自炊生活〜 1997・ 1998

自炊生活〜1997


1997/11/7(金)ほたて貝柱のシチュー

昨日はまたシチューをした。大学時代は野菜しか入れたことがなかったが、 最近はその他に必ずメインディッシュを奮発するようにしている。 しばえびとか、ソーセージとか…
昨日は更に豪華に、ほたての小柱とかいう貝柱の小さいのにした。しかも 生食用とかいういいやつを。
すごくおいしかったんだけど、一緒に入れたブロッコリーが、冷凍していた ので味が落ちていたのが残念だった。それと、貝柱は生食できるくらいいいやつ だったんだから、食べる直前に入れて、もっと柔らかく仕上げれば良かったかも しれない。煮込みまくったから、ちょっと小さく、固くなっていたような気が する。
なんにしても、こんな豪華な具が入れられるようになったとは、いい身分に なったなあ…


1997/10/29(水)お惣菜と残りもの弁当

今日は昨日の晩ご飯だった温野菜のサラダとハンバーグ(お惣菜)を、ちいさい お弁当箱に詰めてお昼ご飯に持って来た。会社でひじきの煮つけと白ご飯と味噌汁 を追加して食べた。なかなか満足であった…
お弁当も、完璧に全部作ろうとせず、こうやって余りものを数品チラホラ 持って来るだけにすると、長続きするかもしれない。それと、一人具暮らしなんだし、 お惣菜の活用は経済的にも栄養的にも味付け的にもいいかもしれない。 (自分で作ると同じような味付けばかりに…)
頑張りましょう。


1997/10/21(火)料理の凡人

昨日私はスバラシいページを発見しました!それは 「料理の凡人」 というページです。
鉄人ではなく凡人でも手軽につくれる料理を投稿形式で紹介 しているページです。

これがもう、どうスバラシいかというと、ああ〜…

次から次へと脳に直接訴えかけて来るようなメニューの数々、 読んでいくうちに口の中には自然にあまずっぱいものがこみ上げ、 私はいますぐ何もかも放棄してスーパーへ疾走しそうになる自分を、 必死で押えねばなりませんでした。(仕事中。)

食欲は人間の3大欲求のうちの一つで、こういうとき人間であることは すばらしいと、改めて感じます。
高級な贅沢な料理もいいけど、やっぱり好きなものを好きなように食べる (時間や手間も含めて)のが、一番おいしいですよねぇ…

ああ、今日は何を食べよう、おなかがすいたなぁ〜…


1997/10/8(水)冬はいい…

昨日は肉じゃがをした。といっても私は肉が苦手なので、肉は入ってないけど。 久々にちくわを入れた。グリーンピースも入れた。煮物には砂糖を入れなければ ならないことを最近知ったので、砂糖もちゃんと入れた。
おいしい… やっぱりちくわはいい…
これから冬になって来ると、たべものがおいしくて参ってしまう…
ちなみに昨日は、みかんも買って食べた。2個も食べた。今日の朝も食べた。 昼のお弁当にもひとつ持って来た。
みかんもこれまたいい… 冬って素晴らしい…


1997/8/31(日)ほうれん草はきっと体にいい。

ここしばらく料理をする気をなくしており2週間おでんを食べ続けたことが 友人・知人にバレて(バラして)しまった。でも最近また元気が出てきて、自炊を 再開している。

今日は日曜で時間もあったので、ルーが半分残っていたクリームシチューを作った。 シチューにはじめてほうれん草を入れたら、予想以上においしかった。 ほうれん草は茹でて一回分ずつ冷凍しておけば保存が利くので、これからしばらくは ほうれん草に凝ろうと思う。(そういうことをするから栄養が偏る。)


