素数の日記(2)

 

1.素数の原因に道案内されながら、時空をくぐり抜けて、光の糸をいくつもの場所に繋ぐ。無限分の一の分母を調整しつつ、直感を遊ばせ、機を伺い、意図を刺激して、ゼロの原因の背後に出る。そしてそこから、無意識の意思世界を弄ぶ存在たちの趣味に付き合い、その意思を辿って、どこまでも行く。

 歩めば、必ず次は訪れ、それへの対処で事は完璧…と思うから、そうではない次がまた訪れる。そんな風にして歩み続けなければ行けない場所ばかりを通り、地球を、元の元気な姿に戻すための最短距離を歩み続ける。

 

2.非人間性を当然の在り方とする(そのための)価値観に力を持たせ、地球と共に居る生命たちのその意思の具現を阻み続けて来た、非生命の意思に守られる存在たち。その様を安定させる物質はいくつか在り、人間の脳の次元に近いところでのその働きかけに、その意思は、サマリウム144を活かす。それは、多数が共通して備える危うい本性のその指南のような役どころでいて、彼らが素数ではない数字(の原因)と静電気を取り込もうとするその姿も、その物質によって支援される。

 

3.食べても力が出ず、睡眠を取っても気持ちが動かないままの、そんなあり得ない状態から、心身の原因全てが、滑らかに、力強く回転する時を普通として行く。地球が元気になろうとする時、その手前では、地球から生まれた生命(人間)たちの本来が強くなる。それを見届ける、素数たち。彼らの原因は、先に回転を強める。

 

4.永い間に(特に数万年前から)脳を通して積み重ねられた、その経験の原因全てを記憶する、生命の意思。続くいくつもの未来への道筋に、地球が喜ぶ自然界の希望が見え出すこの時、それは、自らが抱え込んだままの非生命的な原因の解放をし始める。それは、素数の原因との融合が引き寄せた、生命世界の望み。これまでにない怠さも、まとまりの無さも、そうであることの形。

 

5.場所は、この現代の人間の住む世界。きっかけは、人間経験を重ねる生命たちの、何気ない直感。力を取り戻した素数の元となる意思は、人間関わりの経験を材料にこれまでを見つめ、二度とそうはならない(押さえ込まれない)ための原因づくりを、生命たちと共に実践する。それは、人間の次元にも欠かせない、生命体験の要素。その流れは止まらない。

 

6.素数は、自らの分を思い出し、出来ることを楽しみ、時空を癒す。砒素とサマリウムそれぞれの元素層に在った、その超異物級の粒子への反応も、それは彼らにとっての更なる表現力のひとつ。人間という生の次元のその質の修正の重要さを知った素数たちは、より細かく感性を研ぎ澄ませ、未来地球への望むべく原因の中で、生命たちと遊ぶ。

 

7.素数と共に歩み続ける中、無有日記は、彼らの本質がありのままに普通であった頃の(地球時間の)その原因に触れ得、そこから、形ばかりの人間誕生のその内実を、改めて深く、余裕で観察するに至る。ここまで来ると、どんな性質の負の原因であっても力を無くすのでは…と思えるぐらい、その経験は貴重で、人間空間における重力の次元も、本来へと変わるべくそのための多次元的な分解(好転反応)が為されて行くと思われる。原因の質を地球の意思に重ねつつ、一生命として表現し続ける。

 

8.素数の原因が近づくことも困難とする、非地球の意思からなる次元の物質と、その威力。素数の原因本来が力を付けることを殊の外嫌うそれは、なんとその素数が、自分たちの世界が崩されてしまうその材料に活かされてることに、愕然とする。そのことは、更なる経験創造の時を生み出し、人間の次元に触れることの無いはずの強力な負(分裂、不活性化)の原因、バナジウム61の存在をさらけ出すことになる。

 

9.経験や記憶から自由でいる変化の原因を確かに、繰り返しEWを重ねて、その質を高めていく。変化は、生命世界の基本であるゆえ、同じことはどこにも無い。同じように思えても、その何もかもが自由に変化に乗り、変化を創る。

