2003.6.25

 

過去の完全な再現ではありません 独断で改行などは編集してあります またこの掲示板には難しすぎる ような話題は省いてあります 気が付いた間違いは直してあります。

ブラウザ(エクスププローラー等)の検索機能を使って検索してみて下さい キーワードや名前、日付  で検索できます(日付けの場合 数字は半角 月日は漢字全角で)

http://〜〜 を見るには お手数ですがコピーしてブラウザのアドレス欄にいれエンターキー (リターンキー)をおして下さい

  


ありがとうございます  投稿者: おたぬき  投稿日: 7月15日(金)19時11分52秒

#レ→♭ミ ⇒ ファラド♭ミ ⇒ F7

と言うことですね。(10)は初心者には、難しい内容ですが理解できるようにがんばります。


増六の和音をコードネームで表すと  投稿者: 管理人  投稿日: 7月15日(金)05時37分16秒

イ短調のbVIx として使われる増六の和音のうち ドイツ増六の和音と呼ばれている ファ  ラ ド #レ は コードネームで表せば F7 です コードネームでは増六度を表す書き方は使いませんので 異名同音読み替えで短七度として表します

http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/4-6.htm  の(10)を御覧下さい


はじめまして  投稿者: おたぬき  投稿日: 7月14日(木)14時48分29秒

教えてください。ドイツの六の和音 ハ長調における「ファ、ラ、ド、レ#」 コードで表現するとどのように表 すのですか?


なるほど  投稿者: べっち  投稿日: 7月 9日(土)20時44分4秒

6が短六度だったら他のコードになってしまいますね・・・ 6thの使い方もいろいろ考えていきたいと思いま す。ありがとうございました。

http://miyatai.hp.infoseek.co.jp/


Re : Am6  投稿者: 管理人  投稿日: 7月 8日(金)08時25分20秒

どちらでもいいではコードネームの用をなさないのでこまります f# です (6はテンションではなくコード トーンです)

http://www1.odn.ne.jp/morejam/newtext-site/p-3.htm

下に書いたとおりの理由で ここでf#音が欲しいと作者は考えたはずです それがこの曲のきもですから、だか らコードは初めから F#m7b5 か Am6 で 作者は低音 a を選んだという事だと思います (私はF#m7b5 のほうがいやらしさが増すので好きです)


Am6  投稿者: べっち  投稿日: 7月 7日(木)22時39分21秒

BとEmでF♯が鳴るのはわかりました。話はそれてしまいますがAm6、6thの音はFじゃなくてF♯どっち でも良いのでしょうか?

この場合、メンデルスゾーンがとてもうまい具合にテンションを付けた、これ以上の説明はできない、ということ になるのでしょうか。

http://miyatai.hp.infoseek.co.jp/


結婚行進曲Am→B→Emのf#音について  投稿者: 管理人  投稿日: 7月 7日(木)05時00分1秒

Cのキーのなかで Am が鳴っても当たり前でスリルありませんが Am6 ならかなりおしゃれです Em ではメロディーとF#音でハモッテ別な和音が e 音にのっかった後に解決となってるのでおしゃれです(原作では B on E だったかな) Bでのf#は普通の音なので説明不要でしょう キュンとさせる効果の原因はCのキーに Em のキーが急に現れてることです そのために f# 音 d# 音は必要なわけです こんなんでいいでしょうか


はじめまして。  投稿者: べっち  投稿日: 7月 5日(火)04時46分26秒

はじめまして。失礼します。

メンデルスゾーンの結婚行進曲なんですが、自分で考える限り、

Am→B→Em→F→G→Cで、B→Emはドミナントモーションだ、ということで納得できるんですが、Am、 B、EmのところでF♯がふんだんに使われています。

上の通りのコードを弾いてもすっきり聞けるのですが、このF♯が入るだけですごく良くなります。(解決する感 じが良く出る・・・というのでしょうか;)

このF♯はどういう使い方なんでしょうか?よろしくお願いします。

http://miyatai.hp.infoseek.co.jp/


リコさんへ  投稿者: 管理人  投稿日: 6月 3日(金)03時59分16秒

モードとコードスケールを混同なさっているのではと心配なのでちょっと説明させて下さい

ドレミファソラシを使ってドで終わる音組織をハ長調といいます(又はアイオニアンモード) ドレミファソラシ を使ってレで終わる音組織を ドリアンモード といいます

ハ長調のなかで現れる Dm のコードスケールは ドリアンスケール ですが 同じドリアとい う言葉をつかっていてもd で終わるという意味はありませんので気をつけて下さい ハ長調なら終止音はCですよね

モード:中心音のある音組織

コードスケール:モード(調と考えてもいい)の音をルートから並べた音階

コードと音階を別々に考えずに音組織(モード)の音を使って縦に響けばコード 横に並べば音階と考えて下さい

モードについての参考ページ

http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/3-1.htm

http://www1.odn.ne.jp/morejam/digest-site/joyto/joyto.htm

http://www1.odn.ne.jp/morejam/digest-site/happyb/happyb.htm

http://www1.odn.ne.jp/morejam/playtostudy-site/pts7/pts7-1.htm


ありがとうございます  投稿者: リコ  投稿日: 5月31日(火)14時33分19秒

たくさんの例まで出してくださって、大変丁寧な説明ありがとうございます。やっぱり曲の始めのメロディやコー ドって大事な要素なんですね。

さっそくですが、また質問させてください。「たとえばコードをUから始めると、メロディもドリアの音階で構成 されるようになる」といったようなことはあるのでしょうか?


リコさんへ  投稿者: 管理人  投稿日: 5月30日(月)04時01分50秒

曲の初めのメロディーとコードはその曲の印象を決める大事な要素でコードが I から始まるか II から始まるかでも当然違う印象になりますね 違うものを違うと感じることについて説明はいらないと思いますが、、、、初めのメロディーとコードを分類して みました数が全然足りませんが参考にどうぞ また書き込みして下さい。

http://www1.odn.ne.jp/morejam/categorizeproj-site/1stnotein1stbar.htm


コード進行について  投稿者: リコ  投稿日: 5月30日(月)02時56分42秒

はじめまして。すごい初歩的な質問だと思うんですけどお願いします。

私は曲を作る時に、フレーズの出だしのコードでそのフレーズ全体の曲調がある程度決まるように感じるんです。 キーがCメジャーの時に、Cから 始める時とDmから始める時で曲調が違うってことなんですけど。この感覚って正しいんでしょうか?そうだとした ら理論的にはどう説明されるんでしょう?


V で13thのメロディー  投稿者: 管理人  投稿日: 5月 3日(火)02時20分21秒

G7 でミはけっこう当たり前 7thを入れないと変かも それでしっくりこなければG7以外のコードにした ほうがいいのかもしれません

下のページの fig.1-2ad-c fig.1-2ad-d の感じ

http://www1.odn.ne.jp/morejam/forbeginner-site/step1-2/step1-2.htm


コード付け  投稿者: ぽっぽ  投稿日: 4月30日(土)00時58分47秒

場違いだったらすみません。削除してください。

歌もののメロディーにコードをつける時に、サビ前の小節とかで、コード進行的にはいかにも5度の和音って感 じのところで、メロディーは小節 の頭の音が6度の音(5度に対する6度,キーがCならE)だったりする時が結構あるのですが、問題ないですか? 大きく外れてはいないと思うのですが、どう も気になります。シンプルな曲(PUNKっぽい感じ)を作っている時に、トライアドの構成音以外の音が支配的な メロディーだったりすると外れた感じがしま す。前後のコード進行とメロが分からないと答えようがないかもしれませんが、よい方法があったら教えてくださ い。お願いします。


ジャンル特有のモードはあるか  投稿者: 管理人  投稿日: 4月 5日(火)00時47分2秒

HIRO★さんへ

書き込みありがとうございます 難しい御質問ではっきりと割り切れないのですが私なりの意見を書かせて下さい

ジャンルがそのまま使われているモードを表している音楽ですぐ思い浮かぶのは 演歌とブルースです、、

民族や地域に特有の旋法(とおりゃんせ、沖縄の民謡、中近東の音楽などを思い浮かべて下さい)がある事は知ら れていますが 現代ではどんな食材でもエスニック料理でも食べられるのと似ていろいろな旋法が使われています

ジャンルという分け方は民族や地域に関係なく 商業的な都合による分け方なのではっきりした傾向は指摘しにく いのですが 普通に耳にする事の 多いポピュラー音楽は 長調(イオニアンモード)短調(エオリアンモードとその変型)が和音進行を作り メロ ディーには同じモードを使ったりペンタトニッ クモードを使ったりするものとおおざっぱにいう事はできます(例えば 短調の演歌は日本の陰旋法下行を短調の属 音上に乗せたものです)その分量の割合でク ラシック音楽に近いかブルースに近いかの性格が決まって来るとも言えます

いわゆるクラッシック音楽はペンタトニックをほとんど使ってないと言い切りたいところですが ドヴォルジャー クやロシア国民楽派などの作品はペンタトニックが多用されて特徴になってます

いわゆるロックという音楽はメロディーにペンタトニックを使う と言い切りたいところですが クイーンは長調 短調をかなり多く使ってますし ビートルズのメロディーもペンタトニックというより七音モードが多いようです

下のページを参考にどうぞ また質問をお待ちしてます

http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/3-1.htm

http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/3-4.htm


スケールについてです。  投稿者: HIRO★  投稿日: 3月30日(水)17時20分8秒

はじめまして☆ここに初めて投稿させていただきます、宜しくお願いします。

スケールについてなんですが、ロック・ポップスとかジャンル別に使うべきスケールって決まってるんですか??


復帰させて下さい  投稿者: 管理人  投稿日: 3月 6日(日)05時21分58秒

eさん アルカリさん こうすけさん ぽちさん ベイブさん キノコさん パーディー ランチさん 答えま しょう!さん kuma さん 書き込みありがとうございます 長い間お返事できなかった事をお許し下さい また私なりのお答えを書き込みますのでこれからもよろしく御願いしま す。

10月14日 e さんへ

世界各地の音階やその歴史について語れるほどの知識はありませんが5より7が時代は新しいと思います(優れて いるという意味では決してな い!) またいろいろな国の音楽を聞くとマイナーペンタトニックは世界の共通語のような気がします 正確な事に ついては民族音楽学やエスニック音楽のキー ワードで多くのサイトが出ますので御覧になって下さい 私のおおまかな考え(民族音楽学者 故小泉文夫氏の著書 から得た考え)は下のページにあります

<http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/3-2.htm>

10月17日 アルカリさんへ

コードです。

A-C-D-A の終止音(=センタートーン)は A に異論のある方はないでしょう この進行で一番しっくりくるのは A のマイナーペンタトニックではないでしょうか この根音進行(平行和声ととらえてもいい)自体がそれを感じさせます A メイジャーキー(又は A メイジャーペンタトニック 又は A ミクソリディアン)もテンポが遅かったりするといい感じかもしれません ただしこの場合Cのコードでは C# は使えないのでその音を使わないか C に変えてコードにあわせる必要があります。

12月14日 ベイブさんへ

CマイナーキーでCメイジャーペンタトニックを使うとそこだけメイジャーキーになってしまいます マイナー キーで使うトニックメイジャーコードをピカルディーの和音と呼びバッハ以前からあるやり方です コードがCマイ ナーキーのコードのままではあわないので使えません。

<http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/4-3.htm>

12月16日 キノコさんへ

五音音階です よく知られたスケール名でいうと Dのマイナーペンタトニックスケール Fのメイジャーペンタ トニックスケール がこの音列に含まれています

移動ドなら ソラドレミソ となります

1月22日 バーディーさんへ

メロディーや前後関係にもよりますが この進行だけから受ける印象では Bbm に終止感があります アボイドノートを強調しなければ当然 Bb のマイナーペンタトニックがあうでしょう。

2月11日 ランチさんへ

簡単な理論書やギターマガジン等の本で少しずつ勉強して下さい、言葉だけでなく音で納得して覚えて下さい。

http://www1.odn.ne.jp/morejam/


キノコさんへ  投稿者: kuma  投稿日: 3月 5日(土)02時51分16秒

ド レファ ソ ラ ド と成ります ペンタでわ無いです


バ−デイサンへ  投稿者: kuma  投稿日: 3月 5日(土)02時35分14秒

結論から言うとkeyはaフラットです


ランチさんへ  投稿者: 答えましょう!  投稿日: 2月14日(月)19時53分52秒

理論的解答になるかどうかわかりませんが。

ベースは楽曲の土台を担当しますから、ベースの動きで曲の雰囲気が変わります。例えば、あなたが住んでいる 家。地盤が緩いと傾きます。地震が 起こると揺れます。ベースは家の骨組みや地面だと思えばいいでしょう。他の楽器は、カーテンやラジカセ、パソコ ンだと思えばわかりやすいでしょう。


ベースについて  投稿者: ランチ  投稿日: 2月11日(金)15時41分12秒

はじめまして!早速音楽理論について詳しい方に質問したいのです・・・。ボクはG担当でバンドをやっているの ですが、ベースの人が音楽理論を 良く知っていてうまいとバンドの雰囲気、格好良さ、などAとにかくバンドの良さを引っ張っているのはベースだと いうことを知り、実際に教えてもらいその通 りだということがわかったのですが、理論上の説明ができません!!!誰かわかる人教えてくれませんか??


keyについて  投稿者: パーディー  投稿日: 1月22日(土)16時00分27秒

すいません、質問です。進行が

B♭m7→D♭7→E♭7→A♭7

の場合keyはA♭になるんですか?自分はD♭だと思っていたのですが。あとこの場合はメジャーですか?それ ともマイナーになるんですか?見 つけ方を教えてほしいです。ちなみに僕はB♭のペンタがしっくりくるのでD♭(もしくはB♭m)だとおもったん ですが。。。是非おねがいします。


シロフォンについて  投稿者: キノコ  投稿日:12月16日(木)19時18分4秒

子どもに買ったシロフォンなのですが、6枚の板がついていてそれぞれ左からCDFGACと書いてあります。こ れはドレミファソラ…で表すとどうなるのでしょうか?6音しかないので、ペンタトニックでもダイアトニックとも 言わないのでしょうか?


スケール  投稿者: ベイブ  投稿日:12月14日(火)15時00分44秒

Cメジャーキーの曲で Cマイナーペンタを使うとブルーノートペンタとして使えますよね?逆にマイナーキーでメジャーペンタは使えませんか?


(無題)  投稿者: ベイブ  投稿日:11月25日(木)20時47分16秒

ペンタは5という意味です。メジャースケールやマイナースケールから半音階がなくなるように2音省いてできた 残りの5音からなるスケールをペンタトニックスケールといいます。


質問  投稿者: こうすけ  投稿日:11月19日(金)21時10分21秒

はじめまして。ここに書き込みするのは初めてです、よろしくお願いします。ものすごく質素な質問なんですが、 ペンタって何なんでしょうか?よく分かりません、教えてください。


管理人さま  投稿者: アルカリ  投稿日:10月17日(日)23時15分9秒

ご丁寧にありがとうございます^−^

コード進行がD-A-G-A場合DかAで終わるとありますがそれはメロディーでしょうか?無知ですみません m(_ _) m

それと、具体的にいいますとA-C-D-Aなんですが自分はAメジャーに合わせています。なにかご指摘お願い します。とても音楽理論に興味がありまして、初心者なのでなにか親切でわかりやすいオススメの本、ビデオなどは ありました教えてください。


スケールの成り立ち  投稿者: e  投稿日:10月14日(木)09時14分46秒

スケールの成り立ちの歴史に疑問があります。例えば、ダイアトニックとペンタだと、ダイアトニックスケールか ら非ペンタトニックスケール

ノートを省いたスケールがペンタトニックスケールなのでしょうか?あるいは、ペンタに非ペンタトニックスケー ル音を加えたものがダイアトニックなのでしょうか?

もっというと、原始時代に原始人が石を叩いたりするところから音楽史が開始していると思うのですが、現在のス ケール、モードはどういった成り立ちで考案されたのでしょうか?


アルカリさんへ  投稿者: 管理人  投稿日:10月12日(火)03時31分32秒

アルカリさんへ 書き込みありがとうございます

キー (Key) とは終わる感じの音(とコード)ととらえれば難しくありません 長調短調以外を含めて話題にする場合センタートーンと呼んだほうがいいのですが キーでも かまいません

コード進行 D - A - G - A の場合 D か A で終わる可能性があります メロディーもおおいに関係あるので その曲がどこで終わる感じかを確かめて下さい

3つのコードの音を全部集めればDメイジャースケールの七音と一致しますから Dメイジャースケールの音を使 えばいいのは当然です どこに終止感があるかで同じ音を使っていても名前が変わります D メージャー か A ミクソリディアン

なんかちがうな〜 っていう例について具体的にお尋ね下さい


Kye  投稿者: アルカリ  投稿日:10月10日(日)14時03分22秒

自分はギターをしているのですがkye=Aとかの意味がイマイチわかりません。例えばコード進行が D.A.G.Aの場合、kyeはDだと思ってDメジャースケールでソロを弾くのでですが…(頭のコードをkye と考えています)このような考えでいいのでしょうか?

色々なコード進行でやっているのですがなんか違うな〜って感じのときがあります。教えてください、お願いしま す。


ありがとうございました 投稿者:よいこ  投稿日: 8月23日(月)23時46分10秒

管理人さんアドバイスありがとうございました。やはり反復練習が一番大切なのですね。頭ばかりでいろいろ考え ても所詮うまくはならないのですね。

音楽用語の誤りやコードのボイシングについてのご指摘もありがとうございました。私にとってジャズは学ぶこと が多くて大変ですがとても面白いです。また分からないことがあったら質問させて頂くかもしれませんがそのときも どうぞ宜しくお願いします。


Re: コード構成音は12keyで覚えるのでしょうか? 投稿者:管理人  投稿日: 8月23日(月)02時46分35秒

モデム不調でお答えするのが遅くなりました ごめんなさい

実際に弾けるかどうかは基本となるヴォイシングを鍵盤の位置と指の形で覚えるのが先かもしれませんが 一音一 音の名前も覚えたほうがヴォイシ ングをいろいろ変型する時(置き換えたり省いたり)考えやすくなると思います 弾ける和音構成音の音名は考えれ ばわかりますよね どちらも何度も何度も弾 く事で覚えるしかないでしょう(かけ算九九やひらがなを覚えるのと同じ)いろいろなキーで機械的な練習と曲をつ かう練習両方を楽しんでやるといいと思いま す。

あまりでてこないキーとよく使うキーがありますが 12のキーでまず II - V - I を弾けるように練習すれば そのキーが弾けるだけでなくいろいろ楽になります

ちょっと気になりましたが音名という用語は下のように使います 実音という用語は移調楽器の記譜音(オクター ブ違いも含めて)に対して使い音名で表します。

(3、5、7、9) (7、9、3、5) 度数(ルートからの音程)
(ミ、ソ、シ、レ) (ファ、ラ♭、シ♭、レ♭)固定ド
( E G B D )  ( F Ab Bb Db ) 音名

もうひとつ気になりますが GbM9 の F Ab Bb Db はかなり重い響きですので使う時は要注意です。


コード構成音は12keyで覚えるのでしょうか? 投稿者:よいこ  投稿日: 8月17日(火)23時53分11秒

先日は管理人さんにペンタトニックの指使いやコードについてアドバイス頂いたものです。ありがとうございまし た。

今回もまたまた初歩的な質問なのですが、コードやスケールを覚える時はその度数だけでなく、その音名も 12KEY全部で覚えたほうがいいのでしょうか?

例えば、CM7のAタイプを(3、5、7、9)のように単に度数で把握するのみならず、加えて音名で(ミ、 ソ、シ、レ)と覚えるべきなので しょうか?同じくG♭M7のBタイプも(ファ、ラ♭、シ♭、レ♭)のような感じで実音を把握するほうがコードは 覚えやすいのでしょうか?それともそんな練 習はしなくてもいいのでしょうか?

なかなかコードが素早く押さえられずいろいろ試行錯誤していますがどれが正しい練習法なのか自信がありませ ん。どうかご教授お願いいたします。


ディミニッシュコードはどのドミナントセブンスコードか 投稿者:管理人  投稿日: 8月 8日(日)04時51分36秒

前段はそのとおりです そう考えるとすっきり整理できます ただ F#dim は B7(b9) のほうが近いように聞こえます D7として使われている場合もあり得ますその場合 G:ハーモニックマイナーのBb 音を B音にした G:ハーモニックメイジャーも使えるでしょう

後段はちがうと思います 私はCのキーに現れるC#dim は C7, Eb7, Gb7 には聞こえません(最低音に C# を置き4つの音を全部鳴らすと仮定して)また C#dim のつぎがなんのコードかによってC#dim の意味が変わってくるので次のコードも含めて考えるとわかりやすいはずです(仮にFmならC7(b9)と思い変える事にもなりますが、、、)

7月1日の書き込みから

ディミニッシュコードはドミナントセブンスコードb9th の根音省略形です ただ省略された根音がどれなの かを見極めなくてはいけません

長調の場合

Idim = bIIIdim = #IVdim = VIdim は VII7(b9) 叉は II7(b9) の根音省略形、
#Vdim = VIIdim = IIdim = IVdim は III7(b9) 叉は V7(b9) の根音省略形、
#Idim = IIIdim = Vdim = bVIIdim は VI7(b9) 叉は I7(b9) の根音省略形

短調の場合

Idim = bIIIdim = #IVdim = VIdim は II7(b9) の根音省略形、
#Vdim = VIIdim = IIdim = IVdim は V7(b9) の根音省略形、
#Idim = IIIdim = Vdim = bVIIdim は I7(b9) の根音省略形、と考えてよい。

<http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/8-2.htm>

10月16日の書き込みから

調性内で使われる限りディミニッシュコードは調を感じさせるコードで短調の V(b9) の根音省略形と聞こえます ですからまずその調の音が最も自然なはずです 全部の音を使うディミニッシュスケール上行も使えるかもしれませんが第二 第三 の選択です 全部の音を使うディミニッシュスケール上行は半音上行と同じように調としての意味がない人工的ス ケールです ディミニッシュスケールの一部は 上に説明した音と一致しているので使えますが一部だけではディミニッシュスケールとは言えません。

本に書いてあるから使えるとか私がいいと言ってるからとかでなく自分で納得いくまで試して下さい。


ありがとうございます 投稿者:bluesyabu  投稿日: 8月 5日(木)22時07分13秒

管理人様、ご回答ありがとうございました。

#Idim. = VIx   #IIdim. = VIIx と聞こえるため、それぞれ?、?のHmP5↓のスケールが使えるという理解で間違いないでしょうか?つまり、#Wdim.だと、U7(b9)、#X dim.だとV7(b9)と聞こえるから、それぞれ、U、VのHmP5↓、すなわち key of C majorだと、F#dim=D7 , G#dim=E7 なので、それぞれ、G:Harmonic minor A: Harmonic Minor が使えるということなんですよね?

あと、また疑問がでてきたんですが、根音省略形を考える際、たとえば、C#dimの場合、まずA7と聞こえる というのは、非常にわかりやすい んですが、でも、この構成音だと、ほかにも、C7でもEb7でもGb7のそれぞれ根音省略形とも捉えることがで きますよね?(いままではそういう風に理解 してました)。この場合、たとえばC7の根音省略形と考えた際は、C:HmP5↓、つまりF:Harmonic minor を使えるんでしょうか?

こう考えると、どのルートが省略されたかで、ずいぶんスケール選択がちがってきますよね?・・・・・でも まぁ、実際のところアドリブとかの時にはあまり不自然にも感じないのでなんでもいいような気もしますが、理論的 につめていくとどんなかんじになるんでしょう?

長くなって質問ばっかりですみません。お時間ありましたら、ぜひ、ご教授いただければうれしいです。それでは しつれいいたします。


Re : ディミニッシュのコードスケール 投稿者:管理人  投稿日: 8月 4日(水)04時31分53秒

bluesyabu さんへ 書き込みありがとうございます 

<ある本には、#Idim7 のコードスケールが、 cis-d-e-f-g-a-b-c #IIdim7 は dis-e-fis-g-a-h-c-dとなってたんですが、これはどういう理屈なんでしょう?>

#Idim. = VIx (C#dim. = A7)   #IIdim. = VIIx (D#dim. = B7) とまず聞こえますので それぞれ D:Harmonic minor E: Harmonic Minor の音を使えという事です(#9thも付け加えて) もちろん他の選択も可能ですがまず素直に調性的な音使いを説明しているものだと思います

<♭IIIdim7 es-f-ges-g-a-h-c-d になってるんですが、これはどういうことなんでしょうか?>

書き間違いでしょう おそらく es-f-ges-as-a-h-c-d だと思います これはディミニッシュトスケールなので 調整的な聞き方をあきらめてる説明ですね  F7 か D7 を想定してるように感じます

過去の書き込みも参考にして下さい

2004.10.16 2003.9.11 2003.7.1  2002.5.16


ディミニッシュのコードスケール 投稿者:bluesyabu  投稿日: 7月31日(土)09時13分44秒

こんにちは。いつもここの音楽理論を読んで勉強させて頂いてます。ひととおり読みましたが、難しいですねぇ。 でも何度か読んでるうちになんと なくわかってきたような・・・。でもちょっと気になる点もあります。パッシングディミニッシュについてなんです が、普通、ディミニッシュコード(全音ー半 音ディミニッシュ)の場合やコンディミなどはそのコードに対してスケールきまってますよねぇ?そしてそのスケー ルの成り立ちも非常にわかりやすいですが、 このパッシングディミニッシュに対するコードスケールはどうなるんでしょう?とある本には、

#Tdim7 のコードスケールが、 cis-d-e-f-g-a-b-c

#Udim7 は、 dis-e-fis-g-a-h-c-d

となってたんですが、これはどういう理屈なんでしょう?また、#Udim7が♭Vdim7になるとコードス ケールが♭Vdim7 es-f-ges-g-a-h-c-d になってるんですが、これはどういうことなんでしょうか?

ここの理論テキストのパッシングディミニッシュのところにも載ってなかったんで、気になって質問してしまいま した。すみません。時間があればよろしくおねがいします


納得です 投稿者:GT  投稿日: 7月23日(金)17時26分59秒

管理人様、ありがとうございました。

今までいろんな本に目を通しましたが、コードの異名同音の表記に関してはほとんど触れられていませんでした。 多分見やすい表記(演奏の実用性 を重視)のほうがいいんだろうなあと、漠然と思っていましたが、今回回答をいただいてすっきりしました。モヤモ ヤが取れた感じです。またご質問させていた だくことがあるかもしれませんが、よろしくお願いいたします。


コードネームでの異名同音 投稿者:管理人  投稿日: 7月22日(木)02時16分44秒

GTさんへ

bbB の音が本来の音ですがコードネームではダブルフラットを使わず A7 と書きます 煩雑な表記を避けるためです (key of C major では F#7 ではなく本来の音 Gb7 と書けるしそのほうがいい)

Gb のキーの IV を Cb とは書かずにふつうは B と書いてしまったり Ab : bVIM を FbM7 と書かずに EM7 と書いてしまうのも同じ事で異名同音を正しく書くより馴染みのある書き方にしようという方向ですね 音符はあまり複雑にならなければ正しく書いたほうがい いのですが コードネームは簡単な音名で書く習慣になってます。


ダブルフラットの場合 投稿者:GT  投稿日: 7月20日(火)15時16分11秒

はじめまして。趣味でポピュラーピアノを弾いているものです。既成の曲をコードを変えて演奏する面白さにハ マっていますが、何分素人に毛が生 えた程度のものですので、理論的に正しいコード進行なのかと時折考えてしまうこともあります。そこで質問があり ます。Cメジャーキーの曲で、トニックのC からサブドミナントのFへ行く過程、

「C→C7(orC+5)→FM7」という進行を

「C→Gm7→G♭7(9)→FM7」

という進行に変えるのがとても好きで、メロディと合えばよく使っています。問題なのは途中のG♭7(9)とい うコードです。曲のキーを短三度上げてE♭キーに移調した場合、先ほどの進行は

「E♭→B♭m7→B♭♭7(9)→A♭M7」

となり、見たことのないコードネームになってしまいます。このB♭♭7(9)はA7(9)と表記するのが正し いのでしょうか?そうなると、も とのCメジャーキーでのG♭7(9)はF♯7(9)というコードネームになると思いますが。ベースの動きを考え るとG→G♭→Fの表記のほうがすっきりし そうなのですが、ぜひご教授願います。ありがとうございました 投稿者:よいこ  投稿日: 7月14日(水)00時07分5秒

管理人さん、ご丁寧なアドバイスをどうもありがとうございました。

ペンタトニックスケールでは黒鍵が連続している箇所での指使いがどうしても分からなかったのですが、おかげで 考え方が見えてきました。コードのイメージの仕方と併せて早速試してみます^^


ペンタトニックスケールの指使いについて2 投稿者:管理人  投稿日: 7月13日(火)01時14分38秒

<AマイナーペンタやCメジャーペンタの指使いは右手(121245)、左手(532121)でいいのでしょ うか?それとも右手(123123)、左手(321321)でいいのでしょうか?>

どれもいいと思います 前後に応じて自分が弾き易いのを選べばいいでしょう こんなのも試して下さい

A:Min.P.T. 右手123134  左手 421321 or 531421


ペンタトニックスケールの指使いについて 投稿者:管理人  投稿日: 7月12日(月)23時46分27秒

よいこさんへ

構成音を考えて弾ける 考えなくても弾ける 両方できるといいでしょう 隣同士のコードトーンよりまず ルー トと各音が 短三度 完全五度  短七度 ととらえるのがいいように思います 白鍵と黒鍵があるので 同じクォリティーのコードが全く同じ形には なりませんが おおまかに見れば似ています

ジョンミーガンはメイジャー、ドミナント、マイナー、ハーフディミニッシュ、ディミニッシュ の五種類のセブ ンスコードがそれぞれ12で60 これだけ弾ければたいていの曲は弾けるといってます 反復練習して自動的に弾 けるようにしましょう

まず基本形を把握する必要はありますが 実際どこで弾くかを覚えたほうが実用的です

<http://www1.odn.ne.jp/morejam/forbeginner-site/step1-1/step1-1.htm#anchor-matome>

ペンタトニックスケールの指使いについて

前後関係や高いか低いかによっても変わりますが下の運指はどうでしょうか

Bb Min.P.T. 右手 123123  左手 532132 Db Maj.P.T. 右手 231235  左手 321321
Eb Min.P.T. 右手 123123  左手 421421 Gb Maj.P.T. 右手 231235  左手 432132
Ab Min.P.T. 右手 213134  左手 421421 B Maj.P.T.  右手 121235  左手 343121


コードとペンタトニックスケールについて 投稿者:よいこ  投稿日: 7月10日(土)16時41分31秒

初めまして。私は最近キーボードを始めた初心者です。コードとスケールを中心に毎日練習していますが、なかな かうまくならず、何か良いアドバイスが得られるページはないかと探していたらここにたどり着きました。

初歩的な質問ばかりで恐縮なのですが、鍵盤が弾ける方、よろしければどうかアドバイスお願いします。

【質問@】 鍵盤楽器でコードを素早く押さえるコツなどがありましたらアドバイスお願いします。

私の場合、例えばCm7を押さえる時に次のようなことを手がかりにコードを思い出します。

・1、♭3、5、♭7の4ノートはそれぞれ1.5音、2.0音、1.5音感覚で並んでいる。
・1と5、♭3と♭7はそれぞれ5thのインターバルを形成している。
・Cm7は黒盤が2個登場する。

ですがこれでもコードを押さえるのに時間がかかります。

私はギターを少し弾きますが、ギターの場合はコードの「形」を視覚的に暗記しているので瞬間的にコードを押さ えることが可能です。しかし、鍵 盤楽器はギターとは違ってコードの「形」を瞬間的にイメージすることが難しい気がします。よってコードを押さえ るのにも時間がかかります。どうすればいい のでしょうか?

単に練習量が足りないのでしょうか?練習を積めば鍵盤楽器の場合も瞬間的にコードが視覚的にイメージされるも のなのでしょうか?それとも何か別の良い方法があるのでしょうか?

【質問A】ペンタトニックスケールの指使いについてアドバイスお願いします。

B♭、E♭、A♭マイナーペンタ、およびB、B♭、D♭、G♭メジャーペンタの指使いがどうしても分かりませ ん。教則本にも載っておらず、ご 存知のかたがいらっしゃいましたら宜しくお願いします。またAマイナーペンタやCメジャーペンタの指使いは右手 (121245)、左手(532121)で いいのでしょうか?それとも右手(123123)、左手(321321)でいいのでしょうか?

突然の質問ばかりで、まことに厚かましい限りですが、ご存知の方、どうぞ宜しくお願いします。


ありがとうございます 投稿者:pat  投稿日: 6月17日(木)19時45分16秒

ホームページ修正ありがとうございます。これからじっくり拝見させて頂きます。またわからない点などあったら 投稿しますので、よろしくお願いします。


ありがとうございました 投稿者:ぬーの  投稿日: 6月17日(木)16時49分30秒

返事が遅れてしまいましてすみません。今テキストを読んでいるのですが、正直難しいです。ですがしっかり勉強 して自由に音楽をやるためにも、じっくり読みたいと思います。ありがとうございました。


patさんへ 投稿者:管理人  投稿日: 6月17日(木)05時39分11秒

御指摘ありがとうございます すぐに直しましたので見て下さい こまかく読んで頂いてる事に感謝いたします  お気付きの点がありましたらまた教えて下さい。


突然ですが 投稿者:pat  投稿日: 6月16日(水)14時58分21秒

管理人さんはじめまして、ホームページよく拝見させて頂いております。突然なんですが、ホームページ上で表示 されない箇所がありましたので、投稿させていただきました。

それは、http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site /10-1.htmのページ上で、基本コー ドスケールと起源モードという部分に表示されるはずの図表が全く表示されません。自分のパソコンが悪いのか、そ れとも図表データが管理人さんのホームペー ジ上から消えてしまったせいなのかはよくわかりませんが・・・。とにかく非常に気になる部分なので一度確認して いただけないでしょうか?