1997/6/9(月)体力強化週間〜とにかく肉を食べよう

最近体力がないことがとても気になるようになってきました。ちょっと動いただけで すぐハアハアいうし、あまり運動していない日でも家に帰るとヘトヘトになって、 何もやる気が起きません。健康診断でも、貧血がDランクでした。知合いの人にも、 「お前はババアになったら死ぬ」と言われてしまいました。(うおー(汗)!?)
このままではいけない!
…そこで、先日からしばらく、「体力強化週間」を実施しています。(週間といっても 一週間以上続きます。)今週は「とにかく肉を食べよう」運動を行っています。 どうしてわざわざ肉に限定するのかというと、私は肉が超嫌いで、自分では絶対 購入して食べたりしないのです。今、朝と夜は自宅、昼は弁当、という生活になって、 肉が私の口に入る機会は激減しています。かなりまずい状態だといえましょう。
というわけで、ここ2日程、夕食には週末に買ってきた十勝黒牛とかなんとかという 良質の肉(せっかく嫌な物を食べるんだから少しでも良いものを…)を、「エバラ焼肉の タレ」で焼いて食べています。(肉料理を知らないので他に調理方が思い付かない)。 まだ2日目なので大した変化があるわけではありませんが、それでもなんとなく 頭の中がすっきりしているというか、ちょっとは元気が出て来たような気がします。
肉料理も覚えられていい機会です、この調子でもう少し続けてみましょう。


1997/5/28(水)お弁当作りは楽しい。

先日起きるのが遅かったのでお弁当を作っているうちに遅刻しそうになったことが ありましたが、今日は6:30に起きたので余裕でした。ご飯も前日に予約して おいたので、6:00頃から炊飯器がグツグツいいはじめ、起きるのにも効果的 だったようです。
おかげで今日のお弁当は豪華でした。のりをはさんだ卵焼きと、インゲンのハム巻 (これはちょっと失敗しましたが)と、アメリカン・チェリーのデザートつきです。 …たいしたことないと思う方もいるかもしれませんが、おかずが2品も、しかも 残り物を使わずについているなんて、私としてはすごいことです。 ご飯には「おとなのふりかけ」もかけて、彩りも綺麗です。
時間が有れば、お弁当づくりはとても楽しいことが分かりました。朝もたきたて ご飯でおいしかったし…
これからはなるべく、6:30に起きるようにしましょう。ね?>自分


1997/5/20(水)初弁当

今日ははじめて会社にお弁当を持って行った。でも、私はお弁当を持って行くことに 欠陥があることに気がついた。朝にとても弱いため、ぼーっとしていてスクランブル・ エッグに味付けをするのを忘れてしまった。この先料理をしていて危険が伴うような ミスをすることはないだろうか?

私に「お弁当で質素倹約」は可能なのだろうか…
…それでも私は挑戦する。


1997/5/19(火)幻の両腕

東京へ出て以来自由に食事のできない寮の生活により体調を崩しに崩して 悲惨な生活を送っていたが、とうとう自炊のできるアパート(しかも家賃が安い)に 引越し、一日有給を取って調理道具を買いそろえ、今日からとうとう自炊が できるようになった。
思えば今まで、朝は菓子パンと缶ジュース、昼はあまりおいしさを感じない (私にとっては)社員食堂、夜はコンビニ弁当という情けなさであった…今日からは健康的な 生活をしようと心に決める。

今日の夜から自炊を始めたが、記念すべき第一日目は、イモの煮っころがしと、 「ご奉仕品」で80円だったイカのはんぺんみたいなやつ。机がまだないので、 ミカン箱を裏返した上で食べる。しかし、味付けは自分好みで、お金もかからず、 1Hで炊いたご飯の上には好物のちりめんじゃこ。粗食でも、心は錦だ。

外食がおいしいのは、たまに食べにいくからであって、やはり自炊をしてこそ なのではないだろうか?ともかく、ろくな料理が作れるわけでもない自分の 両腕を、これほどありがたいと思った日はない。

明日は早くおきれたら、お弁当など作って行ってみよう。こうして倹約に努める のもまた、一人暮らしの面白さであろう。


なかやまのホームページへもどる
cqe01554@niftyserve.or.jp
nakayama@mxg.meshnet.or.jp