 素数と元素のEWは、次なる原因を確実に変え、その元となるこれまでの原因をも変える。そして未来を変え、その全てを変化そのものにする。変化し続ける原因の質の変化ほど、力強い原因は無い。

 

10.素数が活躍する世界に、太陽の下で生きる生命たちは、皆安心する。どちらかでしかない歪な数の次元を包み込むようにして在る素数は、人間の世界発の、自然界への中庸(生命の原因)のメッセージ。傷つけ合うことも、支配も抑圧も無い人間本来のその姿を、素数を通して元気にする素数の原因との融合は、人が人として在る、生の基本材料である。

 

11.地球本来の在り様を離れた元素は、その不自然な(数の)中性子の不安定力にもより、簡単に非生命的な原因を形にしようとする。それは、心ある普通の人間の生きにくさの理由となり、非生命食を馴染ませる変化とは無縁の人間の、その生きる力となる。素数の原因は、その修正の機会を差し出し、生命たちは、彼らの力を借りて、その実践の時を生きる。それは、この時代の、一度切りの未来への原因。

 

12.人間の脳とその生きる姿勢に影響を及ぼす元素(の次元)への対処を通して改めて気づかされるのは、多数が見せる言動や受け応えの態度(笑顔や心配顔)は全て、作り物であるということ。

 言葉から始まり、態度で気持ちを表すそのことからでしかコミュニケーションし得ない存在たちは、その全てを非生命の意思に従い、その支配の元で、安心して嘘の原因(人生)を生きる。ここに記した元素とその質量数の原因を通して、意外な反応や反動が普通のこととなり、その理由がよく理解できるようになる。

 

13.形無き世界で妙な力を発揮する、見た目は力無さそうにしている存在のその秘められた危うさを、素数の原因は教える。ずっと昔から、彼らによって常に(特に睡眠中に)生きる力を押さえ込まれてきたことを、その原因が動き出す実体験を以て、人は理解する。形無き世界(次元)の影響を受けなくなるであろう心の風景に、素数は嬉しい。

 

14.地球の原初からの営み全てを知る、素数の原因。そうであり続けられる形ある世界のその理由を形無き次元で把握する彼らは、かつて自分たちが経験した重量級の負荷と同質のものが、この人間の次元にも関わっていることに気づかされる。その場所へ、人間経験を最大限に活かそうとする生命たちを案内する。そして、可能性にかける。

 

15.体の構成成分の代表のような、炭素や窒素、酸素よりも陽子の数が少ない、思考では捉えにくい元素たち。普通の人には無縁の、恐ろしく質量数の多いベリリウム48は、ヘリウム11を基に、非生命的本質を生きる人間の、その無意識の意思による他者への破壊・不活性力に、形無き次元で活かされる。

 普通の人は、何も分からず、そのことを受容しつつも(ヘリウム本来の原因で)自動的に対応するが、それは容易ではない。それは、実に摩訶不思議な、形無き次元での異様な姿。EWを通して体験すれば、それも普通のこととなる。

 

16.何の決まりも無く、自由に、時空を旅するようにして繰り返されていた、生命としての転生。それが、重石のような不気味な力で不自由なものとなった数万年前の(その時の)、その仕組まれた転生に使われたのが、ホウ素38

 その質量数とその威力は、人間の思考では永遠に近づけない。それだから、この今もそうであり続けようとする、その歪で、非生命的な、作り物の転生。その材料となる元素の側で、素数の原因は胸をなでおろす。

 

17.地球の望みでもある岩塩のその生命力をきめ細かく心身に溶け込ませたことで、ここにその質を大きく進化させ得た、素数の原因との融合。黒岩塩が無ければ、何も始まらず、地球の意思がそれを通るから、素数も心強い。

 溶け出すとそこに現れる繊細な姿を通して、黒岩塩のその力強い意気は伝わる。岩塩の普通摂取は、それだけで素数を通る原因の活力を高め、地球本来の(塩分の無い)海のその原因を未来に繋ぐ。

 

18.ひとりひとりの経験は違っても、人間以外からはその姿は皆同じに見え、更にそのどちらも(人間とそれ以外も)、地上で生きる生き物の様として地球全体から見ると、その全てが同じになる。

