トップページ 山人会紹介 山人会四賞 文化活動 今年の催し 山人会報 山人会体制 トップページ 山人会紹介 山人会四賞 文化活動 今年の催し 山人会報 山人会体制
 
   
  会員消
      大村 智先生の関連記事は下の方にあります。スクロールダウンしてご覧下さい。    20170530 
       
   ◎三科様の属する「聞き書き」の会第3集 が新聞に紹介されました。    山梨日日新聞平成29年9月29日「文化・くらし」欄
  県内女性13人の仕事紹介
『聞き書き』証言集,伝えたい山梨の女性たち」の第3
県立大「聞き書き」第3集発行
 山梨県立大の「やまなし地域女性史『聞き書き』プロジェクト」(代表・池田政子同大名誉教授)が、「『聞き書き』証言集 伝えたい山梨の女性たち」第3集を発行した。
 聞き書きプロジェクトは、さまざまな職業の女性たちの体験や暮らしの在り方」生き方を伝えようと、2005年度に同大の地域研究交流センターが立ち上げた。10年に第1集、14年に第2集を発行。3冊で取り上げた女性の数は計66人に上った。 第3集には、NPO法人山梨子ども図書館設立に尽力した司書の浅川玲子さんや、乳がん予防啓発活動にあたる若尾直子さんら、専門職や自営業などの女性13人が登場
   。プロジェクトのメンバー11人が3年半かけて聞き取りを行い、年表や写畢とともに紹介している。
 「新しい女」と題した章では、連続講座「やまなしの女性史を学ぶ」から、女性解放運動家の平塚らいてう、画家竹久夢二の恋人笠井彦乃に関する講演を掲載。大正時代の新聞記事も掲載し、「新しい女」を県内メディアがどう伝えたかを検証している。
 冊子は県内市町村の図書館のはか、高校、大学などに配布。最高齢執筆者の三科恵美子さんは「すべての人に歴史があり、掘り起こして活字にするのは学びの多い作業だった」と振り返る。プロジェクト事務長の山中淑子さんはl「特別なことを成したというより、私たちの周りにいる一市民の女性たち。困難な時代を強く生き抜いた姿は、今を生きる上でも参考になる」と話している。(中嶋寿美子)
       
  ◎夏季セミナーで漱石の食について講演された河内一郎様がNHKのTVに出演されました    [BSプレミアム] 20171011() 午後8:00~午後9:00
 

文豪・夏目漱石の生涯は病のオンパレード。そんな漱石を救ったのは一匹の猫だった。猫のセラピー効果や漱石が実践した健康法の数々を紹介。文豪の意外な素顔に迫る。

   腹膜炎、胃潰瘍、肺結核、糖尿病…。約50年の生涯でほとんど健康な時期がなかったという文豪・夏目漱石のもうひとつの顔は「健康法オタク」。洋の東西を問わず、当時の最新の健康法を調べては実践していたという。さらに漱石がもっとも苦しんだ「心の病」を救った猫の癒やし効果に注目。なぜ犬ではなく猫がよかったのか?名作「吾輩は猫である」に秘められた意外な健康法にも迫る。
       
