこちら▽「UHA味覚糖」公式サイト
  http://www.uha-mikakuto.com/itiosi/zau_01.html
 ◆チョコラザウルスに関するQ and Aはこちら▽
  http://www.uha-mikakuto.com/itiosi/zau_02.html
 ◆チョコラザウルスのプレゼントキャンペーンの詳細はこちら▽
  
http://www.uha-mikakuto.com/news/news_03.html
 ◆海洋堂提供のチョコラザウルス情報はこちら▽
  http://www.kaiyodo.net/chocola/chocola.htm

----------------------------------------------------------------
 ・【ダイノワールド】発売元:カバヤ食品株式会社A
 ☆「DINOWORLD イノワールド」

 「造型、企画共に、チョコエッグとは直接つながりがないものの、無理を言え
  ば、チョコラザウルスや、本格発売が待たれるフルタ製菓のダイノモデルズ
  との関連で、チョコエッガーの間で話題に上ることも少なくないカバヤ食品
  の新商品。1番から20番の全20種で、SPは20番!!販売開始地域が関
  東地方からなので、西のチョコラに、東のダイノ!とまではいかないものの
  時間差で、違った意味での愛着が沸いてくるかも?なのがダイノワールドシ
  リーズ。解説書や造型の監修を世界的に著名な恐竜学者に依頼し、付属の解
  説書のコメントなども優しい言葉に包まれている割には、意外とディープな
  内容が...♪SP(No.20)には、正直驚かされたものの、造型や改造が好き
  な方には格好の素材になるかもしれませんね♪遊び心(?)が感じられるマニ
  アックなこだわりが見え隠れする点も要チェック!素材と彩色が災いしてか
  どちらかというと、全体的に本格指向の子ども(対象年齢7才以上)を対象に
  した商品コンセプトのようにも思われますが、さりげない細部へのこだわり
  に驚かされることも!フィギュアの素材には、軽く堅い素材が用いられてい
  るので、お子さんが踏んだりしてケガをしないように、置き場所には注意が
  必要ですが、パッケージの外側の窓から混入種を確認出来るので、一揃えを
  お子さんにプレゼントするのもよいかもしれません♪」(Megukuma)

 ◆【関連情報】
 ☆監修総指揮は「恐竜温血動物説」(訳あってるかな?)でも著名な恐竜学者の
  ロバート・T・バッカー博士(Robert.T,Bakker)。
 ☆原型製作は「ビットラン株式会社」が担当し、博物館展示用の模型制作の実
  績のある造型師が製作に携わっています。
 ☆2001.4.23から関東地方を中心に先行発売がはじまったダイノワールドの
  今後の販売地区情報は下記の通り。(4/26段階の状況)

 ■関東地区:4月23日発売開始
  現在コンビニなどで、1個150円(希望小売価格/K15)税別で販売中
 ■東北・北海道地区:5月29日発売予定。
 ■西部地区:7月発売予定。
 ☆関連Webサイトのご紹介▽
 ◆DINOWORLD!ダイノワールドの詳細はこちら▽「KABAYA」
   
http://www.kabaya.co.jp/
 ◆さらに詳しい情報はこちら▽恐竜ワールド入門には最適かも!!
  http://www.kabaya.co.jp/dino/index.html

 ----------------------------------------------------------------

  ┏┏ ☆増刊特集☆【気になる食玩徹底検証!!マニアック編その1】

 ◆概観編に引き続いて、もう少し詳しくディープに解説するマニアック編
  の初回は【MIU】の「深海生物フィギュアコレクション」をCheck!
 
 ☆【MIU】とは、ダイドードリンコ(株)が新発売した、ペットボトルドリ
  ンク(500mlPET/1.5LPET)の名称で、キャッチコピーは「海洋深層水から
  生まれた MIU(ミウ)」。2001年4月23日の発売開始にあわせて、全国で
  販売促進キャンペーンを展開中で、このキャンペーン用のおまけとして企
  画製造されたのが、海洋堂プロデュースによる「深海生物フィギュアコレ
  クション」(全9種18タイプ)です。話題になっているのは、ドリンクその
  ものよりも、後者の深海生物フィギュアの方なので、まずはフィギュアの
  基本データをまとめてみますね!!

