「あっ!はあっ!!あんっ!あっああっ!!
   ア、アドルさんっ!!ユーロさぁんっ!!」

  「ふふっ……リリアってば、もうどっちでも構わないみたいだねv」

「ああっ…!いい感じにスケベになってきたな…!
ふっ!ふっ!!んっ!!んおおっ!!おおおおっっ!!!」

   「あ!あっ!!あっっ!!ユーロさんっ!!ユーロさぁんっ!!!」

   「ははっ、ユーロさっきからすごく気合入ってるなぁv
リリアのお尻、そんなに気持ちイイかい?」

「ああ!!すげえ気持ちイイぜ!!んっ!!んっ!!くううっ!!!
リリアッ!!お前のケツの穴すげえイイぜっ!!!」


「はぁっ!!あぁんっ!!ユ、ユーロさんっ!!!
イイのぉ!!すごく激しくて気持ちイイのおっ!!!」


「これはボクも負けてられないねvよぉ〜しっ!!
んっ!んっ!!ふう…っ!リリア!!リリアッ!!はああああっっ!!!」

「ふっ!ふうっ!んんっ!!おおおおっっ!!!
リリア!!ケツとマ〇コどっちが気持ちイイんだっ!!?
オレとアドルのどっちで感じてるか言ってみろっ!!!」


「んっ!!あんっ!!ど、どっちも…!!アドルさんもユーロさんも
すごく激しくて!!逞しくて気持ちイイですっっ!!!!!」


「可愛いよリリア…!!ああっ…!もうイキそうだっ!!
ユーロ!同時にイクぞ!!一緒にリリアの中にぶちまけようぜっ!!!」

「ああ…っ!!3人一緒にイキまくろうぜっ!!!
んっ!!んんっ!!リリアッ!!リリアッ!!おおっ!!うおおっっ!!!」


「あ!あ!あっあんっ!!イ、イッちゃいますっ!!アドルさん!!ユーロさん!!
来てっ!!いっぱい出してっ!!早くっ!!早くぅ〜〜〜っっ!!!!」


「んっ!!んっ!!んおおっ!!おおおおっっ!!!イクよ!!イクよリリアッ!!!
おおおっ!!おおおおっっ!!!ウオオオオッッッ!!!!!」

「くっ!!くうっ!!くっ!ふっ!ふっっ!!リリアッ!!イクぜっ!!イクぜっ!!!
ぐうっ…!おおおっっ!!!ウオオオオオオ―――ッッッッ!!!!!!!」


ドビュルルルルルッッ!!!!!ビュクビュクビュグルルルルッッッ!!!!!
ビュルッ!!!ビュルルルッッ!!!!ドビュッ!!!ドビュッ!!!ビュルルルルッッッ!!!!!
ビュクッブビュルルルルッ!!!!!ビュプッ!!ビュルルッッ!!!ビュビュ――――ッッッ!!!!!!!


「アッ!!アアッ!!!い、いっぱい!!!流れ込んで!!すごいっ!!すごいいっっ!!!!!
アドルさんっっ!!ユーロさんっっ!!アドルッ!!!ユーロ―――ッッ!!!!!」


「うっっ!!!ううっ!!!くっ!!くう…っ!!……はぁ、はぁ、はぁ……
こりゃイイや、2人でヤるよりずっと興奮するぜ…!」

「んっ!!んんっ!!!はぁ…っ!まだだ…!まだ出るぜ…っ!!!
全然チンポ鎮まらねぇ…!こいつは朝までヤらせてもらわねえとな…!!」

back