Step 1-3

ベースを動かす 3、7のアクシス


3、7のアクシスは 重要なコードトーン1つとベース(ルート)の組み合わせですが ベースを動かすと デッドスポットをうめたり リズミックな推進力を得ることができます。

メロディーがとまったら 左手を動かす癖を付けましょう

  • 分散和音ではありません 強拍に原形を使い補助的にベースを動かすのが基本
  • 次のコードのルートにつなげるようにコードトーンから選ぶ
  • 同一コード内では R 5th のくり返し等の音形を使う
  • メロディーと重なる音は避ける

fig. 1-3a アクシス原形 

fig. 1-3b ベースを動かすアクシス 

fig. 1-3b2 
 
 

fig. 1-3c

1-2 で練習した セインツ(3、7のアクシス)のベースを動かした例です タイミングをずらすだけのやり方(9小節目)も効果的に使われています 参考にして下さい。 

 

fig. 1-3d  下の譜例にコードネームを書き込んで何度も練習し 手癖にしどの音形がどんな効果があるのかを覚えなさいて。

C : IV-VII-III-VI-II-V-I  

fig. 1-3e  循環コード( C:I-VI-II-V )に応用した例です コードネームを書き込んで練習して下さい、左上から右下 左下から右上など混ぜて弾いてみなさい。 

メリーさんのひつじ の前半4小節をのせて弾いてみなさい。(余裕のある方は Db:, D:, Eb:, E:, F:, に移調して書き弾きなさい)

 
課題

1-2 で 実習した Love Me Tender その他の曲に ベースを動かすアクシスで左手を作り 書いて弾きなさい。
戻る 
目次
 次へ