<絵の関係>

ならざき清春の水彩画帖 透明水彩の名手楢崎清春氏の頁。繊細で美しい! 地元九州で水彩画教室も開設されています。
青木美和透明水彩画作品集 水彩画家、イラストレーター青木美和さんのページ。
Kim's Watercolor Gallery 繊細でやさしい気持ちになる水彩画の数々。
四季水彩 小学校の先生、水彩画ネットワークの主催者、水筆ペンの考案者。
次郎のアトリエ 土屋次郎さんの油彩の風景画はおすすめです。
水彩画/常陸野逍遙 紫仙花櫻さんの水彩画は光や水の描写力、表現がずば抜けています。基礎をきっちりされている方の絵はやはり違います。
民家と町並み 岸本信夫スケッチ紀行 関西を中心とする民家、町並みのスケッチを精力的に発表。町並みの描き方のお手本として勉強させていただいています。
Art Gallery of Yuko Nagayama 精力的に活動を続ける永山裕子さんのホームページ。大胆さと繊細さの同居する絵の素晴らしさ。

<海外の水彩画関連リンク>

AWS American Watercolor Society アメリカ水彩画協会。作家のページへのリンクがあり、勉強になります。
NWS National Watercolor Society AWSと並ぶアメリカの水彩画協会。作家のページへのリンクがあり、勉強になります。
ASMA American Society of Marine Artists ASMA。アメリカ海洋画家協会。これらを見ると技術的に大変勉強になります。実はヨットをやっていたので海景が大好きでこれからトライしてみたいジャンルです。特にお気に入りは巨匠 Carl G. Evers と Christopher Blossom です。

<水彩画材料会社等関連リンク>

ウインザーニュートン社(英) 英国老舗絵具メーカー。絵具の資料がそろっているので参考になります。
ラウニー社(英) 英国老舗絵具メーカー、日本ではクサカベが代理店になっている。
セヌリエ社(仏) フランスの画材メーカー。パステルが有名だが水彩もトップクラスの品質。用紙は日本では「muse」が扱っている。
シュミンケ(独) ドイツの絵具メーカー。品質は良さそうだがまだ全部の色をためしていない。
blockx(ブロックス?読み方不明)(ベルギー) ベルギーの絵具メーカー。絵画修復などにも使われているようだ。ギャラリーなどもあってたのしい。
クサカベ(日) 日本の絵具メーカー。水彩絵具は顔料に毒性の少ないものを使っていて安心。和の色調にも配慮している。
ホルベイン工業(日) 関西の絵具メーカー。この会社が監修している「絵具材料ハンドブック」は一般に手に入りやすい最良の参考書。
マッチカラー(日) 長野の絵具メーカー。OEMなどが多いが安価で品質の高いものを製造している。
ミューズ(日) 画用紙の販売会社、最近セヌリエの用紙も扱うようになりました。
Dick Blick Art Materials(米) アメリカの通販画材販売店。日本と画材の価格の違いを見てください。送料がかかるがまとめて買えばお得。ただし要英語力。自己責任でお願いします。
Cheap Joe's Art Stuff(米) アメリカの通販画材販売店。名前のとおり?こちらも安い! 水彩用のイーゼルもあります。

<水彩画以外のリンク>


月のくじら 大学の美術部で一緒だった八木のぶおさん、日本を代表するハーモニカ奏者として多方面で活躍されています。是非ライブに聴きに行ってみてください。その暖かい音色にきっとファンなると思います。
小関康幸のホームページ 大学時代の友人。クラシック音楽の碩学です。展覧会に通い絵にも造詣が深い。
B&B潮風 日本ではめずらしい尾道の本格的B&B(朝食のみの洋風民宿)。充実した広い部屋とすばらしい朝食なのにリーズナブルな料金!
カフェぼっくり 体に優しい食事と土鍋で焙煎した珈琲。広い空と田園風景を眺めながら癒しの時間をすごしてみませんか。