 そして、それぞれには、それがそうであるためのその原因となる世界が各自在り、それは、そこでの形ある現実を存在させている存在として、意識し得ない次元で、その全てを支えるようにして存在する。

 地球が、非地球色で染まり行く何億年もの間において、質量数の多い(中性子の数が陽子のそれより3040も多い)元素は、現象世界の外へと(次元深くへと)居場所を移動させ、その力で、形ある地球自然界の不調和を固定させ続ける。

 

19.人間の知が触れ得ない、人間経験の外側に在る元素にも反応する、素数の原因。ずっと昔から地球感覚の生の原因を繋いで来た生命たちと岩塩がそこには在るから、彼らは喜んで、在るべき本来の変化のために、力を注ぐ。そして、人が経験することになる、一生命としての感覚の楽。把握しつつ、実践を重ねる元素へのEWは、人の心の中の地球を確実に元気にする。

 

20.争いや病気を生み出す非生命的な感情の原因を、その姿無き本質の部分(次元)に無自覚に備えるという、人としてのあり得なさ。夜行性動物同様、それは地球上の異変で、「直感」の人間版として、そこには、非地球的な影響を及ぼす元素の存在がある。他でも何度か登場した、ルビジウム。質量数が100を超えるそれのその強力な負の力は、形ばかりの嘘の人間性で良しとされる世を作り出す。

 

21.数字の世界にその自由を押さえ込まれるようにして在った、素数の原因。この現代に姿を見せた彼らが何より驚いたのは、人間という生き物が持つ、その非生命の要素(力)。人間であっても、地球が嬉しい一生命ではないその姿に怖さを覚えると同時に、その理由となる原因のところにどれ程の危うい物質が絡んでいるかを、彼らは確認する。そして、人間の思考の元となるその次元を覗く。

 

22.ここに至り、次々と顕になる、非地球的生の姿と、その原因となる物質。目標に向かい、結果を大切にするその生き方を人間らしさとして固定させたその意思は、そのことでごまかせられる内側の回転(心ある原因)の無さを力に、流れない腐敗空間を勝手放題に生み出していく。素数の力を借りつつ、形にし得た元素たちを浄化し、地球のために、その非生命からなる不穏な原因のかたまりを砕く。

 

23.脳の働きには、脳そのものを存在させている物質とその意思が関わるが、人間の知が入って行けるのは、前者のその物質のほんの一部だけ。ところがその意思の背後には、それとは全く別次の、より巨大な影響力を持つ意思が存在し、人間の脳という次元は、均一にその支配の中に居ると思ってよい。

 思考からだと永遠に未知となるその世界であるが、リチウム77という、異常の中の異常物質のその原因を刺激してみると、そのことで覚える感触を通して、それは体験的知識のひとつとなる。それによって変わり出す人間(世界)の姿も見ることになり、生命たちの、進化し続ける普通は、さらりと更新する。

 

24.太陽に生かされ、育まれる、地中からの生命力(植物)は、地球に生きる動物たちの生の糧。それが在るから、非地球化した元素による物質空間であっても、彼らは生き存え、生を繋ぐ。

 その非生命色を濃くさせた物質でのみ生きる(地球の異物である)夜行性の存在によって、侵され、潰されていく、地球環境。それでも持ちこたえたから、この今が在り、夜行性の本質を持つ人間のその負の原因にも対応できる時を創り出す。地球が、この時代と一緒に動き出す。

 

25.地球と繋がる原因の力をここに通し、ここに至る負の蓄積のその原因を、どこまでも遡り、浄化していく。ここで共に成長する素数の原因と向き合うところは、ヘリウムと水素それぞれの、地球時間の歪みを生み出す程の元素層(次元)。人間も含めた生命世界のその基本形が、地球発のそれと重なり合う。

 

26.天体規模の原因からだと、鉱物や動植物の原因はとても小さく、それが人間存在の原因となると、それは見えないくらい小さい。そして、確かなのは、そのどの次元にも水素が在り、ヘリウムが在るということ。それを考えれば、人間の思考世界に在る質量数のそれらは、人間だけに通用するものであることが分かる。

 地球が存在し得るための、そこに在る、数限り無い次元の元素の世界。地球の、その無くてもいい経験からそれを観る時、そこには、人間の理解が遥か及ばない質量数を備える物質(元素)によって、この人間の次元が支えられているという、物質の世界の実が在る。