もし、管理人さん側に一切の不備がなかった場合にはご容赦下さい。


使用頻度の高いノンスケールトーンコードの例 投稿者:管理人  投稿日: 6月12日(土)18時30分53秒

ぬーのさんへ 続きです

ハ長調でよく使われる Ab6 AbM7 Fm Fm6 Fm7 Dm7b5 はハ短調(Cエオリアンモード)の和音です 長調で使う同主短調の和音を準固有和音という呼んで特別に分類することもあります そのくらい良く使われると いうことです

<http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/7-1.htm>


ノンスケールトーンコードの分析、解釈 2 投稿者:管理人  投稿日: 6月12日(土)18時04分8秒

ぬーのさんのおっしゃる<その場限りの変形スケール>というのは 私のいう他調叉は他旋法の音階と同じようで す 変型スケールという言葉から 分類する名前がないようなスケールを連想してしまいました、、 なのでぬーのさんの考え方はあってると思います が 名前のあるスケールなら”変型”の言葉 は使わないほうが誤解がないと思います。

現在耳にする音楽は長調短調を基礎に作られているものがほとんどなので 長調短調を基準にお話しますが そう でない音楽も同じ考え方でとらえる事ができます

曲全体は長調であっても部分的に他の調や同主他旋法を使う事はよくあります 臨時記号の現れるのがそれで部分 的転調(主にセカンダリードミナ ント)かモーダルインターチェンジ(同主他旋法の借用)どちらかです これが<使用頻度の高いノンダイアトニッ クコード> のことになります

セカンダリードミナントについては下のページを御覧下さい

<http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/8-1.htm>

モーダルインターチェンジコードは下のページを御覧下さい

<http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/7-5.htm>

具体例がありましたら又書き込んで下さい。


Re: コードから、その曲のKEYの見出し方 投稿者:管理人  投稿日: 6月12日(土)17時47分49秒

未曾有さんへおそくなってごめんなさい

いくつかのコードで使っている音を並べると普通はダイアトニックスケール(全全半全全全半の音程で並ぶ音階  出発点はどこでもいい)かそれに 近いものになります コード進行にドミナントモーションが含まれていれば調が確定しますが そうでない場合は中 心音は確定せずどのコードで終わるか どの メロディー音に終止感があるかによって決まります 例えば C F のくり返しではどちらで終わるか決まりません  Dm7 G7 のくり返しは C メイジャーのキーかもしれないし D ドリアンモードかもしれません、、、、

抽象的な議論は難しいので もし具体例があれば又書き込み御願いします。


ワンコードの場合 投稿者:ぬーの  投稿日: 6月 9日(水)16時34分48秒

お返事ありがとうございます。その場所の調性を考えるとのことですが、もしコードがワンコードだけノンダイア トニックな場合はどのように分析 すればよいのでしょうか?その際も調性を考慮して考えるのでしょうか?その場合やはり思いつくのは臨時記号のと ころだけスケールを変化させるという方法だ と思うのですがどうでしょうか?できれば使用頻度の高いノンダイアトニックコードを例にあげて教えていただきた いです。いっぺんに質問してしまって申し訳 ないのですが、よろしくお願いします。


曲で使用するコードから、その曲のKEYの見出し方 投稿者:未曾有  投稿日: 6月 8日(火)13時08分10秒

こんにちは、はじめまして。題名の通り、使用しているコードから曲自体のKEYというのは見出せるのでしょう か?よろしければご指導お願いします。


7さんへ 投稿者:管理人  投稿日: 6月 6日(日)17時23分19秒

私は下のような記号と用語を使っています ジョンミーガンの本から学んだジュリアード式に芸大和声のやり方を 足したやり方です。

長音階の各音度 (Major Scale Degree)を、i ii iii iv v vi vii と表す。

長音階固有の 7th Chord (Major Scale-tone 7th Chord)を、 I II III IV V VI VIIと表す。

ルートが変化すれば#bをつける  Qualityが変化した場合は Chord Quality の Symbolを添えて表わす

Chord Quality の Symbol は 次の通り。(ドミナントセブンスコード以外はコードネームとほぼ同じ)

M = Major 7th Chord
m = Minor 7th Chord
x = Dominant 7th Chord
φ = Half Diminished 7th Chord
o = Diminished 7th Chord
mM = Minor Major 7th Chord
M+ = Major 7th Augmented 5th Chord

詳しくは下のページを御覧下さい

<http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/0-1.htm>


(無題) 投稿者:7  投稿日: 6月 6日(日)00時27分49秒

>II - bIIx - I の場合は ii - bii - i

xとは何でしょうか?また、上記の前者と後者の違いは何でしょうか?


ノンスケールトーンコードの分析、解釈 投稿者:管理人  投稿日: 6月 5日(土)05時15分13秒

ぬーのさんへ

ノンスケールトーンコードは モードが変わった(モーダルインターチェンジ)か調が変わった(転調)場合に現 れます よほど変わったコードでなければこの考えで分析できます変型スケールを想定する必要は普通ありません  下のページを御覧下さい

<http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/3-5.htm>
<http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/7-5.htm>
<http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/10-1.htm>
<http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/10-2.htm>
<http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/10-3.htm>

(ノンスケールトーンコードは臨時記号が付くコード考えていい いわゆる短調ではエオリアンモードが本来の モードで他の短調と認められているモードはモードが変わったとみれば整理が付く)

その場が何調なのか(何モードなのか)が分析の基本です


7 さんへ 投稿者:管理人  投稿日: 6月 5日(土)04時54分45秒

説明がへただったのでもう一度はじめから書き直します

ウラコードのルート音は bii #i どっち について

考え方1

臨時記号の付く音には本来の動く方向があります (bの付いた音はその後下がる #の付いた音はその後上が る) ii - bii - i   i - #i - ii は自然ですが ii - #i - i  i - bii - ii は本来の動きの方向が中断されたものです コード進行によってはこうなる声部がありますが話題になっている II - bIIx - I の場合は ii - bii - i です

考え方2

その場を支配する(叉は使える)スケールがある 七音スケールは順に次の音名に進むように書き半音階的進行 (同じ音名に臨時記号を付けて音の高さを変える事)は使わない、五線は七音スケールを書くのに都合いいように現 在の形になったものです

II では ii iii iv v vi vii i (Dorian Scale)

bIIx では bii biii iv v bvi bvii bi (Lydian Dominant7th Scale)

I では i ii iii iv v vi vii (Ionian Scale)

bIIx で #i #ii #iii ##iv #v #vi vii と書いたり考えたりするのは不自然 #Ix と書くのも不自然 b# が多いキーでの例外はありますが 上の様な考え方をお薦めします


楽曲の分析について 投稿者:ぬーの  投稿日: 6月 4日(金)18時20分59秒

再びお邪魔いたします。では早速ですが質問させて下さい。例えばスタンダードジャズのように長短調を基本とし ていの場合において、ノンコード が現れた場合そこの部分のスケールはどのように選出するのでしょうか?ノンコードのコードトーンを元のスケール と合わして、その場限りの変形スケールを割 り出すのでしょうか?他に方法がありましたら教えていただけますか?


裏ドミナントが2b 投稿者:7  投稿日: 6月 3日(木)23時45分30秒

1#及び2bは共にノンダイアトニックトーンですが、コード進行 2m-5-1-2m-2b-1だと、2bが 2mと同じく2度で重複するので すが、この関係は裏ドミナントを1#とするコード進行 2-1#-1だと1が重複するから裏ドミナントは1#で はなく2bであるから誤りである、との説明 とは矛盾する事になるのですが、この点についての解説お願いいたします。


ありがとうございました 投稿者:ぬーの  投稿日: 6月 3日(木)11時15分59秒

コンビネーションオブディミニッシュについてのお返事ありがとうございました。オルタードスケールに比べてな かなか使い方が難しいスケールで すね。スケールを覚えたことで無理やり全部の音を使用するからややこしくなるのかもしれませんね。お返事やテキ ストを参照して頑張ります。ありがとうござ いました。


Re: 裏ドミナントが2b 投稿者:管理人  投稿日: 6月 3日(木)04時06分1秒

そうです その場を支配してる(使えるでもいい)音階で考えて下さい 音階は普通次の音へ進むように書きます  ベースの動きを見ても当然 bii - i と表すべきでしょう そのコードだけ取り出して考えても #i と表す(叉は五線に書く)と ii 叉は #ii がある事になりますのでスケールの感覚が混乱します もしかして V に使える音 #11 と混同されているのかと思いますが ベースに現れて i に進んでいれば #11 ではありません。


裏ドミナントが2b 投稿者:7  投稿日: 6月 3日(木)01時51分0秒

コード進行 5-2b-1となるのは、5-1#-1だと1が重複するからとの理由でしょうか? 一例で、F# 長調の第7音のE#がFでは無いのは、Fが重複する為であるとの理由と同じでしょうか。


Re: コンビネーションオブディミッシュについて 投稿者:管理人  投稿日: 6月 3日(木)01時18分49秒

ぬーのさんへ

音楽理論に関する疑問や話題は歓迎です コンビネイションオブディミニッシュトスケールの使い方と名前の由来 についてできるだけお答えします

ドミナントセブンスコード( ~7b9 ~7#9 )に使えると説明されるのが普通です上行で連続して使えばクロマチックスケールとたいして変わらない印象です 下行の場合 13th #11 が違和感を生む事があります 使ってみて自分で判断して下さい

言葉の由来についてはよくわかりません 全音半音をくり返して上がってゆく音階をディミニッシュトスケールと 呼びディミニッシュコードに合う スケール、 ドミナントセブンスコードに使う場合はコードのルートからの音階に名前をつけなくてはいけないから  逆の順序で 半音全音をくり返す音階をコ ンビネイションオブディミニッシュトスケールと呼んでいる くらいの理解しかできていません

メロディックなフレイズでは全部の音を使わない例が多いので コンディミといえない事が多いと思います むし ろフリジアンモードやブルーズモードに近いものが多いように聞こえます

<http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/3-6.htm>
<http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/10-4.htm>


コンビネーションオブディミッシュについて 投稿者:ぬーの  投稿日: 6月 2日(水)14時13分13秒

コンビネーションオブディミニッシュについて質問があります。まだ理論については初心者なのですが、分からな い用語があったので質問させてく ださい。このスケールの一般的な実用方法がよく分かりません。管理人がこのスケールを使う時はどのようなときで すか?あとディミニッシュということはコー ドのディミニッシュと関係があるのでしょうか?宜しくお願いします。


7さんへ 投稿者:管理人  投稿日: 5月31日(月)18時48分21秒

音階で前後をみるといいでしょう bii - i は自然で #i - i は流れとしては不自然に見えます(五線に書いてみるとよくわかります) 異名同音は正しくとらえるとわかりやすくなります もし #i -ii なら自然ですね よく現れる例は #v or bvi, #ii or biii 等です これらも上の音下の音がどうなってるか考えて下さい  vi が存在するなら #v と書くべきです #v - vi 一方 v があるなら bvi と書くべきです v - bvi


メロディックマイナー上行下行について 投稿者:管理人  投稿日: 5月31日(月)18時20分1秒

書き込みありがとうございます 思慮分別様が御指摘のとおり モードで分析する場合 上がっても下がってもメ ロディックマイナーはメロディッ クマイナー ナチュラルマイナーはナチュラルマイナーと分類します 昔の分類 メロディックマイナー上行 下行  という分類は使いません 実際の演奏や作 曲でどう使うかは好みの問題です

<http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/6-1.htm>

長調(=イオニアンモード)は安定したモードと言えます 一方短調では4つのマイナー系モード(注1)が交代 して使われ安定していないと言えるでしょう 短調ではモーダルインターチェンジがあたりまえにおこなわれてるわ けです

(注1)ナチュラルマイナーモード ハーモニックマイナーモード メロディックマイナーモード にドリアン モードを含めた4つを マイナー系モードに分類します 中心音のある音組織という意味をはっきり表すために 〜 モードと書いておきます 


2度フラット 投稿者:7  投稿日: 5月28日(金)01時14分8秒

裏ドミナントが2度フラットであり、1度シャープでないのはなぜでしょうか??


メロディックマイナーの謎 投稿者:思慮分別  投稿日: 5月27日(木)22時34分56秒

 はじめまして。早速ですがよく理論書に書いてある、当スケールの下降形はナチュラルマイナーという決め事 は、モードで考える場合こうりょすべきことなのでしょうか?スケールに基づいて和音も変化して落ち着かない気が しているのですが、、、、


小人さん、横からすいません m(__)m 投稿者:shu  投稿日: 5月 3日(月)15時06分46秒

 

はじめまして、時々拝見させて頂いております、最近あまり動きが無かったのでちょっと寂しく思っていました。

管理人さん質問に対するの一筋通ったレスと姿勢、非常に勉強になります。

小人さんはじめまして。横からすいません m(__)m

手元に『Loneliness』の入ったCDがありましたので私なりの考えを書かせてください。

【Gm-Bbm】 どちらともトニックになりそうな、終止感のない非機能なコードの連結ですね、これはよくあ る和音の平行移動の一種じゃないかなと。

メロディは半音2つ下への平行移動なので、コ-ド進行【Gm-Bbm】も例えば単純に【Gm-Fm】でも良い わけで、GmからBbm行くか、メロディに付き合って半音2つ下のFmに行くか、まあどちらでも良いわけですよ ね。

でもほんとは全然良くないわけですでど(笑)。

例えば、メロディから単純に考えて、【Gm-Bbm】なのか【Gm-Fm】?

まず、それぞれの2つコードの連結をGmワンコードだと仮定します、これっていわゆるモードですよね? 

そこで【Gm-Bbm】、【Gm-Fm】を、G Phrygianで考えたとします、

【Gm-Bbm】は【i-iiim】、通常G Phrygianなら【Gm-Bb】で【i-iii】、iiiの部分に【iii→iiim】の変化がありま 

す、【Gm-Fm】は【i-vii】で変化なし。

通常のG Phrygianのコード進行【Gm-Bb】、【Gm-Fm】がモードそのものに変化がないのに対して、

【Gm-Bbm】は 【G Phrygian→G Locrian】と変化してしまいます、

【G Phrygian→G Locrian】この微妙な響きの変化がこのコード進行のキモではないかと思います。

(もちろんGm(G Aeolian)として、【Gm-Fm】も【G Aeolian→G Phrygian】のように考えられますが、少し無理があるように思われます。)

他にもいろいろな分析や考え方が出来ると思いますし、作者自身そこまで考えていないかもしれません、結局のと ころ作曲者の耳が何らかの理由でその響きを要求した結果のコードの連結だという事で良いのではないでしょうか?


小人さんへ 投稿者:管理人  投稿日: 4月30日(金)22時39分59秒

おひさしぶりです その曲は知らなくてごめんなさい 探して勉強してみます このような調のはっきりしない コード進行の場合特にメロディーがどうなってるかが重要ですがコードの印象だけで少しかかせていただくと  Bbm7 に充分終止感があると仮定すれば 同主長調の VI から始まった事になります オカルト映画でこの進行を聞いた記憶があるがなんだったか思い出せない ハープシコードだったと思う(逆ならゴールドフィン ガーか?)

短三度上への平行移動は同主短調の雰囲気を感じさせますよねもし Bb6 - Bbm7 だったら イオニアからドリア(叉はエオリア)と簡単に言えるのに、、、逆なら Going Out Of My Head や Greenfiels

2003.9.11 の書き込みから

もう覚えている人は少ないだろうが1970年代にホセフェリシアーノがライトマイファイアをカバーしてる こ のイントロで Cm7 - Am7 のくり返しが使われていて 妙に印象に残っている スティービーワンダーの Sir Duke の C - F#m の F#m も同類のコード CM7 - AM7 も似た雰囲気がある (C - A はオーティスレディングのドックオブザベイ)このような2つのコードではどちらかと言うと下のコードに終止感があるように聞こえるが上のコードで終わらせ る事もできる、カンタロープでは上のコードがトニック

楽譜を探してよく調べてまた書きます 書き込みありがとうございました


奇妙なコード進行について 投稿者:小人  投稿日: 4月30日(金)14時21分50秒

管理人さんお久しぶりです、小人です。覚えていらっしゃいますでしょうか?一度、伺っただけなので忘れている かもしれませんね。今日は、自分ではどうしても解決できない問題があり、管理人さんに相談しに来ました。

それは、坂本龍一さんのアルバム「UF」に収録されている『Loneliness』という曲についてです。 (知らなかったらごめんなさい)

短くてシンプルなピアノ曲なのですが、楽譜を見たら、奇妙なコード進行で全然理解できません。特に疑問になっ たのが、テーマ部分のコード進行です。

|Gm7|B♭m7|Gm7|B♭m7|という4小節の進行になっています。一見、何ともないモーダル進行に 思えます。しかし、この進行だと 完全4度枠で構成されている核音の位置がズレてしまいます。ちなみにこの曲は、Gm7で始まりB♭m7で終わる 曲です。なのでKeyはB♭mだと思いま す。つまり、センタートーンがB♭で、完全4度がE♭、完全5度がFです。この核音の枠を基本に考えると、 Gm7にモーダルチェンジするのはあり得ませ ん。でも、音は音楽として成立しています。もしかすると、突然センタートーンが切り替わって転調しているので しょうか?

あ〜、考えれば考えるほど頭がおかしくなるっ!管理人さん、お願いします。

(一方的で申し訳ありません)


ろんさんへ 投稿者:管理人  投稿日: 4月 7日(水)09時30分27秒

御指摘ありがとうございます すぐに書き直しました 利用してくれる方がいるのは嬉しい限りです また寄って 下さい。


ぴかさんへ 投稿者:管理人  投稿日: 4月 7日(水)03時51分29秒

書き込みありがとうございます メイジャースケールトーンコードをダイアトニックコードと呼び それ以外をノ ンダイアトニックコードと呼ぶ言 葉使いがバークレイの教科書等に見られるようですが ダイアトニックの本来の意味からすると間違っていると思い ます(30年前にジョンミーガンの本で知り ました) さらにハーモニックマイナーからできる和音までダイアトニックコードと書いてある本もあるようで混乱 に拍車をかけています 

あまり言葉にこだわらないで内容を理解してればそれでもいいかとも思いますが 気になるので下のように書きま した


(無題) 投稿者:ぴか  投稿日: 4月 7日(水)02時24分24秒

<【MIC】と、一般によく言われる【ノンダイアトニックコードの代理和音】・・結果的に両者共通するように 思えます> おおまかにはそう考 えていいでしょう テキスト全体がモードを重視して整理しようという主旨です それと正確な言葉使いとしてはノ ンスケールトーンコードがいいでしょう C のキーで使うDbのコードもダイアトニックコードなんですから

↑ノンスケールトーンコードは誤りでノンダイアトニックコードが正しいです。


まちがてったらごめんなさい 投稿者:ろん  投稿日: 4月 7日(水)01時24分46秒

はじめまして。マイナスワンCDという物を買って、アドリブ気分にひたっています。いろいろ探していて最近こ ちらにお世話になっており、あり がたく思っております。「よくやる曲のコード進行」でWaveなんですが、どうも1小節不足している気がするの ですが・・・。もし間違っていましたらすみ ません。


おはようございます☆ 投稿者:姫  投稿日: 3月29日(月)10時45分17秒

ありがとうございます!ヤマハの調律師さんに頼んでみます☆


姫 さんへ 投稿者:管理人  投稿日: 3月29日(月)04時52分19秒

必要ないと思います、音色やタッチの事は信頼できる調律師に相談するといいでしょう。


基本の基本で… 投稿者:姫  投稿日: 3月28日(日)22時27分34秒

本当に基本の基本を聞きたいんですけど…私は、クラシックピアノを10年習ってるんですけど最近綾戸ちえさん の影響もありジャズにはまってし まい、ジャズピアノに変更しようと思ったんです。ピアノ自体買い替えないといけないんですか?????低レベル な質問でごめんなさい…


ありがとうございました! 投稿者:中村  投稿日: 3月25日(木)04時01分35秒

こちらこそ、ご返事いただきありがとうございました。頭の中がスッキリした感じて、うれしいです。自称、こち らの”MORE JAM”様の旧理論の熱心な一信奉者です。(リディアンクロマチック理論に挫折したので、救いの神様のようです。(^◇^))

旧理論とおっしゃられず、是非ともさらに発展・完成させていただきたいです。遅ればせながら、御礼にて失礼い たします。


中村さんへ 投稿者:管理人  投稿日: 3月 2日(火)16時11分7秒

遅くなったことをお許し下さい 御質問と御指摘にお答えします

旧理論講座 は中心音とモードで全ての音楽を整理しなおしてみようという試みで9割程度は成功していると思っ てます 説明できない部分も少し残っているのですが 自然な聞こえ方とも一致しているのでこのように考えるべき だと思っています

<10-1章【mコード】表中フリジアンと音短のTmと【Xコード】表中リディアンドミナントのTxが何故バ ツ印なのかわかりません> あま り使われないものを省いて書いてしまいましたが 御指摘のとおりバツにしたのは間違いでした 表は書き直ししま した 御指摘有難うございました

<【MIC】と、一般によく言われる【ノンダイアトニックコードの代理和音】・・結果的に両者共通するように 思えます> おおまかにはそう考 えていいでしょう テキスト全体がモードを重視して整理しようという主旨です それと正確な言葉使いとしてはノ ンスケールトーンコードがいいでしょう C のキーで使うDbのコードもダイアトニックコードなんですから

<【起源モード】は一般の【アべイラブル ノートスケール】と共通するのでは?> アべイラブルノートスケー ルと基本コードスケールは同じです 起源モードは中心音からのモードで整理しましょうという考え方です 耳には はそう聞こえています

<基、長、短、明、暗、何度考えてもハッキリわかりません> iii は長調 vi vii は明るい と簡単にとらえて下さい 実際の曲かコード進行のモデルを想定して考えていただければわかると思います

書き込みありがとうございましたまたお立ち寄り下さい。


はじめまして 投稿者:中村  投稿日: 2月23日(月)19時21分46秒

はじめまして。不仕付けながら旧理論講座の内容でお尋ねさせて頂きたいのですが・・・■質問@10-1章の 【コードクオリティ−別 M.I.C.コードの基本コードスケール表】で、【mコード】表中フリジアンと音短のTmと【Xコード】表中リ ディアンドミナントのTxが何故バツ印なの かわかりません。(他のU〜?でバツ印は核音による該当モードが生成されないので不可だとわかるのです が)・・・■質問A【MIC】と、一般によく言われ る【ノンダイアトニックコードの代理和音】・・結果的に両者共通するように思えます。また【起源モード】は一般 の【アべイラブル ノートスケール】と共通 するのでは?と自分の中で混乱しています。■質問B 基、長、短、明、暗、何度考えてもハッキリわかりません。 鍵はBとEFとおもうのですが・・・?


ロウインターヴァルリミット 投稿者:管理人  投稿日: 2月20日(金)21時29分35秒

6弦Gの音と4弦Fの音の短七度は使えます ロウインターヴァルリミットのページのなかでも下のほうのまとめ かたが覚え易いので参考にして下さい

<http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/2-2.htm>


(無題) 投稿者:田崎  投稿日: 2月20日(金)19時20分49秒

 肝心な音程の事を書き忘れていました。私が”ロウインターバルリミットに引っかかってしまう”と言っている のは、G:Bformでルートの 6弦Gの音と♭7thの4弦Fの音の事です。管理人さんの書いていらっしゃるテキストのロウインターバルリミッ トの項を参考にするとこの音程は全音分低く なってしまいます。 またルートGと6thEの音程は引っかからないためか、とてもいい響きがします。 


B form の修正について 投稿者:管理人  投稿日: 2月20日(金)10時04分2秒

田崎さんへ

移動ドや和音記号で曲をとらえるのは大切ですが 実際にCのキーで(移調楽器はその楽器の)曲を演奏してみる のもためになります。

課題はスケール選択と調設定の理解も目的ですが もっと大切なのはいい感じで弾く事です100〜200のどの テンポでも練習して下さい

どの音が低すぎるのでしょうか 6th の事でしょうか Gm7 Gm6 はGM7 G6 と同じ音域で弾くのが簡単な原則でロウインターバルリミットぎりぎりですが 現場のアンサンブルでは Ab G Gb のコードでは M7th と 6th は低すぎてよくありませんからテンポや曲想にもよりますが大きく弾かない長く弾かないなど注意が必要です その音を弾かない手もあります。


解りました! 投稿者:田崎  投稿日: 2月19日(木)21時09分55秒

ご返事ありがとうございます。

なるほど!そういえば前回のレッスンでも”この曲はサブドミナントマイナーを多用している”と言っていました ね、自分が慣れているcのキーに移調したらすぐに解りました。 

8,9小節目はCのキーで考えると:B♭7→Cmaj7 

12,13小節目もF keyをC keyと考えたら:Fm6→C

21,22小節目はB♭key をC keyと考えたら:Fmmaj7→B♭7→Cmaj7ですよね 

G7(♯5)でホールトーンというところも納得がいきました。オルタードで弾くのなら初めから♯5じゃなく ♭6と書くはずですよね

これでやっと課題が進みそうです。

もうひとつ質問があります。あと前回教えて下さったギターのA form ,B formのことですが、

A formをC:からG♭:まで B formはG:からB:までと考えると、もしGm keyのルートを6弦3フレットで押さえると、ロウインターバルリミットに引っかかってしまいます。

実際音を出してみるとぎりぎりだけど力強い響きがするのでよくこのフォームを使っているのですが、これは楽器 の違いで生じる事なのでしょうか?


ステラの部分調について 投稿者:管理人  投稿日: 2月19日(木)18時07分39秒

田崎さんへ

<何通りかスケールがあると思うのですが、通常弾くときにはどのような弾き方が一番良いのでしょうか?> そ れを音を出して考えて欲しいのです(理論でなく耳で)でもそういうといじわるみたいなので 御質問にお答えしま す

8、21、22小節の Ab7 は Ebm6 の代理コードです  EbmM7 Ebm6 は Bb のキーのサブドミナントマイナーです コードスケールで表すと Eb メロディックマイナースケール Ab リディアンドミナントセブンススケール モードで表すと Bb エオリアンメイジャーモード となります 言葉がややこしく感じますが 音を聞いて下さい 当たり前の音です 

Ebm7 も Bb のキーのサブドミナントマイナーとして働きますが この場合コードスケールで表すと Eb ドリアンスケール モードで表すと Bb エオリアンモード となります Db のキーと同じ音使いです

<13小節目ではFが来ているのですが、ここは前小節B♭mのドミナントと考えて良いのでしょうか?> F7 と書いてないということは F maj7 か F6 (トライアードを指示してる場合もあるが)ですから ドミナントではありません この場合の Bbm もサブドミナントマイナーです(この曲はSDM多用が特徴)Bbm6 が一番素直な選択です キーが違うだけで上の説明と全く同じです

<17小節目のG7(♯5)ですが、この♯5をテンションの♭13thと考えて、(調としては)Cmで弾いて 良いのでしょうか?> いいです c ハーモニックマイナーモードが一番素直な音使いです ((♯5)と書いてあるとホールトーンを使って欲しいという意図を感じますが)

<http://www1.odn.ne.jp/morejam/adlib-lec/stella-.htm>
<http://www1.odn.ne.jp/morejam/bbs/bbs.htm> の 2002、3、7の書き込みを参考にして下さい


またよろしく 投稿者:管理人  投稿日: 2月18日(水)10時22分0秒

エネルギー不足でしばらく勝手にやすんでました 書き込みしてくれたしたのふたりのかたにはたいへん失礼いた しました 遅すぎですがお答えします。

ゆうき さんへ

ブルースモード は定義が確立している用語とは言えませんが ブルースに使われるモードというふうにやわらか くとらえればいいと思います 私なりの考えは下のページを見ていただけますか

<http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/13-6.htm>


hiroshiさんへ

その曲は知らないので残念ながらコメントできません どなたか御存知なら御願いします 一発ものは得意ではな いのですが 思いだす旧いのは 1970年ころのハービーマン JBs あたり ドナルドバードはどうかな? hiroshiさんはギターです か なら アールクルーも一発ものが耳にの こってます、、、 答えになってなくてすみません ブルースとかモードと実に関係深い興味ある切り口になると思 いますので また話題を書き込んで下さい。


(無題) 投稿者:田崎 裕一  投稿日: 2月17日(火)22時41分6秒

こんにちは個人レッスンでお世話になっている田崎です。                                                        ステラバイスターライトの部分的な調性についての質問させて下さい。まず8小節目 と22小節目のサブドミナントマイナーであ るA♭7の調が解りません。ここの部分はD♭の調と考えてA♭ミクソリディアンで弾けばよいのでしょうか?また 21小節目ではA♭7の前にE♭mmaj7 が来ているのですが、ここのE♭mmaj7をE♭mと考えてD♭m調と考えたほうが良いのでしょうか?(8小節 目と22小節目のコードスケールは同じ?)  

 それと13小節目ではFが来ているのですが、ここは前小節B♭mのドミナントと考えて良いのでしょうか?

 最後に17小節目のG7(♯5)ですが、この♯5をテンションの♭16thと考えて、(調としては)Cmで 弾いて良いのでしょうか?

 前回課題としてコードの中で7音を弾くというのを今実践しているのですが、以上のこ事が解らない為、途中の 部分を弾くことが出来ません。上 記したことは実際には、キーコントロール等で何通りかスケールがあると思うのですが、通常弾くときにはどのよう な弾き方が一番良いのでしょうか?長くなっ しまいましたが、よろしくを願いします。


(無題) 投稿者:ゆうき  投稿日:12月12日(金)23時22分59秒

ブルースモードとは何ですか?1発アドリヴについて 投稿者:hiroshi  投稿日:12月11日(木)20時33分0秒

 はじめまして。hiroshiと申します。このサイトを楽しく利用してます。

[Nu Yorican soul]というアルバムの、you can do it という曲で、ジョージ・ベンソンが、かなりファンキーなソロを、弾いています。

 おそらく、Bドリアンを軸にソロを展開してると思うのですが、細部を聞き取ることができません。また、リズ ム感もかなり素晴らしいと思いました。黒くてファンキーな1発ものを上達させるにはどのようなアーティストをコ ピーすると効果があるのか誰か知らないでしょうか?

 あまりいろんなフレーズを混ぜすぎると、バランスが悪くなるのですが、少なすぎると単調になってしまいま す。


準固有和音とは 投稿者:管理人  投稿日:12月 8日(月)12時33分40秒

ゆうきさんへ 書き込み有り難うございます

長調の音階音だけでできている和音を長調の固有和音といい 長調で使われる同主短調の和音を準固有和音といい ます  準固有和音の代表例はハ長調で使われる Fm の和音です 詳しくは下のページを御覧下さい。

<http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/7-1.htm>


はじめまして★質問です 投稿者:ゆうき  投稿日:12月 7日(日)12時21分3秒

準固有和音とは何ですか??


どうもすいません。 投稿者:rainywoods  投稿日:11月26日(水)13時38分24秒

また書き込みが少し誤った箇所locに関してがあり 修正すみません。

別にとりわけ創作的主張をしてるわけでははありませんが、先生の理論を、創作的にとってしまった箇所があった のでので誤解されてるのかとも思います。

当方も 過去に例のある実際に弾かれている ブルージーな半音の多いスケール や コードを わかっている単 純な要素に分けて納得しようとしているだけで。 

KEY C で C7 コードを背景に で C Blues Mode を 歌う、という基本が 拡張され、C7 を例えば C MIXO が 下部モードとしでそれにC Blues Modeを 上部モードと解釈し、C Blues Mode だけがが 弾かれるだけではなくC MIXO に  ♭3 ♭5 が 附加されたようなあるいは C dor に 3 ♭5 が 附加されたよ うな 逆にいうと C Blues Mode に 2,3,6 が 附加されたような そのような 混合スケール 混合コード を 過去、現在のプレーヤーは 実際に弾いている のだろうと みると、ブルージーな半音階的フレーズ 半音ぶつけのコード も 理解可能ですね、というだけの 話がしたかっ ただけで。どうもすいません。(今、例とし て思い浮かんだのは、ジャズではモンクとか)


ホヘト 投稿者:aine  投稿日:11月21日(金)17時41分03秒

久しぶりに質問させていただきます 11月9日にアラウさんがジョンスコフィ−ルドについてはなしていました が、管理人さんはもちろんもし 知っている方がいましたらスティルワームズとゆうアルバムのピックアンドパンいう曲全体大まかなの調とリズム について教えてください(特にイントロはセ ンターノートがころころ変化しているように思うのですが理解不能です)よろしくおねがいします


減三和音を表す和音記号とコードネーム 投稿者:管理人  投稿日:11月20日(木)04時41分32秒

koumeさんへ 書き込み有難うございます 和音記号の使い方は統一されていないので確認させて下さい F のキーの II とはコードネームの Gm のこと Aのキーの II7 とはコードネームの Bm7 のこと でよろしいですね もし違うようでしたら 再度書き込みして下さい

A dur の II7 (Bm7) に対応する(同じルートの)準固有和音は IIφ(Bφ) です

次の御質問の答えは一般的な書き方がなくてこまります(御質問の意図はそこですよね) 減三和音を表す和音記 号とコードネームがないのです 古くは G- というコードネームが使われていましたが現在では理解してくれる人がいません 和声学の教科書にはοII という和音記号の書き方がありますが ο がいつも便利かというとそうでもありません どうしてもトライアードで表したいなら下のように書くしかないかと思います

F dur の II (Gm) に対応する(同じルートの)準固有和音は II- ( G- ) です

4音和音でもいいならF dur の II7 (Gm7 ) に対応する(同じルートの)準固有和音は IIφ(Gφ) ですが一番すっきりしますが

<http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/0-1.htm>

他の解決策を御存知の方は教えて下さい。


はじめまして 投稿者:koume  投稿日:11月20日(木)02時24分36秒

はじめまして、こうめともうします。

この掲示板を汚すようで非常に申し訳ないのですが、ぜひ教えていただきたいことがあります。

今、準固有和音について調べているのですが、F dur Uの準固有和音、A dur U7の準固有和音が何になるのかがどうしてもわかりません。7章まで一通り目を通しましたが…。よろしければ教えていただけないでしょうか?お願いしま す。

それにしても、音楽論理は難しいですねー。


訂正 投稿者:管理人  投稿日:11月19日(水)06時15分32秒

11月13日に書いた  F Gb Bb C Eb F (陰旋法下行形)は間違いで正しくは 

F Gb Bb C Eb F (陰旋法上行)です


rainywoodsさんへ 投稿者:管理人  投稿日:11月19日(水)03時24分29秒

<i : Pure Blues Mode < 1 : LOC と捕捉したのに なぜ ♭6、♭2 を使わないのか> 上部モードに使えば i : Pure Blues Mode でなくなり 13章で扱う題材でないから触れていません 

<DOR+♭5 と MIX+♭3> 再三説明していますように 単純な要素に分ける事が分析だと考えていま す これは単純な要素でなく複旋法の結果です 混合スケールを基にしてもなにも納得できません

< I にかぎってみてもC7(又はCm)> C7(又はCm)を使えば 下部モードはロクリアンではありません 

<C7(又はCm)上のLocrian Modeなので、5度は補われてます> 再三説明していますように 私は混合ではなく 複旋法(別々のモード)で考えなくてはいけないという立場をとりま す 付け加えると 私の耳では C7(又はCm)の上にロクリアンの7音を弾くのは 間違えたように 叉は不快に聞こえます

御批判は大変有り難いのですが 議論がかみあっていないと感じます 私はポピュラーな音楽現象を わかってい る単純な要素に分けて納得しよう としているだけで 創作について意見する気も新しい法則を主張する気も毛頭ないのです rainywoodsさ んの書いている音使いは御自身の判断でどう ぞ使って下さい 御自分が便利なように混合スケールを想定するのもいいでしょう

これはお願いでですが 難しい言葉や抽象的になるのを避けて 簡単な実例を具体的なアルファベット音名とコー ドネームで書いていただけるとよ り正確な議論ができるかと思います それとこちらはマッキントッシュなのでローマ数字が正しく表示されませんの で アルファベットで I II i ii  などと書いて頂けますか、あまり難しくならないようによろしく御願いします。


アドバイスなんてとんでもございません 投稿者:rainywoods  投稿日:11月17日(月)17時00分47秒

解説ありがとうございます。

ブルースはホントニおもしろいですねえ。

@BED位置の諸Blues Modeを含むモード (基部モード)を考えるのは有益な拡張だとおもいますが「13章は ペンタトニック(とブルーズモード)だけについて書いたページです 上部モードはペン タトニック(とブルーズモード)だけに限定して読んで下さい」と、基部モードの諸Blues Modeを含まない音を何故使わないのか、なんのために基部モードを考えたのか、ちょっともったいない(笑)と思いました。具体的に言うと、

