ピュアライン3・ナノデス


◇発売 2013年1月下旬発売予定
◇価格 33600円
○曲がり(小←)☆★☆(→大)
○走り (短←)☆☆★(→長)
○キレ (少←)☆★☆(→大)

☆徳江和則プロ『現在流通しているリアクティブ素材は、メーカー毎にベースとなるウレタン素材に独自の配合比で添加剤を加えた、いわゆる”ケミカルチューン”は以前からまして多様化し、各々の方向性でさまざまな性能を生み出しています。当時にレーン上で表わされるパフォーマンスも向上し、メーカー発表のパフォーマンスを得るためには”そのボールに必要なオイル”が不可欠であり、多くのボールの性能の差を同じコンディションで見出しにくくなったとも言えます。進化とともにオイルの有無に左右されやすいボールリアクション。であるからこそ、このナノデスPure-LINE3が必要なのです。まずはじめにこのPure-LINE3は皆さんがウレタン素材に連想する”曲がらないボール”ではないこと。日本エボナイト社から供給される高品質のウレタン素材はコアテクノロジーのネジレをしっかりと受け止め、スムースな軸移動を完了させます。このPure-LINE3は現在のリアクティブ素材が高性能になり過ぎたからこそできるオイル有無の段差、オーバーリアクションを軽減させ、リアクティブ素材ではすでに向くことのできない方向へ投球できることが多くの板目を使うことを避けられ、スムースなアジャストをさせてくれるでしょう。そして今回私が最も着目したピンアクションは、とてもウレタン素材とは言えないほど低く柔らかく、まるでハイパフォーマンスボールと同レベルに感じる仕上がりで、ウレタン素材でこれ程まで向上させられるものかと日本のテクノロジーに驚きを隠せません。コンディション変化の過程で中目へアジャストする方向もあれば、ローテーションを効かせながら外を大きく回すことができるのもウレタン素材のボールの利点であり、このPure-LINE3を持つことでアジャスト幅を広げる取り組みもしてください。このナノデスPure-LINEは3弾でウレタンの融通性、効率性及びピンアクションまで飛躍的に向上させました。違ったオイルの感じ方を経験するためのツールとしてお役立てください。』

☆ABS社『ボウラータイプやレーンコンディションによる過敏な動きを抑えて投球するには限界があります。そのようなコンディションでオーバーリアクションを抑える為に、日本エボナイト社の高品質ウレタンカバーストック(PU3with NANO)を搭載。また、しっかりとした曲がりを出すために最先端のコアテクノロジーGMIも搭載。ミッドレーンから細かい軸移動とコントロール性能に優れています。ピンアクションもさらに向上し、マルチカラーを採用する事によりウレタン素材に感じさせません。』

●色 ブルー×パープル×パープリッシュレッド
●重さ 12〜16P
●表面処理 1,000/2,000/3,000/10,000コンパウンドPOLISH
●RG 2.489
●RG差 0.0535
●硬度 74〜76°
●カバーストック Premium Urethane V PLUS Nano/fullerene-C60
●コア GMI With Magnet
●ベストレーンコンデション ライト〜ミディアムオイル