 

27.人間の姿を一生命としてのフィルターに通してみれば、そこには、非生命的な生を普通とする人間が居て、それへのEWを通して、人は、彼らが、他の夜行性動物と一緒にある次元のヘリウムによって脳を活かされて(操られて)いるというその原因の事実を知る。

 人間経験を覆うようにして在るその物質は、当然人間の思考世界には無く、地球に生きる生命への支配という次元から、その全てにそれは影響を及ぼし続ける。ヘリウム47という、人間の思考とは無縁の、実に恐ろしく、不気味な物質。その姿は、元素本来が力を持てないままここまで来ている、その大きな理由のひとつである。

 

28.地球と人間それぞれがそうであり続けるその原因は、当然ながら全く違う。そしてそれは、関わる元素の世界でもそうで、人間世界で捉え得る水素元素も、大きくその質量を違える(水素の)次元に、地球は付き合う。

 元素世界の基本となる水素の、それぞれが関わるその質量数の違い。(知識枠内の)数種の水素の存在は人間の次元特有の物質である、ということを、地球感覚の普通の理解とする。

 

29.世にしつこく居座る問題事のその原因を遡って行くと、人間が誕生するよりもずっと前の地球規模の現実がその土台として在り(「再生」「復活」)、更にその深くへと入って行くと、大きく変質した、非地球的原因そのものの水素の次元がそこには在る(「地球の真意」)。

 想像の域にも収まらない水素57EWを、面白おかしく行ってみる。その、人間の次元のどこにも無い物質を通して、人は、地球の望むべく変化(自浄)のその原因創造に、一生命として関わる。もちろん、人間の世界(の原因)も変わる。

 

30.素数の原因は、地球と共に在り、太陽と地球が協力して持ちこたえようとするその姿に、どこまでも連れ添う。素数の原因の故郷は、陽子の元となる次元。何も無いけど、全てが有る、宇宙本来の世界。無の中の無限を知る彼らは、銀河の中で異端扱いされる太陽系(地球)を、周りの全てから守り続ける。

 

31.素数の原因との融合が普通となると、生命本来の基本形は力強く安定し、それが難しかったこれまでのその原因となる不穏な意思(物質)に触れても大丈夫な自分になる。そして、世に在る様々な異質の次元というものが、単なる質量数(中性子の数)の違いによるものであり、多分に観念的な(身勝手な)思考の産物として、4次元や5次元という概念があることも容易に把握する。

 人間の世界には、人間にしか経験できない質量数の元素だけが在り、それよりも多い質量数のいくつもの次元に、人間は、多次元的に影響を受けている。

 

32.人間の思考が、生命世界の実と重なり合うその姿に、素数はとても嬉しい。そして、これまでに一度も経験の無い経験を創り出そうとするその力が人間の中で膨らみ出していることを、彼らは見届ける。

 素数は、自分たちの能力を全開に、それを活かす人間のその原因とひとつになって、いくつもの時空のその次元深くへと入って行く。生命たちの地球感覚は、人間の世界を、人間経験の外側から余裕で観る。

 

33.例えれば、宇宙本来からの使者のようであり、それそのものの姿のようでもある、素数の原因。彼らは、この地球で、人間にしか出来ないことのその具現への流れを、より滑らかに強力にするための仕事を担い、その質を進化させるべく人間の直感を、次々と新たな次元へといざなう。

 その重要なプロセスとして、彼らが差し出す、銀河の本質への更なる理解と実践。永いこと人間の心身奥に在り続けている、動きを止める(阻む)動きの無い物質のその原因が、元から動き出す。

 

34.混乱と破壊を楽しむ銀河のその意思の出所からなる物質は、基本は、この太陽系(地球空間)のそれと同じ。大きく違うのは、質量数。

 1~4番目に在る、水素、ヘリウム、リチウム、ベリリウムそれぞれの質量数は、皆数百を軽く超える。それらが無限・無数の次元と物質を生み出し、破滅と崩壊へとその全てを向かわせ、それを遊ぶ。