@Pure Blues Mode <@;LOC と捕捉したのに なぜ ♭6、♭2 を使わないのかですね。

♭6、♭2 を忌避するのであれば、

@Pure Blues Mode を @:DOR+♭5 の一部として(仮想♭V♯9コード) 使用する人も多いようです。もとはE@Pure Blues Mode を E:DOR+♭5( @:MIX+♭3) (T♯9適用) の一部として使う転用だと思います。

Locrian Modeなど 5度をもたないモードは音楽を統一する力を持たない、と判断してもブール−ス自体の全体的モード、機能コードはTWXがあるので問題はなく、Tにかぎって みてもC7(又はCm)上のLocrian Modeなので、5度は補われてます。

又、@@Pure Blues Mode @Pure Blues Mode のフレーズをハーモナイズする時、どうしましょう。

@LOC構成音のみでハーモナイズすると Tm7♭5になってしまい終止感がないので、いやなら、なんらかの ポリモ−ド によるハーモナイズによって、C、Cmコードの終止にもっていくという手もあると思います。

BED@位置でのPure Blues Modeを並べた平行和声、T6、♭?6、♭X6、W6、♭V6、T6

なんか ユーモラスな感じですね。

Re: 基部モード? 投稿者:管理人  投稿日:11月13日(木)04時16分16秒


rainywoodsさんへ こまかなアドヴァイスをありがとうございます このテキストで私が主張しているのは紙の上の理屈ではなく実際の音で自分が納 得できる事(私にはそのように聞こえるという事)ですので 私の耳(叉は感性)の能力不足が問題なのかもしれませ ん。

説明がへただったり不十分だったりで真意が読む方に通じないのは私の責任です 誤解はないかとも考えますが  念の為下の三つの項目を確認させて下さい。

この“理論講座のテキスト”全体の前提は

モードを“中心音のある音組織”と定義します 次に中心音と完全四度音と完全五度音(核音)を備えたモードだ けが自然発生的な音組織であり音 楽をまとめる力があると考えます 長調短調の音階も前の2つに反しないのでもちろんモードです 基本的にこの考 え方(聞き方)で音楽を分析(聞き取り)し ていくのが自然だと考えています。

この前提は民族音楽の研究者 故小泉文夫氏のつぎのような説によるものです “およそどの国どの時代の音楽に も完全四度の枠が認められる こ の間に1音叉は2音が加わって音階が出来ている さらにこの枠がつながってオクターブへ発展しモードが完成する  完全四度の枠を形作る音を核音と呼ぶこと にする”

次に13章に使っている用語について確認して下さい

13章は ペンタトニック(とブルーズモード)について書いたページです 次のとおり用語を定義します “ポ ピュラー、ジャズ 等に使われている 五音モードのメロディーが 七音モ ードの和声に のっている形態は 二種類のモードによる 複旋法である 和声レベルの七音モードを 基部モード 、メロディーレベルの五音モードを 上部モード と呼ぶことにする。”

<http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/13-1.htm>

“Min.P.T.Mode は i の位置以外にも 様々な位置で使われる。Major Key では vi の位置、 iii の位置 ついで vii の位置が使われる。Minor Key では iの位置、v の位置 ついで ii の位置が 使われる vi: Min.P.T.Mode のように書き表わす。”

<http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/13-5.htm>

例にあげていただいた vi: Pure Blues Mode については矛盾は生じません その音を含んでいる基部モードは Dorian Mode と Melodic Minor Mode です、i: Pure Blues Mode (基部モードと同じ中心音を持つ Pure Blues Mode )でその音を含んでいる基部モードはなにかを考えると Locrian Mode という事になりますが 上記のとおり核音をもたないモードは音楽を統一する力を持たないというのがこの“理論講座のテキスト”全体の前提ですので基部モー ドとしては認められないのです。

「ブルーノート研究」の考え方は疑問です C Eb F Gb の音形はどこの位置で鳴らしても聞き手を納得させてしまうくらい強いユニットです それにディミニッシュスケールの一部としてもコードに合う確率も高いで す しかし核音はあくまでも完全四度の枠を呼ぶ言葉ですから このモードの骨組みを崩さずに Pure Blues Mode を完全四度枠の連結で説明するのが筋だと考えますしできます C Eb F と F Gb Bb のコンジャンクトです これを通常の音階をオクターブで書き表わす習慣に従って表すと F Gb Bb C Eb F (陰旋法下行形)で終止音は F か C となります

<http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/3-2.htm>

保守的な自分の耳を納得させるb5 の説明はまだまとめる事ができないでいます しばらくこの問題から離れていましたがまた考える機会を与えて頂いた事に感謝します お気付きの事がありまし たら又アドバイスして下さい。


基部モード? 投稿者:rainywoods  投稿日:11月12日(水)16時32分51秒

ど素人の書き込みがベテランの方の刺激になれば幸いです。

「基部モードとして Loc.mode を含めるのは自己矛盾なので もっと考えなくてはいけない部分です Pure Blues Mode をどう整理するとうまくまとまるかという問題」ですが。

どういうお悩みなのか 今一わかりませんが、♭5のお話なんでしょうか。

Pure Blues ModeはLoc.mode に含まれる という発想はもともと TMin.P.T.mode =♭V メジャーP.T.mode ととって ♭V7、♭?7、♭?7 で伴奏してみた とき、 ♭?7 を ♭? MIX.mode とすると TLoc.mode でもある。

Min.P.T.mode が♭?7の7TH音で  Pure Blues Mode に変形したともとれるので それでも良いと思います。

Pure Blues Mode は 和声とは別の旋律の論理の産物で、イギリス民謡の終止旋律にもそれらしいものがあるそうですが、旋律の論理である通常のテトラコードのディ スジャンクトでは 当然♭5を含むLoc Mode も Pure Blues Mode もでてこない。山下洋輔氏の「風雲ジャズ帖」所収の「ブルーノート研究」はそのへんをなんとかしようという意図なんでしょうか。

テトラコードの本質は4度組2音+浮動音だが、4度内に収まらなくてもいいのではないか、というのが洋輔氏の アイデアのようです。cf中心だと、c♭ef♭g という拡張テトラコードがあってもよい。c♭e♭gは短三度 積みだし、♭gはfへの上からの導音で 歌いやすい。

(一般的にディスジャンクトにおける♭5音は、下属音、属音への導音になるので 他の7音モードにおいても、 附加しても よい?)

5度上平行移動したものとディスジャンクトすると、c♭ef♭g、g♭bc♭d 。

♭dは 中心音の半音上になってしまうので 古い例では使用例があるが使用が稀になったのではないか、と洋輔 氏は推察しているようです。

♭d を除くと c♭ef♭gg♭b で 6音の Min.P.T.mode + ♭5 = Pure Blues Mode+5= Blues Mode になります。

基部モードというのが どういう意味なのか よくわかっておりませんが、Blues Mode(OR + ♭2)も 基部モードの資格はないんでしょうか。  なんぞの発想のお役になれば幸いです。


アラウさんへ 投稿者:管理人  投稿日:11月11日(火)17時48分07秒

the eye of the hurricane の情報有り難うございました 3+3+2。3+2+3 の表すものが力不足で理解できません 面白い具体例があれば 又書き込み御願 いしたいと思います、 もし無調的なメロディーの事ですと私の感覚と知識の外なのでコメントできないかもしれま せんがよろしく御願いします。


rainywoodsさんへ 投稿者:管理人  投稿日:11月11日(火)17時29分04秒

<その他の P.T.Mode の ぺーじで楽譜の最後の2小節のLOC,と PHY は PHY、LOC の誤記だと思います> 書き間違いを御指摘頂きまして有り難うございます すぐに書き直しました 実は 基部モードとして Loc.mode を含めるのは自己矛盾なので もっと考えなくてはいけない部分です Pure Blues Mode をどう整理するとうまくまとまるかという問題なのですが、、よく考えてまとめたいと思います、詳しく読んで頂いた事感謝いたします これからも気が付いた 事があればお知らせ下さい。

<Ix (TDominant 7th Chord)含むモード @:Mixo などなどを基部モード の上部に諸マイナーペンタモードを含む7音モード が 乗りうると 考えていいわけです ね> 

13章は ペンタトニック(とブルーズモード)だけについて書いたページです 上部モードはペンタトニック (とブルーズモード)だけに限定し て読んで下さい、七音モードの複旋法はやり方にもよりますが私には間違ったように(叉は不快に)聞こえます 複 旋法とは同時進行する二重構造の事を意味す る言葉として使っています 旋法の交代(モーダルインターチェンジ)で解釈(聞き取り)が出来ない場合の解釈 (聞こえ方)です。

フラメンコ 平行和音 音楽進化 については興味深く拝見しました 面白い具体例があれば 又書き込みして下 さいね。


わかりました 投稿者:アラウ  投稿日:11月 9日(日)18時22分52秒

>3+3+2。3+2+3。。。。と流動的に自分で勝手に設定して考えた弾いた場合

テトラコードの応用のことです。一般的には長音階の主音から下属音まで、属音から主音までの2つのテトラコー ド(4音構成)で音階がなりたっ ていますよね。#系で言えば、後半のテトラコード第一音を前半にもってくることで、調性が順次変化していきます よね(#が1つずつ増えた音階になっていく という意味です)。

西洋音階の基盤がテトラコードに依存しているので、自分なりの新しい音階をつくるときには、まずテトラコード を考えてみるという意味です。テ トラコードを考える利便性は、一般論として、何らかの調性コントロール(調性のバリエーションの幅)がしやすく なるということです。プレイ面ではインサイ ドとアウトサイドのやりとりを把握できるということです。

。。Cコンディミで話をしますと。

コンディミ自体が人工的なスケールで全ての音が規則正しい同じ音程をもっており、しかも総数が偶数になるの で、テトラコード的なスケールにはなりえませんよね。

それを強引に3つのテトラコード的なユニットにばらしてみると、「3+3+2」では、中のテトラの開始音がE 音なので、Eコンディミができま すよね。これを転調のきっかけにしたりする(調性コントロール)という意味です。コンディミの達人M.ブレッ カーのようにアドリブするときにはほぼ無意識 にコンディミの調性(?)を揺らすというような考えではなく、意識的にメロディーを作るときに、このテトラコー ドを意識して音を作ってみるということで す。実際は正当な概念のテトラコードではありませんから、実験的な要素が大きいです。こういうことを、昔やった ことがあります。具体的には、それで作った 音を自分でフレーズとして覚えてプレイの中で弾くとか、そういうことになりますかね?。

ジョンスコフィールドのコピーしていた時に、そういう発想をもちました。

<Fm/Gm/Gb>

 曲名は13小節のFmブルースである「the eye of the hurricane」です。全音社のメロ譜ですが、記譜上は「Fm/GbM7」(7〜10小節)と書いてありました。

コンディミとモードの関係よくわかりました。

私もちょっと混乱しているところがありますので、ギリシア旋法の音階(テトラコード)によるモード。中世モー ド。現代の再解釈モード等。

またいろいろ教えてください。


聞こえ方 と システム進化 について  投稿者:rainywoods  投稿日:11月 9日(日)11時04分24秒

新しい音 珍しい響き の追求も古今東西世界の音楽について一貫した筋道を理解したいという立場もぜひぜひ両 方お願いします。

ブルース系音楽に関しては、歴史どおりでなくてもいいので発生史のようなものを考え そこからの諸アイデアの 発展 と 考えていくとブルース 系音楽ばかりでなくポリモードとしての 古今東西および将来の全音楽が 両方みえてくるかも というような 希 望をもっておりますので。先生の理論みさせ てもらっております。

その他の P.T.Mode の ぺーじで楽譜の最後の2小節のLOC,と PHY は PHY、LOC の誤記だと思います。

 

「驚くべきことに iii の Min.P.T.Mode を除く 10 種類の 各位置のモードに 対して Ix が使える!!  逆にいうと Ix では 10 種類の P.T.Mode を使え る。 i:Mixo.P.T.Mode を入れると 11種類 !!」ということであれば  Ix (TDominant 7th Chord)含むモード @:Mixo などなどを基部モード の上部に 諸マイナーペンタモードを含む7音モード が 乗りうると 考えていいわけです ね。

テキトーなうちあわせのセッションでは C Mixo をやっているベース に C DOR やってるギター が乗っかってる ピアノは C LOCなんてことは ブルース系セッション では よく起こっていることで 別に 変には聞こえない ということは よく起こっていることではないかと思 います。

複旋法 と いうのは そう意味で お書きになっているものと思いましたが?2つデュアルも含めて ポリモー ド という言葉で いいと思います。

♯9コードのようなハイブリットコードを認めるならば(俗称 jimi hen chord )そのコードの適合モード、ミクソ+ドリアン などのような8音モード を 認めないとモードとコード、スケール の互換関係が崩れるのではないかと思い ます。

ロックギタリストはもうその起源の意識もなく8音や9音モードでやっているようですが、起源ぐらいはおさえと きたいですが。

発生史的には 機能和音に むりやり 旋法音楽 を 載せたことにとってピカルディーが生じるのは フラメン コ とよく似た話なわけですね。

平行和音に関してですが

「C, F, Gm, Bb, はCミクソリディアンモードの和音で Eb だけが別物でモードでみるとその部分の上部モードだけドリアに変わったと聞き取るのが一番単純な聞き取り方です」

ですが  一旦できた3和音コード 又 べつな聞き取り方があると思います。その点 可能性があると思いま す。

このへんが 音楽進化のおもしろいところであるシステムとして表現したつもりの音楽が 別の人には 別の聞こ え として 別のシステムの一部 として聞こえる ということではないでしょうか。ドレミファソラシド も ドレミファ + ソラシド の テト ラコルド的に聞くかドレミソラ+ファソラド レ+ソラシレミ と 3種ペンタのポリモードと聞くかでその後の可能性はちがったものになる の思います。  


アラウさんへ 投稿者:管理人  投稿日:11月 8日(土)11時50分33秒

アラウさんへ 丁寧なお答え有り難うございます 私は耳も頭も保守的な人間ですので自分で聞き取れない(感じ ない)音はわからない音にしてし まう傾向がありますがこの機会に優れた演奏家の新しい試みを真剣に聞いてみようと思います、私は新しい音 珍し い響き 等を追求するのでなく 当たり前の 音楽現象(古今東西世界の音楽)についてなんとか一貫した筋道を理解したいという立場ですので アラウさんと反 対の傾向かもしれません でも当たり前があ るからそうでない音が変わった音になるわけですから 関係あるわけですよね

デュアルモードの意味わかりました 日本語にすると二重旋法ですかね (私は暴走族でも中曽根さんでもありま せんが漢字がすきです)<左でオルタード系ボイシング押さえて、右手フレージングがリディアン>だとどういう2 つのモードになるのでしょうか?

コンスタントファンクションの意味あいわかりました 私の知っている言葉だとフレイズの平行移動(ユニットの 平行移動)です 移動の音程がよりどころになります まだまとまってませんがちょっと書いた事あります

<http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/9-7-2.htm>

<Fm/Gm/Gb> んん難しい 本物を聞いてみないといけませんね

その他の項目についても よくわかりました 有り難うございます

<A音が中心音だと決めて、中心音に向かっているメロディーを作った場合、この場合もコンディミはモードとは なりえないのでしょうか?>  12の半音を使ってA音で終わるようなメロディーを作ったとします クロマチックスケールをモードと呼んでいい でしょうか ホールトーンスケールを使って A音で終わるようなメロディーを作ったとします ホールトーンスケールをモードと呼んでいいでしょうか 否です よね もしそう呼ぶなら比喩としか思えませ ん コンディミはこの2つのスケールよりは部分的に自然な音階を感じさせますが やはり人工的スケールですので モードとは言わない方が納得いく言葉使いで はないでしょうか。

<3+3+2。3+2+3。。。。と流動的に自分で勝手に設定して考えた弾いた場合>

 は理解できませんでした 教えて下さい。


<モードが専門> ではないですけど モードという用語について確認したいのでおつきあい下さい 前にも書きましたとおり “中心音のある音組織”と定義 します 完全四度音と完全五度音を備えたモードだけが自然発生的な音組織であり音楽をまとめる力があると考えます  長調短調の音階も前の2つに反しないの でモードだとします 基本的にこの考え方(聞き方)で音楽を分析(聞き取り)していくのが自然だと考えています。

よくある誤解ですが 中心音とはルートの事ではなく終止感のある音の事ですので モードはコードスケールの事 ではありません

ディミニシュと短三度の平行移動にはだまし絵のネタがたくさんある事は確かです この点については10年前の 未完成の原稿があるので元気だして勉強してまとめてみようと思います ありがとうございました。


気分を変えて 投稿者:アラウ  投稿日:11月 8日(土)02時12分44秒

 

 私は理論はそれほど詳しくありません。自分の興味のあるところしか勉強しないからでしょうね。(^_^;)   自分でこういう演奏ができた らと思うときに、その当たりの理論をかじるぐらいの程度です。ですから、管理人さんと違って、系統だって頭に 入っているわけではありません。これを、機会 に管理人さんを見習って少しずつ勉強していこうと思います。ところで、モードには私の苦手な分野、・・・と言う より実際は何も知らないんだと思います、ホ ントのところは。

 そういうことでモードが専門の管理人さん、いろいろ教えてくださいませm(_ _)m

管理人さんがレスしてくれた

>中心音のある音組織がモードでコンディミはモードではありません

 ちょっと恥ずかしい幼稚な質問で申し訳ないんですが。。。。(>_<)

コンディミの音列で弾いた場合なんですけど、コーダルという意味ではないんですが。

つまりドミナントモーションでのC7でコンディミを使うと意味合いではないです。

コードレスで、純粋にセリー(音列)をなぞって弾いたとしますよね。で、その中で自分でA音が中心音だと決め て、中心音に向かっているメロディーを作った場合、この場合もコンディミはモードとはなりえないのでしょうか?

テトラコードを便宜上、3+3+2。3+2+3。。。。と流動的に自分で勝手に設定して考えた弾いた場合も、 コンディミのもつ法則性(全半全 半....の構造)から人間の聴感覚からは逃れることはできないのでしょうかね。 厳密にはこの場合テトラじゃ ないから、トリニティ?でしょうが。。??

 なんか変な質問してすみません。というのも、ずいぶん昔コンディミ覚えた頃に、その音列だけでいろいろ曲 作って(メロディーだけですが)遊んでいたことありまして。なんか変な音だが、いい感じだ、と思ったことがあり ます。

で、管理人さんのふとモードとは何だろう?と思ったわけです。

時間があるときにまたいろいろ教えてくださいませ。m(_ _)m


訂正です m(_ _)m 投稿者:アラウ  投稿日:11月 8日(土)01時33分33秒

訂正です。

>例えば左手が4thを組んで、それをハーフステップで降りてきたい場合に、・・・

→例えば右手で4thを組んで、・・・・


追加ですm(_ _)m 投稿者:アラウ  投稿日:11月 8日(土)01時20分57秒

三階立てコード、階層コード

要するに分数コードです。タテに分数上になっているものです。UST的に考えると、分母がFmで。。。。 Fm/Gm/Gbというコードでしょうか?

面白い響きがします。ばらすと、Fm6/GmM7b5の2階立てになり、実際これはH.ハンコックのオリジナ ル作品に使われているようです。

コンテンポラリーなジャズやる人(ピアニスト)は、こういう階層コードは使いますが、あきらかに非機能なサウ ンドを狙ってやる場合が多いよう です。でも曲の流れの中では何故か、カッコイイですよね。>ターンバックもモード配置より、響き優先です もんねこれは、私が気分で使った言葉で多分 いかも知れません。多分モードという言葉の誤用ですね。(^_^;)オシリの方の1625ですが、Fキーブルー スですと

F7 D7 G7 C7〜F頭

DからF頭にかけてのドミナントモーションを、リディアン、オルタード、ミクソなどの

アベイラブルスケール優先でボイシングを決めるというより、ボイシングの響きだけで強引に決めてから、逆にア ベイラブルを決めるというような ニュアンスです。例えば左手が4thを組んで、それをハーフステップで降りてきたい場合に、左でのスケールモー ドをそれに合わすということです。ミクソの 連続であったり、オルタードの中にポツンとミクソが混ざっていたり。。。。うーん、何と言ったらいいんでしょ う。

 多分私の勇み足で、いろいろ変な言葉を使ったので戸惑わせてしまったのだと思います。本来はそれを説明する 妥当な言葉があると思うのです が、勉強不足ですごめんなさい。いろいろとこうやって長々と説明書いたのは、読んでいるギャラリーの方を混乱さ せてしまい、その補足として書いたのです が。

 私の言わんとしている概念を表す言葉なら、管理人さんの方が詳しいかと思いますので、逆に指摘かつ訂正し て、いろいろと教えてくださいませ。なんか若輩者の書き込みでいつも申し訳なく思います。m(_ _)m

PS 下にレスしたURLのリンクはクリッカブルになっていないようなので、全部コピーし  てブラウザのア ドレス蘭に貼り付けてみてください。


管理人さま(^_^;) 投稿者:アラウ  投稿日:11月 8日(土)00時50分34秒

 

多分私の用語の使い方間違っているかもしれません(^_^;)厳密に使っているというより、本や雑誌で聞きか じったり、現場の会話でやりとりしているようなニュアンスで使用しています。これからは、ちゃんと考えて誤解の ないように書きます。m(_ _)m

デュアルモード

洋書に何度か出ていた程度です。用語というより、多分著者が便宜的にそういう書き方をしたのかと想像します。 でも意味は直接的にわかりやすい感じがして、結構そういう使い方しています。多分用語としては、ないでしょう (^_^;)

dual mode

2つのモードが同時に鳴っているという感じです。pfで左でオルタード系ボイシング押さえて、右手フレージン グがリディアンという感じです。

リックフレーズ〜定石フレーズとか、慣用フレーズです。普通に使われているみたいですね。単にリックとかいう 人もいますね。

コンスタントファンクション〜これは譜例がないと説明しづらいです。ピアノでバラード奏法に使います。今検索 してみましたが

http://www.google.co.jp/search?q=cache:p18iAOPvJiQJ:www21.ocn.ne.jp/~nobotona/JVA/playerGN.html+%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3&hl=ja&ie=UTF-8

http://www.google.co.jp/search?q=cache:nZiD-2d3JhMJ:www17.tok2.com/home/ksliner/sakyoku3.htm+%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3&hl=ja&ie=UTF-8

 これじゃわかりづらいと思います。USTの応用でconstant functionはよく出てきます。特定の音程で(クロマチックやM2th)機能USTと非機能USTをラインを作っていっきに弾きます。Pfテクニック 的にも難しい部類に入ると思います。イメージとしてエバンス風でしょうか?

Bsなどの下入り〜うーん、これはどうなんでしょう。多分現場での言葉でしょうか? ベースラインという意味 ですが、この場合ウワモノがあっ て、その関係としてのベースラインというような意味だと思います。あと「さしこみ」(リズム的意味合いでのメロ ディーに対するpfの左手バッキングの)と かありますが、そういうような言葉だと思います。実演奏でのプレイのやりとりの中で使う言葉なんでしょうか?

後はまた書きますので。


アラウさんへ 投稿者:管理人  投稿日:11月 7日(金)23時18分30秒

書き込み有り難うございます 難しい言葉が多くてよくわからないのですが よかったら意味を教えて下さい 参 考になる本等も教えて頂けるとありがたいです

デュアルモード、モード配置、リックフレーズ、コンスタントファンクション、三階立てコード、階層コード、 Bsなどの下入り、

<モードをコンディミまで拡張すると> という言い回しが気になります 私の認識ですと 中心音のある音組織 がモードでコンディミはモードではありません

私は自分の聞き取れる範囲でしかありませんが どう聞こえるかにこだわっています (言い換えると自分が納得 できる単純な音楽現象以外はわけ のわからない不規則な動きにしてしまうのですが、、) 30年くらいこの事を考えて最近落ち着いた結論が 人は モードと音形で音楽を聞いているという考え 方です(縦より横ともいえます)ですから音楽の原材料モードについては特に大切に扱いたいのでこのような意見を 書かせて頂きました、これからもいろいろと 教えていただけるように御願いします。


C7 にのせた C Eb F Bb について 投稿者:管理人  投稿日:11月 7日(金)22時17分07秒

rainywoodsさんへ

C7 にのせた C, Eb, F, Bb, のメイジャートライアードをどう把握すべきか(どう聞こえるか)という問題に私の考えを書かせて頂きます、( C, Eb, F, Bb, をメロディーにそって弾けば平行の効果がある事は確かですが どう聞こえるかと平行の動きとは直接の関係がないように思えます  Gm も使えると思いますので加えて話しを進めます)

もし Cm7 にのせた Cm, Eb, F, Gm, Bb, のトライアードなら 全ての音はCドリアンモードに含まれている事はだれでも納得いくと思います これが使える事を前提として説明いたします

第一の変化として伴奏和音 Cm7 をメロディーやアドリブの上部はそのままで C7 に変える事ができます(私は複旋法的ピカルディーと名付けてます ペンタトニックかブルースのメロディーの時だけ使えるやり方です ブルーズマジックとし かいえません 長調と短調が同居している印象を与えます)

第二の変化として上にのせる和音 Cm を C に変える事ができます(通常のピカルディーの和音と同じ現象)これでより伴奏和音 C7 に適合します

結論として問題にしている音楽現象は“ドリアンモードに複旋法的ピカルディーと通常のピカルディーを使ったも の”ととらえるのが正しいと思います(そう聞こえます)

rainywoodsさんのお考えのように C7 を基に聞き取る(考える)事も可能です  C, F, Gm, Bb, はCミクソリディアンモードの和音で Eb だけが別物でモードでみるとその部分の上部モードだけドリアに変わったと聞き取るのが一番単純な聞き取り方です

ペンタトニックのメロディーにあわせて動かす場合はもちろんですが コード進行に使ってもペンタトニックの味 が出るので C Eb F ( F Eb C ) や C Bb C は 60年半ばくらいからよく使われているようです。

rainywoodsさんのおっしゃる C D Eb E F G A Bb のスケールはドリアンモードとミクソリディアモードを混合したものですが そういった混合モードは分析があともどりするような気がします 例えば マイ ナー系モードは C, D, Eb, F, G, Ab, A, Bb, B, の音を使う と言い表わしても違う角度でながめる事にはなっても分析や解釈が前進したとは思えません。

ブルーズは理論的整理が難しいけど魅力的です ブルーズの魔法を少しでも解明してみたいものです また書き込 みして下さい。


rainywoods さん、こんばんは 投稿者:アラウ  投稿日:11月 7日(金)20時16分41秒

こんばんは! 久しぶりにやってきました。( ^_^)

ブルースをデュアルモードで考えた場合、どちらかと言うと、モーダルブルース展開への示唆を含んだ意味合いが 大きくなりますよね。

>ブルース的♯9コードが生まれる。

私自身は、やはりbIIIとして、とらえていますね(人それぞれだと思います)

ボイシングのC7(#9)は、ブルーノート#9音をなぞっていると言うより、M7音程そのものがブルージィ だったりします。ブルースのボイシングは、理論よりもある意味慣用的な要素も大ですよね。ターンバックもモード 配置より、響き優先ですもんね。

ですから#9を含んだコードスケール依存のリックフレーズは場合により、あまりマッチしなかったりする場合も あります。リゾルブ感がトーン主体というより、フレーズ依存に

なる傾向大ですからね。

>メジャコード、C,F,♭B,♭E がとれる。

ジャズの世界では、アウトサイドのきっかけ手法としてよくそういう考え方しますね。

USTを発展させたコンスタントファンクションではよく多用しますけど、さらに鍵盤楽器の場合は、それらを一 度に弾くこともありますよ。余談ですが、実際USTフレーズはアウト的な意味合いで流す場合も多いです。コン ディミ系UST(VI△)

C,F,♭B → C7/F7/Bb7

三階立てコードです。ここからコンスタントファンクションを使用していきます。

ジャッキーテラソンがやっていましたが、それらの階層コードを短3進行で逆方向にずらしていき、お互いがイン サイドになったときに、リゾルブさせる手法です。なぜか4thやハーフステップよりもこちらを好むアウトサイ ダーは多いですね、特に若手(謎

ただBsなどの下入りが甘く入っている場合だと、ちょっとつらい場合もあったりします。

モードをコンディミまで拡張すると、ある意味なんでもアリになってしまい、ブルース色を失わずに使いこなすに はかなりのセンスを要します。たとえばコンディミ系UST(VI△)は単独では完全に浮いたりするというのと同 じ意味ですよね。

このポリコードは、ベーシックコードを作る必要もありませんし、4和音でもOKです。自分のセンスでテトラ コードを作って、さらにコードを考 えて(Gルバルカバ)、強引に機能させるという凄技もあったりします。多分ブルースの懐の深さでしょうか? 循 環では結構こけたりしますが。

エバンスは7thではなく、M7でよくブルースをやることもあるのですが、その場合も左手は結構7th押さえ ていたりします。ですから私は自分なりの解釈でポリコードからのモーチェンジと便宜上考えているんですが。(笑

 以上、いろいろ書き散らかして、申し訳ありませんでしたm(._.)m


複旋法と平行和音の関係 投稿者:rainywoods  投稿日:11月 5日(水)13時14分34秒

すこし質問自体が間違っておりましたが、意図をくんだお返事ありがとうございます。CM7, BbM7, AbM7, GM7, FM7, EbM7, DbM7, CM7 いいですね。ギタリストにとって平行和音を弾くのは指版上も平行移動で簡単なので、ロックやボサノバにはよく使われているのかなと思います。

当方はブルースやロック好きの素人ギタリストです。ブルースをなんとなくマイナーとメジャーの混ざったものと して感覚的に捕らえてましたが、先生は、はっきり複旋法として解明していただいているようで助かります。(ほん とに いいかげんなブルース解説が多いです)

複旋法から平行和音は派生するという把握をしてみました。

CのマイナーペンタトニックモードをC7コードで伴奏するようなプリミティブなブルースを考えます。

Cmペンタトニック 構成音                   gcf♭b♭e

 C7=C・MIX とみなすと               eadgcf♭b

この複数のモード構成音のずれをたがいにとりこむと

ブルース的8音モード や、ブルース的♯9コードが生まれる。また合成音8音からは、メジャコード、 C,F,♭B,♭E がとれる。逆から考えると、Cmペンタトニック gcf♭b♭e 

gを除く各音にメジャーコード をつけた平行和声C,♭E、F、♭B、も可能。これを発展させて、ブルース味 のロックではよく使われていると把握できます。やっている本人たちは直感的感覚的にやってるだけの場合が多いよ うですけど。

また、先生の理論をよく読ませていただいて、考えたいと思います。あれだけ人に解るように書くというのは た いへんな労力だと思います。感謝します。


Re:“実践コードワーク”について  投稿者:ja  投稿日:11月 5日(水)00時41分56秒

管理人さん、ご親切にどうもありがとうございます。m(_ _)m


rainywoodsさんへ 投稿者:管理人  投稿日:11月 4日(火)21時45分18秒

書き込みありがとうございます 複旋律という言葉は聞いた事がなく意味がはっきりつかめませんが いっしょに 動く複数のメロディーと解釈してお答えします 御質問を読み易いように書き直しましたがもし意図が違うようでし たら教えて下さい、

<例えば、メイジャーセブンスコード CM7,BbM7、AbM7、GM7、FM7、EbM7、DM7、CM7と順に弾いていくと 各コードのルートのメロディは Cのエオリアンスケール、各 コードの3度のメロディーは Eのエオリアンスケール=Cのリディアンスケールと同じ構成音、などとなります が、こういう コード間にできるスケールは各 コードのアドリブ、和音などに使うスケールと区別して 一般になんと呼んでいるのでしょうか? 複旋律について コミニケーションする際に大変混乱するので  なにか名前があるんでしょうか?>

特別な名前は知りません メロディーを示してCM7を(Cエオリアンスケールにそった)平行和声でCM7 まで下げると言えばいいのではないかと思います。平行和声は平行である事に意味があります 始めがM7ならそのままの平行に動かします 始めが2音で平行 に下げても平行和声といいます、CM7で終わってトップがミならCのリディアンスケールを印象づける事もできま す。

もしミレドシラソファミ(ハ長調)のメロディーだと CM7, BbM7, AbM7, GM7, FM7, EbM7, DbM7, CM7, の動きになります。


複旋律 の 用語 について 投稿者:rainywoods  投稿日:11月 4日(火)15時21分26秒

はじめまして、ジャズはあまり詳しくないのですが、おたずねいたします。例えば、メジャー7THコード C7,♭B7、♭A7、G7、F7、 ♭E7、D7、C7と順に弾いていくと 各コードの一度のメロディは Cのエオリアンスケール、各コードの3度 のメロディーは EのAEROスケール=C のリディアンスケールと同じ構成音、などとなりますが、こういう コード間にできるスケール は 各コードのア ドリブ、和音などに使うスケールと区別して  一般になんと呼んでいるのでしょうか?

複旋律についてコミニケーションする際に 大変混乱するので なにか 名前があるんでしょうか?


