English
 コードネームで弾こう  目次 

 このテキストをメインテキストとして使うレッスンの進め方 


わからない言葉がでてきたら そのまま通り過ぎずに必ず 
索引 叉はお手持ちの理論書を使って調べて下さい、音楽理論 Q&A に質問いただいてもできるだけお答えします。コードネームに慣れていない方は 次のページを参考にして下さい。 p-1音名  p-3コードネーム p-4 コード表

基礎知識 

基礎 - 1

音名

基礎 - 2

音程

基礎 - 3

コードネームのしくみ(1)

基礎 - 4

コードネームのしくみ(2)

基礎 - 5

12のメイジャースケール

Part.1

左手でコード 右手でメロディー

step 1-1

まずは C のキーで クローズと3,7 のアクシス

IV VII III VI II V I

step 1-2

メロディーに左手でコードをつける

Littlelamb, Saints, Loveme

step 1-3

ベースを動かした 3、7のアクシス

step 1-4

アクシスに厚みを加える

step 1-5

オープンヴォイシング

Part.2

シンコペーション

step 2-1

ジャズの八分とシンコペーション

Cjam

step 2-2

左手のシンコペーション

step 2-3

シンコペーションを曲に応用

Atrain, Satindoll

step 2-4

メロディーをシンコペイトする

step 2-5

リズムのだまし絵  二拍三連 一拍半フレーズ

Part.3

短調

step3-1

短調とは

step3-2

短調の曲をヴォイシング

Bluebossa, Summertime

Part.4 

A Form, B Form

step 4-1

テンション入り II - V - I  A Form, B Form

step 4-2

短調での A Form, B Form

step 4-3

コードを軽くする

Part.5

少し難しい弾き方

step 5-1

ストライド奏法

step 5-2

ブロックコード

step 5-3

ブロックコードとストライドの組み合わせ

step 5-4

ブロックコードにベースを入れる

part.6

step 6-1

移調の練習 

step 6-2

イントロ

step 6-3

エンディング

リードイン テイル

part.7

7-1

和音の配置について

7-2

主なヴォイシングの比較

7-3

伴奏形(アルペジオとストライドのバリエーション)

Part.8  

アドリブの準備

step 8-1

アドリブのための練習 分散和音

step 8-2

アドリブのための練習 スケール

step 8-3

組み合わせ

step 8-4

テンションリゾルヴ

step 8-5

アッパーストラクチュアトライアード

Part.9  

ペンタトニック

step 9-1

キーにあわせたマイナーペンタトニック

step 9-2

コードにあわせたペンタトニックユニット

step 9-3  

ペンタトニックユニット(三音)

Part.10  

リハーモナイズ

step 10-1

循環コード、パラレルモーション、クリシェ

step 10-2

セカンダリードミナント、裏コード

step 10-3

モーダルインターチェンジコード

step 10-4

単純化、ペダル

step 10-5  

まとめ


 

このレッスンでは次の曲を課題曲として使いました、曲別にヴォイシングを復習するには 下の曲名をクリックして下さい、それぞれの例は 同じ方法を一貫して使っていますが 実際にはいくつかの方法を組み合わせて演奏します。

Mary Had A Little LambWhen The Saints Go Marchin' In / Take The "A" Train / C Jamblues / Blue BossaSummer Time
以下の曲のヴォイシングも参考にして下さい Love Me Tender / Satin Doll / I Got Rythm

モアジャムホーム