Let's teikade! -for Win95-

teikade とは Java の総合開発環境です。(株)PFUの佐藤、白神両氏に よって開発され、フリーソフトとして公開されています。 これ一つでソースの編集やコンパイルや実行、クラスライブラリの参照まで、 Java の開発に必要な処理がすべてできるようになっています。
エディターでソースを編集して、コンパイルや実行のコマンドを打って… という暮らしに嫌気がさした方は、ぜひ teikade を導入してみましょう。

teikade はそれ自体が Java で書かれているので、 Java が使える環境なら どの OS でも使えるようになっていますが、ここではWindows95 上での teikade の 導入法について説明してみたいと思います。


必要ファイルをダウンロードしよう

最新のteikade はPFUの teikadeのホームページ からダウンロードできます。 teikade にはいくつかバージョンがあり、JDK のバージョンによって 相性がありますので、自分の使っている JDK で使えるかどうかを確認してくだ さい。
おすすめは、最新の JDK1.1.5 を落としてきて、 teikade 1.8R2 という最新版を使う事です。(1998/1/9現在)

またこれらは zip で圧縮されているので、それを解凍するツールも当然必要に なります。これも Winzip Home Pageなどから ダウンロードできます。

これらのファイルは雑誌の付録CD-ROMなどに入っている場合もあります。


JDK のインストール

teikade は Java で書かれているため、Java の使えない環境ではインストール できません。まず JDK をインストールしましょう。すでに JDK をインストール している人は、ここは飛ばしてください。

teikade のインストール

次に teikade をインストールします。

teikade の起動

以上のことが無事に終わったら、teikade を起動してみましょう。

うまく動くことが確認できたら、起動用 bat ファイルを作るか、スタート メニューに teikade を登録しておくと快適です。 画面の使い方などは doc を読んで覚えてください。


行き詰まったときには...

それでもうまくいかない、というときには、以下の点をもう一度確認してみてください。 それでもうまく行かない場合は、 teikadeのFAQ を参照したり、 teikadeのメーリングリストなどに質問してみると良いでしょう。

みなさんのマシンにもうまく teikade がやってきますように!


"Java"はSunMicrosystems,Inc.の登録商標です。
"teikade"は鰍oFUの登録商標です。
Back なかやまのホームページへもどる