English


旧理論講座に使ったテキスト1章〜13章までの目次が このページにあります スクロールしなくても 下の項目をクリックすればその章の目次にとべます。


  • 索引もあります。
  • かいつまんで読みたい方はここをクリック
  • 新テキスト附録 音の出るページ も見て(聞いて)下さい
  • 旧テキストの中で音の聞けるページはの印をつけました (Quick Time)

1楽譜 / 2コード / 3モードと音列 / 4機能和声 / 5長調の和声 / 6短調の和声 / 7モーダルインターチェンジコード / 8セカンダリードミナント / 9コードパターン / 10コードスケール / 11コード進行のアナライズ / 12メロディーのアナライズ / 13ペンタトニックモードとブルーズモード


0−1 このテキストで使う記号と用語
0−2 
索引
0ー3 
まえがき

1 楽譜

1−1 鍵盤 と 大譜表
1−2 
声と楽器の音域
1−3 
記譜音と実音(移調楽器)
1−4 
反復記号
1−5 
音程の数え方 音程の転回 音程の分類、複音程
1−6 
変位記号と本位記号
1−7 
拍子

2 コード

2−1 倍音
2−2 
ロウインターバルリミット
2−3 
コードネーム
2−4 
コードクオリティー
2−5 
ヴォイシング
2−6 
テンションノート
2−7 ハーモニーフラグメント
2−8 
アッパーストラクチャートライアード(分数コード
2−9 
不協和音程の解決
2−10 
声部進行 の原則
2−11 
V - I の 声部進行
2−12 
A フォーム と B フォーム

3 モードと音列

3−1 音楽の原材料モード
3−2 
モードの骨組み 核音
3−3 
16の七音モード
3−4 
機能和声と旋法的和声
3−5 
モーダルインターチェンジとセカンダリードミナント
3−6 
様々な音列

4 機能和声

4−1 長音階 短音階
4−2 
12 の 調
4−3 
同主調と並行調
4−4 
ドミナントモーション
4−5 
II - V - I と IIφ- V - Im( )
4−6 
ウラコード ♭ IIx
4−7 
偽終止と終止中断

5 長調の和声

5−1 長調のセブンスコード
5−2 
長調のナインスコード
5−3 
ファンクション(長調)
5−4 
ケーデンス(長調)
5−5 
メイジャースケール内でのテンションとコードスケール

6 短調の和声

6−1 短調とマイナー系モード
6−2 
マイナー系モード の セブンスコード
6−3 
ファンクション(短調)
6−4 
ケーデンス(短調)

7 モーダルインターチェンジコード

7−1 長調で使うマイナー系モードの和音(準固有和音)
7−2 
長調で使うメイジャ−系モードの和音
7−3 
フリジア系モードの和音
7−4 
ドミナントマイナーコード
7−5 
モーダルインターチェンジコード一覧表
7−6 
平行短調のモーダルインターチェンジコード
7−7 
モーダルインターチェンジコードのファンクション分類

8 セカンダリードミナント

8−1 セカンダリードミナント (Sec. V )
8−2 
パッシングディミニッシュ
8−3 
Sec.♭IIx
8−4 
Sec. V の偽終止等

9 コードパターン

9−1 I − V のバリエイション
9−2 
I − IV のバリエイション
9−3 
ターンバック
9−4 
クリシェ
9ー7 
Exactly Parralel Motion

10 コードスケール

10−1 M.I.C.コードの基本コードスケール
10−2 
Sec.V の基本コードスケール
10−3 
コードスケールによるモ-ダルインターチェンジ
10−4 
V 内でのモーダルインターチェンジ
10−5 
Sec. V 内でのモーダルインターチェンジ

11 コード進行のアナライズ

11−1 ファンクションとケーデンスの分析
11−2 モード設定の分析
11−3 調設定の分析
11−4 リハーモナイズ

12 メロディーのアナライズ

12−1 ノンコードトーン
12−2 モーダルメロディー
12−3 ポリモード

13 ペンタトニックモードとブルーズモード

13−1 複旋法の考え方
13−2 
マイナーペンタトニックモード
13−3 
マイナーペンタトニックモードに使う同主七音モードの和声
13−4 
複旋法的に使われる Ix と V
13−5 
様々な位置のマイナーペンタトニックモード
13−6 
ブルーズモード
13−7 
ブルーズモードの和声
13−8 
その他のペンタトニックモード
13−9 
ペンタトニックモードの iv 音終止

モアジャムホーム