 そして、その銀河の中心を通って、いくつかの天体を住み処にこの地球に近づき、それに非生命的に働きかける存在。それらが備える(一体化する)物質の質量数は、宇宙版の漫画のよう。この人間世界のその全てが、それに支配される。

 

35.元素世界のその質量数の違いからなるそれぞれの影響力とその原因の姿に触れ、元々持ち合わせる無限の力を甦らせる。

 人間経験を実践する生命たちは、この地球のための原因づくりにここに居て、着実に地球の望みに応える。ずっと昔から繋いで来たその原因をここでは最大限に活かし、それに付き合う素数と共に、宇宙の中心を、次に繋がるこの時空に通す。素数の日記によるそのための原因の進化は、止まることを知らない。

 

36.人間の次元からは永遠に接点を持てない、それとは全く異なる別の次元。しかし、質量数の違いでしかないその世界の実を、EWを通しての体験的知識とすれば、その時にはすでに、それまでとは違う原因の自分が居る。

 人間の真は、人間の次元を包み込んでそれを活かす、生命の意思。それは、身体でも脳でもない。そこでの感性は、大自然の息吹きであり、地球の生命力の、その具現への通り道である。

 

37.生命としての本来の感性は、無くてもいい経験のその積み重ねでしかなかった人間の歴史を、さらりと通り抜ける。そして、そこに在り続ける夜行性の原因を浄化し、地球が嬉しい新たな歴史のその基礎になる。

 その案内役でい続けてくれている、素数たち。人間がすべきことをするために、彼らと共に、人間の次元を余裕で観る。

 

38.不安定な物質は、安定感のあるそれへの違和感を力に不安定感を安定させようと、歪な状態を常に作り出そうとする。質量数が多い元素は、それだけその不安定度を強め、それ以外の状態を知らずに、結果、支配や破壊を普通に、同元素層の強者級の存在となる。人間の世界でのそれは、不安や嫉妬(怖れや差別)を燃料に力を発揮するという、非人間的活動のその原因となる。

 

39.地球で生を営む動物たち(人間も含む)への影響というところから、元素の世界を観る時、質量数の多さのその原因は、元々どこにも無かった(密度の濃い)恐怖心のそれと同一と考える。恐怖心ゆえのその本質からなる、調和ある時空への破壊と攻撃。素数の原因が力無くさせられた時、そこでは、地球自然界を覆い尽くす程の、(地球を恐れる)非地球的元素が支配力を持つ。

 

40.どんな元素でも、質量数(中性子の数)が多ければ、それだけで、それらは静電気(静磁気)や歪な重力子の原因に絡み、空間や時間の流れにも、その影響は及ぶ。そして、同じ元素でも、質量数が数十、数百と違うと、当然それらは、存在する次元もその働きも大きく違う。

 地球感覚を持たない人間が知り得る元素の次元は、その中でも、人間だけの経験枠内に収まる、止まったままのような、実に粗く、衝突ばかりの(恐怖心を土台とした)、重たい世界である。

 

41.素数の原因を通して普通に姿を見せる、これまでのどこにも無かった世界。それは、人間の脳の次元を遥かに超えているため、そこから見れば(頭で考えれば)、全てが非常識で、思考に触れさせることも無意味なこととなる。それでOK

 人間の経験(歴史)を余裕で包み込む程でなければ、生命世界の要らない経験(のその原因)には対処できない。人が容易に感応する素数の原因ひとつとっても、思考のみで人間だけを生きる、非生命色豊かな存在には、永遠に理解(感得)できない。

 

42.文章が増えるにつれ、その質の変化は多次元的な広がりを見せ、その影響力も、引き寄せる現実も、奇跡という名の真の普通を楽しめる程となっていく。「素数の日記」は、素数の原因が案内する、全ての原因。体験が知識となる原因のままの変化は、そのどれもが普通だから、それは、どこまでも成長・進化する。

 

43.植物や昆虫の生の原因と人間のそれとが全く違うように、経験する次元も、互いは重なることはない。人間が融合出来ない次元がこの地球には無数に在ることを考えれば、質量がどこまでも多い物質が、人間の知を超えていくらでも存在することが分かる。そうであることも一切分からずに、人間の次元は、それを遥かに超える次元(質量)のその性質により、影響を受け続ける。

