NUDEの「髪と健康を育むNEWS」!!!  Vol.119 5月号

イタグレラズ

犬を飼うことにしました。

イタリアングレーハウンド。
通称イタグレです。

イタグレは松村の好みで決めました。

名前はラズ。
12月生まれなので、誕生石ラピスラズリーから、ラズとつけました。

僕がラズを散歩させていると、近所の整骨院の人が
湯浅さんに似ていますね、やっぱり飼い主ににるのかしらと。

まだ3〜4週間なので、僕に似るというよりは、どちらも松村の好みで選ばれたから?と、その時思いました。

本当に細っそくて、手足が長くて、骨と皮みたいな犬です。

甥っ子との生活

3月の末から甥っ子が一緒に住むことになり、先日までまる一ヶ月間、一緒に暮らしていました。

高校を卒業し、去年札幌の大学に行っていましたが、体調を崩し、休学して戻って来ることになったので、それなら療養がてらウチに来たら?と誘うと、じゃあ行こうかなと。

病院では治らない病気だったのですが、生活改善、自律神経の働きを整えて行くことで完治させた方の本もありましたので、できるだけ規則正しい生活を心がけてもらうのと、週に2度の頭皮洗浄をしていました。

自律神経の働きを整えるために、遅くても午前中に起きてシャワー、午後からはどこでも良いので外出、と言う最低限のルールを決めましたが、これがなかなか守れないんです。

何度か忠告の話もしましたが、共同生活一ヶ月を少し過ぎた先日、ついに僕が我慢の限界を超えてしまい、新得の家に帰ってもらいました。

松村もすごく協力してくれて、自分達なりには精一杯やったつもりですので、甥っ子には何か感じ取ってくれればと思います。

弟子屈、100キロウォーキング大会

甥っ子との生活の間、話題に出た弟子屈の100キロウォーキング大会。

冗談半分で誘ってみると、意外にも出てみようかなと言う反応。

大会に向けての毎日の散歩は、病気の改善のためにも良いので、良いキッカケになるなと思いました。

僕と松村は今まで3回参加しましたが、だんだんタイムを縮める事に執着して行き、ただ辛い思い出しか残らなくなって、もう参加しなくていいかなと思っていたのですが、甥っ子のサポートをしながら、ゆっくりなら、もう一度参加しても良いかなと思いました。

ゆっくりで良いなら私も参加したいと、同級生のお客さんが言って来て、結局今年は4人で参加することになっていましたが、その後のちょっと気まずい感じでの別れだったので、甥っ子はどうするのか、今は分かりませんが、僕らだけでも今年久々に参加してこようと思っています。 

休日の運動のキッカケができました。

髪の空洞化にご注意

髪のパサつき、うねり、つやが無い。
髪の痛みの原因は「髪の空洞化」、と先日のNHKのガッテンでやっていました。

髪の毛は、表面のキューティクルがウロコのように重なりあって髪を守ってくれています。

髪を寿司のかんぴょう巻きに例えると

海苔がキューティクル
ご飯がコルテックス
かんぴょうがメデュラ

髪を痛める原因はカラーやパーマ、紫外線などたくさんありますが
この番組でやっていたのは髪の「こすり洗い」。

キューティクルは、髪が乾いている時はウロコがピタッとくっついていますが
水にぬれると、一枚一枚が緩んでめくれ上がった状態になります。

この髪がぬれている時、シャンプーの時などにこすり洗いをすると、キューティクルが剥がれ落ち、コルテックスやメデュラが流れ出てしまうんです。

番組で、健康な髪を使って実験をやっていて、一方はこすり洗い、こすり乾かし。
もう一方はこすらずやさしく洗い、やさしく乾かす。

こすり洗い、こすり乾かしをした方は、20回目で空洞化が起こっていました。

戻る