中村整形外科医院
トップページ 診療案内 診療内容 院内紹介 院長の部屋 お問い合わせ
院長の部屋
健康の基本は姿勢から - 悪い姿勢は病気のもと
悪い姿勢が癖になってしまうと、骨格や筋肉のバランスが悪くなり、体に歪みが生じて肩こりや腰痛の原因となります。
また、胃や腸が骨盤まで落ち込み本来の機能を果たさなくなったり、骨盤にある膀胱なども圧迫され働きが悪くなります。
皆さんが思う以上に、姿勢は内臓にも影響しているのです。
では、正しい姿勢とはどういう姿勢でしょうか。
一番重要なことは、「下腹部(おへそ)を意識してひっこめる」ことです。「背筋を伸ばしてまっすぐ」と考える方が多いと思いますが、それとは少し異なります。単に背筋を伸ばすことを意識してしまうと肩や背中など上半身に力が入り、肩こりや腰痛の原因となります。上半身に力が入っていると、きつくて長時間同じ姿勢は続けられません。
リラックスした状態でお腹をひっこめて肩の力をぬき、頭のてっぺんを真上から糸で引っ張られる姿をイメージしてみてください。それが正しい姿勢なのです。下腹部を意識して力を入れて上半身の力を抜けば、おのずと背筋は伸びます。意識を背中ではなく下腹部にもってくることと、胸よりお腹が出ないことが大切です。上半身がリラックスしていることで、長時間同じ姿勢でいることができます。
良い姿勢と悪い姿勢
■ 正しい姿勢のポイント
1.おなか(下腹部)をひっこめる。
2.肩の力をぬく(リラックスする)。
3.頭のてっぺんを天に向かってのばそうとする。
4.意識は、背中ではなく、おなかに!

”病気なおしは、くせなおし” 毎日の習慣づけ・子どものころからのしつけが大切です。
■ しつけのこつ 院長の中村祐二です
 「背中をまっすぐにしなさい」ではなく、
「おへその下をひっこめて」と注意をしてあげましょう。
 さあ、正しい姿勢を意識して、健康生活をはじめましょう! 
中村整形外科医院 院長 中村 祐二
中村整形外科医院 〒816-0863 福岡県春日市須玖南二丁目138 (にしてつバス「須玖小学校前」バス停前) TEL 092-575-5050
中村整形外科医院ホームページに掲載されているずべての画像、文書等の無断掲載を禁止します。 Copyright (C) 2005 NAKAMURA orthopedic surgery. All rights reserved.