2004年〜の俳句

如月美樹

HOME


如月の過去の作品を見たいかたは
如月美樹のこれまでの俳句
俳句プラスドローイングバックナンバー

2005年2月


春は来ぬ恐れずに聴け恋の歌

淡雪のそのひとの声やはらかく

春の雪とはことさらに眠きこと

厨房に湯気ある寒の戻りかな

春の夜の祈りの声の歌に似て




2005年1月


夢ならば目覚めのわるき冬菫

囚はれていると思へず外は雪

触れられぬ指寒月に晒しけり

阪神・淡路大震災から10年 1句
灯ともりしところに人や震災忌

春遠からじその人のことば待つ




2004年12月


スターバト・マーテル冬の来りけり

テレビ塔目指して歩け冬銀河

指先を祈るかたちに冬薔薇

凍蝶の一声を待つくらさかな

着ぶくれてマタイの受難いかばかり

観覧車開業間近雪催

千年ののちの再会雪女郎




2004年11月


父母のうすき縁やとろろ汁

流星や未だ翼の見つからず

触るるとき頬やはらかき星月夜




2004年10月


鍵かけてすぐに忘るる無月かな

龍淵に潜みやがてはかへる駅

旋律よ響け色なき風の中

人類に秋の夕陽のまんべんなく

また逢ふ日まで繊月をまなうらに




2004年8月


昼寝覚たしかに殺めたるものを

夜濯ぎの五臓六腑をうらがへす

親なきがごとくに夏野歩みゆく

人の香のするわが肌よ蚊遣火よ

空蝉や鍵をなくしたかもしれぬ

しもて
夏はおしまい下手とふ暗がりに




2004年7月


滑空のやうな高速道に夏

そのときの薔薇の終りをなつかしむ

夏の半月まだ探し足りぬもの

君のゐなくて風鈴の響きけり

身籠もりし夢覚めてゆく雷雨かな




2004年6月


夢見れば夢に会ひたき五月来ぬ

くちびるに歌やはらかき聖五月

五線紙の音立ち上がる夏の蝶

をとこ来て夏めくものに喉仏

You are so beautifulため息に夏きざす



HOME


mail to kisaragi:
aag30670@pop21.odn.ne.jp