コードネーム表記のしくみ (1)
(トライアードとセブンスコード)

Root を英語の音名で示し、3rd, 5th, 7th(6th) の音を Root との音程で表わしている。M3rd, P5th は何も書かない事によって音程を示している点に注意


◆ 四種類しかないトライアード(三音和音)

複雑な和音も トライアードを基礎につくられている、7th ( 又は 6 ) ,9th を重ねたとしても基礎になっているトライアードの 3rd,5th が変更される事はない。( 11th, 13th を重ねる場合 3rd, 5th を省く事はある →2-6-2

 

 シーオーグメント     シー        シーマイナー     シーディミニッシュ(注)

 

 

半音の数

度数

表記

V の場合

I の場合

5th

8

増五度

#5

xコード、Mコード、M△に使われる

7

完全五度

無記

6

減五度

♭5

xコード、mコード、m△に使われる

3rd

4

長三度

無記

mの文字は 3rdを区別するために使われる

3

短三度

m

Root

0

完全一度

音名をアルファベット大文字で記す( A〜G,必要なら♯♭ )

 

シーオーグメントは C+ のほかに C#5 Caug という書き方もあります

(注)ディミニッシュトトライアードはあまり使われないので この書き方もすたれてしまった 7を付けなければο も dim. もトライアードという説もあるがあいまい

 

(課題)白鍵のルートの上に長三和音(メイジャートライアード)と短三和音(マイナートライアード)を書いて弾きなさい

(問題)メイジャースケール(長調の音階)上にできる7つのトライアードの コードクォリティは何か答えなさい。

 


◆ 基本となる五種類の7thコード(四音和音)

トライアードに 長7度音(M7th) か短7度音 (m7th) か減7度音(dim.7th) かを付け足したのが 7th コード 次の五種類が重要です。

 

 

 

基礎になるトライアード
書き方
読み方
クオリティーの分類
M△
CM7 C Maj.7
シーメイジャーセブンス
メイジャーセブンス
C7
シーセブンス
ドミナントセブンス
m△
Cm7 C Min.7
シーマイナーセブンス
マイナーセブンス
-△

Cm7b5
シーハーフディミニッシュ
シーマイナーセブンスフラッテッドフィフス
ハーフディミニッシュ
Cο Cdim.
シーディミニッシュ
ディミニッシュ

 

半音の数

度数

表記

V の場合

I の場合

7th

11

長七度

M7

Mの文字は 7thを区別するために使われる

10

短七度

ファ

5th

8

増五度

#5

xコード、Mコード、M△に使われる

7

完全五度

無記

6

減五度

♭5

xコード、mコード、m△に使われる

3rd

4

長三度

無記

mの文字は 3rdを区別するために使われる

3

短三度

m

Root

0

完全一度

音名をアルファベット大文字で記す( A〜G,必要なら♯♭ )

 

ディミニッシュは ドミナントセブンス b9 の根音省略形(短調の VII°)ですが ( → 6-2, 8-2 , ) はじめは短三度の積み重ねととらえた方がはやいでしょう)

他に M+, X#5, Xb5, mM, M6, m6, がありますが(→ クオリティー一覧表)上の五種類が重要です。

(問題)

  • メイジャースケール(長調の音階)上にできる7つのセブンスコードの コードクォリティを示しなさい。
  • CM7, C7, Cm7, Cφ, は何長調の何番目の和音か答えなさい。


◆ 三度堆積を変更する指示
 

Sus.4

3rd のかわりに P4th を弾きなさい。 (普通 Xコードに使う)

7th のかわりに M6thを弾きなさい。

add.9

7th, あるいは 6th を入れずに 9th を付加しなさい。

6コードは 短三度下のマイナーセブンスコードかハーフディミニッシュコードと同じ構成音になる(C6 ≒ Am7, Cm6 ≒ Aφ)最低音でコードネームを選べばよい


★ Inversion (転回形)

  •  最低音が Rootなら

Root position 〔基本形、基本位置)

  •  最低音が 3rdなら

1st Inversion 〔第一転回形)

  •  最低音が 5thなら

2nd Inversion 〔第二転回形)

  •  最低音が 7thなら

3rd Inversion 〔第三転回形)

   と呼ぶ。

最低音を除く 上声の置き換えは 転回 ではないので 注意しなさい。

コードネームでは 転回形を G7(onB) のように表わす。

 


★ Close / Open

ベース音を除く上声がすき間なく配置されていれば クローズボイシング という。
いずれかの声部がオクターブ上又は下に移されて隙間がある配置なら オープンボイシングという。

コードネームでは クローズとオープンの違いを表わせない。

 

まとめ
  • まずアルファベットからルート音をきめる
  • 次に m があるかないか あれば短三度 なければ長三度
  • 次に b5 -5 #5 +5 aug. dim. 等 5th を変化させる指示があるかみる なければ完全五度
  • 次に 6 か 7 か M7 が あれば 足す

    というふうに 下から順に構成音を決めていきます 慣れれば一瞬でできます

コードネームは Root を英語の音名で示し、3rd, 5th, 7th(6th) の種類を Root との音程で表わしている。3rd,5th は何も書かない事によっても音程を示している点に注意。3rd を区別する無記と m 、7th を区別する7 と M7 、m と M を混同しないように。

 

半音の数

度数

表記

V の場合

I の場合

7th

11

長七度

M7

Mの文字は 7thを区別するために使われる

10

短七度

ファ

6th

9

長六度

6

7のかわりに6

(ラ)

5th

8

増五度

#5

xコード、Mコード、M△に使われる

7

完全五度

無記

6

減五度

♭5

xコード、mコード、m△に使われる

4th

5

完全四度

sus.4

3rd のかわりにP4th

(ド)

3rd

4

長三度

無記

mの文字は 3rdを区別するために使われる

3

短三度

m

Root

0

完全一度

音名をアルファベット大文字で記す( A〜G,必要なら♯♭ )

長調のV の和音の表わし方が標準と考えると解りやすい たとえばハ長調の V, G7 はシンプルな表記で4つの音を表わせるが それ以外の変化した構成音を表わすためには m,M,#5,♭5 等の文字を補うことになる。

線で消してある表記は使いません 枠内のコードタイプはよく使われます。

トライアード
add 6th
add m7th
add M7th

 

 ┃

 

長三度 ┃

 

 ┃

 ┗

 

┃ 完全五度

 ┏

 ┃

短三度 ┃

 

 ┃

 

 ┗

 

課題

クラシックの小品など 音符で書いてある和音を コードネームで表してみましょう。

エリーゼのために、トロイメライ、ショパンのノクターン、リストの愛の夢、ユーモレスク その他お好きな曲の楽譜で試して下さい 長いものは曲の一部で結構です。

 


コード表
まずメイジャートライアードかマイナートライアードを探して 次に右に書いてある 6,7,M7 のどれかを付け加える。

♯5, aug, +5, 等の指示は 5th を半音上げる、♭5, -5 の指示は 5th を半音下げる。

この表は和音構成音を確認するためのものです 実際に使う場合は適した音域になおして下さい。

音を置き換えても コードネームは変わりませんが 一番上に半音のぶつかりがある配置は使えません。

6コードは短三度下の m7 コード  m6 コードは短三度下のφコードと同じ。