2007年の俳句(抜粋30句)

如月美樹

HOME


搭乗ゲート


見送りに来て息白くからみあふ
待つことのひと日ひと日にさくら咲く
葡萄酒にはるかな昔ある春夜
不揃ひな菜箸春の来てをりぬ
花の夜の先に帰つてしまひけり
薫風や木にも目覚めのあるといふ
告白のとき焼酎の酔ひ少し
いつしんに雨を受けたる額の花
いちにちを微熱に過ごすさくらんぼ
会はぬ日の背筋をのばす夏料理
風鈴のひそかに人を迎へけり
沈黙の鮮やかなりし緑夜かな
ゆかりなき人と手花火ともにして
空梅雨の旅の支度のはかどらぬ
出国の列長かりし暑さかな
鐘いくつ鳴れば始まる夏の宵
旅先にもらひし薔薇の開きけり
搭乗のゲートの先の星月夜
長梅雨や直すつもりの好き嫌ひ
風の日は風に任せて冷奴
誰も居ぬ広間へと鮎運ばるる
相席を拒んでをりし冷酒かな
汗かすか人の背中に手をやれば
終戦日パウンドケーキ切り分けて
朝顔の留まる空を探しけり
ややありて次のひぐらし鳴きにけり
秋うらら思はぬ客の下手より
裏方に確かに渡す秋扇
気を許す秋の畳に並びゐて
行くも帰るもコスモスの揺るる中

如月の過去の作品を見たいかたは
如月美樹のこれまでの俳句
俳句プラスドローイングバックナンバー


HOME