“実践コードワーク”について 投稿者:管理人  投稿日:11月 4日(火)12時47分29秒

理論の参考書として 初心者には“松田昌の音楽講座 ポユラーアレンジの基礎知識”をある程度の知識がある人 には 篠田元一氏の“実践コードワーク”一巻 を薦めています。

“実践コードワーク”が優れた本である事は確かですが 言葉使いや考え方が間違っているところがあります い い本であるだけに読んだ人への影響は大きいと思います 間違いを指摘しておきますのでこれから読む方は参考にし て下さい。

(1992年 9月20日 第五版 の1〜2章についてです)

ダイアトニックコード( p14, p20 ) : ダイアトニックは全音階的という意味なのでここでは メイジャースケールトンコード(日本語では長調の和音)という言葉を使うべきです、長調の場 合はまだ矛盾がおきませんが 短調の場合臨時記号の付くスケールはダイアトニックではないわけですから明らかに 言葉の間違いになってしまいます。

<http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/4-1.htm>
<http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/3-6.htm>

長調の VI のファンクション分類について ( P18 )  : T に分類していいのだが コード進行によっては明らかに vi : (六度調)に転調していることを無視してはいけない。Dm - Am,  F - Am,  等

<http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/5-3.htm>

関係調、近親調 (p18) : 日本語の平行調は英語では Relative key  日本語の同主調は英語では Parallel key  混乱しやすいので注意 日本語はドイツ語訳を使ったのでこういうことになっている ここでは(関係調、近親調)は書かない方がすっきりするでしょう。

<http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/4-3.htm>

短調でのファンクション記号 ( p21 22 ) : T や SD を使うのは見て理解しにくい TM と SDM を使うのがいいでしょう。bVII を SD に分類してますが クラシックでは出てこない DM を使った方がすっきりするのでは VmをD にしてるのも無理がある

<http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/3-4.htm

セカンダリードミナント (p26 ) : 長調の VII  短調の IIφ VIφ VIIdim の進むセカンダリードミナントはありません!。

<http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/8-1.htm>

裏コード ( p30 ) を II - V に分割するという考えは便宜的なもので厳密には間違いです  II - V にしたら新しいキーが確立し表のコード進行になります。

<http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site /4-6.htm> の(9)

ダイアトニックテンション ( p64 66 ) : 上に述べた理由で (メイジャー)スケールトーンテンション を使うべきでしょう。短調でも(マイナー)スケールトーンテンションを使えば問題はおき ません。

A フォーム B フォーム ( p74 ) : ジョンミーガンの A form, B form とまぎらわしい、II - V - I のヴォイシングについて P76 で触れているから重要性は認識されているはずです 混乱しない名前(例えば7から重ねる方法 と 3から重ねる方法 など)で書いてほしい。


Re:モード(旋法) 投稿者:管理人  投稿日:11月 1日(土)16時32分54秒

ja さんへ 書き込みありがとうございます おそくなりましたアラウさんのお答えと重複する部分も違う部分 もありますがわたしなりの考えを書かせて下さい

<モード(旋法)にはコード進行というものがないのか> あります そのモードの音を使ったコードを使えばそ のモードを表してることになります 篠田元一氏の実践コードワークは参考になります

作曲なら聞いていいと感じればどういうコード進行つかってもいいのでは、、 そのコード進行は何モードなのか という質問ならわかります、、Cm F は ドリアンモードの代表的コード進行です

<Cm→B♭m→A♭→Gm(−5)→Cmがもし許されるのなら> 許されるならという考え方でなく自分がど う感じるかが大切だと思います 好きなら使うべきです このコード進行は悪くないと感じます ただAb が安定しすぎで Ab のキーを感じさせてしまうので短く使うとか転回形で不安定にさせるとかの工夫があってもいいかなという印象です もちろんメロディーのありかたはもっと重 要です。

<B♭mやGm(−5)は機能的にトニック、サブドミナント、ドミナントのうちどれに分類されるのでしょう か?> Cセンタートーンなら Bbm Gm7(b5) はドミナントマイナーに分類します

<http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/7-7.htm>
<http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/3-4.htm>


Re:旋律にオケをつけるとしたら 投稿者:管理人  投稿日:11月 1日(土)15時51分14秒

ひよこさん 対位法はどうしたの こんどはオーケストレイションか、、書いてみたいよねハリウッド全盛のころ の映画音楽みたいの 次々と難し い課題に取り組むひよこさんは偉い! 私は習作の弦楽四重奏を書いたことあるだけなのでこの分野に意見する資格 はありませんが 音域とかを調べたければか んたんそうな楽器法とか管弦楽法の本買って読むのがいいよね 辞典のようなつもりで手元においとけば役立つ本だ と思います 他の御質問も一言で言えないか ら パッヘルベルのカノンとか弦楽のためのアダージョとかのスコアとCDを買ってどういう風に書いてあるか研究 して下さい。


モード旋法 投稿者:ja  投稿日:10月30日(木)23時15分29秒

アラウさんどうもありがとうございます。(^^)どうやらチャーチモードという言葉の使い方を間違えていたよ うで、僕の言いたかったのはモード旋法についてであり(多分)、モード旋法にはコード進行というものがないの か、

例えばCイオニアモードの曲ではC→F→Cという進行はあると思うのですが(CメジャーとCイオニアが同じも のであるとすれば)、それと同じ ようにCドリアンモードの曲でCm→F→Cmという進行を用いてもよいのか、ということです。用いてもよいの か、というのは例えばCドリアンモードの曲を 作るときにこの進行になるような曲を作ってもよいのか、ということで、もしもこのCm→F→Cmを用いてもよい のなら他にもCエオリアンモードの

Cm→B♭→A♭→Gm→Cm

という進行と同じようにCフリジアンモードでも

Cm→B♭m→A♭→Gm(−5)→Cm

という進行を用いてよいのか、ということです。

さらに、このCm→B♭m→A♭→Gm(−5)→Cmがもし許されるのなら、B♭mやGm(−5)は機能的に トニック、サブドミナント、ドミナントのうちどれに分類されるのでしょうか?とんちんかんなことを言ってしまっ ていたらごめんなさい。よろしくお願いします。


旋律にオケをつけるとしたら 投稿者:ひよこ  投稿日:10月30日(木)06時48分24秒

お久しぶりです

さっそくですが ある旋律に コントラバス チェロ バイオリン (ビオラ) その他の楽器も含め などをつ けたいのですが まず 分らないことは

1. それぞれの音域です ソプラノ アルト テノール バスなら わかるのでですが・・・

2. コントラバスは 基本的に バスをつかさどる 楽器と考えて ただたんにバスを鳴らしていればいいというわけではないですよね

3. チェロは どういった感じにつけていけばいいのでしょうか

4. バイオリン 第一バイオリン 第2バイオリンとかありますがどう わけたりすればいいのでしょうか?

5. 最後になにか オケをつけるための良い参考書とかありましたら 教えてください

よろしくお願いします (>_<)_旦~~


管の伴奏について 投稿者:管理人  投稿日:10月21日(火)04時41分57秒

森詩さんへ 書き込み有り難うございます 答えになってませんが私なりの考えを、、

いい演奏を聞いてまねするのが一番です 仲間がいるのはすごくラッキー! メンバーが好きな演奏をいくつか選 んでできるだけそっくりにバンド ごと再現してみるのがいいと思います この過程に勉強の全てが入ってます 言葉でハウツーやマニュアルを言って みてもあまり意味ないのですが 少し、、

カンピング(コード主体の伴奏)にはリズムが最も大切でメロディックなからみは二の次です ほとんど必要無い と考えていいくらいです (音の 厚さ長さはその場に応じて選ぶ必要があります) メロディックなからみはベースとメロディー(アドリブ)が作っ ていてピアノは3つ目のラインになるのでや りすぎるとうるさくなります 空いてる所に短いメロディックフィルくらいが普通のやり方です これは動きの分担 なので演奏のスタイルに関係ありません も う一度いいます カンピングはリズムが大切でドラムのアクセントと同じ働きです

音の重ね方のネタを楽譜で見たい人には ジェイミーのマイナスワンが役立つかもしれません でもジェイミーは 弾きすぎです

どんな演奏でもいいのですが ウィントンケリーかガーランドのいるマイルスバンドあたりは間違いないお手本で しょう

最後にベースソロの伴奏は 音量と音域の問題があるので 管の伴奏とは全然違います いい演奏でピアニストが どう弾いてるかをよく聞いて下さいね。


質問よろしいでしょうか? 投稿者:森詩  投稿日:10月20日(月)18時15分45秒

初めまして。最近ジャズピアノに興味を持っている19歳大学生の森詩といいます。

この度全くジャズ素人の友達が集まってジャズバンド(サックス、トランペット、ドラム、ベース、ピアノ)をや ろうという話になったのですが、 そこは全員素人なので何をどうしたらいいかがほとんどわかっていません。とりあえずスタンダード曲集の楽譜を買 い、イントロ→テーマ→アドリブ→4バース →テーマ、という風にまわすことまでは学習しました。

 しかし今悩んでいるのは、テーマや、各パートのアドリブ時に、ピアノのバッキングをどのようにしたらいいか ということです。トリオなどとは 違い、トランペットなどがテーマをとるので、左手でコードをとっても右手が余ってしまいます。そこで何かを弾こ うと思っても、どんな風に弾いたらいいのか 見当もつきません。あまりこうしたことを詳しく書いている教本にも出会ったことがないので、いい弾き方や方法を 教えていただけないでしょうか。そういうこ とをするならこのCDを聴きなさい、というのもあれば教えてください。ご多忙の中非常に恐縮ですが、よろしくお 願いします!


コルトレーンチェンジ について 投稿者:管理人  投稿日:10月20日(月)10時46分43秒

コルトレーンチェンジについて あまり詳しくありませんが 知っている事を書きます コルトレーンは But Not For Me で始めの8小節をつぎのコード進行に変えて演奏してます(メロディーも少し変えてます)Eb Gb7,B D7,G Bb7,Eb,Eb Gb7,B D7,G Bb7,Bbm7 Eb7, この早い転調パターンで有名な Giant Steps を作って演奏しました 下のアドレスに楽譜をおいておきます 参考にして研究して下さい オリジナルの演奏もぜひ聞いて下さい 

<http://www1.odn.ne.jp/morejam/adlib-lec/giantsteps.htm>

あんまり似てないかもしれませんが ファヴェラはここに

<http://www1.odn.ne.jp/morejam/adlib-lec/favela.htm>

直接関係ありませんが 転調パターンの練習コード進行があります 参考に

<http://www1.odn.ne.jp/morejam/etude-12keys/modulation-seqence/modulation-seqence.htm>

コルトレーンチェンジで苦労した方は多いと思います 考え方 練習方法やフレーズ作りのこつなどぜひ教えて下 さい。


ご返答ありがとうございます 投稿者:マリオ  投稿日:10月19日(日)15時26分04秒

お返事早速読ませていただきました。実は僕もこの曲djangoに似ているなーって思っていました。ちなみに favelaという曲はまだ聴いた事がありません、差し支えなければ教えていただけませんか?

 今回のお返事でコルトレーンチェンジという言葉がでてきましたが今までも聴いたことはあっても具体的にこの ように目にしたのは初めてです。 (この曲はそれとはちょっと違うようですが)こちらももうちょっと詳しく教えていただきたいのですが、なにせ初 めてのことでよくわかりません是非ご教授よ ろしくお願いします。

 この曲のイントロとエンディングのドリアン臭さといったらもうプンプン臭いますが、中間部がまだマイナー モードで出来ているだけまだいいです。マイルスのso whatなんてもうドリアンだけです。臭います。

 so whatって感じですが今後とも宜しくお願いします


RE: パットメセニーのクエスチョン&アンサー 投稿者:管理人  投稿日:10月19日(日)06時53分54秒

勉強熱心なマリオさんへ 私は不勉強で聞いた事なかったので友人に借りて今聞きました こういう機会を与えて 下さった事に感謝します 興味深い魅力的な曲です Favela や Django を思いだすのは私だけでしょうか 問題の部分はコルトレーンチェンジですよね それと8小節目 C7 sus4 に聞こえず A7 に聞こえちゃいます 今度よく聞いてみます、、、

<dm,fに訂正です イントロのem/aはこの文脈でいくとモーダルインターチェンジコードでドリアンっぽ い感じがする> そのとおりです この曲では A7 が大事な所(最後)で現れますから短調と言えます イントロ、エンディングはドリアのバンプを使ってるという作りですね D-A のペダルに FとG(Dm と Em)を弾くのはよくやりますが 同じ事をやってもなかなかこうかっこよくはなりません

<3、4小節めの全音変化もクリシェと考えていいのでしょうか> マイナーの五度音が半音上り下がりするのは 時々使う手で クリシェ(慣用句)と言われてるやり方のなかの一種類です 4小節のCm7 F7 はクリシェとは言いません 気持ちよくクリシェの期待を裏切ってます クリシェの部分はDmがずっと続くのと同じ事ですから 4小節目にどんなコード進行 が来てもいいのです それよりDmの代りに使っているB7の方がかっこよくて印象的です。

<gm7 a♭13からfmaj9 a7♭9までの4小節でどうしてもこの進行がわかりません> 

普通の調性感覚で味わうような転調ではなく シンメトリックな調関係を使う早い転調のシークゥエンス(同形反 復)です メロディーもシークェ ンスになってます ジャイアントステップスで有名になってコルトレーンチェンジといわれてる長三度関係のキーの V-I を早く動かすというやり方、 この曲ではFでスタートせずGmではじまり C7ーF でちょっと安定する感じがします スケールは正直に Db: A:  F: の音を使うのがいいと思います小細工しても早すぎて聞く人に伝わらないからです 私もジャイアントステッ プスできないので偉そうな事は言えません  以上。。。


クエスチョン&アンサーについて 投稿者:マリオ   投稿日:10月18日(土)12時47分58秒

 管理人さん久しぶりです。マリオです。早速ですが質問させてください、今回は パットメセニーのクエスチョ ン&アンサーという曲の進行についてです。

 この曲のキーはdm及びfで進行はざっと、、、

(イントロ)dm,em/a.dm,em/a×4

(A メ ロ)dm,dm♭6,dm6,dm7,gm7,am7,b♭maj7,c7sus4,dm,dm♭6,dm6,cm7 f7,b7♯9♯5,b♭7♭5,a7♯9♯5,dm

(B メロ)gm7,d7♭9,gm,d7♭9,gm7 a♭13,d♭maj7 e13,amaj7 c13,fmaj9 a7♭9   それと(c メロ)ですが(A メロ)と似ているため省略します 点はテキストにならって小節線を表しました 

 質問の箇所は(B メロ)のgm7 a♭13からfmaj9 a7♭9までの4小節でどうしてもこの進行がわかりません1小節目と2小節目のa♭13からd♭maj7はツーファイブとして理解できると思うのですがこ の(B メロ)の調がめまぐるしく変化しているためそれぞれのコードがどの調に配属されているかいまいいち解り ません。調がどのように変化しているか解れ ばどのようにアドリブをすればいいかわかると思うのですが、今の自分にはよく解らないのでこの部分の調、そして この部分の該当スケールを是非教えていただ けますか? ちなみに(A メロ)の最初の4小節はdmのクリシェと解釈していいのですか?たしかクリシェは半 音で変化するものだったと思うのですが3、 4小節めの全音変化もクリシェと考えていいのでしょうか?長くなりましたが宜しくお願いします。


核音とは モードとは 投稿者:管理人  投稿日:10月16日(木)21時09分49秒

小人さんへ 書き込み有り難うございます

<人工的な音組織と自然発生的な音組織は構造的に違うので混同して使うことが出来ないということをおっしゃり たかったのでしょうか?>

モーダルインターチェンジに使われるモードは核音を備えた七音モードだけ リディアン、ロクリアンモードは音 楽を統一する力はない

民族音楽の研究者 故小泉文夫氏は 音楽の基になる組織についてこう言っています これはペンタトニックやブ ルーズにもあてはまります 

“およそどの国どの時代の音楽にも完全四度の枠が認められる この間に1音叉は2音が加わって音階が出来てい る さらにこの枠がつながってオクターブへ発展しスケールが完成する 完全四度の枠を形作る音を核音と呼ぶこと にする”

<長調・短調以外のモードだけで作られた曲というのは存在するのでしょうか?>

たくさんあります 日本やアジア アフリカの民謡 15世紀以前の西洋音楽(古楽) グレゴリア聖歌 などを 聞いてみるといいでしょう 又モードジャズやラベルのなき王女のためのパヴァーヌも聞いてほしいです したの ページも参考にして下さい。

<http://www1.odn.ne.jp/morejam/sound-site/sound-happyb/sound-happyb.htm>
<http://www1.odn.ne.jp/morejam/sound-site/sound-joyto/sound-joyto.htm>

長調・短調と混ぜた音楽でいいならもっとあります 現代のほとんどのポピュラーミュージック(演歌も含む)ブ ルーズとブラックミュージック

また来て下さい。


VIIdim.のスケールは 投稿者:管理人  投稿日:10月16日(木)04時55分34秒

ホヘトさんへ 書き込みありがとうございます はじめの御質問ですが こちらマックなので文字化けで読めませ ん 御手数ですがアルファベットなどを使ってもう一度書いて頂けますか できればどの部分に書いてあるのかもお 知らせ下さい あとの御質問にお答えします

<ハーモニックマイナーのコードトーンである?ディミニッシュについてですがこのコードスケールの名称は何で すか? >

一般に認められている名称はありません 私は G7 で使われる 完全5度下のハーモニックマイナースケール にならって 半音上のハーモニックマイナースケールと言います 

Cm のキーでお答えしますと  Bdim.も G7 も使う音は同じでハーモニックマイナーモードの音なんですけど Bb 音を加て使えます ( Bb Ab G F Eb D C B )Gオルタードスケール、Gコンディミとわずかな違いです

<ふつうディミニッシュコードでの妥当なスケールはディミニッシュスケールだと思うのですが>

違います 調性内で使われる限りディミニッシュコードは調を感じさせるコードで短調の V(b9) の根音省略形と聞こえます ですからまずその調の音が最も自然なはずです 全部の音を使うディミニッシュスケール上行も使えるかもしれませんが第二 第三 番目の選択です 全部の音を使うディミニッシュスケール上行は半音上行と同じように調としての意味がない人工的 スケールです (短調で下行のディミニッ シュスケールを使うと E 音 C#音を不自然に感じます メロディックなフレーズは作れないでしょう 平行移動フレーズ等のやり方では使います もし長調だとC#音が不自然と感じ られます)ディミニッシュスケールの一部は上に説明した音と一致しているので使えます 一部だけではディミニッ シュスケールとは言えません。

本に書いてあるから使えるとか私がいいと言ってるからとかでなく自分で納得いくまで試して下さい。

参考に過去の掲示板から7月 1日の書き込みを御覧下さい

<http://www1.odn.ne.jp/morejam/bbs.htm>


返事が遅れてしまって本当に申し訳ありません。 投稿者:小人  投稿日:10月15日(水)17時20分51秒

だいぶ前になってしまいましたが、ご回答ありがとうございます。

モードに関してはこのホームページでずいぶん勉強させて頂きました。でも、自分ではどうしても理解できない点 があってあのような質問をしました。

管理人さんの解説で3番目の質問は納得することが出来ました。実際に自分でCmkキーでのドミナント部分でG ミクソリディアンを使って弾いて みました。するとマイナーの暗い雰囲気の中に妙な明るさが混じって違和感がすごく感じられました。逆にCメ ジャーでのドミナントにGハーモニックマイナー は良い雰囲気が出ました。しかし、メジャー → マイナーはOKなのに、その逆となると不快な感じがするので しょうか?とても不思議です。

2番目の質問<核音の位置が違ってもモーダルインターチェンジできるのでしょうか?>

これに関して管理人さんは、リディアン、ロクリアンモードは人工的な音組織であるとおっしゃったのですが、人 工的な音組織と自然発生的な音組織は構造的に違うので混同して使うことが出来ないということをおっしゃりたかっ たのでしょうか?僕はそう解釈したのですが・・・

 

1番目の質問は僕が最も聞きたかったことで、どんなモードにも中心音があるならそのモードだけで曲が作れるの でしょうか?

また、長調・短調以外のモードだけで作られた曲というのは存在するのでしょうか?


質問です 投稿者:ホヘト  投稿日:10月15日(水)16時01分41秒

前回のビートについての御答ありがとうございました。まだなんとなく解らないことがあるのですが今回はまた違 うことで質問です 管理人さんの テキストをみて勉強しているのですが表記のわからないものがありました それはドミナントのところでの・です長 調のときはローマ数字でXト書かれているの に短調のところでは・となっていました これは一体何を表しているのですか?(短調に挿入されたドミナントのこ とを普通のドミナントと区別しているとか)

 もうひとつしつもんがあります ハーモニックマイナーのコードトーンである?ディミニッシュについてですが このコードスケールの名称は何で すか?ディミニッシュだからディミニッシュスケールかとも思ったのですが構成音が違うので違うような気がします  ’(ちなみにコンディミも)ふつうディミ ニッシュコードでの妥当なスケールはディミニッシュスケールだと思うのですが孟ちょっと詳しく用法を知りたいの で教えていただけますかお願いします


4ビートと8ビートの違いについて 投稿者:管理人  投稿日:10月 6日(月)18時04分13秒

ホヘトさん書き込みありがとうございます

<4ビートと8ビートの違いがわかりません>

日本だけで通じる言葉で リズムパターンと一拍の分割を表す言葉です 4ビート=スィング 8ビート=ロック  16ビート=倍のりの8ビートを意味します アメリカ式では次のように楽譜に書いたり言ったりします。

スィングと指示されると一拍三分割(ジャズの8分 2:1)を基本に演奏します
ロックまたはラテンと指示されるとイーブン(均等な8分)を基本に演奏します

<皆何を感じて小節を切っているのですか?>

楽譜の書き方(何拍子でで書くか)についてですが 見やすいという理由で 2/2 2/4 12/8 を 4/4で書いてしまいますので現在で は 4/4 3/4 6/8 の楽譜に統一される傾向があります。早い三拍子を6/8に感じてもそう書いても間 違いではありません どちらが読み易いか (聞き取り易いか)がポイントではないでしょうか このへんは(聞く人)書く人の自由です。

拍子を感じる時 一小節に5拍 7拍 11〜 等の複合拍子以外は 2拍子と3拍子で捉えて間違いありません  

<http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/1-7.htm>

<4ビートともとれるしもっと細分化して8ビートともとれます>

実際の演奏では 全部の楽器がずうっと一つの拍子で演奏することはまずありません メロディーレベルの楽器が 倍のり ドラムのおかずが倍ノリ  等混ざったり乗り換えたりは当たり前に行われます イーブンとスィングも同様です 楽譜にする場合基本になっ ている方の拍子で書きます

2/2 と 4/4 は何が違うのか サンバは16ビート風に書いていいのか等 私自信あいまいなままにして る問題がたくさんあります 拍子について 楽譜の書き方など 詳しい方のアドバイスを御願いします。


質問です 投稿者:ホヘト  投稿日:10月 3日(金)17時55分48秒

こんにちわ 前回は御世話になりました 今回の質問はビートについてですが簡単にいうと4ビートと8ビートの 違いがわかりません。普通曲など を聞くときたいていの場合4ビートか8ビートのどちらかとゆうのわわかるのですが4と8との明確な違いがわかり ません16ビートというのも曲を聴くとなん となく感覚で解るのですが(ハイハットの音がチキチキ、、、と細かくなっているから)やはり区別がつきません  何々ビートというのはバスドラの数もしくは  ハイハットの数ナドト決まっているのですか?小節が重要な気もするのですがやはりどこで切っていいかわかりま せん よく採譜された楽譜を見ると小節の区 切りはどれもおなじですが 皆何を感じて小節を切っているのですか? 感覚的に(4、8、16とどれかはっきり した)皆同じ段落を感じているのですか?  特にジャズで4ビートと聞きますが僕には4ビートともとれるしもっと細分化して8ビートともとれます そしてな ぜか5ビートや7ビートなどちょっとかわっ たものはなんとなく解ります こんな感じに音楽で非常に重要なリズムについてさっぱりなので是非教えてください  


Re モードについて 投稿者:管理人  投稿日: 9月28日(日)06時48分25秒

小人さんへ

テキストを読んでいただいてとても嬉しいです できるだけお答えしますが納得できないところは又書き込んで下 さい。

1と2へお答え

中心音から完全五度と完全四度の音を持つモードだけを音楽を統一できる音組織として扱っています、理論テキス ト3ー2には次のように書きました

リディアンモードとロクリアンモードはP4゜の テトラコードを1つしか持たないのでこの表には現れない、 言い替えると自然発生的な音組織ではない。

<http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/3-2.htm>

3へお答え

短調ではトニックコード以外の部分を長調に変える事は不自然なのでめったに使われてません トニックコードで 長調になる例はたくさんあります (ピカルディーの和音)転調なら長調から短調 短調から長調どちらも出来ますが ほんの2拍や4拍変わるだけだ と 短調の中の長調は不自然です 簡単な例 として 長調 Dm7 - G7(9,13) - C の G7(9,13) を G7(b9,b13) に変えるのは同種短調を一時的に使ったといえます(モーダルインターチェンジの最もよくある例)が 短調 Dm7b5 - G7(b9,b13) - Cm の G7(b9,b13) を G7(9,13) に変えて弾いてみて下さい 不自然でしょう? 使い方が難しいので短調でのナチュラル3rdは劇薬といえるでしょう

少数ですが短調の中で長調が短い間使われている曲はあります The Shadow of your Smile 1小節, Summer time 8小節 オリジナルのコードで


モードについて 投稿者:小人  投稿日: 9月27日(土)16時05分53秒

初めての投稿で恐縮ですが、よろしくお願いします。

1.モードについて疑問に思うことが多々あります。どんなモードにも中心音があってその音に解決するというの ですが、例えば、ここのホーム ページにはでてこないリディアンモードやロクリアンモードにも中心音があるのでしょうか?中心音があるなら、こ れらのモードで曲を完結させることは可能で しょうか?でも、ロクリアンの場合はトニックがハーフディミニッシュコードになるので解決感が得られず、曲にな らないような・・・。

2.モーダルインターチェンジに使用されるモードとは核音の位置がこの二つのモードに限って違うのですが、核 音の位置が違ってもモーダルインターチェンジできるのでしょうか?

3.最後になぜ基調がマイナーの場合、メジャー系モードを使うことが出来ないのですか?


ホヘトさんへ 投稿者:管理人  投稿日: 9月27日(土)02時47分05秒

書き込み有り難うございます 私なりの考えを書かせて頂きます 説明不足の点は又細かくお尋ね下さい

<オーソドックスなブルースを弾く際にオルタード、コンディミ等のスケールを使ってもよいのでしょうか?>

音には 縦の関係と横の関係があります 縦にコードとあう音を並べたのがコードスケール (Available Note Scale) これに対して横の統一を表す言葉がモードです 人間はモード(と音形)で音楽を聞こうとしますから あまり複雑な音使いは覚えられない歌えないすなわち感 じないということになりがちです (料理で例えると珍しくておいしそうだと言ってインドの香辛料、ヨーロッパの ハーブ、メキシコの唐辛子 等等めちゃく ちゃに使うようなもんです おいしいのはできそうにありません)

ブルースらしくないブルースでいいならいろんな音を使ってみてもいいでしょう ブルースらしいブルースにした いならあまりたくさんのモードを使ってはいけません じゃあどんなモードが使えるのかというと まずは最もオー ソドックスな i: Minor Penta Tonic と vi: Minor Penta Tonic です(もちろんブルーノートを加えた Blues mode も含める) これらの音だけを使っていい感じを出すのも簡単ではありません ブルースを長い間たくさん聞いている人 好きな人 よく弾いている人はうまく いくでしょう

当たり前でない食材や香辛料でおいしい食べ物を作ろうとなさるなら 好きなミュージシャンがどうやってるか調 べたり 理論書にあるお尋ねのようなスケールはどんな味なのかを味見をしながら何度も何度も試行錯誤して探すし かないと思います、

何何スケールといっても一部しか使ってない場合叉はスケール音をとばして使っている場合はそのスケールとはい えないと言う事に注意して下さい 参考になりそうなページを下にあげておきますので読んでみてください 

<http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/13-1.htm>
<http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/13-6.htm>
<http://www1.odn.ne.jp/morejam/playtostudy-site/blues1.htm>
<http://www1.odn.ne.jp/morejam/newtext-site/p-11.htm>
<http://www1.odn.ne.jp/morejam/forbeginner-site/step9/9-1.htm>

<オルタードスケールやホールトーンの使い方が分からないのですが教えてください>

機能和声(長調短調のコード進行の事)のなかの V に使うスケールです 調性感はくずさずにノンスケールトーン ( bvi, bvii, biii, bii, ) を持ち込むために使います 下のページを見て下さい

<http://www1.odn.ne.jp/morejam/playtostudy-site/pts4-3.htm>
<http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/10-4.htm>

ブルースは難しいテーマなのでまとまらない答えになってしまいましたが この永遠のテーマに御意見ある方はぜ ひ書き込んで下さい。


質問なんですが 投稿者:ホヘト  投稿日: 9月26日(金)17時46分37秒

はじめまして、ホヘトと申します。早速質問させてください  オーソドックスなブルースを弾く際にコードが全 て7thなのでオルタードそして コンディミ等のスケールを使ってもよいのでしょうか?それとも西洋の音楽理論で出てくるスケール あるいはジャ ズなんかで見られる上のようなスケールはス ケールと7thコードの構成音が一致していても望ましくないのでしょうか?

またジャズで言うオルタードスケールやホールトーンの使い方が分からないのですが教えてください。理論書なん かを読んでいてもいきなりコード とその該当スケールの一覧表がでてきて正直何のことかさっぱり分かりません。自分はこういった難しいスケールを どんどん使って自分の音楽の幅を広げたいと 思うのですが自分の頭が悪いのか、はたまたこういった本の解説が悪いのか悩みは深まる一方です。自分の思うに、  一覧表で即座に該当スケール(アベイラブ ルノートスケールでよろしいのでしょうか?)が解る というな簡単なことじゃないような気がするんですけど    いきなり乱入してすみませんが御返事御待 ちしております


マリオさんへ 投稿者:管理人  投稿日: 9月23日(火)05時27分33秒

いつもありがとうございます 説明が不十分で誤解をまねくことがあるようですみません 重複するかもしれませ んが 御質問にそってお答えします。

<センターノートとはトニックと同じことですか?>
トニックとセンタートーンは終止感のある音と言う意味を表す用語です 本来の使いわけは 長調短調ではトニック という それ以外の音楽ではセンタートーン というように使い分けられていたようなのですが 現在の音楽では両方の要素がまぜこぜになってますので この使 い分けもあいまいになってます 私は長調短 調に限定した議論ではトニックといい 長調短調を含めてそれ以外のモードも含めた議論ではセンタートーンという ようにしてますが徹底してない事もあったか もしれません 結論として 終止感のある音と言う同じ意味を表している用語と考えていいです。

<キーとトニックを混合して考えていたようで>
Fm のキーのトニック音は f  トニックコードは Fm  あとは下のキーの説明を見て下さい

<キーがfm7トニックがdm7>
そのような事は言ってません 言葉の使い方自体がおかしいです もしかしてトニックとルートを混同してませんか  下の説明を御覧下さい。

カンタロープアイランドについてですが キーはFm トニックは f 音 です Dm11 のコードは VI という和音記号になり珍しい使い方のコードで一時的に F メイジャーキーの VI が鳴るわけですが  F メイジャーキー叉はDmのキーになってしまうとは感じさせず F マイナーキーに戻るだろうという期待があるので全体は F マイナーキーでいいと思います 他の分析もあるかもしれませんが 私はこの曲全体をとおしてf音を中心音と感じます。

関連の間違い易い用語を説明しときます。

トニック tonic : 機能和声(長調短調のコード進行の事)で使う用語 終止感のある音、中心になる音 の事

中心音 center tone : 機能和声以外の音楽(邦楽、民族音楽、モード)も含めて終止感のある音を呼ぶ時に使うのがセンタートーンという用語です

根音 root : 三度堆積の和音を前提として一番下の音 コードネームではアルファベットで表されている 音

コードスケール avairable note scale : そのコードに使える音をコードのルートから並べたもの モードと間違えないように

旋法(モード) mode : 中心音のある音組織

調(キー)key : どの音をトニックとして長調なのか短調なのかを表すもの 何長調か何短調かを表す(長 調短調以外の音組織について表したい場合 どの音をセンタートーンとしてどんなモードなのかを表す事になる D ドリアンモード等と表す)


訂正及び付け加え  投稿者:マリオ  投稿日: 9月22日(月)22時58分55秒

 (未だに♭d dimに聞こえる)と書きましたがbdimお間違えでした しかもどうやら♭d7と まったく別のコードを間違えて弾いていたようで♭d7でかなりしっく りきました  (二重に間違えていたということです!) それと追加で伺いたいのですが管理人さんが書かれてい るセンターノートとはトニックと同じことで すか? あと今まで僕はキーとトニックを混合して考えていたようで今回のカンタロープのご返答、大変驚いてしま いました。(キーがfm7トニックが dm7)。初歩的というか根本的なことで申し訳ないのですが、キーとトニックとをまったくの別物として考えたほ うがよいのでしょうか?


お返事遅れてしまってごめんなさい 投稿者:マリオ  投稿日: 9月21日(日)00時42分23秒

 返事遅れてしまって申し訳ありませんでした。(実は京都に旅行に行ってました)昨日の時点ですでにお返事は 拝見させていただいたのですが、 ブラウザーの調子が悪かったのか、返事をお返しすることが出来ませんでした。                    まずカンタロープアイランドについて なのですが、未だにfm7はf7に聞こえてしまうし、d♭7は未だにd♭dimに聞こえてしまいます。ただ dm11だけはかろうじて同じように聞こえま す。

 しかし管理人さんのお返事にあるコード進行で分析すると(驚くべきことに)今までに僕が質問してきた内容が 見事に総括されていることに気がつきました。           

 まず2番目のd♭7 このコードですが、マイナーブルースで♭5の音に一番合うブルースコードということで 教えていただきましたよね?また3番目のコードであるdm11ですがf

 メジャースケール上の同主長調コードですよね?これもベムシャスィングの質問のときに教えていただきまし た。(もしかしたら違ってたりして、、、)

マイルストーンズについては単純に中心音の聞き間違えでした。ただセンタートーンの聞き分け方は管理人さんの おっしゃるとうりわざとセンター トーンからずらすこともよくあるので注意深く聴かなければなりませんよね。でもこれってとても難しいー! カン タロープ 合ってました?もしまだ間違えて いるようでしたら教えていただきたいのですが、、今回も為になるご返答ありがとうございました。今後も何かあり ましたときは、是非ご教授していただけます か? 、、、ではまた。


マイルストーンズについて 投稿者:管理人  投稿日: 9月11日(木)21時29分35秒

<cミクソリディアン と gドリアン とはどう違うのか?> 同じ音を使うのですが cかgか どちらの音 を終止音にするのかの違いです。 メロディーよりは低音が問題になるでしょう メロディーも素直にセンタートーンに終わってもいいのですが わざ とセンタートーン以外の音で終わるような作 り方をする事は多いですから、 アドリブ奏者やピアニストによっては g ドリアンモードの曲でもC7の様に音作りをする事もあります ベースもそれにつき合えば cミクソリディアンモードになっちゃいます、原作ではgドリアで す(キャノンボールはC7みたいにアドリブしてるようです ビルエヴァンストリオの演奏でテーマの時スコットラ ファロがgーc の4度を弾いています)

!ここで言っている ミクソとかドリアとかいうのは コドースケールの事ではなくモード(音楽をまとめる組 織)の事です!

