どうして歯周病(歯槽膿漏)は起こるのでしょうか?

 お口の中には腸の中と同じように 常在細菌という菌がいっぱいいます。  これが歯に着いて歯后(プラーク)と呼ばれるものになります。  全身健康状態がよい時には この常在細菌によって感染は起こしませんが、  疲労や風邪を引いたときなど 身体の抵抗力が弱まった時に歯周病が発病します。

歯周病ってどんな病気

 むかしは歯槽膿漏といって 歳をとると罹ると考えられていた時代もありました。  しかし 今日では口腔内の細菌による感染症であるとわかっています。  また 歯周病は糖尿病や高血圧症といった慢性の病気と同じで、いわゆる生活習慣病と  いわれています。普段痛みもなく大したこともないようですが、歯茎の慢性の  炎症が徐々に歯を支えている歯槽骨と呼ばれる骨を少しずつ失っていく病気で  歯を失う原因のワースト1です。

プラークコントロールって何

 お口の中の病気のほとんどの原因となっているのが プラークです。  虫歯も歯周病もこのプラークが原因で起こります。  プラークはお口に中の細菌の塊で、何方のお口の中にもあります。  ただ その量が問題になります。  身体の抵抗力がたいへん強い人は プラークが多少あっても虫歯や  歯周病にはさほど罹らないが、糖尿病やお年寄りなど 抵抗力が弱いと  病気が発症します。そこでプラークの量をコントロールしようとするのが  プラークコントロールです。

どうやってプラークコントロールするの(方法)

 ブラッシン グです。答えは簡単ですが じつはこれが案外むずかしい。  ブラッシングは十人十色で自分にあったブラッシングを自分で見つけられたら  プラークコントロールは成功したと思ってもよい。

ブラッシングの勘どころ

 @毎日決まった時間にするようにする。(規則正しい生活リズム)
 A磨く順番をきめる。        (むら磨きにならない)
 B力任せに磨かない。        (100gのブラッシング圧)
 C時間を十分に掛け 小さなストロークで。
 D磨きたいところに確実にハブラシの毛先が当るように。
 E磨けているか よく点検する。