父・金久正著「増補・奄美に生きる日本古代文化」(1978年・至言社刊)より、第4章「「はら」(腹)と「はるち」(腹内)」を6回に分けて全文収録です。(ルビ文字は( )の中に、ルビ強調は下線で示しました。また文脈上あきらかな校正ミスと思われるところは文意を整えて示しました。)
 この島には、親類を意味する語に、ハルチという語がある。これは明らかに「はら」(原・腹)と、うち(内)とが複合したものである。ハラウチ>ハロチ>ハルチと転化したのであろう。ここで、おなじ趣好の造語に、トノチ(とのうち、殿内)などのあることを思い合わすべきである。
 今日の国語には、これと似た語に身内という語がある。いま、ハルチという語の日常の使用例を、よく調べると、親や兄弟に対しては、これは適用しないようである。大体三親等以下がハルチの部類に入る。同じ腹から出た兄弟はまさに「はら」(腹)で、それ以下、まだ「はら」(兄弟)の内に入るものを、ハルチと呼んだのであろう。
 今日のキョーデ(兄弟)という語を広い意味に用いるならば、ハルチ(腹内)と同じ意味になる。
 いま歴史的想像をするならば、一つの「はら」(氏)を構成する大家族が漸次分化して、今日みるような小家族、すなわち、この島で、ヤウチ(屋内)、ヤブス(屋株)、ケブリ(家振り)となった。兄弟も別々の屋内(やうち)を構え、妻子をもうけるようになると、この同一「はら」の各屋内が、相互を呼ぶに、ハラウチと呼んだのが、後には個人単位になって、ハルチとなまっていったのではあるまいか。
 とにかく、はるち(腹内)は、親と対照して用いられる。親が血族の縦の連なりならば、「はるち」は、その横の連なりといえよう。
 民謡に、
  吾(わ)ぬやこの島に、親腹内や居らぬ
     吾ぬかなしゃしゅる人(ちゅ)ぞ吾(わ)親腹内
 (私は、この島に親・親戚はいない。私を愛顧してくれる人こそ、私の親・親戚も同様の人である)。
 親については、「あじとあじがなし」の章でふれたので、ここでは兄弟姉妹を含めて、広くハルチと称するものの関係、呼称を概記してみる。
 ヲト=をっと(夫)、トジ(刀自)=妻
 妻のことは、またヤトジ(家刀自)ともいう。古語の「いえとじめ」のなまりであることは明らかである。ヤトジという語は、なお、意味が発展して、ネンゴロ(懇、妾のこと)に対し、本妻を意味することもある。なお、このほかに妻のことをジョウシキべとも呼んだ。これは明らかに「ざうしきべ」(雑色部)のなまりである。これには平安文化の影響が認められる。雑色部とは、その昔、雑事のご用をもって、朝廷に仕えた部曲、部民のことで、この語が、この島に流れ込んでは、雑事を裁く妻に適用されるのは、また自然であろう。
 大正時代のはじめごろまでは、この語もよく聞えたが、今日では、もうまったくすたれてしまった。ところでその部曲、部民を表わす、べ(部)という語は、今日でもよく使用される。
 使用人、召使のことを、ツケべ(つかい部)という。なお、意味が発展して、「役」「義務者」などの意となり、英語のパート(part)を思わせる。
 吾(わ)ンナ書き部、ウラヤ読み部(僕は書く役、君は読む役)
 吾(わ)ンナ仕部(しーべ)ヤ有ラヌ(僕は何もする義務はない)
 結婚するの意味を表わす語は男の場合は、「トジ貰ラユル」(妻を貰う)または「トジカメユル」(妻を構える)であるが、女の場合は、「屋(やー)立チュル」(家を立つ)である。すなわち、自分の主家を立って他に「とつぐ」の意味である。国語の「とつぐ」「片付く」の意味である。「とつがせる」「片付ける」の意味を表わすのには、「屋立テユル」(家を立たせる)という語を用いる。実家を立たせて、他に嫁がせるの意である。
 民謡に、
  かなしゃするするに、加那や屋ば立ちゅり
     吾(わ)ぬや外(そと)巡り、泣ちど戻ろ
 (互いに愛情を交しているうちに、愛人は他に嫁ぐことになった。私は、もう愛人の家の外をうろつき回って泣いて帰ることである)。
 なお、民謡に、
