ファンクション(短調)

 

Minor Scale の重要な音(核音) i ,iv , v をそれぞれ Tonic (主音)Sub-dominant(下属音) Dominant(属音)と呼ぶ。 これらの音を根音とする和音を TonicMinor Chord,Sub-dominant Minor Chord,(又は Sub-dominant Chord) DominantChord(又は Dominant Minor Chord)と呼ぶ。この主要和音の中に全ての音階音7つが含まれている。

 エオリアンモード 

   ドリアンモード  

ハーモニックマイナーモード

メロディックマイナーモード

 Fm Gm Cm 

  F Gm Cm  

  Fm G Cm

 F G Cm

他の和音も いずれかの主要三和音と 同じ機能を持つので 代理コード としてそれぞれのFunction に分類する。Function(機能) の特徴音は マイナー系モードでは次の通り。コードトーン(R,3rd 5th 7th)が 問題になる。テンションは ファンクションに 影響しない。

 

  • 安定 終止を感じさせる和音
    • TM (トニックマイナー機能の和音 コードトーンに ♭ iii を含み iv を含まない)
  • 不安定 途中を感じさせる和音
    • D (ドミナント機能の和音 コードトーンに iv と vii を含む)
    • DM (ドミナントマイナー機能の和音 コードトーンに iv と ♭vii を含む) (→7-4 )
    • SDM (サブドミナントマイナー機能の和音 コードトーンに iv と ♭vi を含み vii を含まない)
    • SD (サブドミナント機能の和音 コードトーンに iv と vi を含み vii を含まない)
    • (♭VI M は iv を含まないが SDM に分類する。♭VI M6 が 安定した本来の姿と考えられる)

これらの特徴音によって マイナー系モードの 7th Chord は次の様に機能分類する。[ ]は♭viiを含む和音。( ) は vi を含む和音。小さな文字は 余り使われない和音。太線内は短調の基本的な和音

6-3-1

Function TM と分類されている ♭IIIM は少々問題がある。並行調への転調ととらえるべき進行が、♭IIIM を中心に形成されるからである。並行調の長 短 二調は、同じ音階音を共有し ごく近い関係にある。TMに ♭IIIMを使った場合 ♭ iii 調のトニックコードとして 聞こえる。5-3 のメイジャーキーの VI に関する注意と 上記のマイナーキーの♭IIIM に関する注意は 表裏の関係で 並行調がごく近い調であり、両調に属する 分類上 曖昧な進行が有ることを述べている。

理論テキストの目次にもどる