NUDEの「髪と健康を育むNEWS」!!!  Vol.129 3月号

ラズアレルギーぎみ?

最近、時々鼻水を垂らしていることがあります。

鼻水は、生理的な鼻水と、病的、アレルギーによる鼻水があるようです。

生理的鼻水は、寒い日鼻で呼吸をするときに、冷たい空気が直接肺に入らないように、鼻の奥で空気を温める機能があるそうなんですが、この働きによって鼻水を分泌する細胞が活性化し、鼻水の量が多くなるんだそうです。

病的、アレルギーは、風邪やアレルギーの炎症で、鼻の粘膜が敏感になって鼻水がふえる。

今の所、時々の鼻水以外はとても元気そうなので、もう少し様子見でいこうかなと思っています。

筋トレ再開! と思ったけど

最近、ウォーキングも筋トレも全くしなくなり、さすがにそろそろマズイなと思い、筋トレを再開する事にしました。

始めるにあたりテンション上げは必要、という事で、筋トレマシンを購入しました。

本体43200円に、送料が8640円。

8個口で届いたのですが、総重量が100キロ以上、2階に運ぶのも一苦労で、送料が高いのも納得できました。

自分で組み立てる商品で、レビューには4時間かかったという書き込みもありましたが、組み立ての作業は割と得意だと思っでいたので、もう少し早く完成できると思っていましたが、狭い部屋での作業に加え、それぞれのパーツが重くて、思っていた以上に手こずり、結局6時間くらいかかってしましましたが、無事完成。

値段のわりにしっかりしていて、使った感じも良い感じで、大満足でした。

これからしっかり続けて行こうと思っていたのですが、その後なんか体調がすぐれないんです。

久々の筋トレで筋肉痛、と言う感じではなく、息苦しいというか、体がだるい感じ。

様子を見ながら、少しずつ始めてみるのですが、その後何日間か、やっぱりだるくて息苦しい。

「体がだるい、息苦しい」で検索してみると、「自律神経失調症」かも?、と。

確かに、去年の10月くらいから、昔やっていたオンラインゲームに再びはまり、夜遅くまでやることも多かったので、自律神経は乱れていた自覚はありました。

この自律神経失調症かも?というサイトに、改善方法として載っていたのが「呼吸法」。

横隔膜の周りには自律神経が集まていて、ゆっくりと息を長く吐く事で、横隔膜やお腹全体の筋肉を大きく動かすことができるので、呼吸が自律神経をマッサージするような働きをするんだそうです。

自律神経が乱れている人は、胸や肩で、浅く早い呼吸をしていて、これは不安やストレスを抱えている時と同じ状態。

長く息を吐く呼吸は、リラックス作用のある副交感神経を優位にする効果から、自律神経のバランスを整えるんだそうです。

生活習慣、運動、食事を見直して行こうと思います。

PM2.5、札幌で基準値の2倍

ニュースで、札幌近郊で、PM2.5が基準の2倍とありました。
今回の原因は中国北部の森林火災が関係しているとの事でした。

PM2.5とは、直径2.5マイクロメートル以下の、空地中に浮遊している、とても小さな粒子の事を指します。

1マイクロメートルは1mmの1000分の1で、髪の毛の直径が70マイクロメートル、花粉は30マイクロメートルです。

とても小さな粒子が、呼吸によって肺の奥まで入り込み、呼吸器や循環器系の疾患を起こす可能性があります。

この時期、春は偏西風の影響で、中国大陸で発生したPM2.5が、日本に飛んできて増加する時期になります。

今回の森林火災以外にも、工場の排煙、自動車の排ガスなどの大気汚染が問題になっている中国、日本はその風下にあたるわけです。

症状のある方は、PM2.5対応のマスクはもちろん、衣類に付着して、自宅にも持ち帰るので、ホコリや花粉、PM2.5の付着を抑える、エレガードなどの静電気防止防止剤も有効かもしれません。

春は、雪に閉じ込められていた粉塵が舞い始めたり、花粉も出てくるので、アレルギーによる脱毛にも注意が必要です。

戻る