住所


〒154-0021
東京都世田谷区豪徳寺1丁目46番16号
諏訪ビル202号

電車で来る場合

電車でのアクセス

小田急線豪徳寺駅、もしくは世田谷線山下駅が最寄駅です。
どちらも徒歩3分以内です。



<<参考乗車時間>>
豪徳寺・山下から
   渋谷  まで乗車 8 分(乗り継ぎ1回)
   新宿  まで乗車 17 分
   登戸  まで乗車 20 分
   稲田堤 まで乗車 25 分(乗り継ぎ1回)
   溝ノ口 まで乗車 24 分(乗り継ぎ1回)

駅からの道順



小田急線「豪徳寺駅」から来た場合、改札を出て右が「山下商店街」です。
世田谷線「山下駅」から来た場合、突きあたりが山下商店街なので、そこで左に曲がりましょう。
山下商店街を、道なりに歩いて2分ほどで古本屋さんの「BOOK OFF」が見えるはずです。
「BOOK OFF」布団屋さんの間の路地を奥まで入ってもらい、
ピンクの扉がありますから、その奥のエレベーターに乗って下さい。
ちょっと古めで、怖い感じもしますが、慣れれば平気です(笑)。
病院は2階です。

*「緑道」からも病院の裏口に通じていますが、現在はこちらから病院に入れません。

車で来る場合

現在、専用駐車場はご用意いたしておりません

これまで専用駐車場を用意しておりましたが、駐車場のトラブル(近隣への違法駐車、事故、予約無視など)が絶えず、
また、豪徳寺界隈では月極駐車場が減少しており、特に商用駐車場を見つけることができず、専用駐車場を提供することを断念しました。
これまで当院駐車場をご利用頂いていた飼い主様にはご不便おかけしますが、
今後はコインパーキングをご利用頂くようお願い申し上げます。
http://coinpa.jp/result:a/list/rc:131120675/
*鳥類は車酔いすることが多いので、極力電車での来院をお勧めしております。


来院時の注意

保温について


寒がっている場合は必ず保温 しながら来院して下さい。
その際、温度計を必ず入れ、 保温のし過ぎに注意しながら来院してください。

鳥の場合
寒がっている場合、羽を膨らませます。この際は暑がらない程度に保温してください(通常28℃〜30℃)。
暑がっている場合、鳥は口を開けて呼吸し、翼を下垂、あるいは開げます。

小動物の場合
23〜5℃前後が理想です。ただし、その個体により暑がったり寒がったりしますで、状態によって温度を設定してあげてください。


移動用ケージ(キャリー)について

一般的に、普段生活しているカゴで来院するほうが良いとされていますが、当院では大きなケージで来院されることをお勧めしていません
保温がしにくく、暴れた際に怪我をする恐れがあるからです。

小さなキャリー(できればプラスチック製の水槽タイプ)に入れて連れて来てください。
キャリーには、キッチンペーパーを敷いて(ふかふかにする必要はありません。牧草やタオル、チップも止めてください)、
少量餌を床に撒いてご来院下さい。数時間であれば水は必要ありません。

保温が必要な場合は、キャリーの外側にホッカイロを張り、温度計を入れ、キャリーごとブランケットなどで包みましょう。

保温が必要でない場合も、鳥や小動物は知らない風景が見えるのを嫌うことや、
感染症を持っていた場合、病原体をまき散らしてしまう恐れがありますので

必ず、キャリーをバックや紙袋等に入れて、糞や羽が撒き散らされないよう工夫して来院されるようお願いいたします。

また、2羽以上来院される場合、必ずキャリーを分けて来院してください。



予約交通診療動物鳥の症例報告鳥のメガバクテリア(AGY)症HOME