   韮崎大村美術館がリニューアルオープンしました。(山梨日日新聞9月13日)
   20170915
   功績伝える「記念室」新設
韮崎市神山町の「韮崎大村美術館」が99日午後1時、開館10周年を記念してリニューアルオープン。
ノーベル医学生理学賞を受賞した北里大特別栄誉教授の大村智さん
が館長で、リニューアルでは収蔵庫を改修して功績を伝える記念室を新設した。ノーベル賞関連の品々や発見した抗生物質「エバーメクチン」の分子模型をはじめ、学生時代に親しんだスキーの板、美術品コレクションなどが並ぷ。リニューアルオープンに合わせて「女性作家の華やぎ」と遷した記念展を開催。大村館長が収集した作品を通し、日本の近現代の女性作家たちの足跡を展観することができる。
写真は「記念室」
   自ら美術館を建設して市に寄贈された大村智館長に、10周年のリニーアルを機に思いをお尋ねした。
-美術館の特徴は「また来たいなと思ってもらえるように、美術館として明確な特色を出したいと思っている。全国でも珍しい、女性作家を中心に集めた美術館であることが一つだ。もう一つは風光明媚な景色。雄大な八ヶ岳と富士山、奥秩父を望み、裏手には北岳などの南アルブスが構える。2階の展望室は、部屋に立った時に自然と最も美しい風景を見られるよう、私が床の高さを決めた。美術館というと、一般的に展示品など『中』に意識が向かうものだが、『外』にも目を向けて楽しんでほしい」
-女性作家の作品を精力的に収集されたきっかけは。2000年ごろ、岡本弥寿子さんの作品を見たのがきっかけ。女性は、男性には表せない、また感じられない何かを描くことができるんだと知った。それから『よし女性作家の絵を集めよう』と決めた。
-作品収集で意識したことは「自分自身の好き嫌いだけでなく、各会派の代表作家の絵を収蔵するよう意識してきた。そういう意味で、収蔵作品を見れば日本における女性作家の歴史的な足跡をたどることができるはず。学術的な視点から見ても面白いと思う」
-絵画への造詣を深めた契機は。「子どもの頃、勉強したり寝たりする部屋に、母がよく絵を飾ってくれていた。本物の油絵を買うわけにはいかなかったようだが、カレンダーの切り抜きのミレの絵とか、そういうものをよく空いたスペースに貼ってくれた。そんな中で、自然と絵画が自分の日常に溶け込んでいた」 新設した大村智記念室はり二一ユーアルの月玉だが。「記念室は、イベルメクチンなどの私の研究成果だけでなく、美術品のコレクションやスキーなどの展示も多くある。研究の紹介だけでは難しくなってしまうが、これまで親しんできた趣味について解説している。研究者をやりながら、いかに人生を楽しんできたのか知ってもらえれば」
以下省略  (山梨日日新聞;森村遼平より)
   
   ◎日本画院展が甲府で開催されました日本画院展入賞作や県内画家の作品
 
日時;平成29年9月14日~20日09:00~17:00    山梨県立美術館県民ギャラリー
(主催)一般社団法人日本画院
   20170915  5月に東京都美術館で開かれた第77回日本画院展の出品作から選抜した54点を展示。鈴木美江理事長の「宴」のほか会員賞や奨励賞受賞作、理事や評議員らの作品が並。 同展は、日本画院の創立同人である甲府市出身の日本画家望月春江(18931979年)の没後35年などを記念して、春江の故郷で展覧会を開こうと2015年から開かれている
       
  ◎日勝見藤様からのお便りです。    
   拝啓
仲秋の候、時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
自然界も世相も不安定な状況ですがお元気でしょうか。私は、お陰様で7月に自坊の開堂30周年をささやかながら有意義に行うことができ、10月は古希を迎えます。そろそろ後継者のことを考えなければと思いながら、もう少し頑張ってみようと思っています。添付のチラシでご案内のように、私共の宗派の法主牛尾日秀師の「ブツダの真理」、ご購読いただけたら幸甚に思います。
お釈迦様の生涯につきましては、多くの方が著述しておられますが、他では見られないお釈迦様の心と真実に踏み込んだ内容になっています。時代がどんなに変わろうと、変わってよいものと変わってはならないものがある。人類はどこに向かっているのでしょう。こんな時代だからこそしっかり読み込みたい一冊だと思います。みずすまし
34号「おさらばの準備」、逝く者も送る者も双方に準備があり、それは日頃の心掛けやコミュニケーションによって準備されるものではないかと思う次第です。ご一読いただき、ご感想を頂ければと思います。
時節柄ご自愛くださいませ。
平成29928               合掌
                        東京宗務所信楽院 見藤日勝
     
   
       
   ◎山人会報 No.156に理事長と前理事長の挨拶が掲載されました。    山人会報をご覧ください。左の文字列をクリック
       
   ◎大銀座ふるさとやまなし芸術展が開催されました。(桜井実様出品)    20170815会場; 東京銀座画廊美術館7階
    会 期; 平成29年9月5日(火)~10日(日)
       
   ◎奥山眞佐子 「一葉日記そしてたけくらべ」 を上演されました。        日時; 2017年9月9日(土)  場所:三越劇場
       
       
   青樹展が県立美術館で開催されました。8月11日~8月16日まで 20170803    
   第61回青樹展 県立美術館AB  大村智先生もお見えになりました。    山人会会員の次の7名の方が出品されました。
早川二三郎、手塚義彦、渡辺誠、糠信恵子、藤原修身、風間茂樹、小口清一
       