<鳴っている音を全て聞き取り、スケールを割り出しそこから該当するコードを見つけるといった方法> これが できれば完璧です ただジャズで はある程度自由に変えて演奏してますので どれが基本でどれが奏者の選択なのか判断しなくてはいけません、それ と 和音とアドリブラインでは 和音のほう が基礎になってると普通聞こえます 具体的には ベースとピアノの左手の下のほうが和音の基礎的な響きと聞こえ ます 私の場合ベースがなにを弾いてるかを 最重要視します。

<どのようにして曲を分析していくのですか?> 人間は中心音とモードで音楽をとらえようとしていますから  中心音とモードをはっきりさせる ことで曲の音使いについて自分の知っているどのタイプかを分類します、言い換えるとそこは何調か 調と調はどう いう関係かということです (こういうと簡 単ですが現実の音楽ではいろんなことが起っています 中心音がどちらともとれるようなコード進行とか 和音は E7 なのに はっきりとメロディーに e,#d,#c,b, があるとか)

コード進行がある音楽が普通ですから まずコード進行を和音記号に置き換えて相対関係を見やすくします(この 時ノンスケールトーンコードもも との中心音のまま表す こうすると全体をみわたすのにいい ただ慣れないと遠隔調の和音記号は読みにくい) メ ロディーも観察する必要がありますが だい たいは和音を調べれば充分でしょう、

中心音とモード(調設定)をはっきりさせて音楽的効果をタイプ別に把握すると言う事です うまく説明できてる と思えませんが許して下さい、

<コードが載ってる本なんかを見ていると大抵違ってる> 単なるミスプリの場合 編者の独断 一般的でない演 奏からとったもの などいろいろな理由がありますが どんな例があるか書き込み御願いします。

モードジャズは弱いので助けてくれる方を待ってます。


カンタロープアイランドについて 投稿者:管理人  投稿日: 9月11日(木)21時28分13秒

マリオさん 実際の演奏を聞いての話題をいつも有難うございます モードジャズは弱いので的確に説明できない と思いますが できるだけお答えします。

楽譜によれば Fm7, Db7, Dm11 となってるのでこのコードで演奏してます 

<http://www1.odn.ne.jp/morejam/adlib-lec/cantalope.htm>

<この進行は理論的に解釈するとどうなるのか?> 和音記号で表してみると

Im - bVIx - VI - Im となります Fm7 Db7 は普通に聞こえます メロディーも含めてマイナーブルースの雰囲気ですね、

問題は Fm のキーでのDm7(11) です 短調に現れる VI は珍しいコードと言えるでしょうこの曲の特徴と言えます、

(もう覚えている人は少ないだろうが1970年代にホセフェリシアーノがライトマイファイアをカバーしてる  このイントロで Cm7 - Am7 のくり返しが使われていて 妙に印象に残っている スティービーワンダーの Sir Duke の C - F#m の F#m も同類のコード CM7 - AM7 も似た雰囲気がある このような2つのコードではどちらかと言うと下のコードに終止感があるように聞こえるが上のコードで終わらせる事もできる、カンタ ロープでは上のコードがトニック)

<ディミッシュコードの機能というのはあるのでしょうか?> あります! カンタロープとは話題が離れますが お答えします 以前にも何度か書きましたが同じ事を書きます、

ディミニッシュコードはドミナントセブンスコードb9th の根音省略形です ただ省略された根音がどれなの かを見極めなくてはいけません

長調の場合 

Idim = bIIIdim = #IVdimi = VIdimi は VII7(b9) の根音省略形、
#Vdim = VIIdim = IIdimi = IVdimi は III7(b9) の根音省略形、
#Idim = IIIdim = Vdimi = bVIIdimi は VI7(b9) の根音省略形

短調の場合 

Idim = bIIIdim = #IVdimi = VIdimi は II7(b9) の根音省略形、
#Vdim = VIIdim = IIdimi = IVdimi は V7(b9) の根音省略形、
#Idim = IIIdim = Vdimi = bVIIdimi は I7(b9) の根音省略形、とまずは聞こえる。

<http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/8-2.htm>

(ディミニッシュコードは 可能な限り機能的に 〜 7(b9) としてとらえ  ドミナントセブンスコードとして どんなスケールが使えるか考える)


ひさしぶりです 投稿者:マリオ  投稿日: 9月10日(水)21時06分02秒

 こんにちは毎度ありがとうございます。今回2つの質問があるのですが、一つはハービーハンコックのカンタ ロープアイランドという曲のことについて、そしてもう一つの質問はマイルスデイヴィスのマイルストーンズについ てです。 

 まずカンタロープアイランドのコード進行のことなのですがこの曲は、3つのコードで構成されていると思うの ですが(自分で構成音をみつけていったので自信はないのですがたぶんあっていると思います)それは、f7→b dim→そして3つめのコードはdm7+4

です。質問はこの進行は理論的に解釈するとどうなるのか?ということです。僕はコードの基本的な機能はわかり ますがディミニッシュコードにつ いてはいまだによくわかりません。具体的にディミッシュコードの機能というのはあるのでしょうか?もしあるとし たら、カンタロープアイランドのこの進行と は関係あるのでしょうか?

 そして質問その2 マイルストーンズのモードのことなのですが、基本的に2つのモードがあると思うのです が、僕が聞き取ったモードはcミクソリディアン→aエオリアン

で、一方<スタンダードジャズのすべて・高島慶司>という本ではgドリアン→aエオリアンとなっていました。 aエオリアンというのは同感でき たのですが,gドリアンというのはどうしてだろう?と悩んでしまいました。結局2つとも同じfメジャースケール なのですがどちらがより好ましいのですか? またそれはなぜですか?是非教えていただけますか?                                            最後に管理 人さんはどのようにして曲を分析していくのですか?例えばなっている音を全て聞き取り、スケールを割り出しそこ から該当するコードを見つけるといった方法 でやっているのですか?ちなみに僕はこの方法で曲の構造を浮き彫りにしています。この方法では結構面倒くさいの ですが知っているのがこの方法しかないので 今のところはこれ一本でやっています。(それで実際コードが載ってる本なんかを見ていると大抵違ってる!何 故!) あれっ、いつのまにか質問が3つになっ てるーー! 


ヤスさんへ 投稿者:管理人  投稿日: 8月26日(火)16時04分16秒

<E一発でとかAだけで合わせるですが、一応メジャーって事なんですけど> たぶん EM7 (長調=メイジャーキー)でなく E7 か E トライアードですよね そのほうがペンタトニックやブールーズモードを使い易いし 変わった音も使い易いですから

<ベースライン弾く時よく4thの音入れて弾いてしまうんですが> 一般的に4度音は経過的叉は倚音としてい つでも使えます 簡単にいうとつ ぎにコードトーンへ進んでいればいいということです 一発ではリズムのおもしろさがより要求されますね(よく聞 かれるのは休符の多いベースパターン) じ つは一発で演奏すると他の要素も入り込みます 勝手にコード進行を作ったりアウトする事が許されるまたは望まれ る雰囲気になるのです そう考えるとまと まったフレーズならなんでもありということになります 一発は自由度が増すので簡単なようで実は難しいと思いま す フリーが難しいのと似てます


カデンツについて 投稿者:管理人  投稿日: 8月26日(火)15時55分15秒

BILLA-heute♪〜さん書き込み有り難うございます まずカデンツ(英語でケーデンス)について短く わたしなりにまとめてみます

長調短調その他の7音モードからできる和音をT, TM, D, DM, SD, SDM に機能分類します

T または TM に至る和音進行(ファイナルケーデンス)を次の様に分類します

最後が D -T と D - TM を ドミナントケーデンス
最後が DM -T と DM - TM を ドミナントマイナーケーデンス
最後が SD -T と SD - TM を サブドミナントケーデンス
最後が SDM -T と SDM - TM を サブドミナントマイナーケーデンス

この進行の前に T 叉は TM 以外のどの種類の和音を置いても分類は変わりません

詳しくは <http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site /3-4.htm>

この考え方で I - VI - II - V - I を機能分類で書き直すと T -T -SD - D -T となり最後が D -T なのでドミナントケーデンスとなります 上記をふまえたうえで個々の御質問にお答えします

<カデンツとは 第1 第2 第3しかないと考えても良いのでしょうか?これ以上の組み合わせは 不可能です よね?> この3つのファイナル ケーデンスはいわゆるクラシック音楽に使われている代表的なパターンです その種類の音楽に限定すれば有効な分 類になりますが現在普通に聞こえてくる音楽 にはクラシック音楽以外の要素がたくさん使われているので現実的な分類法とはいえません  DM, SDM を分類に含め D - SD, D - SDM などを和音進行として認めれば組み合わせはもっと増えます あまり多いので私はT に至る最後の和音進行だけに注目して上の様に分類しています。

<I -VI - II - V - I はどのカデンツの分類されるのか> お書きになっているどの考え方も正しいと思います この進行は第二型です 私の分類法だと結論は上記のとおりですが少 し説明を付け加えさせて下さい

代理という言葉は 本来のものでないが臨時にやむをえず使ったというニュアンスがあるのでこの日本語訳にとら われすぎない方がいいと思います 同類コードか置き換えコードくらいの言い方の方がいいような気がします この 置き換えコードの考えに従うと VI は I と同類で置き換えても全体の進行はそれほど変わらない(I - VI - II - V - I は I - I - II - V - I と変わらない) V の前になにかコードがあっても結論は V であっておおすじの意味は変わらないすなわち II - V と V はたいして変わらない 特に II は V と構成音が似ていてよく使われる ( I - I - II - V - I は I - I - V - V - I とたいして変わらない)単純化していくとこうなります どのバリエーションも最後が D -T なのでドミナントケーデンスとなります。

詳しくは <http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site /9-1.htm>

応用という言い方は間違いとは言えませんが 原理があってそれを応用して使っているというニュアンスがありま すので 音楽理論が崇高な原理で あるように聞こえるおそれがあります 実際は応用でなく逆で 音楽を観察して抽出された多数例でしかありません  それもある時代ある地域の品のよい音楽に 限定されたものです。

和音進行の理論的な整理は音楽理論の根幹をなすものですが すっきりした説明はなかなかむずかしいものです  重要なテーマの御質問を有難うございました またお立ち寄り下さい。


マリオさんへ 投稿者:管理人  投稿日: 8月26日(火)15時42分21秒

遅くなりすみません 演奏をよく聞いて感じたものを理論的に整理しようという姿勢に頭が下がります 考え方は 全て正しいと思います 少し付け加えながら説明させて下さい。

<一瞬のうちに♭7と7の二つの音が揺れ動きモーダルインターチェンジしている?> あまり短いとそうは言え ません どちらかの音に半音でつなげている(アプローチしている)とみるのがいいでしょう

<ソニーロリンズやクラークテリーが吹いている♭7と7のごっちゃまぜプレイ> トニックのどれが CM7 なのか C7 なのかわかりずらいですよね

<短調と感じることができませんでした> この曲は長調です 長調ですが短調の部分が多いというだけです  ビートルズのミッシェル スタンダードのヒアズザットレイニーデイ ボサノヴァのウェイブ などは長調か短調か 味見して見て下さい。


カデンツ 投稿者:BILLA-heute♪〜  投稿日: 8月26日(火)07時10分32秒

はじめまして 私は理論の弱いところと強いところにかなりムラがあり 今初歩的なことから勉強しなおしている しだいです  ここへ私もたどり着きましたよろしくお願いします

質問1 カデンツの第1型で T-D-T  第2型で T-S-D-T 第3型で T-S-Tというのがあり ますがカデンツとは 第1 第2 第3しかないと考えても良いのでしょうか?これ以上の組み合わせは 不可能で すよね?

質問2 それと T−?−U−X(7)−Tという コード進行があるとしますこれは カデンツにそって 誰か に説明するとしたら どう説明すれば良いのでしょうか?

これは 第二の T-S-D-Tと考えるのでしょうか?それとも 他のカデンツという形で存在するのでしょう か  

ここでの?は Tの代理(T>?)? UはW=Wの代理(W>U)? Vはそのままで D  T=T などと  代理という説明では 変ですよね?代理コードはあくまでも代理ですから?

もしくはTに属するコードは(T>?>V) Sに属するコードは(W>U) Dに属するコードは(X>?)だ からと説明?      今まで カデンツは3つで これで 理解してきたのですが つまり 第2のカデンツが 応用されてと ・・・・ こう説 明するものなのでしょうか?

ちょっと 説明が 分りにくいかもしれませんが この辺が いまだにはっきりしていなくて・・・・・ 人に聞 くのもちょっと 恥ずかしいとかでいままでないがしろにしてきたしだいですよろしくお願いします


ど素人です。 投稿者:ヤスと申します。  投稿日: 8月24日(日)01時54分55秒

はじめまして。音楽関係を歩き回っていましたら、ここに来ちゃいました。理論がよく分からずBass弾いてい る者です。聞きたい事あるんです けど、セッションと言えるべきレベルではないんですが、仲間がスタジオに集まりましてE一発でとかAだけで合わ せるですが、一応メジャーって事なんですけ どベースライン弾く時よく4thの音入れて弾いてしまうんですがやはり駄目なんでしょうか?


ご返事ありがとうございます。 投稿者:マリオ  投稿日: 8月23日(土)09時59分17秒

ご返事と楽譜ありがとうございます。ベムシャスウィングの楽譜、テーマの細かいコード進行がわかって便利で す。 実は僕“ベムシャスウィング について”で♭6はエオリアンだと書きましたが、同様に7についも悩むべきでした。とゆうのもあの投稿をしたと き7をブルーノートとしてまとめて書いてい ましたがブルーノートには7は含まれませんよね。 

 そしてこの7はメジャーの7で♭7はブルーノートから来るものではなくてこの♭7はミクソリディアンかエオ リアンが、どちらかの♭7という ことですよね。 そしてこの曲はトニック以外の進行は短調のコード進行とゆうことですが、実際に最後まで弾いて 見ました。 短調の雰囲気は十分に感じるの ですがどうもそれを曖昧にさせているのが、ソロでソニーロリンズやクラークテリーが吹いている♭7と7のごっ ちゃまぜプレイのせいで(一瞬のうちに♭7と 7の二つの音が揺れ動きモーダルインターチェンジしている?)どうしてもストレートに短調と感じることができま せんでした。

 僕が感じたのは全体的に短調の雰囲気を持ちつつ一瞬メジャーの7が混じったりする不思議な、そしてゴージャ スな曲だとゆうことです。 こん な解釈であっていますか?何度もお手数かけてしまって悪いのですが、間違っているところが少しでもあったら是非 ご指摘お願いします。 


RE: ベムシャスウィングについて 投稿者:管理人  投稿日: 8月23日(土)03時56分24秒

四度上がるのがブルースのイメージと一致することは同感ですが この曲のメロディーはブルースではないと思い ます この場合のb7はブルーノートではありません。

b6, b7 はその通りで Cメイジャー叉はCミクソリディアンが基になっていると仮定すれば エオリアンへのモーダルインターチェンジとみるのが妥当です 同主短調 へのモーダルインターチェンジは最もよく使われるものです 10曲中8曲に使われているといっていいでしょう  いろんな曲で同主短調へのモーダルインター チェンジを探してみて下さい。

ただこの曲では トニック以外は短調のコード進行であり 長調らしさと短調らしさの比率をみると短調の割合が 圧倒的に大きいのです 試して欲 しいのですが トニックをトニックマイナーに変えてこの曲を演奏してみて下さい しっくりくるでしょ(この感じ の短調の曲は1960以前にたくさんあると 思います) 短調が基と考えるとトニックマイナーをメイジャーに変えてある曲という見方もできるわけです (短 調のなかで使うトニックメイジャーをピカル ディーの和音という モンクの名曲ラウンドミッドナイトのコード進行は典型的)

書き込みありがとうございました またきて下さい

http://www1.odn.ne.jp/morejam/adlib-lec/bemshaswing.htm


ベムシャスウィングについて 投稿者:マリオ  投稿日: 8月22日(金)17時04分12秒

 こんにちは、マリオです。早速ですが質問させてください。セロニアスモンクの曲でベムシャスウィングという 曲があるのですが、この曲のメロディーのことで質問です。

 この曲、全体のコード進行は簡単にT−W−Tというちょっとブルースっぽい進行なのですがメロディがブルー スのようで実はちょっと違うみたいなのです。 

 キーはcでテーマのメロディーがgーcーgーcーb♭ーa♭ーgーfーeーbーc、それから4度上がって  cーf−c−f−e♭ーd♭ー cーb♭ーeーfになっています。このメロディーのa♭やd♭の♭6は何の音かわかりません。おそらく僕の思う にこの音はエオリアンの♭6が一瞬現れてい るものだと思うのですが、(イオニアンでもブルーノートでもないので考えられるのがエオリアンしかない)

 こんなことって結構普通にあることなのですか?管理人さんこれであっていますか?それにしてもこの曲かっこ いい曲だなー


お答えありがとうございます 投稿者:ルイージ  投稿日:8月12日(火)01時06分45秒

 管理人さんありがとうございます。お答え非常に納得いきました。c♯ではなくてcの場合はミクソリディアン モードですね。そういえばソロで ギターリストがブルーススケールを弾いていました。この知識を生かしてほかの曲や自分の作った曲に応用できれば いいと思っています。もしもまたいき詰まっ てしまったら、ここで相談させてください。これからもよろしくを願いします。ではまた、、


ルイージさんへ 投稿者:管理人  投稿日: 8月 8日(金)18時16分22秒

長調の中で bVII△ のコードが使われた場合は ミクソリディアンモードからの借用和音と分析できますが g→cadd9→d→dsus4→g→cadd9→d→dsus4  のコード進行でd音に終止感があるなら Dメイジャーのキーというより Dミクソリディアンモードだと思います (メロディーや他の場所のコード進行を見な ければ確実には言えませんが ポップス ハードロックでは素直な長調を使う事はほとんどありません)そう考える と bVII のコードは借用和音でなくてもともとこのモードの和音です

曲全体をみてメロディーかコードに C# 音は使われているか調べて下さい 純粋にDメイジャーと言えるのは音階音が全部使われている場合です、 もし C# 音が使われてなくてもメイジャーキーを仮定してコード進行を分析する事はできますが 上のようにDミクソリディアンモードと見るのがいいでしょう

借用和音という考え方は正しい考え方ですが 他のキーだけでなく 他のモードからの借用和音もあります(同じ 中心音の他のモード)下のページを参考にして下さい。

http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/3-1.htm


はじめまして! 投稿者:ルイージ  投稿日: 8月 5日(火)15時11分54秒

 はじめまして!こんなリンクがあったなんて今まで知りませんでした!いままでちょっとわからなかったことも 過去のbbsにのってあったのでとてもためになりました。感激ー!

 さっそくですが私はポップロックが好きでよく聴いているのですが、mr,bigとゆうバンドの superfantasticという曲(キー はdメジャー)のなかでcadd9コードがでてきます。普通dメジャーのキーでcはシャープついてc♯になるは ずなのにここではcになっています。基本進 行は(g→cadd9→d→dsus4→g→cadd9→d→dsus4)で、前後のコードを見てみてもd以外 のキーに転調しているとも思えません。

 よくポップやハードロックなどを聴くとこのようなキーの一音下コードを見るようなきがするのですが、私が思 うにこのcは他のキーからの借用和音に思うのですがどうでしょうか?是非知っていたら教えてください、お願いし ます。


♭5について にお答え 投稿者:管理人  投稿日: 7月23日(水)17時02分26秒

マリオさんへ 実際に音を弾いてみての疑問をいつも有難うございます、ブルースはよく使われる音階なのに理論 的な整理が完成していない興味深いテーマだと思います 

<この♭5はどこから(どこのスケール?)> 私はマイナーペンタトニックの5が下がった音b5だけがブルー ノートだと考えます ドをセン タートーンとして ラソbミレドラ、ドbシbソファbミド がよく使われます、私はラのピュアブルーズモードと ドのピュアブルーズモードと呼んで整理して います。

ブルース(とペンタトニック)は 7音モードや機能和声とは別物です この2つを組み合わせたのが(和音は長 調短調 メロディーは5音音階) ブルースを代表とするブラックミュージックです(カントリーミュージックとその母体と思われるケルト、アイリッ シュミュージックにも五音音階が使われてる ようです というより世界のどの民族にも五音音階があるのです)ここ2〜30年のポピュラーミュージックの多く はこの形を使ってます。

御質問のどこからというのはなんの和音からという意味でおたずねのようですが 実際は和音にほとんど関係なく  トニックから数えてb5の音は使われます、どの和音によく合うのかという御質問でしたら bVIx だと思います(C 叉は Cm のキーで使う Ab7 )

b3 が現れる和音は他にもたくさんあるのに F7 の Eb 音がとくにブルースっぽいのはラソbミレドラを感じるからです、b7 が現れる和音は他にもたくさんあるのに C7 の Bb 音がブルースっぽいのはミレbシラソミを感じるからです、b5 が現れる和音のいくつかのうちAb7 はドbシbソファbミドを感じさせるのでブルースっぽいのです、ただ和音を聞いただけでそのイメージをもてるのは ブルースをどのくらい聞いた事があるか によります。

詳しくは 理論講座テキスト13章 とくに

http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/13-6.htm

あたりを御覧下さい。


♭5について 投稿者:マリオ  投稿日: 7月22日(火)12時03分46秒

久しぶりです、マリオです。今回は、ブルーノートのことで質問です。よくブルースやジャズに出てくる♭5の 音、この音はどこから来るのでしょ うか?♭3の場合は(key c)でいくと、f7の第7音がトニックの♭3、♭7はトニックコードの第7音がそのまま♭7になるのはわかるのですが、それともこの♭5は黒人が最初に 持っていたもので、別に特別な根拠はないけどただ♭5の音として定義づけて、この曖昧な感じがいいとゆうことな のでしょうか?実際いつもこの音を弾くと き、出所のわからない曖昧な音とゆうよりもむしろしっかりとした音に感じます。いったいこの♭5はどこから(ど このスケール?)発生したのでしょうか?も し知っていたら教えてください。お願いします。


シオリさんへ 投稿者:管理人  投稿日: 7月16日(水)05時52分48秒

面白い問題ですね 答えがわかったらぜひ書き込んで下さいね、私の感じでは 低音の5度レラと3度音#ファ  を強く鳴らせる限度ギリギリのキーのような気がします、(Db や C では低すぎ Eb や E では軽くなるという意味です Dm: もやや重いが同じ事が言えます) この事から 大きい音でやる曲 男だけのコーラス に適すると言えるかな?

弦楽器の解放弦が多く使えるキーっていう特徴もあるかな 解放弦がいい音とも限らないけど ソロにはいろいろ できて適するといえそう


炎の貴公子さんへ 投稿者:管理人  投稿日: 7月16日(水)05時36分53秒

<KeyCでC>Dm>Em>Cというコード進行ならCアイオニアン>Dドリアン>Eフリジアン>Cアイオニ アンと行くのかと思ったんですけ どなんか全然違う気がします> あってますよ 音を出して自分で確かめて下さい いろいろな曲で調べるのも方法 ですし 自分で実験するには  http://www1.odn.ne.jp/morejam/playtostudy-site /pts1-1.htm のやりかたを参考にコードと右 手フレーズを弾いてみるといいでしょう、

ハ長調の和音にはハ長調の音階音を使えばいい が原則です ハ長調の中にハ長調以外の和音が出て来たら その 部分(叉は周辺)はハ長調ではな くなっているわけですから何調になってるかを判断し その調の音階音を使うと考えて下さい、常にその部分が何調 かを考えるといいと思います。


何がなんだかわかりません 投稿者:炎の貴公子  投稿日: 7月15日(火)23時47分59秒

お久しぶりです。このサイトの理論講座も見ましたが、モードスケールの使い方がわかりません。

ダイアトニックコ−ドが7つあることにより、ル−トが違う7つのスケールがあるというのはわかるんですけど  実際にコード進行が与えられたときにどのスケールを使えばよいのかがわかりません。

KeyCでC>Dm>Em>Cというコード進行ならCアイオニアン>Dドリアン>Eフリジアン>Cアイオニア ンと行くのかと思ったんですけどなんか全然違う気がします。

7thとか♭5がついていなかったら、マイナーのコードではドリアンかエオリアン使ってメジャーコードではイ オリアンかリディアンで7thならミクソリディアン、♭5ならロクリアン使っておけばいいのかと思ったのですけ どそれもなんか違う気がします。


皆さんの意見を聞かせてください 投稿者:シオリ  投稿日: 7月15日(火)21時04分48秒

学校の演奏法の授業で「ニ長調(D-dur)は他の調に比べてどのような特徴があるか」と言う課題が出たので すが、どうしてもわかりません・…。皆さんはどう思いますか???


何度も返答ありがとうございました。 投稿者:KENKEN  投稿日: 7月15日(火)02時43分16秒

何度も返答ありがとうございます。パソコンがそんなに詳しくないせいか結局探せませんでした。DTMをやって いるのでMIDIデータなら聞くことできるんですが、今度パソコンの詳しい友人に聞いてみます。

<固定ドの場合は中心音からの位置を意識したほうがいい>

そう言うことだったんですね、わかりました。 

<移動ドで感じてらっしゃる方は調性を〜>

人によって聞こえ方の感じ方は様々だから、わかりようがないですもんね。これから何調の何番目かというように 意識できるようにあせらず練習してみます。

何度も丁寧に返答ありがとうございました。疑問があったらまた来ますので、その時はお願いします。


続KENKENさんへ 投稿者:管理人  投稿日: 7月14日(月)20時02分22秒

下のページが目次です 見たい項目をクリックして下さい、

http://www1.odn.ne.jp/morejam/theory.htm


KENKENさんへ 投稿者:管理人  投稿日: 7月14日(月)20時01分09秒

ミディを聞けるパソコンなら7つのスイッチが画面に出ると思うのですが、下のページでうまくいかない時はパソ コンに詳しい方に聞いていただけますか。

http://www1.odn.ne.jp/morejam/extra/extra.htm

<固定ドの場合は中心音からの位置を意識したほうがいい> そのキーの何番目の音かを意識するとおなじ事で す、

<移動ドで感じてらっしゃる方は調性を感じる力が強いように思うんですけどどうですか?> 私は絶対音感ない ので固定で聞こえる方の感じ方はわかりません あるいはそうかもしれません 相対的にしか聞き取れないのでそれ に頼るしかないからです。


ちょっとわからないんですが。 投稿者:KENKEN  投稿日: 7月14日(月)02時19分34秒

「このページの例が移動ドで聞こえる」って言うのは音の出るページがあるんですよね。下のをクリックしたんで すが、それ以上先に進まないんで すが。一応探してみたんですけど「I Got Rythm」は音聴けましたが、他にもあるんですよね?ソルミゼ イション課題集にも音ありとありますが、ど こで聴けるんですか?

あと「固定ドの場合は中心音からの位置を意識したほうがいい」とはどう言うことですか?

〈各音階音の精神的効果〉

トニックを鳴らし続けて、メロディーを歌うと確かに各音階音の精神的効果は感じますね。これは2音間の精神的 効果とは違うんですよね?トニッ クがあることでその調に対する各音階音の精神的効果なんですよね?移動ドの人は調が変ってもすぐトニックの位置 を感じるんですよね、僕の場合曲を聴きなが らだったらそれはあまり感じなくて。過去の掲示板読んだんですが、管理人さんはGiant Stepsはシソミ ドbミミレ シソミドbミミレ〜と聞こえる とあるんですが、と言うことはその都度移動ドで感じてるから各音階音の精神的効果を感じてるんですよね?僕の場 合はファレシソシシラ レシソミファソ ファ〜と聞こえて調が変っていると言うようには感じなくて最初から最後までが風変わりなメロディ一本のように感 じてしまいます。と言うことは移動ドで感じ てらっしゃる方は調性を感じる力が強いように思うんですけどどうですか?


KENKEN さんへ 投稿者:管理人  投稿日: 7月13日(日)02時25分22秒

<僕の場合、固定ドのほうがいいですか>

責任重大なので きめつけたくありませんが そのように思います、下のページは 御覧になりましたか この ページの例が移動ドで聞こえる方には 移動ド唱法を薦めます、(固定で聞こえる方は固定ド唱法)

http://www1.odn.ne.jp/morejam/extra/extra.htm

<何音目かと言うのを意識しながらやれば>

固定ドの場合は中心音からの位置を意識したほうがいいと思います

<各音階音の精神的効果>

は随分かたい言い方ですが 各音の色合いとか雰囲気の事ですよね、同じメロディーの断片を違うキーでやっても  みんな同じメロディーとわかり ますのでみんなが感じている事だとは思います ただ聞き取ったり覚えたりするのは訓練が必要ということでしょ う、低音の保続音としてトニックを鳴らし続け  メロディーを歌ってみて各音階音の精神的効果を感じてみるのもいいでしょう、移動固定に関係ない ハ長調(イ 短調)で各音階音の精神的効果を感じながら 練習するのもいいと思います(ソルミゼイションのページを参考にどうぞ)

ゆっくり確実に練習されることを願っています。


ありがとうございます! 投稿者:KENKEN  投稿日: 7月11日(金)22時50分22秒

返答ありがとうございます!僕の場合、固定ドのほうがいいですか。

僕が移動ドを練習したきっかけは、あるピアノ教育者の本に中途半端な固定ドがついている場合、移動ドに直した ほうがよいと書かれているのを読 んだことがあったのと、「移動ドのすすめ 東川清一著」を読んだことがきっかけでした。「移動ドのすすめ」の中 に「移動ドだったら、もっとすばらしい視唱 力が、もっとたやすく身についたのではないか」とあって、そう言われると僕はシャープやフラットが多い場合、視 唱が得意でないし新曲視唱をする場合、移動 ドで考えたほうが読みやすいと思ったのと視唱力があれば自分の浮ぶフレーズも表現しやすくなれると思ったんで す。その本を読むうちにますます移動ドのほう がよいと思えてきたんです。それで移動ドの練習を始めてある程度、視唱はできるようになったんです(転調する場 合×)。今度は自分の浮ぶ簡単な歌を移動ド でピアノを弾きながらとなると変についている固定ドが邪魔をして聴こえてくるのは固定ドよりで頭の中は移動ドで 歌おうとしている違和感でうまくいきません でした。まだそんなに期間を重ねてないせいなのかとも思っていたんですが。

最初の頃は練習を重ねていくうちにCDやCMの曲がいつか移動ドで聴こえるようになって曲の理解も早くなれる と希望をもっていたんですが、い つまでたっても固定ドよりに聴こえるし、管理人さんがおっしゃるように幼少期にすりこまれていることは変えられ ないのかもしれません。完全な固定ドならい いんですが、僕の場合固定ドと言うのか疑問ですがシャープやフラットの多いキーになるとシャープやフラットの区 別がつかなくなるんです。管理人さんがおっ しゃるように何音目かと言うのを意識しながらやればそれを利用することで克服できそうな気がしますがどうです か?

僕が言う調性感は「移動ドのすすめ」の中に「各音階音が音階のなかで占める位置によって生ずる各音階音の精神 的効果をすぐききとる」とあるん ですが、たとえばミの音の性格は穏健、あるいは平穏とかソは堂々、あるいは輝かしいとか階名によって精神的効果 があると書いてあるんですが、僕の場合まっ たくそのような精神的効果が感じられないんですが。管理人さんがおっしゃるように何音目かというのを意識してや ればそのような感覚もついてくるのかなとも 思うんですが、どうですか?


KENKEN さんへ 投稿者:管理人  投稿日: 7月11日(金)00時11分18秒

書き込み有り難うございます またおほめ頂き恐縮です 御意見御批判をお願い致します さて 移動ド唱法 に ついてですが 結論からいうと絶対音感があるかたは 完璧な絶対音感でなくても固定ドがいいと思います、

幼少期にすりこまれていることは変えられないからです では調性感を確認するにはどうするかといえば 固定ド で聞きながら(歌いながら)今何 調なのかを意識する以外にありません 例えば シラシ↓レ↑ソと聞こえる(叉は歌う)メロディーに D7ーG  と和音がついていれば シと歌いながらト長 調の第3音だと意識する事です、

移動ドでも 似たようなアプローチと訓練が必要です ハ長調の中で上のメロディーとコードが現れたら ト長調 のドレミに変えて歌うのは煩雑に なりすぎるので ハ長調のままの階名で歌う方が実用的です その時 シを一時的なト長調の第3音と意識しながら  移動ドのシなんだから当然もとのハ長調の 第7音でもある と感じるわけです、

調性感がない人はめったにいません 例えばテレビでもラジオでも鳴っている音楽を数秒聞き ヴォリュームを0 にします そして今聞いた音楽の 終わって安定する音(トニック)はどの音だろうかと考えると ほとんどの人はトニック音を歌うことができます  この感覚によって音楽は成り立っているので すからない人はほとんどいません KENKENさんのおっしゃる調性感の欠落はまずないでしょう たぶん和音の 聞き取りが弱いという意味ではないかなとお もいます これをこえるには訓練しかありません 和音進行(分散和音も)を鳴らして 歌って この音がトニック と自分に言い聞かせる という練習 例えば  ソシレファ|ミド これは ハ長調(key of C) ファラドbミ|レbシ これは 変ロ長調(key of Bb) などを楽しみながらやるといいと思います かなり聞き取りはできる方のようなので テレビのCM でも今のは何調とかあてて歌って遊びながら訓練できると 思います また寄って下さい。

参考ページ

http://www1.odn.ne.jp/morejam/extra/extra.htm

http://www1.odn.ne.jp/morejam/bbs.htm の2002.2.25 2003.3.4  の書き込み


すばらしいサイトですね。 投稿者:KENKEN  投稿日: 7月10日(木)06時03分49秒

こんないいサイトに出会いました!勉強になります、管理人さんありがとう!

はじめまして、僕はジャズピアノが好きでいつの日かアドリブを自由自在に弾きこなしたいと思って日々練習して ましたが、なかなかアドリブが弾けなくて、アドリブが出来ない大きな理由は中途半端な音感にあると最近気が付い て、移動ドの練習を始めました。

しかし、小さい頃に中途半端に音感訓練させられたものだから、固定ドよりの音感になってます。ピアノを弾きな がら頭で移動ドで歌ってるといつのまにか固定ドで歌ってしまっていて、しまいに移動ドで歌うことに疲れてきま す。と言って完全な絶対音感はありません。

CDやCMで流れてくる音楽は音色によりますがだいたい固定ドよりに聴こえてしまいます。

問題なのは黒鍵と白鍵の区別がつかなくて一応ドレミで聴こえてるんですがレと聴こえてるのがDなのかDbなの か瞬時にわかりません。

それと調性感もたぶん欠落してると思います。

半年ほど移動ドの練習をしてるんですが、今のところまだ移動ドはついてないみたいなんですが、僕みたいな中途 半端な音感を持っているものでも移動ドはつくものなんでしょうか?

それとも固定ドで歌う方がいいんでしょうか?


田舎の笛吹きさんへ 投稿者:管理人  投稿日: 7月 1日(火)21時57分42秒

現在巷に氾濫してる音楽は 長調短調以外の音組織がたくさん使われてますので 分類したり説明したりする時  どうしても ドリアンとかミクソ リディアンなどの名前を使います、音の並び方の名前として昔からある 旋法の名前を使っているわけですが 難し いものではなく みんなが良く知ってる曲に 使われているのです 名前だけ覚えてもしょうがないのでこの曲のここの感じがミクソリディアンなのかというふう に覚えて欲しいです、具体的な疑問がでてき たら ぜひ書き込みして下さい。

これらはモードの名前ですが 興味のある方は 理論テキストの3章、7章を御覧下さい。

http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/0-0.htm

モードの聞き比べは

http://www1.odn.ne.jp/morejam/sound-site/sound-happyb/sound-happyb.htm


お恥ずかしい。 投稿者:田舎の笛吹き  投稿日: 7月 1日(火)17時33分59秒

皆さん、ずいぶん難しいことを理解なさってるんですね。

理論のページに出てくるイオニアとかミクソリディアンなどは、教会旋法として対位法の講義などで登場するもの だと思ってました。だからクラシックの世界だけのもの・・・という固定観念がありました。

なんか新鮮です。もう少し勉強を進めてみます。


ひよこさんへ 投稿者:管理人  投稿日: 7月 1日(火)01時23分13秒

覚えてますよ また来てくれてありがとう、、 コードクォリティー別に使い方を説明してる本は 思い当たらな いのですが わたしなりに少し説 明させて下さい いつでも調性(叉は旋法)がありそのなかでの和音の機能を考えるべきだと思います ややこしい ように見えますが人間は中心音から音をとら えようとしているので 結局は一番早道です。

<テンション9th> スケールトーンは 9th としていつでも付加できる 長調では IM9,IIm9, IVM9, V9, VIm9

ドミナント(V)とセカンダリードミナント(Sec.V) では スケールトーンが本来ナチュラル9thの場合も b9th,#9th を使える、 長調では  V9, V7(b9), V7(#9) その部分が何調なのか または何調にしたいのかが問題になります、

http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/5-2.htm

http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/10-2.htm

<ディミニッシュ> ディミニッシュコードはドミナントセブンスコードb9th の根音省略形です ただ省略 された根音がどれなのかを見極めなくてはいけません

長調の場合 Idim = bIIIdim = #IVdimi = VIdimi は VII7(b9) の根音省略形、#Vdim = VIIdim = IIdimi = IVdimi は III7(b9) の根音省略形、#Idim = IIIdim = Vdimi = bVIIdimi は VI7(b9) の根音省略形

短調の場合 Idim = bIIIdim = #IVdimi = VIdimi は II7(b9) の根音省略形、#Vdim = VIIdim = IIdimi = IVdimi は V7(b9) の根音省略形、#Idim = IIIdim = Vdimi = bVIIdimi は I7(b9) の根音省略形、と考えてよい。

http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/8-2.htm

<オーグメント> 臨時記号のつく音が3rdのドミナントコードの働きをします

長調では I+ = III+ = #V+ は E7(b13) と考えてよい  #I+ = IV+ = VI+ は A7(b13) と考えてよい  II+ = #IV+ = bVII+ は D7+ と考えてよい 

<6thコード> M6 は M7 と機能は同等 響きが M7 より穏やか、 m6 は短調の Im6, IVm6 として現れる  IVm6 は長調で良く借用される、m6 はドミナントセブンスコードナチュラル9th の根音省略形(ハーフディミニッシュと同じ構成音)として機能してる場合もあるので注意。


コードの使い方で いい書物紹介してくださーい( ^^) _旦~~ 投稿者:ひよこ  投稿日: 6月28日(土)08時00分20秒

 

お久しぶりー(>_<)♪〜  っていってもだれも覚えてないかw

対位法 かなり 勉強したーw

いまでは フフフっw フーガを何曲かかいたー ^^\\\\\\\\\ピース

禁則が多いから 音楽性を損なうってひとがいるけど 

実際 バッハの音楽などを聞いて 皆さんそう思うのでしょうかw 

管理人さん($・・)/~~~どうですかw 

ところで

最近自分の コードの使い方で ちょっと弱いところを 立て続けに 色んな人に

つかれて 答えられないことが 続き ショックで (;_;)・・・・・

っで そこでなのですが いまもっているシンコ〜ミュージックでかかれている すぐに役立つコー○理論ガイド ○○という本を もっているのですが うー つかえな・・・

あまり どういうときに このコードをつかうとか くわしくかいていません

それなりにしか

たとえば テンション9thの場合 使い方は7thのコードを使う場合と 基本は同じとか

ディミニッシュは ドミナントの前に つかえるとか

オーグメントは どんなときに つかうとか

 6thコードは どんなときに つかうとか ん〜 どんなときというか・・・・・

などなどそういったことが 丁寧に 詳しく 書かれている本とか ないでしょうか

だれか ご存知でしたら 是非 紹介してください

(>_<)/~~~ よろしくおねがいします

 

PS) よく 質問されることに 短調っていったいなに?長調っていったいなに?そういう質問がありますが  その辺を 一生懸命理解されようとしているのでしょうか?

