心の遺伝子

 

1)誰もが優しさを普通とするから、その大切さが意識されることはない。生かし合うことは生きる基本だから、誰も人のために、と考えることもない。何も要らないから、必要なものは全てあり、新たに手にするものは、その中での必要性とムリなく重なり合う。

 誰もが温もりそのものだから、人を隔てる経験を知る人はいない。人が困る状況を引き寄せる経験も知らないから、特別な行為が生まれることもない。その全てが、始まりも終わりも無いそのままの営みだから、滞りもなくそれは人から人へと伝わり、心身の成長は、常に自然体でのそれになる。

 

2)風に吹かれ、水に流され、時は風景となり、それとひとつになる時を通して、風景は喜びを運ぶ。共に生きる経験は、その喜びを風に乗せ、水に溶かす。それを受け取った自然界は、生命たちを心から生かし、その変化を温かく支える。その何気ない交流を通して、人は、形を持たない想いの質を広く深いものにし、触れ合い、感じ合う世界の感覚と責任を高めていく。

 そのままで分かり合えるから、共に何かをし、自然界の意思とも想いが繋がるから、その何かが常に次への原因になる。何かをすることで始まる世界を離れ、いつも想いが大切な何かを創り出している。

 

3)人は、知ることを知らず、ただ知るべきことの中で、自由に遊び、時を癒す。行くべき場所も、関わりも、みんなの望みのそれとなり、どこにいても、どんな時でも、安心と余裕を普通とする。その伝わりと広がりは、時の流れを滑らかにし、次に続く生命たちの水となり、空気となる。

 それを見守る、悠に時を超える大自然の息吹。それは、草木や動物たちを人間に出会わせ、理由の要らない地球感覚を育ませる。

 

4)不穏な空間とは無縁であるため、正しさという概念はどこにも無い。身勝手な発想など誰も理解できないから、良いこと、という思考も存在しない。そこでの何かは、空間の意思であり、それに呼応する心の意思。そこでの感覚は、調和との融合であり、それを普通とする存在としての調和。日々の歩みは、まるで風のよう。

 そんな生き方を実感することはなく、ありのままにそっとそれを支えている。それさえも何でもなく、全てがそのままである。それは、人間時間を吹き抜ける、生命の歴史の街路樹のよう。

 

5)目に見えるものの周りにはいつも、目には見えない永遠があることを普通とするから、目に見えるものの先にある風景が、その現実(もの)を置いてきぼりにすることはない。その手前の風景も、もちろんそれと繋がり、その中に在る。永遠という名の、変化し続ける瞬間の今。過去も未来もひとつになれる原因を連ね、生命世界の素朴な普通に、限られた身体時間を重ねていく。

 周りの、形を持たない場所も含めて観られることで、形は、形でしかない場所にいることもなく空間に溶け、時の上を流れていく。触れる人の感性に乗り、作り手の想いを次へと届け、形は、形無き世界の自由意思を自在に織り成していく。人間の身体も、基本は同じ。その手前から、それを通り流れて行くものが、互いを繋ぎ、共にいる空間を次へと融合させていく。

 

6)伝わる喜びは、その原因の風景に悲しみを持たない。広がる優しさは、その始まりを誰も知らない。そうではない経験が無いから、そうである理由は要らず、ずっといつまでも、愛溢れる風景は普通でいる。

 喜びは、どんなことでも人をそこへと案内し、連れ添う優しさを心の風に変える。どんな人も活躍する、誰にとっても嬉しいみんなの喜び。どんな時もそれは自然だから、共に生きる他の生命たちも喜び、悲しみは見えない。

 生命の意思の通り道でいる喜びは、優しい行為を知らない優しさと仲良く時を癒し、理由も意味も近寄れない(生まれない)真の平和を創り続ける。

 

7)心が通うから言葉が生まれ、何も無い時の密な繋がりを知るから、柔らかな行為がそれに続く。そのための学びに経験は要らず、そのひとつひとつの経験がそのまま本質を豊かにする。知識も理解も、違いとは無縁の、隔たりを生まない変化の道具。通ることで心は広がり、流れることで本来は安心する。

 人間時間の日常を彩る、言葉と行為。使われる言葉の成長を脇に、言葉を使う人間の成長を、生命として経験する。

 

8)どこにいても、何をしていても、伝わるものはどんなところにも伝わり、それ以外のどんなことも、それを妨げることはできない。そのありのままの姿は、思考の健全さを表し、脳の働きも、心の意思による自然体のそれとなる。その全てがその場所から離れることはない。

 どんな時も、誰といても、誰をも愛する想いが時を創るから、そこでの空間は、滞りを知らない。動物も植物も、共に融合し得る存在だから、生きる喜びを共に重ね、時を過ごす。連れ添う時に、一緒に変わる空間。友人のようにそれらは、共に地球で遊ぶ。

 

9)外も内も、人も自分もひとつである感性が覚える他の世界は、自分を知り、自分を観る、心の鏡。どんな人もそうであるから、誰もそうである理由を持たない。

 始まりはいつも外であって、人であり、自他の違いも知らない中で、時の流れに自分を乗せる。この今にある、その場所の以前の今と、この今になる、その場所の以後の今。振り向く場所も、向かう場所も、形ある世界のそれではないから、過去や未来が意識されることもなく、ただ変化し続ける今だけがある。誰もがそうである時の中で、人は自然な流れで変化(今)に乗る。

 

10)太陽は、地球に住む全ての生命たちが元気で、快活に生きていけるよう、そのための材料をくまなく供給する。地球は、注がれる光と熱を生命力に変え、そこに生きる動物たちの営みを際限無く支える。動物たちは、太陽の意思(魂)を感じ、地球の健気な働きを愛し、変化し、生命を繋ぐ。食べてもらえることで役目を果たす植物を中心に、人間も動物も、共に生きることを楽しみ、互いに生かし合う。

 その全てが、太陽との約束。そのひとつひとつが、地球との理解。人は、生命を生きる人間として、これらのこと(「心の遺伝子」)を人生の知恵に、太陽の魂に心を重ね、地球の優しさを自然体で応援する。生命としての人間でいる心は、地球自然界の調和そのものだから。by 無有 7/19 2015

 

 

トップページへ