インプラントについて<<最新情報>>

最近の歯科インプラントの発展は目覚ましく、10年前ならきっと諦めていたような患者さんでもインプラントをすることができる様になってきました。骨に埋め込むことで機能するインプラントは埋め込むことができる骨の存在が必要条件でしたが、最近は骨を作ったり(GBR)、移植したり、もともと在る骨を増やす方法(仮骨延長術)等が行える様になり、インプラントの適用となる患者さんが大幅に増加いたしました。

ただそのような技術はすべての歯科で行っているものでは在りません。当院はインプラント学会認定医でインプラントのインストラクターも勤めており、安心して相談いただけます。

自家骨の移植や代用骨または人工骨材料を必要としない。インプラントを可能にする骨幅を得ることができる。