森田さんっっ?

人が 寂しく感じる音の 配列を しているから 寂しく感じるんですよ^^

つまり それを俗にいう 短調の スケールと考えるのでしょうか?

 ちなみに 短調でも 明るい曲 長調でも 暗い曲はありますよ

あと 長調の曲を短調に 実際に してみましたか( ^^) _旦~~

旋律を 変えずに できましたか?


森田さんへ 投稿者:管理人  投稿日: 6月27日(金)05時28分54秒

書き込みありがとうございます いままでで一番難しい御質問で答えられない事をおわびします。

<何が短いと短調で、何が長いと長調なのですか?> 長いから長調、短いから短調 と言葉をきめたのではない ように思います、 陽調、陰調で もよかったけど 外国語を訳す時に 日本にはない音階のことなので いままでなかった言葉をきめたんじゃないか とおもいます 長三度などの音程は長い距離 を表していると思えます これとも連想としては矛盾しないのでいい訳だと思います ちなみに英語の major は常に長と訳しているようです、うまい説明になってませんが御勘弁を どなたか詳しい方助けて下さい。

<短調は、なぜさびしいの?> これも難しい御質問で答えられません 塩はなぜからいの と聞かれてるようで お手上げです ごめんなさい どなたか助けてくれれば有り難いです。


短調は、なぜさびしいの? 投稿者:森田義之  投稿日: 6月25日(水)20時10分44秒

もともと長調の曲を短調にすると、「寂しげ」に聞こえます。なぜですか?


短調と長調 投稿者:森田義之  投稿日: 6月25日(水)20時06分18秒

何が短いと短調で、何が長いと長調なのですか?

「何」とは何かを教えてください。


ア・デイ・イン・ザ・ライフに関して にお答え 投稿者:管理人  投稿日: 6月16日(月)08時11分56秒

めんどうな書き換え作業をお願いしてすみませんでした できるだけお答えします

この素敵なコード進行は ハッシュ(エアロスミス)でパロディーとして使われているし ヘイジョー(ジミヘ ン)で聞けます、そんなに難しく考えなくても素直にきけば次のように聞こえます (この部分の前から e の中心音は確定しているので)コードC の時 e エオリアン、 コードG Dの時 g イオニアン(ト長調)、コード A の時 e ドリアン、 コードE の時 e ミクソリディアン 叉は イオニアン、です 確かめるには 2小節づつ E C, をくり返し上に書いた音階を弾いてみるといいでしょう 同様に E G, E D, E A, もやってみて下さい (ついでに E7 でもやってみて下さい モードはミクソ) もう一つ 同じメロディーで C - G - D - A - Em - Em - Em - Em のくり返しも試して下さい

前提として ある長調に対して 近い調は平行短調と同主短調で中間的なモードはどれかが変型してるように聞こ えるという事実があります。

<根音進行としては4度下行(アーメン)の連続である> アーメンはちょっと不正確な表現 どれがサブドミで どれがトニックなの とくに最後の三つ

コードの機能が見やすい 和音記号で表すと

E: bVI△ - bIII△ - bVII△ - IV△ - I△ 叉は 

G: IV△ - I△ - V△ - IIM△ - VIM△ (△はトライアード)

<機能モードという視点からみると、エオリアンからイオニアンまで、段階的に変化しているというふうにとらえ ることができる>   本の著者もあとから書いているように この曲の場合段階的変化ではありません 上に書いたように聞こえるはずです、(機能モード ってなんなんでしょう  まあいいか)

<多分それは前の3つのコードがEエオリアンで残りの2つのコードもEエオリアンで考えることもできるけど>  上に書いたとおりだいたい正解です ただ コード A では メロディーが g なのでこの部分から Eメイジャーのキーとは聞こえません

<ラーソファミーソラシードシラー> 移動ド唱法の歌い方です 臨時記号なしです まさにこれが真実です こ の部分は#1つの2つのキー(key of Eminor or Key of Gmajor)に感じられるメロディーとコード進行なのです (最後は長調にもどるが)

ペンタトニックの書き方については わかりましたが 一般的な表現 メイジャーペンタトニック マイナーペンタトニック を使った方がみんなに話が通じるとおもいますよ、 それと本の著者も書いているとおり 中心音(ト ニック)を実際に低音で鳴らすのと記憶しているというのは別のことですから ルートを入れた普通の響き なによ りオリジナルをよく聞いてみるのが大切な気 がします。

すこし似たものには ホテルカリフォルニア(イーグルス) アンジー(ストーンズ)があります このような  II - V - I 以外のコード進行に興味がある方は ぜひ下のページも御覧下さい また御意見 御質問お待ちしてます。

 

BBS 過去の記録から 2002.8.28 http://www1.odn.ne.jp/morejam/bbs.htm

http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/3-4.htm


質問の訂正 投稿者:マリオ  投稿日: 6月15日(日)15時01分45秒

  毎回お世話になっています。今回もまた(チックコリアの音楽)からの質問で、非常に恐縮ですが、よろしく お願いします。

 本中『<サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド>のエンディング曲、「ア・デイ・イ ン・ザ・ライフ」のブリッチで、次のようなコードチェンジがあらわれる。

<c−gーdーaーe>

 これをコード機能に変換してみよう。

<e:cーgーdーaーe>

 根音進行としては4度下行(アーメン)の連続である。これを機能モードという視点からみると、エオリアンか らイオニアンまで、段階的に変化しているというふうにとらえることができる。

 そしてそこで歌われているメロディーは、♪ラーソファミーソラシードシラー、という「ラ」を中心音にもつ 「Eエオリアン」のメロディーである。しかし、最終的なトニック・コードはメイジャー、つまり長調のトニックナ なのである。』

 このコードチェンジのヴォイシングはそれぞれ、、、

c penta/e→g penta/e→d penta/e→a penta/e→e pentaになっていました。このコード進行のことですが、通常メロディーとしてのペンタトニックを12356の構造をそのまま垂直にコードとして響かせ さらにそに機能モードのeをベースにもってくるとゆうことです。

 ex)c penta/eとゆうのは、cdega/eのこと

   g penta/eとゆうのは、gabde/eのこと

   d penta/eとゆうのは、def♯a♯b/eのこと

   a penta/eとゆうのは、abc♯ef♯/eのこと

   e penta/eはそのまま、ef♯g♯bc♯/eのことです。

 尚、矢印記号の意味はそこで、コードチェンジしているとゆうことです。(d penta/e,

a penta/eなどは3度の音がない等、妥当なコード表記ができな為この様にわかりにくい書き方になってしまいました。)

 てっきり僕は、keyが<c:g:d:a:e>とコードチェンジごとに母体となっているモードがかわってい ると思っていました。しかし本中 の記述によると、keyの流れは<eエオリアン→eイオニアン>になっています。多分それは前の3つのコードが Eエオリアンで残りの2つのコードが am,emでは終わっていなく、a,eとゆうように長調のコードで終わっているので、Eイオニアンになっている のだと思うのですが、それぞれのコード進行 のたびにkeyがかわっているのか、それとも最初のコード3つ(e エオリアン、g イオニアン)、残りのコー ド2(e イオニアン)つとゆうふうに keyを2つに分けて考えたほうがいいのかどちらのとりかたのほうがよいのでしょうか?書いている僕自身なにを かいているかわからなくなってきました、、

 あと♪ラーソファミー、、、のメロディですがこれはソルミゼーション読み(音階唱法読みでの変化記号を読ま ない、keyをどのように変えてもあくまで階名唱法で読む)というやつなのでしょうか?

 訂正文を書いているうちに他の部分も間違えているところが所々にありましたので文章自体が変わってしまいま した。読みずらく質問も何を言っているのかわかりにくいと思いますが、よろしくお願いします。


倍音列について にお答え 投稿者:管理人  投稿日: 6月 6日(金)11時57分26秒

マリオさんいらっしゃいませ 勉強熱心で頭が下がります、、、”チックコリアの音楽”は読んだことあります  聞こえ方はもっと簡単な原理があるような気がして批判したいんですけどが難しくてわかりません 書いた方がチッ クコリアの音楽が好きなことは伝わってきます。

<音楽理論のベースのひとつになっているのが、倍音列>

倍音列は縦の響きを説明するもので重要だと思います ただ基音が主音とは言ってないですから 重ねて考えなく ていいのでは、、どんなモード(旋法=中心音のある音組織)も一つの倍音列では説明できません

<近代ヨーロッパの音楽理論とは、長音階、短音階(そして、II - V - I に見られる ,機能和声)と考えていたので>

それでいいんだと思います それにペンタトニックなど他の要素を混ぜたり Vm を使って旋法的な味わいを演出してるのが現代の音楽です

モード(音楽を統一できる音組織 必ず属音主音下属音がある 長調短調が代表)が基本にあって

http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/3-2.htm

転調(中心音が変わる)と旋法変換(中心音は同じでモードが変わる)で多彩に複雑になっていく

http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/3-5.htm

また複旋法(和音進行とメロディーが違うモードでできている 別に難しくない 演歌やブルーズがそれ)という 形態もよくある、

http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/13-1.htm

<平均律と長音階・短音階というのはどんな関係があるのですか?>

平均率は鍵盤楽器の調律法、長調短調は和音をよく使うようになった時代の音組織ですよね 全く別の種類の名称 ですが西洋音楽の歴史のなかで同じころ使われるようになったので 音楽の複雑化という意味では両方とも必然的な 流れと言えるかもしれません(答えになってないな)

14世紀くらいから長調短調はでき始め15世紀なかばには確立してたようです 16世紀ころ(バッハのころ) 平均率が使われ始めたようです  和声感覚が進歩して長調短調ができ 12のキーで演奏したいので平均率ができた という流れと理解してます こ のへん弱いのでどなたか助けて下さい。


倍音列について」 投稿者:マリオ  投稿日: 6月 5日(木)14時33分27秒

 こんにちは、マリオです。最近僕は、山下邦彦という人が書いた”チックコリアの音楽”(音楽之友社)の本中 で”近代ヨーロッパの音楽理論のベースのひとつになっているのが、倍音列(overtone series)といううものである。”と書かれていました。でも倍音列を見てみると、第7倍音のB♭や第11倍音のF♯など長音階から外れている音が入っ てい

て、僕は今まで、近代ヨーロッパの音楽理論とは、長音階、短音階(そして、UーXーTに見られる ,機能和 声)と考えていたので、混乱してし まいいました。長音階は、第7倍音のB♭は半音あげてBに、第11倍音のF♯は、半音下げてFにした音と考えて よいのでしょうか?そもそも僕の考え方が間 違っているようにも感じるのですが、このように考えてよいのでしょうか?あと平均律と長音階・短音階というのは どんな関係があるのですか?

 漠然と長々書いてしまってすみません。ぜひ教えていただけますか?


市川のHira さんへ 投稿者:管理人  投稿日: 5月29日(木)21時51分14秒

書き込みありがとうございます 難しいテーマですができるだけお答えします。

<SWING感とは音を出すタイミングとアクセントかと思いますがどうなのでしょう>

それと切るタイミング

<タイミングの意味は8分音符2個は 3連符の前2個分と1個で演奏する>

それを基本として おもてとうらの比率を変えるとニュアンスが変わって来る(付点16分3:1からイーブン8 分の2:2まで) どの比率にし てもうらにアクセントをおくことが多い 特に8分の連続ではうらを長くアクセントをつけるのが普通、逆に8分音 符2つ(チャールストンフィギュアと呼ぶ) は3:1に近いほうがきびきびした感じがでる、きり方は千差万別だがアドリブやメロディーならレガート(なめら かに)が基本

<アクセントの意味は 2拍目4拍目を強く弾く>

アドリブやメロディーには普通いらないと思う 左手やリズム隊と一体になる場所ならありうる

<16分音符4個はどの様にすればよいのですか>

基本はそのまま正直な16分 次に4つを2つづつにわけて上の分の弾きかたをする(倍のり)片方をイーブン片 方を2:1と混ぜてもいい、

<アドリブなどで16分音符が数小節続く様な場合一般的にはどこにアクセントを置くのでしょうか>

無表情も一つのやり方です長くは不自然ですが あとはフレーズののりによるとしかいえないんですけど、、

<アドリブ時左手でコードを入れるところは 2.5拍目とか3.5拍目みたいな事が多いように感じるのです が>

1うらや4うらが少ないとは思えないんですけど このへん研究不足ですみません

打ち込みに詳しい方とかもしアドバイスあったら教えて下さい。


恐る恐るの質問 投稿者:市川のHira  投稿日: 5月28日(水)17時15分19秒

初めてここに書かさせてもらいます。皆さんみたいな難しい事は分からず、こんな事ここで聞いて良いかどうかー 恐る恐るの質問です。質問は SWING感についてです。

単純な理解では SWING感とは音を出すタイミングとアクセントかと思いますがどうなのでしょう。

タイミングの意味は8分音符2個は 3連符の前2個分と1個で演奏する。(バウンスというのですか)。その場 合16分音符4個はどの様にすればよいのですか。(16分3連符ですか)

アクセントの意味は 2拍目4拍目を強く弾く。でもアドリブなどで16分音符が数小節続く様な場合一般的には どこにアクセントを置くのでしょうか。聞く限りでは必ずしも2、4拍の最初の1個めの16分音符ではなさそうで す。

またシンコペーションがあるとそこは強く弾くでしょうが、そうすると次の小節の2拍目には強くは弾かないので すか。

またアドリブ時左手でコードを入れるところは 2.5拍目とか3.5拍目みたいな事が多いように感じるのです が 何か約束事みたいのはあるのでしょうか。

なにかとりとめもなく質問しましたが、実際は曲によって違い演奏者のフィーリングで決まるのでしょうが、初心 者に宜しくご教授下さい。

http://homepage2.nifty.com/Urban-MIDI/


マリオさんへ2 投稿者:管理人  投稿日: 5月27日(火)18時34分54秒

<モーダルインターチェンジにかんしてなのですが、key=cでいくとCm7や、Eb,Bdimなど、短調が らみのコードを一時的に長調にひっぱりだしてくる、ということなのでしょうか?>

そのとおりです 短調以外のモードからのコードも使いますが 長調で短調の和音を使うという例が最も多く使わ れるモーダルインターチェンジ(旋法変換)です。

<アヴォイドノートが本によって、若干違う場合があるのですが>

アヴォイドノートとはテンションとしてコードに組み入れられない音のことで その音とコードを同時に弾けば普 通はきたない響きになります  コードの構成音の一つをなくすときれいに響くものもありますこの時コードの性質(機能)が変わってしまうものを テンションにいれるかいれないかで若干意見 がわかれるのではないかと思います(具体例を示していただくとお答えしやすいのですが) いずれにしても本にあ るのは料理のレシピみたいなものですから  自分でおいしいかまずいかを感じることが大切だと思います 本にいいと書いてあっても自分が嫌いなら使わないこ とです、音域、音価、楽器によっても印象は ちがってくるでしょう。

参考ページ http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site /2-6.htm


なるほど!! 投稿者:マリオ  投稿日: 5月26日(月)14時21分38秒

管理人さんご返答ありがとうございます。何度も読み直してなんとなくわかってきたところです。例えば、モーダ ルインターチェンジにかんしてなのですが、key=cでいくとcm7

や、♭e,b dimなど、短調がらみのコードを一時的に長調にひっぱりだしてくる、ということなのでしょうか?

あともうひとつアヴォイドノートについて質問があるのですが、よく理論関係の本を読むと、アヴォイドノートが 本によって、若干違う場合がある のですが、これはどういうことなのでしょうか?(何か深い意味があるのか・・・?) もし知っていたら教授して いただけますか?お願いします。


マリオさんへ 投稿者:管理人  投稿日: 5月26日(月)06時18分09秒

書き込み有り難うございます さっそくお答えします

<ドッペルドミナントに関してで、これは単純に4度上のドミナントに進むドミナントと考えてよいのでしょう か?>

どこに進もうが IIx (II7) はドッペルドミナントです 素直に5度下行しない例も多くあります

<keyがcで、g7のセカンダリードミナントと同じことでしょうか?>

keyがcで、g7へ強く進む性質のコードという意味ではそのとおりです  Cのキーのセカンダリードミナン トのうちのひとつが D7 です GのキーなどCのキーのなかで良く使われるキーのドミナントコードをセカンダリードミナントと名前をつけてまとめています。

<モーダルインターバルについてです。これというのは例えばどのようなときに使われるのでしょうか。またこれ は、モーダルインターチェンジとどこが違うのですか?>

この用語は聞いた事がありません どういう本などにあるものか 前後の記述などよかったら教えて下さい おそ らくはコーダルに対する言葉で (同時でなく)継時的関係の2音の音程の事だと思います メロディーは2音の音程の連続とみてもいいわけです  4度上行を2回などの形は特徴があります

<モーダルインターチェンジとどこが違うのですか?>

比較できない関係ない言葉だと思います モーダルインターチェンジについては次ぎのページを御覧下さい  http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/3-5.htm

言葉の整理になりますが CのキーのプライマリードミナントはG7 Cのキーのセカンダリードミナントは B7, E7, A7, D7, C7です、このうち最もよく使われる D7 をドミナントのドミナントという意味でダブルドミナントと呼びます、(ドイツ語ではドッペルドミナント)

ドミナントは長調短調の音階の5番目の音の事で ドミナントコード(又はドミナントセブンスコード)で5番目 の音の上に作られる和音の意味に なります この場合機能を表しています ところが同じ構造の和音をドミナントセブンスコードと呼んで構造を表す 言葉にも使われるので すこし混乱していま す ドミナントセブンスコードでもドミナントとして働いているとは限らなないんです、(マリオさんはおそらく構 造の意味でドミナントという言葉を使ってい ると思いますが ドッペルドミナントの話しは機能についての話しになるので混乱しそうです)

説明不足だと思います また寄って下さい。


はじめまして 投稿者:マリオ  投稿日: 5月25日(日)11時04分05秒

はじめまして、僕は今20歳のギター男です。そこで1つ2つ教えていただきたいのですが、まずドッペルドミナ ントに関してで、これは単純に4 度上のドミナントに進むドミナントと考えてよいのでしょうか?(keyがcで、g7のセカンダリードミナントと 同じことでしょうか?)

もう一つは、モーダルインターバルについてです。これというのは例えばどのようなときに使われるのでしょう か。またこれは、モーダルインターチェンジとどこが違うのですか? いきなり来て質問攻めですみません。是非お ねがいします。 


(無題) 投稿者:管理人  投稿日: 5月17日(土)04時07分20秒

ふたたびいらっしゃいませ 下に書いたとおりなのですが 少し角度を変えてもう一度説明します

C のキーで Em7 A7 が出て来た場合 Em7 でフリジアンスケール(Cの音階音を e から並べたもの)を使えば そこはCのキーのままで処理したことになります(この場合 A7 ではDのハーモニックマイナーを使います) ドリアンスケール(Dのキーの音階音を e から並べたもの)を使えば Dのキーに解釈して処理した事になります( A7 では そのまま同じDのキーの音階でもいいし Dのハーモニックマイナーでもいい)どんな場合もそこの部分がなんのキーになってるかを考えて下さい もと のCのキーに近いほど自然(単純)です、参考に下のページを御覧下さい。

http://www1.odn.ne.jp/morejam/playtostudy-site/pts6-1.htm


f♯は使えるのですか! 投稿者:kou  投稿日: 5月17日(土)00時34分26秒

回答ありがとうございました。スケールとしてf♯が使える考え方は、どんな理由からなんでしょうか。お願いし ます。


kou さんへ 投稿者:管理人  投稿日: 5月16日(金)02時09分35秒

C のキーで出て来る Em7 についての御質問へお答え

スケールとして f 音は使える テンションとして f 音は使えない、スケールとしてもテンションとしても f #音は使える

普通理論書では あるコードに可能なテンションを全部あげて説明していて キーに基づいた説明がかけている場 合が多いので 自分でこの場合はなんのキーになっているかを確認しながら勉強する事を奨めます、

マイナーセブンスコードは どこかのキーの VI か II か III です そのキーの音階音を使えます  Em7 はGのキーの VI か D のキーの II か  C のキーの III です どれかのキーの音階音を使えます もとのキーがCなら Cの音階音をつかうのが一番素朴な(自然な)方法です 次にGのキー 次にDのキーとだんだ んCから離れて行きます どれでもつかえるので結局判断しなければいけないのは どのキーとして扱うといい感じ になるかです  前後のコードによって事情は変わって来ます 簡単にいうと Dm7 Em7 FM7 とならんでるコード進行なら f# 音は持ち込まずCのキーの音階音を使うべきでしょう、Em7 A7 と続いているなら2つのコードは Dのキーとして処理してもいいでしょう

書き込み有り難うございました またお願いします。


理論の事です。 投稿者:kou  投稿日: 5月15日(木)23時56分01秒

今、理論を勉強していますが、わからなくなってしまったので教えてください。CコードでソロをEmやAmを弾 く時は、テンションを使えるのでしょうか?Amの時は、わかるのですが、Emは、やはり、Fになるのでしょう か?それとも、F♯は使えないのでしょうか?


ありがとうございます 投稿者:炎の貴公子  投稿日: 5月11日(日)11時47分38秒

全然的外れではないです、というより自分の状況の説明不足でした。バンドで曲を作る時ギタ−で軽く作り、その コ−ド譜をベ−スに渡すということをしたいのですが単音フレ−ズにコ−ドをつけれないため質問させていただきま した。

それと逆にベ−スの方からコ−ドだけ書かれたものが渡されることもあるのですがKeyが書かれてないので、コ −ドしか書いていない譜面からどうやってKeyがわかるのかと思いまして・・・・

実際に音を出していなかったのでちょっとやってみようと思います。どうしてもわからないコ−ド進行のKeyが あればまた質問しに来ようと思います。 


炎の貴公子様へ 投稿者:管理人  投稿日: 5月10日(土)04時39分34秒

炎の貴公子様 しばらくでした 早速お答えします

<単音によるフレ−ズにコ−ドをつける方法がわかりません>

メロディーにコードをつけるのはとても難しい事です 普通の曲なら終止感のある音をトニックとする長調か短調 の和音をいろいろためして仮の コード進行を作りメロディーとコードを何度も演奏しながら修正していくと言う方法しかないと思います どの音に 終止感があるかさがす(キーを探す)ことが まず必要です。

<コ−ドしかついてない曲からどうするとKeyがわかるんですか>

音を出してみましたか 譜面上で考えず音で感じて下さい そうすればキー(終止音)を感じると思います 理屈 や言葉だけでは意味ないので理論 的に納得したい場合もまずメロディーやコード進行をたくさん覚えてパターンとして共通点が見えてくるようにする といいでしょう。(コードしかない曲ってあ るんですか?)

的外れの答えかもしれません 文章で表しにくいとは思いますが具体例で質問していただけるとありがたいです。


またも初歩的ですが・・・・ 投稿者:炎の貴公子  投稿日: 5月 9日(金)23時50分54秒

一応ル−トからどういう度数関係のものがCとかAm7とかコ−ドの名前は覚えたのですがコ−ドのついていない 曲にコ−ドをつけるのはどうやるのですか?

普通に和音が出てきた場合はル−トから何度かでわかるんですが 短音によるフレ−ズにコ−ドをつける方法がわ かりません。

それとコ−ドしかついてない曲からどうするとKeyがわかるんですか?曲の終わりに使われるコ−ドがKeyに なることが多いとなにかで読んだんですがよくわかりません。

独学ですが少しずつ理論を学んでいるんですが この二つの点で壁にぶつかってしまったのでよろしくお願いしま す。


田村様へ 投稿者:管理人  投稿日: 5月 9日(金)03時52分10秒

<プロのミュージシャンの中には音楽理論をあまり知らない人もいると聞いたのですが>

人にもよりますが 仲間と話すにも音の記憶を整理するにも理論(言葉や分類)を使うので ある程度以上はみん な知ってると思います、

<理論から外れたことをやると違和感がでてくるものなのでしょうか?>

普通音楽理論といわれてるものは ある特定の音楽の作法なので それにはずれるとその種類の音楽でなくなると いうことは当然あります 特定の ムードが確立していれば違和感といえるでしょう、 勘違いしないでほしいのは 理論といわれてるものは法律では なく 音楽を調べて探り出した多数例(法 則)です 守らないといけないものではなく 音を整理するのに利用できる先人たちの知恵です。

<プロの人は全部耳を頼りにやっているのだとは思いますが>

耳がいい悪いは別にして 自分で判断(感じる)しなければなんの意味もありません

まー 勝手にいろいろ書いてしまいましたが 田村さんの思いもわからなくはありません 料理とか小説の理論は あんまり認められていないのに 音楽理論は偉そうに一人歩きしすぎてるようにみえます、

雑な文になってしまいごめんなさい また書き込みして下さい 有難うございました。


理論 投稿者:田村  投稿日: 5月 8日(木)14時47分02秒

プロのミュージシャンの中には音楽理論をあまり知らない人もいると聞いたのですが、実際理論から外れたことを やると違和感がでてくるものなのでしょうか?(もちろんプロの人は全部耳を頼りにやっているのだとは思います が)


炎の貴公子様へ2 投稿者:管理人  投稿日: 4月12日(土)02時18分50秒

再びこんばんは

<例えばEmペンタが使える場合は Key がEm、G、E、Dbm、C、Aということでいいんですか?>

ちょっとちがいます  Em: Am: G: C: E: A: です

乱暴な説明だったので お尋ねの点にそってもう少し詳しく説明します

E のマイナーペンタトニックスケール (ミソラシレ)が使えるのは まずミソラシレを含んでいる調 すなわち Em: G: Am: C:です これはそのキーのコードほとんどに乗せることが できます(コードと不協和な音を強調しない事)

E:でも E7, A7, B7, 等のコードを使っている場合(ブルースっぽい場合)またはEm:G:のコード ( C, Am7, Bm7, D, D7, ) を使っている場合に使えます (Bm7, D, D7,の場合ソの音はコードと不協和なので強調しないで使う)

A:でも A7, G, C, 等のコードなかで使えます(コードと不協和な音を強調しない事) ミレシラだけなら D7 ソミレシなら E7 でも使えます。


ありがとうございました 投稿者:炎の貴公子  投稿日: 4月11日(金)23時43分08秒

かなり詳しい説明ありがとうございます。ただまだ理論に関しては少しかじった程度で理解も浅いためすべての内 容が理解できないのが申し訳ないです。もちろん今は少しずつですが理論を学んでいるので完全に理解できる時まで 保存しておこうと思います。

AmペンタがそんなにたくさんのKeyで使えるとは知りませんでした。ペンタが使える場合のKeyというとこ ろがいまいちわからないので再度質問なんですけど 例えばEmペンタが使える場合はKeyがEm、G、E、 Dbm、C、Aということでいいんですか?


炎の貴公子様へ 投稿者:管理人  投稿日: 4月11日(金)05時18分55秒

書き込みありがとうございます Keyとペンタトニックスケ−ルの関係はレベルの高い質問です ペンタトニッ クは現代の世界中の音楽を支配しているのに 整理された理論をみたことがありません

民族音楽や伝統音楽のはなしではないと思うので メロディーはペンタトニック コード進行は長調か短調(叉は それに近いもの)を前提としてお話いたします。

ペンタトニックはキーセンターに対してどの位置で使っても聞き手を納得させてしまう力があります 3〜4音を 使うペンタトニックユニットの移 動はアウト(わざとはずれた音を出してびっくりさせるやり方)の基本です、、、、どれでも使えるでは説明になり ませんから センタートーンに対してどの位 置にあるか(横の聞こえ方)でよく使われるものを説明しましょう 次に和音とどのくらいあっているか(縦の聞こ え方)も配慮しなければいけません

前置きがながくなりましたが 御質問にお答えします

<KeyAm=Cでいいんですか?>

key of C major と key of A minor は同じ音階音と考えていいので 一番近いキーです ペンタトニックを使うときは イコールと考えていいです ただAmペンタを使っていてもトニックが C なのか A なのかでコード進行もちがうしだいぶ趣きは違います

<それとAmペンタトニックが使えるときってどんな場合なんですか?>

キーで答えると Am Dm C F A D です

コードで答えると(すべて4音和音で書きましたが3音でも同じです)

ラソミレドラ D7, A7, E7, BbM7, Em7b5, Am7, Dm7, C7, FM7

ミレドラ   F#m7b5

ラソミレ   GM7, Em7, Bm7b5, G7 

レドラソ   Gm7, EbM7, Am7b5, F7

ソミレド   Dm7b5, Bb7

<KeyAでAmペンタが使われていたのでなにがなんだかわかりません。>

Aメジャーのキーで一番スケールトーンにあっているのは F#:M.P.T. C#:M.P.T.

Aマイナーのキーで一番スケールトーンにあっているのは A:M.P.T. E:M.P.T.

までは 使ってる音をひとつずつ考えれば納得していただけると思います (もちろんその時のコードとあまりぶ つかってはよくありません) 炎 の貴公子様のおっしゃる Am のキーには A:M.P.T. は 音階音を使っているペンタトニックですから 当然違和感なく使えます、しかしここで面白いのはAマイナーのキーで使える A:M.P.T.  E:M.P.T. をAメジャーのキーでも使えることです かってにメロディーが短調みたいになったとも聞こえますし 逆に本来短調の雰囲気なのに コードが勝手に明るく なっちゃったとも聞こえます(ブルーズの秘密!) コードもあまりぶつからないように考慮されるのが普通です  すなわち AM7, C#m7, C#7, などを使わず A, A7, D7, (なんと E7 はOK ) の他 Aマイナーのキーに属する和音 F, F7, G, G7, Bb, C, 等を使ってると思います、パワーコードというのも粗野な響きであいますね。

 

下のページを参考にどうぞ また来て下さい

http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/0-0.htm# アンカー十三章

http://www1.odn.ne.jp/morejam/forbeginner-site/step9/9-1.htm

http://www1.odn.ne.jp/morejam/newtext-site/p-11.htm


レベルの低い質問ですが・・・ 投稿者:炎の貴公子  投稿日: 4月10日(木)23時26分38秒

はじめまして、一応ギタリストです。レベルの高い会話が飛び交ってる中 レベルの低い質問で水をさすようで申 し訳ないんですが Keyとペンタトニックスケ−ルの関係がよくわかりません。

KeyAm=Cでいいんですか? それとAmペンタトニックが使えるときってどんな場合なんですか? てっき り今までKeyがAmのときのみ使えると思っていたんですが ある教本にはKeyAでAmペンタが使われていた のでなにがなんだかわかりません。


Re トライトーンについて 投稿者:管理人  投稿日: 3月13日(木)13時01分02秒

おっしゃるとおり構造が違うので当然響きは違います

響きでなく調性内での機能に重きをおいた説明だと思います 例えば Bm7b5 Dm6 は C に進む傾向があるので G7 と同じドミナント機能と分類される場合もあります、コードネームでなくシレファ とか レファシと考えた方がいいかもしれません

トライトーンは長調に一ケ所 短調に三ケ所ありますので 例えばファシは C: Cm: Am: Dm: のどれかのキーに現れ 和音がどんなものでもミド ミシ bミド ミ#ドに進んで落ち着こうとします ドミナントセブンスの構造でなくても三全音は不安定 な響きであり弱い解決の要求があります

ついでにいいますとハ長調に現れるファシが含まれている和音 Bdim Bm7b5 B7b5 ( Fm7b5 Fdim F7b5) G7(Db7) Dm6(Abm6) はCに対するドミナントとして機能します 言い換えると G7 と同じに働きます、 (E7b9 Bb7b9 は転調になります)


トライトーンについて 投稿者:黒猫ビル  投稿日: 3月12日(水)14時16分31秒

以前からの疑問を質問させて下さい。

セブンスコードの特徴はトライトーンで説明されるのですが、m6コードやm7b5コードにも、トライトーンと 同じ音程が含まれているのに、実際には(私には?)セブンスコードのような緊張感はないように聞こえます。

これはどうしてなんでしょうか?

トライトーンの効果は、ベース音によって異なるということなのでしょうか?