  かしき召上(みしょ)らばや、箸早く召上(みしょ)れ
    水掛けの吾(わ)きゃや、肝急がゆり
 (かしき御飯を召上がるには、箸早く召上がって下さい。水を掛ける役の私たちは、心急いでいますから。肝=心)。
 昔は結婚式は、なかなか物々しく、死人を墓場に送るようにして行なわれ、嫁が生家に出戻りすることのないように、結婚式の時嫁が実家の門を出ようとする時に、茶碗洗いの汚水を嫁の立つ際に、その背後にぶっかける習慣があった。これは嫁が、二度と実家の敷居をまたがないようにとのマジナイであっただろう。
 結婚式のことは、しばらくおき、結婚式の歌を二つほど紹介してみる。
   けふのよかろ日に、思子(うめくゎ)貰(も)れ受けて
     今(にゃ)から先や大祝(ゆわえ)ばかり
 (今日の吉日に、可愛い娘御を貰い受けて、これから先は、うれしい祝い事ばかりです)
   くちゃぬ七(なな)くちゃにつぼで居る花や
     けふの良かろ日に咲かち上(うぇ)すろ
 (七重八重に、つぼんでいた花は、今日の吉日に咲かせてあげましょう)。
 ここで、ついでではあるが、「くちゃ」という語を考えてみよう。「くちゃぬ子」といえば、箱入り娘のことである。「くちゃぬ七くちゃ」という表現は、十重二十重に壁を巡らして、大切に囲まれている娘を、花にたとえて歌ったのである。「くちゃ」は、しわくちゃなどを連想させる。ところで、この「くちゃ」の「ゃ」は虚字で、「くち」が語幹で、「くべうち」(壁内)の略音語であるかも知れない。方言で壁のことを「クベ」という。「くちゃの七くちゃ」という表現は、古事記の速須佐之男の命の御歌とされている「八雲(やくも)立つ出雲八重垣(いづもやえがき)夫妻隠(つんまご)みに八重垣造る、その八重垣を」という歌を思い出させる。
 次に、今日特に、奄美本島下方で用いられている族称関係のおもな語を、ここに列記してみる。
 ヰンガ(えけが、男)―ヲナグ(をなご、女)
 アカ、アハッグヮ(赤子)―同上
 ワラベ(わらべ、子供)―同上
 ヰンガワラベ(男の子、息子)―ヲナグワラベ(女の子、娘子)
 ニセ(青年)―メーラべ(めやらべ、処女)
 ヰヒリ(兄弟、兄)―ヲナリ(姉妹、妹)
 アニョ(兄)―アネ(姉)
 アニョッグヮ(あにっ子、年少の兄)―アネッグヮ(あねっこ、年少の姉)
 オトト(弟)―イモト(妹)
 ヲイ(甥)―メイ(姪)
 イトコヲイ(従甥)―イトコメイ(従姪)
 イトコ(従兄弟)―イトコ(従姉妹)
 フタイトコ(二従兄弟)―フタイトコ(二従姉妹)
 ヲヂ(伯父)―ヲバ(伯母)
 ヲヂッグヮ(をぢっこ、叔父)―ヲバッグヮ(をばっこ、叔母)
 イトコヲヂ(従伯父)―イトコヲバ(従伯母)
 クヮ(こら、実子)―同上
 マガ(孫)―同上
 マタマガ(ひまご)―同上
 ヲイックヮ(をいに同じ)―メックヮ(姪に同じ)
 ヲイマガ(甥の実子)―メイマガ(姪の実子)
 フッシュ(祖父母の兄または、従兄)―ハンニ(はね、祖父母の姉、従姉)
 フッシュッグヮ(祖父母の弟、従弟)―ハンニッグヮ(祖父母の妹、従妹)
 ソバヲト(情夫)―ネンゴロ(懇、情夫、妾)
 ネングロックヮ(妾腹)―同上
 ヰンガダチ(男立ち、男やもめ)―ヲナグダチ(女立ち、後家)
 この島では、実子、子供を意味する語は、クヮ(kwa)であるが、これは明らかに、「こら」(子ら、らは虚字)のなまりである。ところでクヮが濁音化して、グヮになると、指小辞に変わる。これは音韻の変化に従って、意味の分化を生じる代表的一例である。
 なお、男女にかかわらず、一般に年長者をスダといい、年少者をオトト(弟)といっている。

(つづく)

                                    論考もくじへ @ A B C D E 

                                  ホームへ           更新日/2002年5月24日   
              

論考もくじへ
(W)
二 はるち