プロアマレンジャー


◇発売 2016年6月中旬発売予定
◇価格 34000円
○曲がり(小←)☆★☆(→大)
○走り (短←)☆☆★(→長)
○キレ (少←)☆☆★(→大)

☆徳江和則プロ『PRO-AMモデル再構築。ABSボール開発チームはかねてからPRO-AMモデルを一から見直し、その領域で最高峰のものを追いもとめ開発を続けてきました。
その第一弾となるのがこのミッドプライスのRANGERです。
Core TechnologyからCoverstockまで今までのデータを白紙から作り上げた全くオリジナルで、走ってキレるを信条とした攻撃的なスペック。Mediumコンディションから以下、ABSが取り扱うすべてのブランドでもこの領域最高峰のボールに仕上がった自信作です。
特に拘った部分はドライゾーンでの向きの変わり方と言っても良いでしょう。
PRO-AMモデルの歴史の中であの当時ABS社になかった性能領域をPRO-AMで出せたことが多くのユーザーに受け入れられ、INVADERシリーズへと受け継がれていきました。
今回のこのRANGERも同じMedium領域でも今までのABSブランドにない性能領域に位置するので、ABSブランド内でも、「もう少し先での動きが欲しい」と思った時に、このRANGERを選択すると良いでしょう。
実際に様々なブランドのボールと投げ比べると、このRANGERの生命線はbackendのメリハリのある動きにあると言えます。
他のブランドで切れるイメージのボールでもRANGERの前では丸く感じてしまうほど、角がでるイメージが前面に感じられます。
スキッドは長めに感じ、Mediumから以下を性能領域に作り上げましたが、ドライゾーンでの反応が強いために曲がり始めてしまうと、思っている以上に曲がるイメージを持ち、性能領域を超える曲りを感じてしまうのも少なくないでしょう。
この性能でミッドプライスの価格帯での発売ですが、日本限定International製品のPRO-AMモデルの底力をしっかりとしたPerformanceで感じて頂けるはずです。
新しく生まれ変わったPRO-AMモデル第一弾はミッドプライスのRANGER。
価格帯を越えるbackendの強いグリップの性能を是非お試しください。


☆ABS社『PRO-AMシリーズはコマンダー(HP)、ディフェンダー(UMP)、レイダー(MP)の価格帯に分かれています。
レンジャーはMPに位置していますが、さらに安い価格帯で提供する事が出来ました。
開発コンセプトはミディアムコンディション〜後半のコンディションまで幅広く使用出来るように設計されており、ボウラーの皆様が重宝する商品になります。』

●色 ネイビーソリッド×ゴールドパール
●重さ 12〜16P
●表面処理 1500-GRIT POLISHED
●RG 2.550
●RG差 0.038
●硬度 74〜76°
●カバーストック HYPER X HYBRID REACTIVE
●コア  EVER-TRUE SYMMETRICAL CORE
●ベストレーンコンデション ライト〜ミディアムオイル