プライバシーポリシー

ご予約はこちら

※当店は完全予約制となっておりますので、事前にご予約をお願い致します。
お電話でのご予約は承っておりません。

※ご予約は、2ヶ月先までの日程を承っております。

超レアな日本酒・空席情報など、LINE限定にて配信中!

友だち追加

※ご予約はポケットコンシェルジュより承っております。

※LINEからのご予約は承っておりませんのでご了承ください。


魚偏に師走の師と書いて「ぶり」。
ご存知の通り「ぶり」も出世魚ですが、富山では、
"こずくら" "つばいそ" "ふくらぎ" "がんど" "ぶり" となります。
ここで言います「
ぶり」は体重10k、体長1メートル以上のものを言います。
お歳暮時期になりますとお嫁さんのご実家より旦那様のご実家にこの「ぶり」が届きます。富山の昔からの風習のようですが…。
それを半身、お嫁さんのご実家に返されるようですが、ご自宅の台所ではなかなか調理しきれません。
ですから、よく当店にお持ちのお客様もおいでです。なぜ、片身お返しするかは私もいまだにわかりませんが(笑)。

富山の郷土料理の「ぶり大根」。ちょうど旬の寒ぶりのアラと今から美味しくなる大根の出会いの料理。
主役はぶりの脂と旨みを充分に吸った大根ですが、ぶりでないとこの旨みは絶対出ません。

ぶりの胃袋はこちらでは「ふと」と言いますがきれいに掃除してさっと塩焼きに。お酒のお供に最高です。
頭の皮はゼラチンの一番多い事所。こちらは氷頭皮なますに。もちろん、御造り・塩焼き・しゃぶしゃぶなどのお料理にも最適です。
今からシンシンと雪が降り日本海では雷鳴轟く様なときに『ぶり』は富山湾に非難してきます。
それを定置網で一網打尽にするわけですが。
鮮度・質ともに最高の富山湾の「ぶり」をぜひどうぞ。