 ☆【深海生物フィギュアコレクション】基本データ

 ・造型企画制作:海洋堂
 ・造形総指揮・解説書著者:松村しのぶ(海洋堂)氏
 ・造型スタッフ:松村しのぶ、木下隆志、菅谷中、田熊勝夫、松本栄一郎、
  山本聖士。(継承略)

 ・名称:深海生物フィギュアコレクション
 ・海洋堂サイド選考のキャッチフレーズ
  「深海への旅に出よう」「The Deep Sea Odyssey」
  (フィギュアのブラインドパッケージに記載)

 ・フィギュアの種類:全9種(※1)で、PVC素材(※2)を用いた、彩色版と、
  蓄光素材(※3)を用いた、蓄光版の2タイプで、全18種。
  チョコエッグのSPに相当するアイテムはなし。

 ※1 1.ホウライエソ,2.チョウチンアンコウ,3.フクロウナギ,
    4.コウモリダコ,5.センジュナマコ,6.オウムガイ,7.ミツクリザメ,
    8.オニキンメ,9.ザラビクニン 以上9種、画像はこちらを参照:
    深海生物フィギュア公式ガイド▽
    http://www.dydo.co.jp/figure/top.html

 ※2 PVC素材とは、塩化ビニルとか、エンビとも呼ばれますが、樹脂素材
    の中では、原材料が安く、硬度の割に、加工性も良いため、フィギュア
    やドールの最もスタンダードな素材のひとつです。
 ※3 蓄光素材とは、いわゆる発行素材のひとつなのですが、蛍光素材とは、
    違います。この違いはまた別の機会に書きますが、とにかく太陽光や
    紫外線を吸収し、光を遮断した後でも、可視光線を発し、真っ暗な所
    でも光る素材のことです。海外のフィギュアなどでは頻繁に利用され
    ています。(うーん、アバウト!!汗)

 ・フィギュア関連補足:18種すべて、台座部と、本体(台座との連結棒付)の
  2パーツで構成されています。台座表面にはその魚の代表的な俗名(英名)と、
  その魚の生息するおおよその深度(Depth:)と大きさ(Size:)がプリントされ
  ていて、台座裏面には、その魚の和名(カタカナ)と、C KAIYODO、MADE IN
  CHINAの刻印が刻まれています。また、センジュナマコ(Seapig)の台座だけ
  他のものと違う造型になっています。なぜって?そう、センジュナマコの生
  息している場所は...だから!!(芸が細かい...)
  
 ・パッケージ:ブルーを基調にした、ブラインドパッケージ仕様
 ・解説書:片面印刷で、全9種の生態解説付き、解説コメントを監修されてい
  るのは松村しのぶ氏!!とても分かりやすく、簡潔にまとめられているので、
  こちらもぜひ、Check!です。

 ・フィギュアのバージョン違い関連
  チョコエッガー的に、ついつい癖で探してしまう、フィギュアの個体差!
  ですが、深海生物フィギュアの場合、これまでに確認できているものは、
  塗装、グラデーション系の個体差が大部分を占めます。ミツクリザメや
  ザラビクニンなどを並べて比較すると個体差があることがよく分かります。
  また、センジュナマコなどが、圧迫されて形が歪んでしまっている場合
  が多々あり。(^^;)キャップの内側にフィギュアが入るように梱包され
  ているので、外から中身を当てる業は逆効果!?解説書なども折れてしま
  うのでこの技は、MIUでは特に控えた方がいいかもですね!!素材が軟化
  PVCでよかったです!堅かったら、かつてのツチノコの変形舌版のように
  ...(^^;)

 ◆「深海探査艇」の増産、その他のインフォメーションはこちら▽
  「kaiyodo.net」
  http://www.kaiyodo.net/
                        To be continued....
Back to Top



Back


Back to Home


-ATTENTION-
−本文を転用、転載される場合は、ご連絡を頂けると幸いです−
All rights reserved

Megukuma
Feel free to post any comments or suggestions
about this page
.




I am having the beautiful photograph offered from Mr.sluggo.
Mr.sluggo's great site is situated in the following place.
http://www5b.biglobe.ne.jp/~sluggo/
It is my recommendation site.