普通の風景

 

1.人間の脳を操る存在は、時に粒子であり、磁気であって、無数・無限の能力表現を多次元的に行使しながら、好き勝手に人間を遊ぶ。それぐらいだから、その姿を形容することは、限り無く難しい。

 しかし、その存在の意のままに、脳を動かし、言葉や文字を生み出して来た、人間。物や形の性質などによって、それに当てた(それを対象とした)言葉はいくらでも存在するが、その中に、何気にその存在が反応し、そう呼ばれることで、何らかの反発・反動のようなものが生じる言葉が在るのでは、と勝手に想像する。

 人間を通して、繰り返し使われ、仕事をして来た、言葉。その間、そこには、ある種の同一の感覚・感触を抱かせたり、明確な描写の材料として活かされたりする言葉が生まれ、それを共通認識の道具に、人は会話や文字による表現の場を設ける。そんな中に、脳の操り手が、図らずも自らの性質を反映させてしまった言葉が在ると、勝手に想像する。

 

 すると、他とは大きく異なる感覚とそれへの違和感が、質を違えながらもその次元を高め、次第に脳の中の磁気次元を遡って行ける程の原因が動き出す。そして、それは姿を見せる。その言葉は、菌。菌という言葉を原因に、行ける場所が、どこまでも広がる。

 反発は強く、攻撃は凄まじい。ところが、図星状態というのは、当人にとっては、それだけで不充分さをつくり出す。その度に通るべきところを通り、処理すべきところは、確実に処理する。菌という言葉への嫌がり度は、思いの外強烈であるため、そこに居ることで可能となることが、次々と形になる。多次元的世界の至るところに触れ得る道として、菌が、その気も無く、その案内役を担う。

 

 

2.脳の中に、脳は無く、肝臓や腎臓の中にも、それらは無い。在るのは、菌。様々な物質がそこには在っても、その物質自体が菌の個性ある姿であり、それを菌が動かす。脳神経細胞の活動は、脳内の専属のようにしてそこに住み着く菌たちの、その増殖活動のこと。体内のどの器官も組織も、それぞれのその特性が活かされた菌によって支配され、脳と小腸のそれは、その磁気活動を強力に、細胞レベルでの電気を操る。

 体内の菌は、体内特有の磁気の仕事をしながら、人間としての生命活動の、その本質となる役を担う。物質の結合の際にも、菌はきめ細かくそれに関わり、それぞれの磁気が、同質・同類の次元を楽しみながらつくり出す。そんな菌でも、彼らは、太陽の光(磁気)を恐れる。それと同次の、無有日記からの光無き光に反応する余り、菌は、人間に、光に仕事をさせない暗い(黒い)装いを持たせる。静磁気状態が安定する黒は、人間を動かす菌(磁気)にとって、安心できる色。操られるまま夜行性化(獣化)を強める人間は、黒の割合を増やしたファッションで、その非人間的本質を顕にする。

 

 菌(という粒子の磁気)が脳内で動くと、電気が生まれ、それによって、人間の身体は動くことが出来る。菌の粒子は全て、陽子13(電子9)絡み。中性子を違えた数多くのその原因(意思)が活動的に仕事(脳活動)をすることで、人間は、人間でいられる。それらはまた、それぞれ特有の性質や方向性を生み出す。

 記憶や知識が電気を生み出す静磁気の材料であることを考えれば、思考も感情も、菌の好き勝手な働きと言える。人と人との間の問題(特に男女間のこと)も、磁気で遊ぶ菌の、操り人間状態。人間は、菌の所有物として在り、その様を用意してくれた存在のおかげで、彼らは、自分たちの住みやすい世を、人間としてつくり出していく。

 

 

3.菌からすれば、人間を使って遊べるだけ遊ぶ…それだけ。情や思考を忙しくさせても、その後何事も無かったように出来るのは、人間ではなく、菌だから。食べていれば満足なのも、暗い服(黒い物)を好むのもそう。脳を操る菌が、人間の姿をして歩いている。

 何かを見てステキやキレイだと思う時、そこには、その対象物主導の菌の働きかけが在り、人は目を通して、自らの菌をそれに呼応させているという事実が在る。好印象や強い刺激などを生み出す物を利用した菌によって、簡単にその(磁気の)影響下に収まってしまう、人間。人や物に対する好感の殆どが、脳内で磁気を操る菌の、電気仕掛けの仕業と考えて良い(恋愛の類もそうである)。

 

 菌の遊び道具として、彼らの思い通りの人間の世がつくり出される、菌の世界。目や耳は、元々そんなものは無くても全く構わない彼らに、人間を楽しむためのその材料となって使われる。だから、嘘の(電気のみで生きる)人間は、都合よく(身勝手に)見たくないものは見ず、聞きたくないことは聞かない。菌は、磁気を力に、貪欲な電気活動を繰り広げ、狡賢さ(計算高さ)や凶悪さなども、蛇や猫絡みの人間の中で磨きをかける。

 自分の欲のために食指が動く時にだけ、身体が活動的になる、菌と同一化した夜行性人間。菌は、欲を満たすためのそのプロセスの中に常に居て、それ以外は平気で無視する。そうである人間は、人としての基本的なことまで、欲のために退ける。

 そして、そうであり続けられるようにと、その次元の人間は、菌との連繋を密に、優遇される立場や勝手が通用する場所を手にする。菌の思惑通りに動く人間は、妙な力で欲深さを正当化しつつ、菌を生きる。

 

 

4.目は持たず、感覚も感情も無い、菌。欲を満たせるかどうかの判断のみで動く、菌。そんな菌が身体を支配しているわけだから、感性の無さも責任感覚の未熟さも、当然と言えば当然のこと。菌も、それそのものの人間も、人間にしか分からない無有日記を嫌う(恐れる)。

 あることに満足すると、それでそれは終わり、元に戻って次なる欲を具体化しようと、動き出す。大小いろいろな欲がそこでは入れ替わり、人は、不満足と満足の間を行き来する。それが菌の人間版。欲は、人間の本質・本能ではなく、単なる、菌の歪な特性である。

 空間も、菌によって支配される。その全ては、自分たち菌仕様。そこに相応しくないもの(人、形、価値観etc.)があれば、共鳴感の違いから瞬時にそれを感じ取り、その全てを攻撃(破壊、押さえ込み)の対象とする。中性子を違える139)が多次元的に無限に在ることで、空間そのものが自分たちの住み処となり、人間は皆、その中で弄ばれる。

 

 支配された人間から見れば、何も分からない中で、人間的に決められたそこでの価値基準を基に、正しいとされることを、正しさとして生きる。それを人は、人間の然るべき道と考える。

 支配する菌から見れば、その何もかもが自分たちの操作によるものなので、何が有っても無くても、その全ては欲のための材料。生きることの質など、端っからどうでも良い。

 人間がどこまで行っても本当の人間を生きることのないよう、菌は、人間を支配する。であるから、その菌から見た人間世界を通して、菌の姿を見る。それは、唯一の、人間の変化への道筋。

 

 脳内の菌には、他の部分とは大きく違った性質(次元)を備える場所が在り、それが、神経同士を結び付ける、神経間での伝達の仕事を担う粒子(磁気)である。陽子は、他と同じ13であるが、電子は3で、形あるところでは、脳の中での仕事において、それは活発に活動する。(無数に在る)異なる中性子数のそれによって、内容や関わるところを違え、それは行われる。夜行性人間の脳活動に仕組まれたその粒子(菌)を以て、人間は、同質・同次の時空を過ごし得るよう、それを通して操られる(地磁気で生きる生命体の脳は、それを不要とする)。

 

 

5.

 

トップページへ