トップページ 山人会体制 山人会紹介 山人会四賞 文化活動 今年の催し 山人会報
 
山人会報は1956(昭和31)年6月15日に第1号が発行され現在に至る財団 法人山人会の定期刊行物です。内容は文化活動の報告、会員消息随筆など により構成されています。山人会報の歩みを大きく分けると、創刊第1号の1956(昭和31)年6月号から第37号の1976(昭和51)年10月号までを第1期、平成 第38号の1977(昭和52)年1月号から第103号の1999(平成11)年11号ま でを第2期、第104号の2000(平成12)年12月号から現在までを第3期といえます。 
第1期は、若干の例外はあるのの季刊として6月から7月の夏期と11月から12月の年末にかけて年2回発行しています。
第2期は、年3回の発行が定着した時期であり、1月、7月、11月と発行しています。
第3期は、年3回の発行を踏襲しながらも、1号分を文芸特集とし、山人会の大きな資産といえる会員による掌中小説、随筆、短歌、俳句、川柳、写真、絵画、書などを掲載しています。発行は、9月、12月、文芸特集は5月を予定しています。