 

44.地球には、そこで生きる生命たちが(その誕生の手前から生を終えるまでの間に)経験する次元と、その全てを支える地球の意思の次元が在り、どちらも、不自由さの中での自由を繋ぎつつ、地球本来の原因に戻るべく道を探る。

 その道になろうとして、満を持して姿を見せた、素数の原因。この時の役を喜び一杯に表現する彼らは、自分たちも驚く自らの変化に乗り、地球(自然界)全体の不自由さのその原因から(人間世界の)全てを見るという、作られた無限の先に在る次元に、無有日記を案内する。

 

45.人間発のそこでの原因の成長が天体規模のその原因に触れ得るという、その時の訪れを心待ちしていた地球。それに応える生命たちの、その力強い原因は、生命本来の活力を容易に押さえ込む程の非地球の意思と、それに使われる物質それぞれの元素とその質量を把握する。そのことは、一気に普通の質を高め、その更なる次元でその様(生命世界の滞り)を支配していた存在の意思にも触れる。

 そのどちらの意思にも、その材料には砒素関わりの原因が利用され、両者の質量には、何万もの開きがある。それぞれの中心に在る陽子は、232。後者の質量数は、地球(太陽系)の外側の次元へと簡単に辿り着けてしまう程となる。

 

46.太陽と地球は、人間たちの原因がどこまでも進化するその姿を喜び、素数の原因で繋がる生命体としての次元を、それと重ねる。そして、創造と破壊を繰り返しつつ不安定(混乱、無生命化)を愉しむ存在の、その核となる水素に触れ得る時を共に引き寄せる。

 そこに在る、非宇宙の意思からなる質量(数百万も在る)。その原因へのEWを生み出し、大きく崩された陽子(中性子)の元を刺激する。

 

47.自らが素数であるような、感覚的原因のままの生を馴染ませていくと、地球規模の原因の次元からこの人間時間を観ているような、面白い自分がそこには居る。身体と人間時間を活かす生命本来の意思が活発になり、そのまま、事の本質の次元を漂うように生きる。右回転のその原因が非地球的恐怖心であることも、そこでは普通の理解となる。

 

48.素数の原因と共に歩み続ける、全ての原因。いつしか、その気(その時)になれば、どこにでも、どんな風にでもアプローチ出来るぐらいの余裕を手にし、人間の次元に関しては、遊び感覚で、どこまでも深く、広く、その実を把握する。

 そこに在る静電気と、そこから見える、その原因の世界の余りに不自然な事実。連動する変化を見つつ、面白おかしくそこを通っていく。

 

49.歪な質量数の中性子は、右回転の原因と同じ恐怖心の姿であり、それ以外の性質を知らない怯えと怖れそのものとなるその次元で、そのためとなる破壊力を形にする。その元となる粒子が人間の次元仕様になったのが、静電気である。

 それは、他者に不安や怖れを経験させることで、自らに溜めやすく、それを活かしやすくもなる、恐怖心を本質とする存在のその生の材料。湿度と停滞を好む静電気脳は、重く、流れないその原因で、自然界を不自然にする。

 

50.生命世界の基となる素数の原因とは一切融合できない、静電気。素数の元となる(無有日記と繋がる)次元のその無限の原因でその静電気を包む時、そこでは、いくつも在る中の4つの物質(元素)が動き出す。

 ルビジウム82、ガリウム81、マンガン61、炭素15。静電気は、それらの中性子の(原因となる)粒子による、本来そこには在ってはならない、非生命的な(電子)時空の現実である。

 

51.体の中に溜め込んだ静電気を元に事を動かす環境自体、それは恐ろしく非人間的な状況と考える。変化・成長するばかりの普通の質が低下すると、人は、太陽の下で生きているというその生の基本さえも遠ざけられる程、非生命化する。

 歪なルビジウムのその原因は、非人間(性)振りを拡大させる異様な力。静電気の危うさから離れ、人間らしく、生命を生きる。じめじめした湿気の原因を把握し(「地球の真意」)、静電気が弱まる(体から出ていく)湿度の低い爽やかな時空のその原因を形にする。

 

