地磁気(9)

 

27.地球の中心から生まれる、生命の源となる地磁気は、左巻きら線の形を取りながら、外へと走る。地軸は、それを遮ろうとする力が凝縮されて出来たようなもの。それは右回りとなって、磁極を生み出す。

 変化とは無縁の動きの無い原因は、停滞し続けることで存在し得る、非生命の力。左回転しながら変化する生命力(の原因)に触れると、決して動かされないようにと、それは右回りをつくり出す。元々どこにも無かった右回転は、左回転への抵抗から、その姿を見せることになる。

 

 地上(地表面)での左回りは、地球の中心からだと、右回り。それは、地磁気とは融合し得ない動きのため、非生命的(非地球的)現実の下地となる。地面での向きも、物の動きでも、それが平面的には左回りである時、その背景には地磁気への拒否・反発が在ると思ってよい。左回りを続けて平気でいられる原因を、人は持たない。

 電気のみで生きる地磁気不要の存在は、当然のようにして右回転を選び、地球との生命の繋がりを避ける。そこでの停滞感(人としての原因の無さ)に触れることで、動きを鈍くさせられる、地磁気を大切にする存在。一生命としての人間経験を表現する人にとっての病みは、地球の中心から見た右回りが原因であることを、それは教える。左巻きら線の動きは、地球に生きる生命体験の、その健全な基本要素である。

 

 

28.好転的変化が阻まれることで、その自覚も無く右回転しつつ増大する、不調や痛みの原因。そこに在るのは非地磁気の動きであるゆえ、地球の中心から見ての左回転をテーマに、身体細胞のその原因(磁気)を元気にする。思考や空間も、それに応える。基本は、人間の目線を外した中での、地磁気と融合する左回転(左巻きら線)である。

 それは、物理的時空での放射線(の次元)の浄化にも活かされ、細胞レベルでのDNAにも応用できる。深海や南極、電離層や磁気圏、及び列島(地球)全土の放射線を左回転へと促してみる。それらのことを通して、地軸のエネルギー源となる部分も、動かざるを得ない時を経験する。

 

 太陽からのプラズマのその主な物質は、電子4に支えられる、陽子11718。余裕で地球を守るはずのそれは、磁気圏に阻まれ、その質を変えられて、ヴァンアレン帯(放射線帯)の材料となる。磁気圏は、電子3を主に非地球的性質を拡大させ、地磁気不要の生命たちの、その負の原因の土台となる。太陽風(プラズマ)は、左回転。磁気圏は、右回転の物質で成る。

 右回転が天体級に集約されるようにして在る、地軸。その源は、電子1による陽子1718。それは、銀河風と呼ばれる銀河宇宙からの物質の流れ(のその原因の力)によって支えられ、地球が何をしてもどうにもならない時の、その重石として存在し続ける。太陽時間から見ると、太陽風と銀河風とのせめぎ合いのような現実が繰り広げられているとも言える。

 

 地磁気の元気には、あらゆる次元からの応援が可能であるが、究極的には、地軸を解放する程の原因の動きによって、地球及び太陽の底力を刺激することになる。地球の息吹きを完全に潰し切ろうとする意思によって密度濃く積み重ねられる、非地球的原因からの、その無くてもいい人間の歴史。現代に至り、そこでは重要な局面となる人間時間が存在し得るゆえ、その人間の次元から、地球の歴史を突き抜けて行く程の原因を強めつつ、地球の自浄力の手助けをする。原因の世界の成長・進化は、いつの時も、地球の喜びと安心のために動き続けている。

 

 

29.光を生み出す放射線の性質を備える、様々な物質。それを考えると、その物質の原子レベルでは、光の速度を遥かに上回る電子の動きが在ることを理解する。物質の作用に影響を及ぼしつつ、その全てを支配する、原子核の周りを回り続ける電子。その姿は、人間の、一生命としての在り様を顕にする。

 人間が触れ得る次元のそれとして、電子1213の物質のその原因となる部分を形にして来たが、それ以上に重要なのは、そこでの回転の向きである。電子12の世界は、全てが左回転(左巻きら線)であるが、電子13の物質にも、地磁気と融合する左回転のものは在る。やむ無き受容と確かな変化をテーマに、それは、地球と共に、左へとら線を描きながら回り続ける。

 

 回転は、身体時間を経験する上で何より重要な、その食環境において、大きな仕事を担う。当然、左回転するそこでの電子は、地磁気で生きる(原因を備える)人の中で、その健全・健康の様を支える。病気や争い事の存在をあたり前とする人の中では、生きる力として、右回転の電子が活かされる。

 植物は、基本左回転である。彼らは、土の中で地球と繋がり、地磁気に敏感に反応しながら、自然に育ち、実を付ける。しかし、多くの水(湿った土壌)を必要とする植物は、その多くが右回転となる。地磁気で自然と育つこと(植物本来)からかけ離れて、常に人間の手が必要とされるという、その不自然な姿が、回転を非生命のそれへと変えていく。

 

 電子の世界では、左回転に逆らうようにして右回転が生まれ、原因の変化を拒む人のその生の材料として、それは活躍する。食の世界の他、価値観や常識、喜びの質や照明にも在る、回転。中でも食は、細胞を作るものであるゆえ、この地球に生きている以上、地磁気と融合する左回転の食を摂り、脳活動を本来にする。砂糖も塩も穀物も、この無有日記を通しての体験的知識を活かす。

