人間(5)

 

1.人の住む世界では、共に生きることのその役割上の立場として、人々の中心にある人が居ることはあっても、そうではない、人が人を支配する立場として、そのことが存在することはない。有るとすれば、それは、共に生きることの大切さが崩れ、壊れてしまっていることを意味する。政治でも経済でも、それぞれの社会生活でも、人が人としてそこに居れば、支配欲や権勢欲からはあたり前に縁遠いところで、人間はそれを共有する。

 その人としての基本からなる様が力無く不穏なものになることを、人は放っては置けないのだが、内なる非人間性を形に、狡賢く(欲深く)生きようとする心無い人間は、その不穏な世を土台にいかに生きるか、と負の連鎖の接着剤のような人生を送る。彼らは、そのための立場や地位を利用し、人々に影響力を及ぼせる場所で、自己満足に浸る。

 不健全な原因がしつこく潜む世で成り立つ、不公正な政治と不自然な経済。そしてそれらに支えられる、心(原因)の性質が無視された、教育と文化。それらをそのままにしないために大切となるのが、素朴な子供心を基とする(その原因からの)健全な感性と違和感であり、そうではない現実の、その原因の選択と実践である。それ無くして、人が事の内実を変えることは不可能で、その大切さを普通とはしない人のその個人的な思惑により、変化とは縁遠い世が不自然に安定してしまうことになる。

 人は皆、好きなだけ自然と戯れ、共に遊び、そして自由に動き回るそれぞれの子供時代のその経験を、調和と友愛のその形無き原因(基本)とする。ところが、不思議なことに、それを嫌悪する異様な意思を備える子が居る。彼らは、子供時代に育むべきことに背を向け、そこで有ってはならない自己本位の感情を強めていく。

 それは、人間時間をその意思表現の道具として操ろうとする、姿無き存在(本当の自分)の、現代仕様の手段。そこに在る支配・征服欲を形にするためのその準備として、当然のようにして子供時代の子供らしさを退け、(心ある表現の基礎である)子供時代には当然無縁であるはずの差別や優越の世界で、狡賢く個を生きる。

 彼らは、その歪な経験全てが正当化される世のその基礎となる生き方で、それを支え、同質の存在たちが作り上げた不穏な社会の、その不健全さに守られる。その後、それを放って置ける立場や地位を上手く手にし、大小様々な人の空間において、その中心となり、負の影響力を及ぼす。彼らにとっての子供時代の子供らしさの無さは、その非人間的な本性からなる支配・権勢欲の材料としてあり、巧妙にそれが具現化されるためにある。

 子供たちが皆、子供時代に、その時ならではの遊びを中心に、子供心を元気に(生命溢れる)想いを活躍させて過ごせば、政治や経済が、人としての普通感覚を忘れた不穏なものになることはない。友と自由に遊び、好きなだけ戯れ、おしゃべりをして、理由の要らない喜びと楽しみをみんなで共有すれば、不安発の出来事も、隔たりや不公正を生み出す決まり事も、生まれなくなる。

 それらを尽く無視し、遠ざけて、子供の頃から、見た目(体裁)や結果(他との差)重視の世界に身を置く子が居るから、政治がみんなのものではなくなり、経済が、形ばかりで中身の無い不自然・不健康なものになる。社会の問題事のその原因は、子供時代に作られる。

 人としての人間本来からなる普通が壊されたままであるために、この国は、生きる自由と平等の精神が尊重される世でも、人の生きにくさや動きにくさが繰り返し生み出されるという、歪な(未熟な)政治が繰り広げられる。その病み続ける世に合わせて、自らの危うい本性を満足させようとする存在は、幼少時から、自分が、一生命を生きる人間であることを放棄する。彼らは、自分のために人を利用できる立場(地位、肩書き)を手にするために、子供の時から、人間が持てないはずのその醜い意思を、上手く形にする。

 役割としてでしかない立場は、人としての在り様を普通とする人が、気負いも頑張りも不要とする中で、さりげなくその役を担う。そこに、課せられる責任は無く、ただ人としての責任ある原因が、その人を通る。それを人々も知り、共に生きることのその滑らかな流れのために、その必要性として、役がある。

 そこでは、対処しなきゃならない問題事も、誰もがその原因から離れていることを普通とするので、どこにも無い。責任の次元が違う。だがそれが、人間本来の社会の普通である。人は、誰もが社会の一員として社会を支え、支配や権力といった概念も、それらが思考に住み続ける経験を、人は知らない。(子供時代に子供心を育まなかった人の、その経験(感情)の記憶が原因となって引き起こされる、彼らに都合の良い争いや病気(衝突、隔たり、偽善etc.)も、そこでは、居場所を無くす)

 子供の時に、共にその原因を育み、みんなで元気にする、調和や友愛(健康や平和)の土台となる子供心。その心の基本となるものが、人の中に普通に在れば、政治も経済も、教育も宗教も(文化も環境も)、問題は無くなっていく。それは、人間にとって、とても単純で、大切な普通。人間であれば、それを無視することは出来ない。

 政治や経済の絡む世の問題事の全ては、子供時代に子供らしい経験を重ね、嫉妬や差別とは無縁の子供心を共に育むことで、面白いぐらいに、その姿を変えていく。不安も心配事も無い子供時代は、社会の基本。それを守るのが、社会の仕事。そこから自然と生まれ、形になる役割(立場)は、始まりも終わりも無く、ただそのままで、みんなのために、共に繋ぎ、支え合う。大人たちの子供心は、何の裏返しでもない(理由の要らない)健康と平和の原因を、普通に成長させていく。

 

2.

 

 

 

トップページへ