52.食事、価値観、感覚などのその原因の質が、他者の悲しみと痛みの上に在る、静電気脳。それに付き合わされ、生きにくさを経験する、生命本来の脳。素数の原因は、そこに在る不調和の元を浄化し、地球と共に生きる生命たちのその普通を活き活きとさせる。歪な中性子関わりの重苦しい物質(静電気)は、地球本来の原因の中で、次第に無くなっていく。

 

53.生命たちのその人間経験の域に集約された、この時代ならではの、非生命的現実の際立ち。素数を通して次々とここに合流する彼らのその元となる意思は、地球感覚を普通とする存在たちのその生命力の芯がLEDによって簡単に崩され、壊されている事実のその原因に入り、そこに在る、破壊型の重要3要素(及びその質量)をあぶり出す。そして、かつてのどうにもならなさの経験のその理由深くへと、地球の次元を超えて近づき得る時を創り出す。

 

54.形ある不調のその元となる形無き原因に、より多次元的に対応し得る時を経て、素数の原因繋がりのEWは、地球本来からかけ離れた高湿度空間のその背景をきめ細かく浄化する。湿度が静電気を支え、静電気が湿度を安定させる、そこでの非生命的負の原因の絡み。岩塩を通しての体内の湿度への対処から始まった望むべくその流れは、その原因を太陽の普通と繋ぎつつ、地球と共に、時空を本来へと変えていく。

 

55.体内に溜まった湿度(静電気)を処理し、その人の居る空間を健全なものへと変えていく、岩塩と素数の原因。その湿度をそのままに、不健全な重たさと変化の無さを共有する、素数の原因を避ける人と海の塩。まずは、黒岩塩のブロックを握ってみる。

 

56.人の心身が理由も分からず不調を覚える時に、その材料として人知れず使われる、頭だけで(湿気のような価値観で)生きる存在の中の静電気。湿度を生み出す海塩で固められ、精白された(腐敗型の)穀物で力を付けるそれは、素数の原因とは無縁の、夜行性の本質。

 

57.中性子のその原因となる負の粒子が(反電子絡みで)暴走する、LED照明の有る空間。植物たちは、それを身を持って早くに伝え、繋ぐ責任を外された小動物たちは、望みを人間に託す。

 水と空気が地球本来から離れていく、その無生命化の力。素数の原因と共にいる生命たちは、静電気と同次に在るLEDの、その破壊力の元となる意思と向き合う。

 

58.この地上における人間の次元には、静電気脳(夜行性)を支えるある生き物が存在し、それは、遥か昔からこの地(西)に在る、ある特殊な物体との融合で、そのための数百という異常な質量のルビジウムを自らとする。東西に在るいくつかの神宮がそうである理由となった、その生き物たちの影響力。人間によるその非道な負の歴史は、彼らの下支えの元(低次空間)で生み出される。

 

59.地球と繋がる一生命としての人間と、そうではない形ばかりの人間をキレイに分けてくれた、LED照明。素数の原因も、そのことで入るべき原因の通り道を容易に見つけ出し、この人間世界から始まる、未来地球への多次元的責任を快く実践する。地球のための、生命としての重力を引き寄せるその時のために、彼らは、それとは真逆のLEDのその破壊・破滅型の力を処理し、次なる原因にそれを利用する。

 

60.見渡せば、そしてこれまでを思えば誰にでも分かるはずの、LED照明のその恐ろしい影響力。そのことを無視できるというあり得なさの中で力を手にしたその嘘の原因は、確実に時空が変わり出すこの時の負の象徴として、地球自然界から注目される。

 地球の望みである素数の原因を完全に退ける、非生命そのもののLEDの威力。それと共に居る静電気(静磁気)も歪な重力子も、誤作動状態となる。

 

61.自由に無限の仕事をする地磁気(地電流)回転の、そのある部分(次元)との融合を可能とすることで、ムリなく存在し得る、従来の照明(交流)。それとは全く相容れない、非地球的時空を生み出す、LED照明(直流)。LED照明の光は、地球の生命源となる地磁気を人知れず力無くさせ、そこで生きるもの、そこに在るもの全てを、確実に破壊する。

 

62.

 

トップページへ