ナノデスアキュライン


◇発売 2006年12月3日予定
◇価格 48300円
○曲がり(小←)☆☆★(→大)
○走り (短←)☆★☆(→長)
○キレ (少←)☆☆★(→大)

☆塚原次雄プロ『2週連続で4G・1,000点アップをしたすごいボール。バックエンドリアクションは角が出る感じではないですが、非常にあわせやすい上に曲がりが、かなり大きいですね。ピンアクションに関しては、抜群でとにかくよく倒れてくれます!手前はキャッチしながら走り、キャリーにも強い優れものだと思います。いいボールですね!』

☆原田招雄プロ『フレアーが前作のナノデス・プレミアムより少ないことによりシャープな曲がりとなり、安定したラインがとれます!ピンアクションも最高です!本当に良いボールですよ!』

☆斉藤正典プロ『JPBA生活30年ほどになるが、過去最高の曲がり・安定感を感じるボールですね。オイルの中を投げても滑らないし、アーク状で緩やかに大きく曲がる。ピンアクションは、やわらかく上にあがらない。 自分が得意とするスピードボールを投げていてもオイルキャッチが良い為、安心して投球出来ますよ。早いレーン〜遅いレーンまでこの一つのボールで対応出来るくらいの素晴らしいボールと言えますね!』

☆山本勲プロ『今まで発売した国産の中では、一番角が出る感じです。またキャリーダウンコンディションにはめっぽう強いので、板目を多く使用してもかえってくるという信頼感があります。ピンアクションはナノデスシリーズ同様、非常にやわらかく、飛ばしてくれます。 素材革命という名にふさわしく、非常に粘りのあるシェルは、オイルの中での安定感があり、投球者に安心感を与えてくれる気さえしますね。』

☆関根直子プロ『表面を800番で加工しましたが、重厚感のある手前の走りに加え、ピンにあたってからの強さ・キレ・安定感は今までの国産のボールにない感触です。皆さんの即戦力となるボールに間違いないです。また、JPBAで初のパーフェクトゲームをジャパンオープンで達成(上記に写真掲載)することが出来ました!』

☆ABS社『ついに、素材革命がやってきました。表面をさわると非常に粘りがあり、今までにないオイルキャッチが投球して感じられるはずです。カバーストックには、Nano Carbon C60+AVEXを使用。ポリエステルでもなく、ウレタンでもなく、USAにもない新素材を搭載しております。』

●色 ディープブルー
●表面処理 #1000 abralon/Polish 
●重さ 11〜16P
●RG 2.500
●RG差 0.0556
●硬度 75〜78°
●カバーストック NanoCarbonC60+AVEX
●ベストレーンコンデション ミディアム〜ヘビーオイル