サックス吹きさんへ3 投稿者:管理人  投稿日: 3月 6日(木)19時19分53秒

へたな説明を真剣に読んで頂いて有り難うございます ソルミゼイション課題集 は去年急いで作ったままで 説 明も足りず未完成なものです これから直していく予定ですのでお気付きの点がありましたらぜひ教えて下さい、

<フレーズを練習してそれを色んな曲に当てはめて使ってみる> の練習はそれはそれで大切な練習だと思います

<例えばブルースの4小節目のI7ではフレーズによってI=ドに聞こえたり、IV=ドに聞こえたりします>  ブルースは普通の長調ではなくて ミクソリディア風であったり ペンタトニックをのせたりなので調性感とは違う 感覚が必要になると思います、

ブルースでなくても例えばミスティーでも I7-IV は iv 度調の V-I でもあるわけでそう聞こえて間違いではありません ただ近親調くらいは もとのドを意識できる読み方がいいだろうということです

ミクソリディアに慣れるには I7 一発みたいなコード(エイトビートかラテン)でアドリブしてみるといいと思います(30年くらい前 はやりました ハービーマンやナベサダがよくやってた  そうそうテキーラも)

また来て下さい。


ありがとうございました 投稿者:サックス吹き  投稿日: 3月 6日(木)17時24分27秒

お答えありがとうございました。

> 真意はちがいますよね

はい。ド=Iといいたかったのですが、私の質問例ではI=Cだったのでド=Cと書きました。例が悪かったです ね。

管理人さんの解説はよく分かります。

> そう聞こえるのでそう読むことにしたのが移動ドです

そうですよね。私はフレーズを練習してそれを色んな曲に当てはめて使ってみるという練習ばかりしてたので、 もっとも基本的なところを忘れていました。

私は固定ドで何年かやっていてちっとも上手くなれないので、ダメ元(?)と思ってここ1年間くらい移動ド(も どき)で今まで覚えた2-5のフ レーズを覚え直したりしていました。でも曲の箇所に「当てはめる」という考えが抜けてないためかちょっと考え違 いをしていたようです。「当てはめる」練習 は間違ってないとしても、II7, III7, VI7などそれぞれ個別に練習する必要がありそうですね(ドを切り替えて別のキーのV7のフレーズを借りてくるのではなくて)。

Midiのサンプルではすべて移動ドで聞こえました。#bがない場合は大丈夫なようです。ただジャズの曲なん かで、いかにもなドミナントフ レーズが出ると、曲自体のキーは関係なしにその5度下(解決先)をIとしたドレミで聞こえることもあります(例 えばブルースの4小節目のI7ではフレーズ によってI=ドに聞こえたり、IV=ドに聞こえたりします)。ちょっと自分でどういう状況か整理してみる必要が ありそうです。

いきなりの質問にとても早く、かつご丁寧にお答えいただきありがとうございました。

また寄らせていただくかもしれませんがよろしくお願いいたします。


サックス吹きさんへ2 投稿者:管理人  投稿日: 3月 5日(水)22時53分17秒

ひとつづつ お答えします

<私の質問ですべてド=Cとするということは> アルファベットは絶対音を表しますね C をいつもドと歌う事(固定ドのやりかた)を表しているように感じる表現ですが 真意はちがいますよね

<Key=D の Em7-A7では「ファミbレドシラbソファ」> 移動ドならそうなります ただし Em7 で F や Bb はあいません

<Key=C の Em7(b5)-A7(9)では : 「ソファミレド#シbラソ」> そうなります

難しいことはなく そう聞こえるのでそう読むことにしたのが移動ドです D:のキーが確立してないともちろん そうは聞こえませんが(C:以外の調の楽譜を読むのは訓練が必要です)下にある URL をクリックして ミディを聞いてみて下さい 書かれているドレミで聞こえれば あなたは移動ドで訓練するのがいいでしょう もし絶対音で感じるようでした ら固定ドで練習したほうがいいかもしれません

<サテンドールの例では、私の質問の例と同じように2-5毎にドの位置を読み替えていますね。色んなやり方が あるということでしょうか?> これはよくない例としてあげました 一時的な転調で現れる近親調とその同主調は いけるとこまでもとのドレミで読もうということです。

<ジャイアントステップスの読み方も〜〜> これは私がそう聞こえるというだけで 正しいと主張する自信はあ りません(とくにはじめの8小節 は) ここで言いたかったことは 頻繁な転調とか無調の曲を移動ドで歌うのは難しいということです ただそうい う曲はとても少ないです 

文章だけで音のことを語るのは難しいですね 楽器か楽譜を使うと簡単なのに なので下のページにミディを作り ましたので 聞いてみて下さい。

http://www1.odn.ne.jp/morejam/extra/extra.htm


移動ド2 投稿者:サックス吹き  投稿日: 3月 5日(水)05時53分46秒

早速のご回答ありがとうございました。

私の質問ですべてド=Cとするということは、

例えばA7のところで「G F E D C# Bb A G」とHMP5のフレーズを弾くときに

Key=D の Em7-A7では「ファミbレドシラbソファ」

Key=C の Em7(b5)-A7(9)では : 「ソファミレド#シbラソ」

と違った読み方になってくるということですね。これは難しそうです。

というかそう聞こえるように訓練しないと意味がないんですよね。

サテンドールの例では、私の質問の例と同じように2-5毎にドの位置を読み替えていますね。色んなやり方があ るということでしょうか?ますますこんがらがってきました(^_^;)

あと、ジャイアントステップスの読み方も、私にとっては初めての読み方で驚きました。最初4小節が Key=G、続く5小節がEb、2小節G、 2小節B、3小節Ebですね。私には何故そうなるのか分かりませんでした。もしよろしければ、これもどのような 解釈なのかお教えいただけますでしょうか。

いきなり来て質問ばかりで申し訳ありません。


サックス吹きさんへ 投稿者:管理人  投稿日: 3月 4日(火)23時33分58秒

完全な絶対音感がない人には移動ド唱法を薦めています(ある人にも薦めたい気持ちがありますが たいてい絶対 音ある人は固定ドで刷り込まれて いるので後から変えるのが無理なんです)私の場合絶対音はほとんどありませんし主音はドかラと聞こえてしまうの でまよわず移動ドでやってます、、、、でも 完璧に音を歌ったり聞き取ったりできるわけでもなく 自分の訓練のためもあって”ソルミゼイション課題集”を作 りました 同主短調のセカンダリードミナン トやキーコントロールまでいくとなかなか歌えません 2002.2.25 に関連の書き込みがありますので BBS の記録を参考にして下さい、

さてお尋ねの件ですが 答えは全部おなじで Cのキーの中であれば もとのドレミで歌います、1はbシ、2 は#ファ、3はbシbミbラが現わ れます(課題集も全てそのように読む訓練になってます 完全に転調してない例ばかりを書いてあります)bシとシ は同じ歌い方でいいです 臨時記号のついた 音を変えて歌う方法もありますが一般的ではありません

移動ドでは転調が多い曲例えばAll The Things You Are は途中で読み替えをしなければいけませんので大変です Giant Steps はどう歌うのかも問題です(私はシソミドbミミレ シソミドbミミレ ソーミレ ソーミレ ソーミミ ソーミミ ソー bミミ と聞こえてしまいます読み 替えの音程を覚えているので歌えますが初見ならむりです)

随分前ですがバークレイ卒のアメリカ人が サテンドールをラソラソラ ラソラ ラソラソラ ラソラ ソーファ ソ 〜 と歌うのを聞いた事があ りますがバークレイではそうやって教えるのでしょうか このやり方は読み替えが多すぎて疑問です 完全に転調し てない場合(近親調叉はセカンダリードミナ ントとモーダルインターチェンジ)はもとのドレミで歌う方が実用的だしそう聞こえます

課題集は key of C ばかりなので 移動ドの方も固定ドの方も使えます 順に難しくしてありますので cの音だけ楽器で確かめて ぜひ声を出して歌って下さい 女性の場合音域 が良くないものがありますF:位に移調してやって下さいこの場合移動ドの方は主音をドと歌います

難しい問題なのでうまくまとまりませんでしたが 声を出して練習して また疑問や話題を書き込んで下さい


移動ド 投稿者:サックス吹き  投稿日: 3月 4日(火)20時31分55秒

はじめまして。サックスを吹いているものです。

移動ドで色々検索してこちらのホームページにたどり着きました。

II-Vのフレーズを色々コピーして移動ドで練習していますが、実際のアドリブで上手く使えず悩んでいます。 何か勘違いをしている気がしてなりません。よろしければ以下の疑問にお答えいただけますでしょうか。

例えば以下のようなコード進行の場合、どのように「移動ド」すればよいのでしょうか?(Key=Cとして)

1. Em7(b5) - A7(b9) - Dm7 - G7

前半のEm7(b5) - A7(b9) の部分はDの音をドとして、後半はCをドとして読むのでしょうか?その場合例えばFの音が前半ではミb後半ではファとなって混乱してしまうのですが、これ は訓練で克服するものでしょうか。

2. Am7 - D7 - Dm7 - G7

これも同じように前半のAm7 - D7の部分はVのキーの2-5と考えてGの音をドとして読むのでしょうか?その場合、同じく前半と後半のつなぎで混乱してしまいます。

3. Fmaj7 - Fm7 - ...

C=ドでしょうか?Fmaj7に行く前にC7のフレーズを弾くことも多々あると思いますが、この場合のC7の 部分はF=ドでしょうか?

あと、「ソルミゼーション」の練習のページで

F-Bm7b5-Em-Am-Dm-G7-C

F-B7-E7-A7-D7-G7-C

等のパターンが紹介されていますが、これらはすべてC=ドで練習すべきものなのでしょうか?

よろしくお願いいたします。


みかんさんへ 投稿者:管理人  投稿日: 2月24日(月)05時30分37秒

テキストをよんでいただいて有難うございます 説明がへたなところやミスがまだたくさんあるので お気づきの 点はぜひ御指摘ください(どこがわかりやすかったかも教えていただけるとうれしい!)

お尋ねの件:クラシックもポピュラーも度数の約束は同じですよ お読みになった説明は単なるミスではないで しょうか 音程の表し方(度数)の 約束は調性の本質をから導かれたものですから 昔勉強されたとおりの正しい読み方を自信もって使って下さい、 (異名同音の読み替えが許される場合もあるか と思います 私自身増六度を短七度と書いたり言ったりします 減三度は 長二度と書いたり言ったりします でも これは便宜的な方法で もとの表し方が正し いのです)

またよってくださいね。


はじめまして 投稿者:みかん  投稿日: 2月23日(日)23時10分11秒

はじめまして。私はポピュラーピアノの講師のテストを受けるため勉強しています。私はコードが苦手で困ってい たのですが、たまたまこのHPを 見つけて…。見てみたらとってもわかりやすくて、感動しちゃいました\(^〇^)/っとさっそく質問なのです が…(^_^;クラッシクの楽典とポピュラー 音楽の楽典は同じものなのでしょうか?私は大学受験のためクラシックの楽典をならっていたのですが、他のHPな どを見ていると「なんで?それはちがうで しょ」っていうことが多々あります。例えば…減三度のものを長三度と表記してあったり。私が見たHPが悪かった のかな?私はポピュラー音楽についてまった くと言っていいほど知識がないので、どんなものなのかなと思い質問してみました(Τ_Τ)漠然とした質問で申し 訳ないのですが、お返事待ってまーすm(_ _)m


ここから上は 2003 

esc さんへ 投稿者:管理人  投稿日: 9月26日(木)05時38分40秒

書き込み有り難うございます

トニックCにおいて モーダルインターチェンジコード→「フラット系」:そのとおりです

参考ページ <http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext- site/7-5.htm>

参考ページ <http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext- site/3-5.htm>

セカンダリードミナント→「シャープ系」:とはかぎりません

C メイジャーキーのセカンダリードミナントは B7,E7,A7,D7,C7 ですが C7 は b系のキー F: A7 は b系のキー Dm:

参考ページ <http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext- site/8-1.htm>

更に「Ab」「AbM7」はそのまま表記し、:はい C:aeolian か C:phrygian の和音ですから

「Ab7」は「G#7」と表記してしまった方がいいような気がします:それは間違いです G#7 がG7 へ進むのは変です(スケールで考えてみて下さい)Db に進んでも気持ち悪いし、、 Am のキーで考えてみて下さい F7 - E7 - Am はよくある当たり前の進行ですよね これを E#7 - E7 - Am とは書かないでしょう(Ab7 は Db:V か D7 のウラコードです)

JAZZは楽器の特性から全てフラットで考えた方がよさそうですが:おっしゃっている意味がよく解りません  フラットを見なれているという事 でしょうか フラット系のキーがよく響くという意味でしょうか それらの事実とは関係なく本来楽譜に書く通りに 音名を書くのが正しい書き方で分かりやすい ですよ ex. Fb Cb 等(異名同音読み替えもやむを得ない場合もあります)

簡単にお答えしましたが 説明が足りないと思いますので また疑問など書き込みお願いします。

(リンクが生きていない参考ページはコピーして アドレス欄に入れて下さい)


直感ですが 投稿者:esc  投稿日: 9月25日(水)16時51分44秒

理論勉強中の者です。勉強しているうちになんとなく思ったのですが、トニックCにおいて

モーダルインターチェンジコード→「フラット系」

セカンダリードミナント→「シャープ系」

ではないか?と思いました。この認識は間違っているでしょうか?

更に「Ab」「AbM7」はそのまま表記し、「Ab7」は「G#7」と表記してしまった方がいいような気がし ます。JAZZは楽器の特性から全てフラットで考えた方がよさそうですが・・・。


mcircle of fifth について 投稿者:管理人  投稿日: 9月18日(水)15時29分29秒

書き込みありがとうございます  サークルオブフィフス(五度圏と訳されていますが 大東亜共栄圏みたいで  あんまりピンとこない)について ですが 2種類の記述があることを知りませんでした 御指摘のとおり 右回りで五度下行のほうがコードの強進行 のイメージと一致しますね 旧来の右回り五 度上行は 倍音のイメージからきてるのかな 又は キーで考えると#方向だからかなと思います、どちらで覚えて もいいのではないでしょうか、こんなお答え しか出来ずすみません ぜひまた他の話題の書き込みをお願いします また どなたか より良い答えを御存じの方 は書き込みして下さい。


ciecle of fifthの覚え方 投稿者:船徳  投稿日: 9月16日(月)15時31分44秒

はじめまして。船徳と申します。

検索エンジンで「音楽理論 掲示板」と検索して、たどり着きました。趣味でアコースティックギターのソロギ ターを弾いております。譜面に強く なりたいのと、自分でも編曲したりするのに必要で、最近、耳コピーしたものを譜面に書いたり、タブ譜を使わない で練習したり、また音楽理論を少しずつ学ん だりしております。

お聞きしたいことは、大変初歩的なことで恐縮なのですが、「5度サイクル(circle of fifth)」の覚え方のことです。これを使うと譜面にある♭や♯の数でキーがわかったり、トライトーンの関係がわかったり、転調の理屈が説明できたり と、とても使えるものだと最近になって気づきました。

ただ、ある本では右回りに12時の位置のCから

C−F−B♭−E♭−A♭−D♭−G♭(F♯)−

B−E−A−D−G

となっていましたが、大体の理論書を読むと逆で右回りに

C−G−D−A−E−B−F♯−D♭−A♭−E♭−B♭−F

となっています。

前者の方ですと、時計の進み方で慣れた「右回り」で見ると、C−F(X−T)、F−B♭(X−T)といった形 に読め、U−X−Tの進行を瞬時 に思い出す練習の初歩段階でに使えそうな気がするのですが、後者の方法で書かれる意味というのは何なのでしょう か?また、どちらの方法で覚えておくのが、 これからの汎用性が高いものなのでしょうか。

初歩的な質問で大変恐縮です。ご教示いただければ幸いに存じます。よろしくお願い申し上げます。


セカンダリードミナントについて 投稿者:管理人  投稿日: 9月 4日(水)23時46分15秒

理論関係のご質問有り難うございます

例えば Cのキーの G7(プライマリードミナント) は C または Cm にたいして使いますが まともに C または Cm に進まないこともありますよね 同じように どこに進んでも C のキーで現れる D7 は v:V (五度調の五度の和音)C のキーのセカンダリードミナントのうちの一つです。

なにに進んでもよいのですがセカンダリードミナントが P5th 下行以外の進行をする例を少し C - E7 - F7, C - A7 - F, C - B7 - C, C - B7 - Dm7 - G7, C - C7 - DbM,

セカンダリードミナントの説明ページも参考にして下さい

http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/8-1.htm


セカンダリードミナント 投稿者:ファイターズ  投稿日: 8月29日(木)16時26分48秒

管理人さんお返事ありがとうございます。ビートルズ世代の方に質問できて僕も嬉しく思います。

セカンダリ−ドミナントについてなのですが 僕の知識上(Cキーで)DmにたいしてA7 E7にたいしてB7 FM7にたいしてC7とうようにP5上がセカンリードミナントと僕の頭の中で記憶しているのですがFにたいして D7も(+5上)もセカンダリードミナントなんでしょうか?


ファイターズさんへ 投稿者:管理人  投稿日: 8月29日(木)13時06分04秒

書き込み有り難うございます 私はもろにビートルズ世代です 彼等の音楽の話題がでると嬉しく成ります。

ビートルズがよく使ったコード進行 (C のキーで書きます)

1. G7  F(7) C ( F7 C )

2. C D7 F C

3. Bb F C

4. C Eb F C ( C Eb F G7 )

5.  Ab Bb C

1. ~ 4. はサブドミナントケーデンス、5. はドミナントマイナーケーデンス いずれも 音楽理論で最重要視するドミナントケーデンスでない点に注目

Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band は 大部分がG の中心音で分析できます(聞き取れます)A7 はSec.Dom. ととらえていいでしょう イントロは曲の一部を使っています IIx - IVx - Ix と和声分析できます 上の 2. の変型です  IVx を使う事でブルース色がでてます、

歌の始めは 2. を使ってます( Eight Days A Week, You Won't See Me にも使われている) 8小節のあと C7 F は F へ転調すぐ G 中心にもどる 次は 4. を使ってます(そのほか C7 G はブルース A7 D7 は調性的)その先 F7 は Cに中心が移ったようにも聞こえますが短いので G 中心に聞き取っていいでしょう、そして普通(調性的)に頭に戻る。

Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band は 一つの中心音で聞き取れるので 複雑な感じはしませんが MagicalMystery Tour は独特の調設定がありやわらかな不安定さをかんじます、コード進行 D A E は 3. と E G A は 4. と聞こえます いずれも E 中心です ところが G A の次に D が鳴ると D 中心に変わるのです 、 D E G A のコードは D 中心にも E 中心にも聞こえる可能性があることをうまくつかった曲と言えます、ちなみに終わりは D になってます。

この2つのアルバムは ビートルズ(マッカートニー)がよく使うコードの集大成とも言えるでしょう、初期から 同じアイデアを使っていても他の工夫があるので またかという感じがしません With A Little Help From My Friend, I Am The Walrus, Lady Madonna, その他 ついでに 奥田アレンジ に 1. ~ 5. が使われているのを確かめて下さい。

説明が充分ではないと思いますので また御質問いただければうれしいです、、、

参考ページ http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site /3-4.htm


ビートルズ 投稿者:ファイターズ  投稿日: 8月28日(水)17時15分37秒

お聞きしたいことあります。

曲の構成なんですが。サージェント ペパーズ ロンリー ハーツ クラブ バンドで曲はじめのイントロが/A7/A7/C7/G7/となっているのですが考えても知識が少なくわかりません。A7はカンダリードミナントではじゃな いですよね?この曲の調整は譜面を見るとGメジャーです。

それと、僕は作曲暦1年くらいなんですがビートルズのアルバムでマジカルミステリツアーとサージェント ペパーズ ロンリー ハーツ クラブ バンドこの二枚が大好きでこういう曲の雰囲気を曲に取り入れたいのですがどういった理論を勉強していいかわかりません。教えてくれませんか?


鎧羅さんへ 投稿者:管理人  投稿日: 8月 1日(木)04時13分29秒

すべて略記で X 以外は一般に通用します もとの用語を書いておきます 意味については 下の参考ページか 索引 http://www1.odn.ne.jp /morejam/oldtext-site/0-2sakuin.htm で見て下さい、

・M△ m△ メイジャートライアード=長三和音、マイナートライアード=短三和音

・P5th   パーフェクトフィフス=完全五度

・φ    ハーフディミニッシュ= m7b5

・Xコード  ドミナントセブンスコード=属七の和音 叉は同じ構造の和音

・+△   オーグメントトライアード=増三和音

分数コードの機能は当然 下の和音の機能が支配します 自分の耳で確かめて下さい、

参考ページ

http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/0-1.htm

http://www1.odn.ne.jp/morejam/newtext-site/p-3.htm

http://www1.odn.ne.jp/morejam/newtext-site/p-2.htm


HPのどこかに載っていることかもしれませんが…… 投稿者:鎧羅  投稿日: 7月31日(水)23時08分56秒

分からない単語が多々あったんで、書き込ませていただきます。

すいません(^^;

・M△ m△

・P5th

・φ

・Xコード

・+△

……今のところはこれだけです。

あと、onコードの役割(D和音 T和音 D2和音とかいうもの)とかってどうなっているんですか?やはり下のコードか上のコードに依存するのでしょうか?


下のつづき 投稿者:管理人  投稿日: 7月31日(水)01時53分44秒

5/28 5/15 11/29 の書き込みも見て下さい。


dim. aug. 6. 分数コードについて 投稿者:管理人  投稿日: 7月31日(水)01時51分27秒

御遠慮なくどうぞ お役にたてれば幸いです 解らない言葉をはあいまいなままにせずどんどん解決して下さい  音を鳴らして聞いて納得して下さいね。

和声とは 和音配置と和音進行をあわせた意味で使われます、(どう重ねてどう進めるか)

dim. コードは 機能的には(働きとしては)何かのキーのVb9 の根音省略形です、(そのキーの I 叉は Im に解決してなくても)短調のトニックの半音下のコードととらえてもいいです ただどの音でコードネームを書いてもおなじなので VIIdim. と書いてあるとは限らないので みきわめが必要です 使い方は http://www1.odn.ne.jp /morejam/oldtext-site/8-2.htm を御覧下さい。

aug. コードは 機能的には何かのキーの V+ ですが これもどの音で書いても同じコードなので見極めが必要です 長調での I+△ は IIIxb13 に聞こえますが 短調での I+△ は Ixb13 に聞こえます、半音上に進んでる場合は前者 5度上に進んでる場合後者です それ以外の使い方には 半音のラインを聞かせるためのクリシェという使い方が あります http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site /9-4.htm を御覧下さい。

6コードは メイジャートライアード(長三和音)マイナートライアード(短三和音)に長6度音を付加した和音 です 使い方は簡単にいって 長調の I6, IV6 ( IM7, IVM7 のかわりに) 短調の Im6, IVm6 ( Im7, IVm7 のかわりに)としてよく使われます。

分数コードについては <http://www1.odn.ne.jp/morejam /oldtext-site/2-8.htm> を読んで下さい わからない場合また 質問して下さい。

参考ページの url は お手数ですがコピーしてブラウザのアドレス欄にいれて下さい。


また質問…… 投稿者:鎧羅  投稿日: 7月30日(火)22時19分03秒

こんばんは。今回は、和声の使い方について聞きたいのですが、dimとか、augとか6ってどういう風に使う んですか?あと、分数コードって何ですか?本読んでもこの二つは書いてなかったんで、よろしくお願いします。


鎧羅さんへ 投稿者:管理人  投稿日: 7月24日(水)02時23分48秒

16で目標がはっきり見えているのは うらやましいしたのもしいですね 5年10年思いっきり勉強すればきっ と結果がでるでしょう ただ結果のためにやるんじゃなくやらずにはいられないからやるんだとおもうんだけど

いわゆるクラシック音楽は 何百年も歴史があって理論体系はしっかりしてるので 勉強する場合無視できません が 限られた音楽の作法だという 事は忘れてはいけないと思います 作曲志望で古典音楽に興味あれば 和声 対位法 楽器法 楽式 などを勉強す るのはいいと思います 具体的には 音大の カリキュラムや教科書など参考にしてはどうでしょうか

実際一番大切なのは 耳(ソルフェージュ)だと思います 言葉を知ってても響きを頭の中に鳴らしたり 聞き分 けたりできなければ意味ないです から (食材と香辛料の名前とよい組み合わせを知っていても その味を知らないなら意味ないです 作る方にまわ ろうとするなら ただおいしい ではだめで 材料と作り方を覚えないと)すべての音楽を分析的に聞くといいでしょう(テレビのコマーシャルも書ける弾ける楽 器の組み合わせがわかるくらいの目標で)

自分の無能さを忘れ いろいろ書いてしまい恥ずかしいのですが 言葉だけでなく 自分の耳で納得してゆくこと を忘れないで下さい 勉強が進む事を祈ってます

追:自分の楽器以外にピアノまたは鍵盤楽器は必要になるでしょう 弾ければだんぜん有利です


Re:管理人さんへ 投稿者:鎧羅  投稿日: 7月23日(火)19時33分33秒

僕は、プロの作曲家になるために必要な知識を教えていただきたいです。

とはいっても、この質問だとアバウトすぎるんで、一応僕の音楽の趣味を書いておきます。

好きな音楽:洋楽のハードロックとへヴィメタル クラシック

嫌いな音楽:ダンスミュージック J-POPのような流行歌

楽器歴:エレキギター(2年半) クラシックギター(半年)

年齢:16歳(今年で17歳)

とまあこのような感じです。楽器屋の店員に自分の楽器歴を申すと、必ず「その年でクラシック始めるなんて珍し いね。」とかなり珍しがられたりします(^^;

まぁ、よろしくお願いいたします。HNの読み方はそれであっていますよ〜


鎧羅さんへ 投稿者:管理人  投稿日: 7月22日(月)22時44分40秒

書き込み有り難うございます がいらさんと読めばいいのでしょうか お役にたてるかどうか解りませんが どん な音楽活動をなさっていてこれからどんな事をやりたいのかを お聞かせ下さい。


こんにちは。初見です(^^; 投稿者:鎧羅  投稿日: 7月21日(日)17時47分52秒

はじめまして。音楽理論の知識を深めたくて、やってきた者です。

いきなり質問で申し訳ないのですが、音楽をやる上で必要な理論って、どのようなものを身に付けるべきなので しょうか?

自分は今、音楽の友社の「新装版 楽典」と、「和声の理論と実習」という本を読み終えて、「対位法」の本を今 読んでいるのですが、他にはどのようなものを読めばいいのでしょうか?良いお返事をお待ちしております。

では今回はこれにて去ります。いきなり質問で申し訳ありませんでした。ではでは。


ヒロさんへ ハーモニックマイナーについて 投稿者:管理人  投稿日: 6月25日(火)06時12分08秒

短調の原形は調号が示すとおりエオリアンモード(自然短音階)です この音階の5番目の音の上にできる和音は Vm なので より強く Im に戻る傾向を作るために 言い換えると V を作るために 音階の7番目の音を半音上げたのが ハーモニックマイナーモードです、これで古典音楽の短調になります、この事は御存じと思いますが 大事 なのは V の和音を作るためにというところです ハーモニックという名前が示しているとおり (V の)和音のための音階なので 当然 V や VIIdim.の和音に合い その他の和音では変わった雰囲気になります。

コードスケール(ルートから並べた音階)のハーモニックマイナースケールは V として機能している ドミナントセブンスコードすべてに使えます、(いい効果かどうかは別です) bVII7,bIII7, bVI7, bII7, bV7 等は V として働いてませんから 使えません。


タビタビすみません 投稿者:ヒロ  投稿日: 6月24日(月)03時28分52秒

ハーモニックマイナーを使用するときに一番シックリくるのはセブンスですか? もしそうならそれはなぜですか? 教えて下さい


長調短調以外のモードの和音 投稿者:管理人  投稿日: 6月18日(火)04時05分08秒

2つ前の書き込み モード上のコードにもそれぞれ機能はあるのでしょうか?にお答えします、

長調短調の和音以外の和音(bvii, bii を含む和音 bVIIM,Vm, bIIM, bVIIm, 等)もそれぞれ機能分類できます、Vm はドミナントマイナーという機能和声にはでてこない名前で分類されます(弱まったドミナント機能といわれることもあります)どれも普通に聞く音楽で使われ ているのに理論書では触れていない場合がほとんどです、(リットーミュージック 実践コードワークvol2 篠田元一 で少し触れています)

次のページを参考にして下さい リンクの生きて無い url はコピーしてブラウザのアドレス欄に入れて下さい

http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/3-4.htm

http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/3-1.htm

http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/7-7.htm


はじめまして。 投稿者:ヒロ  投稿日: 6月24日(月)03時15分43秒

ハーモニックマイナーとその使えるコードについて詳しく教えてください。 


長調短調以外のモードの和音 投稿者:管理人  投稿日: 6月18日(火)04時05分08秒

2つ前の書き込み モード上のコードにもそれぞれ機能はあるのでしょうか?にお答えします、

長調短調の和音以外の和音(bvii, bii を含む和音 bVIIM,Vm, bIIM, bVIIm, 等)もそれぞれ機能分類できます、Vm はドミナントマイナーという機能和声にはでてこない名前で分類されます(弱まったドミナント機能といわれることもあります)どれも普通に聞く音楽で使われ ているのに理論書では触れていない場合がほとんどです、(リットーミュージック 実践コードワークvol2 篠田元一 で少し触れています)

次のページを参考にして下さい リンクの生きて無い url はコピーしてブラウザのアドレス欄に入れて下さい

<http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/3-4.htm>

<http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/3-1.htm>

<http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/7-7.htm>


tomさんへ 投稿者:管理人  投稿日: 6月17日(月)03時42分55秒

再び書き込み有り難うございます 長さを無視して弾いてみるとジミヘンの雰囲気がする進行ですね 下の材料だ けでは正確に答えることができな いので 楽譜の一部をjpeg かなんかでメールしていただけないでしょうか もし無理なら 問題の場所だけでもいいので 小節線をコンマで表して 長さの解る書き方でもう一度書き込ん で下さい メロディーの音もかっこに入れて書いていただければより正確に判断できます キーも解れば書いて下さ い 例 イェスタデイ 4/4 key of F Major F(g f),Em7A7(a b c# d e f),Dm(e d) お手数ですがよろしく


またまた質問すみません 投稿者:tom  投稿日: 6月16日(日)14時51分45秒

先日質問したC−D−Aという進行のあとG−B♭ーCーE7というコードで続くのですが、これは転調にあたる のでしょうか?今までの音楽経験上この様な進行を目にしたことが無いので、はっきりいってしまえば全く理解不能 です。お願いいたしますm(_ _)m


ありがとうございます! 投稿者:tom  投稿日: 6月16日(日)12時25分46秒

ありがとうございました!ロックでもモードが使われているなんて驚きです!これからはもっとモードについて勉 強していきたいと思います。ただ 私の持っている理論書にはモードについてのコードの機能が乗っていません(トニック等・・・)モード上のコード にもそれぞれ機能はあるのでしょうか?


C-D-A の進行で使う音 投稿者:管理人  投稿日: 6月16日(日)02時12分49秒

書き込みありがとうございます Tom さんの感じ方で正解だと思います センタートーン A で C 叉は C D が鳴れば A Dorian です ただ A のコードが鳴ると A Ionian か A Mixolydian に変わります ロックでは A Mixo. のほうが普通でしょう A Minor Penta Tonic で全体をとおすやり方も可能です。


コード進行について 投稿者:tom  投稿日: 6月15日(土)17時53分54秒

よく洋楽などのロックでC→D→Aという進行を耳にしますが、このコード進行というのはどう解釈をすればいい のでしょうか?この進行でアドリ ブがしたいのですが・・・。最初はドリアンかな?と思ったのですが、ドリアンですとAはAmになるはずなの で・・・。どなたか助けてください!宜しくお願 いいたします。


わお! 投稿者:ichi  投稿日: 6月 2日(日)23時21分15秒

いろいろとどうもありがとうございます。聞き手は最初に聞かされたキーを、かなり長く記憶しているというご解 答、非常に参考になりました。ア ドリブで、横道へのそれ方に幅が広がった気がします。またなにかあったら教えてください。ちなみにD/Cの件で すが、ドレミファ#ソラの弾き方は、下から ドレミファ#ソラです。つまり6音を長短2度の組み合わせで「べた弾き?」でした。その後の展開はC-D/C- GM7-Em7-A7-D〜と続いていま す。ちなみに松任谷の卒業写真です。


ichi さんへ 投稿者:管理人  投稿日: 5月28日(火)05時03分47秒

ichi さん毎度どうもです これは私の趣味ですからどうぞ御遠慮なく ただ こちらマッキントシュなので ローマ数字の約束がウィンドウズと違うので こんどか らはアルファベットで書いてくださいますかよろしく

調設定、転調に関する御質問で大きなテーマですが できるだけお答えします

聞き手を不安にというのは もっと調から遠いコードから始まるコード進行についていったものですが 何かの キーの I 叉は V - I がでてこなければ安定しないことはたしかです、

サビで IV は王道です へたすると 唱歌みたいになります

調が確立(表現かたいけど C が鳴って メロディーにファが入ってればそれで確立 ファが無くても C が鳴ればほぼ確立)したあとに出て来る VII7,III7,VI7,II7,I7, (C:で B7,E7,A7,D7,C7) はまずセカンダリードミナントと聞こえます(例外として C7 がトニックとして使われることはあります)セカンダリードミナントは 日帰り出張のようなもので引っ越し(転調)ではありません

聞き手は最初に聞かされたキーを かなり長く記憶してます C が確立したあとに F - A7 Dm が現れても 忘れてません まだ C:だろうと感じてます ただ F - A7 - Bb - 〜となると C:じゃなくなったかもしれないと感じます でもまだ C の中心音から聞き取ろうとしています(このへんはその人の聞いてきた音楽によって個人差があります) Bb - C7 がでてくれば F:になった(Fで落ち着ける)と感じます 思い返して F - A7 から F:(と平行調の Dm:)だったんだと把握するのです それでも C :を忘れてませんよ 本当の我が家は C:だと覚えています 理論なんか知らなくてもそう感じます 

これが調性(言い換えると人間の感覚)の不思議なところで 微妙な操作が無限に存在する理由だと思います。

その部分が何調なのかは 単純に使っている音全部で何調を形作ってるかをみれば判断できます

並べかた 持っていきかたがいろいろな雰囲気を作るわけです

+ = aug = 増 です たいていは +5th (#5th) の意味で使われますが +9, +11 の書き方ももちろんあります 最近は #9 #11 に統一される方向ですが

omitt 〜 は コードトーンのうちどれかを鳴らすなという指示です メロディーと不協和を作る音を鳴らしたくない時の指示に使います。

私も見たことがあります 普通 adad9 と表すと思いますが 3rd より下に 9th を置いて欲しいというニュアンスがこめられているようです。

最低音(≒ ベース音)を指示するものと コードとコードを重ねるもので全く違うものです、 両方を〜/〜と書いてしまうことがあるので時々混乱します 次のページを 参考にして下さい。
<http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/2-8.htm>

低音指定コードと解釈するなら簡単でレ#ファラドを弾いて一番下にドがあればいいわけですが コード/コード の指示であるなら ドミソを下にレファラを上で鳴らせばいいわけです

ド、レ、ミ、#ファ、ソ、ラ をどういうふうに弾いたのでしょうか C - D/C の後はどんなコードでしょうか いずれにしても全部使っておかしく無い音ではありますが 縦に重ねる場合は重ね方が問題になります 

C13#11omit7 は C69(#11) のほうが読みやすいでしょう。


もう少し。。 投稿者:ichi  投稿日: 5月28日(火)01時13分48秒

もう少し質問させてください。

@+=augと考えてよいのでしょうか?

Aomitはどういうときに生じるのでしょうか?

BAdd2というのを以前みたのですが、ありえるのでしょうか?

