電気検層 

 電気検層は、電流電極の一方を地表に もう一方を孔内におき、同様に電位電極の一方を地表にもう一方を孔内において電気を流して、発生した電位を測定し、孔内の見掛比抵抗を求める検層です。測定には電極間隔の違うノルマル、マイクロ両方のゾンデ用います。測定条件は裸孔であること(ノルマルでは開孔率5%以上の塩ビ管内でも可)また孔内水が必要です。

 ←マイクロゾンデ

電極間隔:2.5cm、5cm

 ノルマルゾンデ

電極間隔 :25cm、50cm、100cm

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この部分のゴム製パッドに電流極と2つの電位極が2.5cmと5cm間隔でついています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

100cmの電位電極です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

50cmの電位電極です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

25cmの電位電極です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電流電極です。地表においたもう一方の電極との間に電気を流し、電位を発生させます。