 

 

30.思考から始まる科学的アプローチでは永遠に分からない、電子の世界。でも、直感の次元で戯れる原因の世界からだと、その必要性に応じて、知り得ることも自然と変化に乗り、形になる。無有日記は、それを遊ぶ。思考は要らないから、自由に、触れるべきことが思考を通る。

 電子は元来左回転で、2個の粒子が電子内でそれを回転させる。好き勝手に創造と破壊(衝突と衰退)の時を、この太陽系で生み出そうとする意思は、その電子内に入り込み、全く動きの無い粒子(×1)をそこにくっ付けて、非生命的(非宇宙的)な物質の次元をつくって行く。強い生命力を備える物質の電子内では、自ずと右回転の力が強まり、そこでの停滞と破壊を、それは愉しむ。その背景としては、「太陽と地球と無有日記」が参考になる。

 電子の次元で特に強力な右回り(停止状態)を持つ物質は、銀河風の本質として宇宙空間を腐敗させ続ける、陽子13を操る電子1である(それを陽子1の電子1が支える)。真の宇宙のその意思表現の具現である太陽は、絶え間なく磁気(太陽風)を放出し、惑星たちを、その脅威から守り続ける。地球も、太陽の想いに応え、右回りの陽子13に(マントル内に)入り込まれて、大気を覆われても、持ちこたえる。

 

 地球に託された生命たちは、左回転の芯となるべく原因を高め、地球と太陽が抱え続ける負の原因を動かし、本来へとそれを回転させて行く。「地磁気」は、二度と戻ることのないその変化のプロセスとして、ここで仕事(EW)をし続ける。

 左巻きら線の動きは、それだけで、生命本来のその原因を力強く支える。地球自然界は、それに嬉しさを覚え、生命たちは、地球と共に安心の時を生きる。(しかしながら、夜行性色を濃くさせる人間世界は、右回転を強め、太陽の光を避けて、地磁気を押さえ込む。)ここから未来へと、人間がその生の原因を繋ごうとする時、その最も重要な材料は、左回転の動きである。人は、この「地磁気(9)」の機に、より人間らしく、普通の人間になる。

 

 

31.地球自然界のあらゆるところに無数に存在する、微生物。ただ生きるために生きる彼らは、様々な環境に自らを適応させ、自分たちに影響を及ぼそうとする意思がそこに在れば、それがどんなであれその全てを受容しつつ、ありのままに、そのままを生きる。動植物が現れるよりもずっと前から、地球と共に、終わりの無い無限の時を微生物として生きる。

 その微生物の世界には、当然物質が在り、数十種の元素がそこで活躍する。その中には、他よりも強い影響力を持つ元素が在り、特に陽子17のそれは、その中心的な役回りで居て、微生物全体の動向(の質)に影響を及ぼし続ける。なぜ地球は、負荷を抱えさせられたまま、自浄力を発揮できないでいるか…。その理由が微生物の世界には在り、陽子17の物質が受容し続けるその負の原因が、廻り回って地球規模の不自然・不調和の元を生み出していることを、それは伝える。

 

 地球に生きる生命たちの、その基本活動を支える微生物。地球と繋がり、地球に託されて生きる彼らであるが、その本質は受容と変化であるため、抵抗や反発の次元を、彼らは知らない。常に変化し続ける原因で居て、どんな環境下でもそれを更新しつつ、生命としての変化そのものを生きる。ところが、その性質を、地球空間には無いはずの非生命的意思に利用される。彼らの電子は、地球と融合する基本形を備えながらも、それを右回転へと歪められる。

 そのままであれば、地磁気との繋がりを普通に、その蘇生・還元型の原因で、停滞も腐敗も無い時空を生み出し続ける、微生物。電子内の次元を操られた彼らは、回転を不調和に、二者択一的世界のその元となる生(材料)を余儀なくされる。現代に至る様々な非人間的現実のその背景にも、回転を歪められた微生物たちの存在が在る。彼らがその本来を失う程のかつての非地球的現実は、自転軸や磁極の在り様の、その原因にも影響を及ぼしている。

 

 2020年に入り、微生物の次元において、電子の回転が本来へと動き出す。その変化は微々たるものだが、それに一早く反応した植物たちは、これまでの経験から自由になれる時を楽しむ。そして2021年に向けて、天候が健全さを思い出せるぐらい、地磁気は少しだけ負荷を外す。この無有日記と共に歩み続ける生命たちの、地球が嬉しい原因づくり。右巻きら線の価値観や食、照明などとの不要な融合から自然と離れていた原因は、地磁気と繋がる左回転の食の実践から、より力強く変化に乗る。地球本来の陽子17も、2020年ラスト(60日程)のそこでの生の原因から、その回転を変えて行く。

 地球の生命力にも、地軸の原因にも関わる、陽子17の世界。それは、微生物の次元でも重要な役を担い、その在るべき姿への変化に、人間時間を経験する生命たちが関わる。向かい、求めていては永遠に出会えない、この今の、次への原因。細胞の分子・原子の次元を確かに変える左回転の原因(価値観、食etc.)は、微生物を動かし、地磁気を刺激する。生命本来が、地球自然界を包み込む。by 無有 12/01 2020

 

 

地磁気(10) トップページへ