Conコードと分数コードは厳密には違うと聞いたことがあるのですが。。

DC-D/Cと展開する曲でD/Cのところでドレミファ#ソラと弾いた(CとDをまるっきり組み合わせる)と ころピタッと曲にマッチしたのですが、そんなことがあるのでしょうか?C13#11omit7?とするよりマッ チしました。

質問攻めですみません。


またまた質問です。 投稿者:ichi  投稿日: 5月28日(火)01時02分38秒

いろいろとどうもありがとうございます。もちろん、CMajorでもCから始まるわけではないですよね。とあ る歌謡曲で、サビだけWから始ま る曲を見つけました。聞き手を不安にさせる〜という記述がありましたが、その曲はサビからW−T/V−Um7− V7−?m7と展開しています。ここで質問 なのは、例えばサビでW−?7等と展開した場合、どう考えればいいんでしょうか?前述の曲のサビであるW−T/ V−Um7−V7−?m7と展開した場合、 V7はセカンダリードミナントと考えて良いのでしょうか?サビがF−C/E−Dm7−E7−Am7〜と展開して ラストがG7-Cで終わったとしたら CmajorでサビがF-A7-Bb-C7-Fで終わったらFMajorと考えるのでしょうか?すみません。何 書いてるか良くわからないですね。つまり、 Aメロ等がCmajorの場合

@F-C/Eなどの場合、2つ目にトニックが来るのでCmajorと考えられる。(聞き手にもわかりやすい)

AF-A7等の場合、まだ何調なのかわからず、Bb-C7などときたらFmajorと考えられる。(前述の聞 き手を長い間不安にさせるというのはこういう意味なのでしょうか?)

非常にわかりずらくてすみません。


ichi さんへ 投稿者:管理人  投稿日: 5月24日(金)01時24分23秒

またコード進行について思い付いたことなど書き込んで下さい

ichi さんの挙げたコード進行を G7 を使わない形に変えた次のような進行はどうですか ポピュラー音楽では G7 - C の強制的な雰囲気を嫌って避けているようにみえますが

( G7 - C で終わる進行はドミナントケーデンスと分類されます 下の進行はサブドミナントケーデンスとサブドミナントマイナーケーデンスです)

C−A7−Dm−Fm6 - C

C−E7−F−D7 - C

C−Ab−F−Db - C

C−Bb−F−C


ありがとうございます。 投稿者:ichi  投稿日: 5月23日(木)23時53分53秒

いろいろと本当にありがとうございます。私はコード進行が好きとはいっても、歌謡曲大全集とか買って日本の歌 謡曲等を弾くのが特に好きで、単 純な循環コードにも魅力を感じてしまいます。売れ筋路線のコード進行が好きというか・・そして作曲者の好きな コード進行などを考えるのが好きです。まあ自 分がそれを聞くとは別次元の話なのですがね。ところで、ご解答非常に勉強になりました。今日は今帰宅したところ でピアノが弾けないのですが、ピアノが弾き たくてしょうがないという感じです!


ichi さんへ(続き) 投稿者:管理人  投稿日: 5月23日(木)15時14分44秒

下のページを参考にどうぞ リンクが生きて無いのはコピーしてアドレス欄に入れて下さい

<http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/9-1.htm>

<http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/3-3.htm>

<http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/7-4.htm>

<http://www1.odn.ne.jp/morejam/solmization-site/nstchord-maj.htm>

<http://www1.odn.ne.jp/morejam/solmization-site/nstchord-min.htm>


(無題) 投稿者:管理人  投稿日: 5月23日(木)02時52分52秒

調性の根源にかかわる重要な御質問ありがとうございます コード進行マニアということは レアものとか集めて るんでしょうか、、

C が鳴って少し後に G7 が鳴れば 間にどんなコードが鳴ってもハ長調を感じます 中に変わったコードを使うほど G7 で戻って来たという ichi さんのおっしゃる満足感(安心感)を感じるでしょう、 C - ? - D7 - G7 も同様の理由

音とかコードを食材と考えると何を組み合わせても 食べられないことはないんで おいしいかまずいかですね

C - ? - C の ? にいろんなコードをいれて味見してみて下さい G7 がないだけ不安定な感じになると思いますが 間に挟むコードをよく味見するにはいいと思います、

同じ変なコード( C に無関係に見えるコード)を使って  ? - G7 - C はより味わい深いコード進行になるものもあるでしょう 初めに C が鳴らないので 聞き手を不安にさせる時間が長いからです

マイナー、メイジャー、ドミナント のコードをおおまかに分類しときます ( C:の場合)

G Em C Am F Dm は ハ長調のコードであたりまえというか清純

Bb Gm Eb Cm Ab Fm Db Bbm は 暗い (モーダルインターチェンジコード)

E A D は 近親調短調の同主長調

B7 E7 A7 D7 G7 C7 F7 Bb7 Eb7 Ab7 は 近親調(と同主調)の V (セカンダリードミナント)

F7 Bb7 Eb7 Ab7 F#7 Db7 は 使い方によってウラコード

その他が レアもの F# Ebm B G#m C#m F#m Bm

 

説明のたりないところは御質問いただけますか 頭疲れてきたので またきて下さい。


初歩的な質問ですが 投稿者:ichi  投稿日: 5月22日(水)23時54分25秒

初歩的な質問で恐縮です。私はピアノで適当にアドリブを弾くのが大好きなのですが、まあ初心者なりにコード進 行マニアといったところです。C メジャーで考えた時、C−A7−Dm−G7とかC−E7−F−G7とかC−Ab−F−G7とか C−Bb−F−G7とかC−色々挟んで−D7−G7などと いったように例え途中にどんなコードを挟もうがG7にたどりついた時、満足感(?)が得られるのは何故なので しょうか?転調と代理コードなどとの絡みなの でしょうか?


(無題) 投稿者:管理人  投稿日: 5月21日(火)01時11分14秒

「人間らしくふるまえ それじゃまるで動物と同じだ」という言い回しは理解できる文章なのですが よく考える と人間も動物なのでおかしな文章でもあるわけです、これと同じようなことが スケールとモードの解釈にありま す、「モードは好きじゃない II - V - I でアドリブするのが楽しいんだ」という好みは理解できます、でも用語の本来の意味では 長調も短調もモードなのです。あまり強く成り過ぎた長調 (Major Scale)と短調(Minor Scale) が人間に モード(旋法)が動物に対応してます。

御指摘ありがとうございます モード と スケール は重要な用語であいまいに使っていると たいせつなとこ ろで混乱しますので はっきり使い分けたつもりですが Major Scale(長音階)、Minor Scale (短音階)という用語が広く使われている事は無視できず 初心者用の説明には本来モード(旋法)と書くべきところを スケール(音階)と書いたページがあ ります、

“クラシック、ポピュラー、ジャズ、ロック、演歌、その他 現在耳にする音楽の基礎となっているのが、 長音階 Major Scale、短音階 Minor Scale である。(中心音のある音組織を表すには 長旋法 短旋法の方が 正確な言い方なのだが 現在は長音階 短音階という用語が一般に使われているので この段階ではこの習慣に従う。)

オクターブを12等分した 半音 の目盛りで長、短音階を表してみる。(半音2つ分の幅を 全音 という)”

<http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/4-1.htm>

“短調の音階には エオリアンモード(自然短音階)ハーモニックマイナーモード(和声的短音階)メロディックマイナーモード(旋律的短音階)の3種類ある。これらに ドリアンモードを加えた4種類を マイナー系モードという。(→3-3)”

<http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/6-1.htm>

その他のページでは はっきりと使い分けたつもりです 用語の定義は次のように考えています 各用語の説明も 参考にして下さい

“モード(旋法)は中心音のある 音組織を表す用語であるのに対し 中心音を定めずオクターブ分割の種類を表す用語が音列である。スケール(音階)という用語はどちらにも使われる。

(ex. 七種のチャーチモードは 全音階という一つの音列に属する。A マイナーペンタトニックモードと C メイジャーペンタトニックモードは 同じ音列に属する)”

<http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/3-6.htm>

“どんな音楽にも中心音があり中心音は終止音でもある。中心音とその回りに配置された数音で音組織が形成され ている。これが モード(旋法) である。モードの各音は、中心音との音程により その音独自の表情と働きを持っている。これらの音の組み合わせ 即ちモードの種類が音楽のムードを決定する第一要因となる。(人間は 色や味を識別するのと同じようにモードの性格を識別している。)”

<http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/3-1.htm>

“コードトーン(R,3,5,7)と ノンコードトーン(2,4,6)を コードの Rootから並べたものを そのコードのコードスケールという。(使われている音、又は使おうとする音を 中心音から見たものをモード、コードのRootから見たものを コードスケールという。)

コードスケールを表すのに、チャーチモードの名称が使われるが、モードとコードスケール の混乱を避けるために コードスケールを表す時は、〜 スケールと よぶことにする。”

<http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/10-1.htm>

“V のコードスケールは それぞれ P5°下の 〜 モードを v から並べたスケールという表し方をする。P5°下のイオニアンモード は チャーチモード に同じ構造の物があるので 名前を流用し ミクソリディアンスケールという。”

<http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/10-4.htm>

 

正確な議論をしたい場合は モードとスケールを正確に使い分けなくてはいけないと思います ちょっとややこし い話しと思われる方もいらっしゃると思いますが 御意見や御質問あれば 書き込んで下さい。

 


モードの定義 投稿者:吉岡大治郎  投稿日: 5月20日(月)22時02分52秒

こんにちは。最近いつも理論のテキストを読ませて頂いています。さて、テキストを読みすすめていくと、コー ド・スケールといわゆるモードの境 界線があいまいなような気がするのです。二つを区別するか同じとみなすか、一貫した姿勢が見られず、あいまいな まま演奏している人がほとんどだとは思いま すが、テキスト上、便宜的に使用するモードの単語はどんなときに使っているのか教えていただきたいです。

DAI


もう一回説明させて 投稿者:管理人  投稿日: 5月16日(木)20時09分17秒

ディミニッシュコードのスケールについて 説明がへただったので もう一度まとめさせて下さい、

ディミニッシュコードは 可能な限り機能的に 〜 7(b9) としてとらえ  ドミナントセブンスコードとして どんなスケールが使えるか考える、こう考えると完全5度下のハーモニックマイナースケールの一部に お 尋ねの音使いがあります、( G7(b9)≒Bdim. での B, C, D, Eb, F  E7≒G#dim. での G#, A, B, C, D )

他の御意見や うまい説明がある方もお気軽に書き込みお願いします。


黒猫ビルさんへ 投稿者:管理人  投稿日: 5月15日(水)18時30分10秒

読んで頂いてるだけで感激です ほとんど見てくれる人がいないので、、

御質問への私見

縦のサウンドとしては 合わないと思います、 ただ横の感覚としては数音が納得いく音になるケースがあります  例えば Cメイジャーのキーが確立している場面で Bdim (Ddim,Fdim,Abdim) のコードで C Eb の音は納得いく音と聞こえます G7(b9) と感じるからです、 E7(b9) と感じれば C A が当たり前の音になります さらに使い方によっては F# がセンタートーンC のブルーノートと聞こえる場合もあるでしょう

Scale は全部出揃ってその名前になるわけで 一部だと他のスケールの可能性もあります、上行下行で印象がちがってくる事もあります 無理にオクターブのスケール にしないで Dim.scale (叉は Com.Dim.) の一部は使えるようだくらいに把握したほうがいいと思います、

Diminished 7th chord だけ取り出して どのスケールが合うという議論があまりよくないんで ある程度の長さの脈絡の中で考えなくてはいけないと思います 音楽はそういうふうに 聞こえてるわけですから(言い換えると なに7(b9) として働いているか 聞こえるかです、 Dim.scale や Whole Tone Scale のような人工的スケールでなく 調性的に聞こえているはずです)

私の信条:音使いはできるだけ調性的(中心音とモード)に分析する 人間は音楽をそう聞いているから

またひまつぶしに お立ち寄り下さい 書き込み有り難うございました。


ディミニッシュコードのスケール解釈 投稿者:黒猫ビル  投稿日: 5月15日(水)12時24分54秒

大変充実した内容、勉強させてもらっています。

早速質問ですが、ディミニッシュコードのスケール解釈として、ディミニッシュスケールを使用するのが基本と思 うのですが、コンディミでも、サウンドとして差し支えないような気がするのですが、これは間違いでしょうか?

理論方面、疎くて、根本的な勘違いかも知れませんが、よろしくお願いします。


ぱつら さんへ 投稿者:管理人  投稿日: 3月 8日(金)06時45分47秒

お尋ねのコードの機能分類はサブドミナントマイナーですbVIIx - IM はこの曲に多用されて特徴となっている進行です 他の曲にもよく使われますが 12,13 のように転調する使い方はめずらしいといえます(イパネマのさび、リスト愛の夢 など)

最も簡単なコード進行のモデルは F - Fm6 -C (C のキー)で F のかわりに Dm7 でも Fm6 のかわりに Bb9 でも 同じです、直前にEb音が現れていなければ エオリアンメイジャーモード(Bb7 のコードスケールでいうとリディアンドミナントセブンススケール)が自然です 曲例としては スターダスト3, サケバラ7, チェロキー7, ムーングロウ 3, アフターユーヴゴーン2, 等等

ただ直前にEb音が現れていると(IVm7-bVIIx 等)エオリアンモードが自然です 書き込みに 仮のトニックへ〜 とあるのはこの場合です IVm7-bVIIx を現在の II - V と聞き取れば II - V - VIM と聞こるわけです しかしもとのセンタートーン(トニック)から IVm7-bVIIx ととらえるのが自然だと思います、

注意したいのは bVIIx でオルタードを使う間違いです かろうじてコンディミは あがってつかう分にはあっているかのごとく錯覚しますが よくありません ピアノでもオルタード テンションを入れて弾く人がいてこまったもんです、I 叉は Im( ) にドミナントモーション(p5th 下行)する以外のドミナントセブンスコードでは素直なスケール(コードスケールでいうと ミクソかリディアンド ミナント)を使いましょう。

書き込み有り難うございます お役に立てば 幸いです 

参考ページ

<http://www1.odn.ne.jp/morejam/playtostudy-site/pts7/pts7-1.htm>

<http://www1.odn.ne.jp/morejam/playtostudy-site/pts4-1.htm>


ステラのコード進行 投稿者:ぱつら  投稿日: 3月 7日(木)17時05分07秒

はじめまして。独学でtpをやっています。

初歩的な質問で申し訳ありませんが、Stella By Starlightには、7thから1音上のMaj7に行くコード進行がありますが、これは、どのように解釈すれば良いのでしょうか?

例えば、8小節目A♭7から9小節目B♭△7、12小節目から13小節目、22小節目から23小節目です。当 然、一般的なドミナントモーショ ンではないと思いますが、仮のトニックに解決しているようにも聞こえます。また、このような進行で、フレーズを 作る際に留意点等がありましたら、ご教授下 さい。

よろしくお願いします。


さくらさんへ 投稿者:管理人  投稿日: 3月 2日(土)02時17分33秒

2つにわけてお答えします まず フェイクについて 次に メロディーをトップにしたオープンヴォイシングに ついて

★メロディーフェイクには 前か後ろに付け足すやり方 フィル(リードインとテイル)とメロディーの間に装飾 音的に細かい音符を入れ込むやり方 があります、なおメロディーのタイミング(譜割り)を変えるだけだとフェイ クとはいいません。

実際のやり方は いくつかに分類できますが 自分の目指すスタイルのメロディーやアドリブの分析が勉強になり ます メロディーの骨組み(強拍 の音、長い音、山の頂上の音、谷の音)はどの音か 補助的に使われている音はどれでスケール的か和音的かを調べ て方法を理解するのです。

以上の努力をするにあたり 基礎的な知識と技術が必要です コードスケール(コードトーン+テンション+ア ヴォイドノート)の把握とメカニカルな訓練です。

参考ページ

<http://www1.odn.ne.jp/morejam/playtostudy-site/pts0-0.htm>

★メロディーをトップにしたオープンヴォイシングを訓練するには2つのアプローチがあると思います 1、メロ ディーの下に 3rd 7th その下に 5th root  2、アクシスとメロディーを基本として メロディーの下に左手にない適当なコードトーン、 安定重厚を求めるなら1 横の流れを重視するなら 2

参考ページ

http://www1.odn.ne.jp/morejam/newtext-site/p-6.htm

http://www1.odn.ne.jp/morejam/etude-12keys/axis-tens/index.htm

http://www1.odn.ne.jp/morejam/etude-12keys/open/index.htm

 


ひさびさの質問です 投稿者:えんどう さくら  投稿日: 3月 1日(金)23時08分38秒

お久しぶりです。

今、メロディのフェイクと左手をつける練習をしています。

メロディにすでにあるコードトーンや、メロディとぶつかる音を省き、それらを譜面にかいて練習しています。プ ロの人は、コードをみて瞬時にこれを判断できるんですか? とても不思議です。

それか、それはそれで、何か別の訓練をするのでしょうか? または、今勉強していることを繰り返すことによっ て、自然にできるようになるのでしょうか???

 


ギタリストさんへ 投稿者:管理人  投稿日: 2月25日(月)22時01分20秒

 

書き込みありがとうございます はじめのご質問に関しては アドリブ入門講座に参加いただいているギターの方 に相談しました その方のアドバイスを書いておきます、

タブ譜は便利で特に欠点はないが 他の楽器の人に通用しないので 五線に慣れる必要がある、初めは 簡単な入 門書やコールユーブンゲンをゆっくり練習する方法しかない。

とのことでした、次の御質問 移動ドについてお答えします

私自信は 楽譜を見せられると移動ドで読みます ド(叉はラ)が終わる音という習慣がついてしまってるので  固定ドでは気持ち悪くて読めないのです 逆に固定ドが身についた人は 移動ドが気持ちわるいそうです どちらで すりこまれてるかの問題ですね

普通 絶対音感があれば固定ドを奨めます  固定ドも転調や臨時記号を歌う訓練は必要です さらに今どこが中 心音なのか(何調なのか)を意識できなくてはいけません 

絶対音感がなければ本来は移動ドがいいと考えてますが(移動ドは人間の自然な感覚にあっているやり方です)頻 繁な転調に弱いうえに 訓練が必要です、

固定ドは楽器のポジションと直結してます 移動ドは音感と直結してます どちらを選ぶべきなのかは 楽器と直 結と音感と直結の どちらを優先するかと言い換えられると思います どちらを選んだとしても もう一方を訓練で 補わなくてはなりません 

いろいろな議論がありますが 私は移動ドをお勧めします、Cメイジャーのキーは どちらのやり方でも矛盾しな いので C のキーで いろいろな練習をしてみるといいでしょう。

参考ページ http://www1.odn.ne.jp/morejam/solmization- site/solmi-index.htm


ギターの移動ドについて 投稿者:ギタリスト  投稿日: 2月25日(月)17時57分03秒

ギターをやっているのですがどうもタブ譜にたよりすぎて五譜線で弾くことができません

初めはいったい何からトレーニングしたらいいのでしょうか ギターでも移動ドでよめたほうがいいのでしょうか


 ここから上は 2002
 

“コール&リスポンス?”にお返事 投稿者:管理人  投稿日:12月28日(金)09時39分10秒

合いの手 突っ込み といいます、主従関係なく対等な場合 掛け合い からみ と呼ばれてます。

きちんとしたメロディーとになってるものは カウンターメロディー(サブメロ)と呼びます。(カウンターライ ンというと メロディーというよりハーモニーの一声部というニュアンスになります)

これら全てをオブリといって済ませる事がおおいようです。

メロディー対メロディーでなくても 同じような事が絶えずおきています ドラムの左手やピアノの和音の相槌や 突っ込みを 注意して聞いてみて下さい、コツは相槌や突っ込みと同じでタイミング(間)だと思います。

8月2日の書き込みも御覧下さい、書き込み有難うございました。

 


コール&リスポンス? 投稿者:ハッピー・ハンコック  投稿日:12月26日(水)02時31分20秒

質問です! 何かのパートがソロを演奏している時、それに対して他の楽器が短いメロディのようなものを入れた りすることが良くあると思います が、それって、ジャズでは何て呼ぶのですか? そして、そのワザは、相手のアドリブに対して、うまい具合に反応 しなくてはならなく、とても高度なワザのよ うに思いますが、コツなんてあるのでしょうか...?


“ジャズのイントロについて”へ簡単なアドヴァイス 投稿者:管理人  投稿日:12月25日(火)03時57分53秒

ジャズに限りませんが イントロについて少し書きます、実は草稿の一部です 近い内にイントロとエンディング という題で完成させるつもりです、

イントロは テンポ、キー、リズム、ムードを 準備 設定するものです メロディーの登場を引き立てるために  メロディー要素は少なめに 派 手になりすぎないように作ったほうが効果的です、また曲の中味と全く関係ない要素は持ち込まない方が統一感が あっていい結果になります。

バンプを使うイントロ

単純なコード進行(循環コードやコードパターン、ドミナントペダルに乗せたダイアトニックパラレルモーション など)を使ってリズム主体の音形 をくり返す部分をバンプといいます(バンドの場合は リズム隊が演奏する 一つのコード叉はコードなしの場合も ある)テンポ、キー、リズムをあわせれば  どんな曲にも使えます。曲の伴奏形が先に始まるアイデアは良く使われます(ベイシーのイントロ、スタンドバイ ミーのイントロはこれ)

頭のコードやメロディーの出方にあわせて イントロの終わりの部分はコードや音形を変化させてもいいでしょう (例えば ブレイク)

曲の終わり8(叉は4)小節のコード進行を使うイントロ

メロディーは出さないで 軽いアドリブフィルか リズミックな音形 メロディーの断片ぐらいがいいでしょう、 頭のコードとメロディーの登場にあうように最後の2(叉は1)小節のコードと音形を整えます。

特徴のあるイントロは エンディングにも使いたくなります、統一感を演出するにはいい手です。


ジャズのイントロについて 投稿者:ルエウパ・ドバー  投稿日:12月24日(月)23時21分09秒

曲に入る前に、何かの楽器(またはパート)でイントロを奏でるとき、曲の一部分をうまく使ってアレンジされた ものが多くありますが、「イントロに使うなら、大体この部分」というようなきまりがあるのですかー?

良い方法があれば、自分で曲を弾いてみるときに、イントロも考えてカッコつけてみたいものです。


“マイルスの聴き方”にお返事 投稿者:管理人  投稿日:12月24日(月)10時42分57秒

ジャズでいうモード奏法 とは II-V-I に代表されるはっきりしたコード進行やふつうのヴォイシングは使わないぞというやり方です 基本にするモードにそって演奏されます

音楽でメロディーの次に大切といわれてるコード進行の助けがないんですからたいへん、、はっきりしたコード進 行を使わないということはずーとコードがトニックみたいな印象になります 静の世界かな

ふつうのヴォイシングを使わない ということは 古楽や民族音楽にちかい雰囲気になるともいえます(シタール の曲はモードによるインプロビセイションです)

モードの曲を聞いて うえで説明したような感じがするでしょうか 御自分でよーく味見して下さい

テキストでは モードという用語を 中心音(終止音)のある音組織という もっと一般的な意味で使っていま す、全ての音楽がいくつかのモードを基準に(それに従ったりさからったりして)出来ているのですから ジャズの モードとも矛盾はしません

参考ページ

<http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/3-1.htm>
<http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/3-4.htm>

テキストでは モードジャズの方法については扱っていません 私の勉強が足りないからです 将来の目標としま す、、、

さいごになりましたが マイルスは 当時一般的ではなかった モードによるめろでぃーとアドリブをいい感じで 仕上げて はやらせちゃった というとこがすごいんだと思います、 、、もしモードをやってなくても偉大なプ レーヤーです。


“ジョージ・ガーシュウィンは...”への私見 投稿者:管理人  投稿日:12月24日(月)03時24分25秒

たしかに 作品が両ジャンルでとりあげられているし スケールのおおきい作曲家なんだなと思います、他に思い 出すのは

フリードリヒグルタは ブルースみたいなエチュードを作曲しています。アンドレプレヴィンは ウェストコース トで有名ミュージシャンと多くの レコードを作ったあと ロンドン交響楽団の指揮者になっちゃいました。 バーンスタインは ウェストサイドを作 曲してます。 以上はすぐ思い出すすごい人 たち、

“曲のコード進行”について で書き忘れましたが いろいろなコード進行を味見する時 忘れずに味見してほし いのは 原作(オリジナル)で す、ガーシュインのサマータイムもそういった曲の代表です クリスコナーのレコードやパーカーウィズストリング スは 原作の雰囲気をきけます。


“ジャズスタンダード” について 投稿者:管理人  投稿日:12月24日(月)01時52分57秒

和製英語みたいだなー ポップススタンダード、クラシックスタンダード とかもあるのかな? 常磐津スタン ダードはどうだろう 正調なんとか追い分け とかいうのと関係あるのかな

評論家と業界が主導して使ったことばじゃないのかな? 私は 有名な曲くらいに解釈します

モダンジャズのスタンダードナンバーなら まだ曲をイメージできますが ジャズスタンダードはひろすぎるよ なー たぶん モダンジャズでは  まずい理由のある業者が使った名前じゃ無いですか、きっちりした共通理解が必要な言葉とも思えません、もし詳し い方がいらっしゃれば 教えて下さい。

(なんでこんなにまとめて質問くるの ひまだからいいけど、、、)


“曲のコードについて”にお答え 投稿者:管理人  投稿日:12月24日(月)01時26分26秒

料理番組で 『きょうはヒラメを使いましたが 白身のお魚ならなんでもけっこうです お試し下さい』 とか いってるのと同じです 曲集では  「サブドミナント類のコードなら なんでもけっこうです」 とは印刷できないので 編者のこのみで決められてい るわけです 味見して私はこれが好きこれは 嫌いと自分の好みを調べるのに利用しましょう、

参考ページ

<http://www1.odn.ne.jp/morejam/forbeginner-site/4-5.htm>


ジョージ・ガーシュウィンは... 投稿者:tim tim  投稿日:12月24日(月)01時18分39秒

ジャズと、クラシック両方のジャンルにおいて、コンサートなどで、ジョージガーシュウィンの曲を演奏したり、 CDなども出ていますが、ジャン ルでみた場合、ガーシュウィンという人は、ジャズとクラシックのどちらに属する作曲家なのでしょうか? いずれ にしても、両ジャンルで同じように取り上げ られる作曲家は、珍しいのではないかと思います。


(無題) 投稿者:管理人  投稿日:12月24日(月)01時03分41秒

素朴な質問 歓迎、 お答えします ストライドはブンチャでひと組ですから 4拍子で 二つのコードしか弾けません、じゃどうするか そこだけストライドをやめる か  コードを 2つに変える どちらかですね、

コードによってはベース音だけでそのコードをイメージさせることができるので 3つまたは4つのコード進行を ストライドで聞かせることもできます 例えば C-A7-Dm7-G7 は C と Dm は ベース音だけでもこのコード進行を感じるでしょう、

メロディーの様子と どんなコードなのか教えていただければ もう少し 具体的なお答えができるかもしれませ ん、またいつでもどうぞ。

(参考ページ) 

http://odn.ne.jp/morejam/newtext-site/p-igotrythm/igot-stlide.htm


マイルスの聴き方 投稿者:クリスマス・チェリーちゃん  投稿日:12月24日(月)01時00分54秒

理論テキストを拝見し「モード」というコトバで思いついた質問です。

マイルス・デイヴィスに関する本を読んでいると「モード奏法」という言葉が出てきますが、イマイチその意味が わかりません。「モード奏法」とはどんな奏法で、それをした彼は、どれほどスゴいのか、理解したいです。教えて くださーい。


ちょっと質問 投稿者:ルビ・スンバエ  投稿日:12月24日(月)00時48分21秒

「ジャズスタンダード」とよく言いますが、「スタンダード」って、どこから何処までとか、時代として区分され ているのか、スタイルのことなのか、「スタンダード」の言葉の概念ってあるのですか?

 


曲のコードについて 投稿者:ちび まるこ  投稿日:12月24日(月)00時42分16秒

はじめまして。MORE JAMのテキストいつも拝見してます。自分で曲にトライしてみようと思い、何冊か コードの書いてある曲集をみましたが、同じ曲でも、個所によって書いてあるコードがちがう場合があるのは、なぜ ですか? 

 


質問です。 投稿者:えんどう さくら  投稿日:12月24日(月)00時31分06秒

こんにちは。MORE JAMのテキストでジャズのコードについて勉強しはじめ、最近ストライド奏法にも挑戦 してます。そこで、質問なのですが、1小説にコードが4つある場合って、どうしたら良いのでしょうか(すごく素 朴な質問ですみません)。

 


続き 投稿者:管理人  投稿日:11月29日(木)23時06分33秒

下の ヴォイシングすべては A form, B form が理解できているという前提で書きました A, B form については http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/2-12.htm

を御覧下さい。

 


sus4、aug、dim のおさえかた 投稿者:管理人  投稿日:11月29日(木)20時22分41秒

メージャーキー と マイナーキーの II-V はなんとか弾けるようになりましたが  

V7sus4、V7aug、dim が楽譜に出てくるといつも 考えてしまいます。もし 決まったおさえかた があれば教えてほしいのですが。という質問をメールで頂きました ここでお答えします。

Vsus4 は そのまま弾くと 響きが単純すぎるので ふつうは IIonv ととらえなおして弾きます II9 onv IVonv も使えます ただ v が鳴らないとこのコードにはなりませんのでBass がいなければ自分で弾かなければいけません じゃ 左手だけでsus4 になる弾き方はというと レソド ソドファ ファソド など単純な響きにもどってしまいます 右手左手をつかって IIonv をひくのがいいでしょう 音域によっても響きが違うし 脈絡によっても求められる響きが違うと思うので 研究し て下さい、参考 http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site /4-5.htm

本来 aug は#5の意味で 9はそのままにすべきです V7 9 #5 を弾けば正解、 V7 b13 に変えててしまうのも 間違いとはいえません V7 b9 b13, 叉は V7 #9 b13, を弾けばいいでしょう。

dim は 短調の V b9 ととらえなおして V7b9 か V7#9 を弾けばいいでしょう ヴォイシングの最低音はbass とだぶらないようにして下さい。13とb13は 場合によってあわないので 使う場合は注意が必要です 研究して下さい。


まさぴーさんへ 投稿者:管理人  投稿日:11月12日(月)11時27分16秒

書き込みありがとうございます 御質問にお答えします

メロディーとコードに ドレミファソラシ を使ってドとドミソで終わるのが長調です

メロディーとコードに ドレbミファソbラシ(叉はbシ) を使ってドとドbミソで終わるのが短調です。これ らの音階の形をくずさずに 違う高さに移動することができます、拡大コピーや縮小コピーみたいなもので 形はか わらないわけです 

どの音で終わるのかを はっきりさせるために ◯長調または◯短調と ◯の部分に音名をいれてよぶきまりに なってます 

ラシドレミファソ が 英語音名でいうと ABCDEFG 日本語音名でいうとイロハニホヘトになります。

もうひとつお尋ねの 変 は 日本語訳されたフラットです 例えば 変ホ長調 というのは (英語なら  (Key of) Eb Major と書きます) bミで終わる長調と言う意味です

民謡やブルースやハードロックなど(いいかた古くてごめん) 長調か短調か はっきりしない音楽もたくさんあ りますし 長調と短調がめまぐるしく交代することもめずらしくないので はじめは 単純な曲で考えてみるといい と思います じゃあさよなら


どーしてもわかんない!教えて! 投稿者:まさぴー  投稿日:11月10日(土)20時16分21秒

どーしても、長調と短調の区分がわかりません。中学生にもわかるよーに簡単におしいえてください。それに変〇 長調とあかその変ってなんでしょうか?

おねがいしまーす!


カウンターメロディーについて 投稿者:管理人  投稿日: 8月 2日(木)09時53分09秒

メインのメロディーに対してサブメロを付加したいのですが、なんか体系的に勉強したいです。

少人数のコンボでは後ろでコード弾くよりかっこいいと思います。 ジョンスコなんかよくやる手で、バンドの一 体感が生まれますよね。 参考書などありませんかね?

上の御質問が ジャムセッション BBS によせられました この伝言板で お答えします

カウンターメロディーを主に扱っている参考書は残念ですがないと思います、和声的対位法を扱った本や アレン ジの本の一部に書いてありますが ある程度経験のある方なら 試行錯誤した方がはやいと思います いくつかアド バイスを書いてみます

メインメロディーから独立したメロディーでハモリではない、メインメロディーとベースと良い音程関係を作るよ うに、メインメロディーが細かく 動く時は動きを少なく又は休んでもいい、メインメロディーが止まる時は 動きを増すように作る。ずれた登場は効 果的。あくまでもバックグラウンド、目立ち すぎはいけない。クリシェは使える

★コードで伴奏している時もトップはメロディーになっていると考えて下さい 

★メロディーの音に重ならない3か7を強調してメロディーらしくまとめる

古い例ですみませんが チェットベイカー ジェリーマリガンのピアノレスグループなんか分かりやすいとおもい ます ハードバップのアレンジも参考になります

ラテンピアノがやるモンツーノや フルバンドのバックリフも一種のカウンターメロディーです 少しメロディー を入れたバンプも同じです こっちからのアプローチもアレンジとして面白いと思います、まとまらずごめんなさい  いいアレンジを作ってください


前の掲示板から2 投稿者:管理人  投稿日: 8月 2日(木)09時29分57秒

(ZZAJ さんからの御質問)

こんにちは?頭が とても簡単にできている人です。何も 多くは望んでいません。音 間違えずに弾けたら良い と 思っております。少ない 音 で でも?スイングして 自分で のれるようするには 具体的に第一段階として どうすれば よいのでしょう か?もしかしたら 「あっているよー」  「あってないよー」も 自分で判断できるとよいのですが・・・。

今まで 合っていないことも 気がつかず 暮らしていました。ZZAJから JAZZへ 聞えるようどうすれ ばよいのでしょうか?

(管理人の返事)

単純に考えて あってない音というのは 縦にきたない響きを作る音のことです (例えば 左手でドミソ 右手 でファ を同時に弾いた響き こ れがきたないと感じない場合は 話しをすすめられなくなるのですが)なかには ぎりぎりの音(例えば 左手で ファラド 右手でシ)もあります、このへんの ことは テキストの2-6 テンションノート を見て実際にひとつひとつ耳で確かめて下さい、ふだんから 響きを大切に ていねいに弾くくせをつけるのがよいと思います。

スィンングするというのは スポーツ選手の動きにもにて 理屈で説明するのは 難しいのですが アドバイスで きるのは まず いきいきした音 で 正確に弾く、そしてリズムを生み出している気持ちよさを楽しむ といったところです、(簡単な曲でも 遅い テンポでも)ご質問の投稿有難うございまし た 又 御意見でも御質問でも願いします。

 


前の掲示板から1 投稿者:管理人  投稿日: 8月 2日(木)09時26分26秒

(あさかさんの御質問)

私 一応楽譜はよめるのですが 音楽理論を特別勉強した事もなく何からやってよいやら なにがわからないのか も わからないのですがどんなことからやったら良いのでしょうか。

(管理人の返事)

楽譜を読める、弾けるというのは とても便利な技術だとおもいます、いろんな曲を弾いてたのしめるし 書くこ ともできるわけですから。見て弾 く以外にもイントロを作るとか しばらく自由に即興してみるということもためしたらいいと思います。 どちらに しても いい音がしたら覚えておいて なん でいい音なのか考えるくせをつけるのが 第一歩です、逆にいやな音も なんでかを考えなくてはいけません、そう すれば 経験がふえていくわけでたまってき た経験を 整理するのが理論です、響きはよくわからないけど 本に書いてあったからこう弾いてますでは 大抵結 果はよくないです、 自分の耳で聞いて納得 しなければ 味見してない料理をだすようなもんです。すみませんながくなりそうなので 入門書を紹介して終わり にします、ヤマハから出てるポピュラー音楽 理論(松田昌)はいい本です この本の3分の2くらいまでに出てくる言葉を 言葉だけでなく音で理解できるよう にするといいとおもいます。