   山梨美術協会創立80周年記念画集が刊行されました    20170720
   発行;山梨美術協会 平成29年6月30日     特判143頁制作;サンニチ印刷
       
   堀内好訓様がNHKBSのアナザーストーリーズに出演されました。 再放送は7月17日(月)午後6時
アナザーストーリーズ 運命の分岐点「沖縄返還~祖国復帰 運命の1日~」
   20170710…祖国復帰の裏で極秘に進行した、島民の財産を守る闘いと史上最大の現金輸送作戦、当事者の証言
  山梨美術協会・創立80周年記念展が開かれました。    平成29年7月6日~7月14日
       
  ◎堀内好訓様が選者・相談役をされている会で「清真文苑」を発刊しました。    20170701
        

この会は「清真自詠書展」といい、
自分の漢詩・短歌・俳句などを
自分の「書」とした作品を展示する会です。

堀内様は俳句の選者をされています。

       
  ◎手塚義彦新理事長が山梨日日新聞で紹介されました。    

山梨の文化底上げの一助に     20170614

       
   ◎川崎勝信様が「富士」76号を出版されました    201710
     A5判73頁 富士短歌会発行;平成29年10月1日
 発行所;富士短歌会電話;0555-23-2293
       
   ◎河内成幸・櫻井孝美・降矢組人様が出品された展覧会が新聞に紹介されました。     [山梨日日新聞平成28510]富士山画120点一堂         河口湖美術館
   ◎櫻井孝美様が個展を開をかれました。    
  櫻井孝美  油絵展   2017年5月18日(木)~24日(水)
  渋谷・東急本店 8階  美術画廊 
       
   ◎山人会夏季セミナーが開催されました    
   日時 2017年5月29日(月) 場所 甲府駅北口正面 山日YBSホール
夏目漱石・生誕150年 生きる力「漱石の食と明治時代の食生活」
鎌倉漱石の会会員河内一朗氏
 
   主催:◎公益財団法人山人会
    ◎山梨文化学園
後援:山梨日日新聞社・ 山梨放送
       
   藤原修身・高野さつき・風間茂樹のご三方が「山梨県立美術館」に出品されました。    201705
  第45回石和絵の会作品展  とき;平成29年5月7日(日)~14日(日)    ところ;山梨県立美術館 県民ギャラリーC室
       
   ◎米山光郎様が「瀚海」59号を出版されました    
        A5判50頁
指導;米山道郎
平成29年9月1日
発行所;瀚海
電話;055-266-2807
       
   ◎奥山眞佐子様が6月に「ひとり芝居」を上演されました。      20170425    日時;2017年6月17日(土)
       
   ◎花里鬼童様が詩集を出版されました            20170425    
        A5判頁
著者;花里鬼童
平成29年5月14日
発行所;虹の詩文学研究会
電話;0556-22-4567
       
   ◎鈴木美江様の日本画院展が5月に開催されました。    
    2017年5月12日(金)~18日(木)9:30~17:30 休館日 15日     場所;東京都美術館
       
   ◎鈴木美江様が出版されたの画集を紹介いたします。      20170330
   
21×19cm掲載作品;32点
発行者;鈴木美江  平成25年2月28日
  
 

 卒業制作
ごあいさつ     鈴木美江
このたび「飛翔の明日へ」と題して、個展を開催することになりました。旧作から新作を含めて展示し、自らの画業について振り返ると共にさらに新しい一歩を踏み出したいと考えました。
画業50年の展覧会になりますが、冒頭に大学にの卒業制作を出品することにしました。
卒業制作展を見た父がとても喜んだことを思い出したからです。
私の父、日本画家望月春江は、娘の制作について、押しつけがましいことを言わず、こちらから意見を聞く時以外はいつも自由にさせてくれた人でした。
父が亡くなってから35年近くになります。私も、かつての父と同じ年齢に近づいてきました今日まで絵を描くことが出来た日々に感謝しつつ、最後まで絵を描きつづけた父に負けずに、これからも制作に励みたいと思ってます
         
       
  ◎中津攸子様が紀行誌を出版されました。  201702     
      「楽山・峨眉山・成都紀行」 
B5判100頁

発行;平成29年2月11日
発行所;龍書房
電話;03-3288-4570
       
   ◎笠井忠文様が詩誌「乾季」を出版されました。  20170223    
       

「乾季」37
サイズ:A5
ページ数:50ページ

発行:乾季詩社
代表:笠井忠文
発行日:平成2810月15

       
  ◎山梨県立文学館より、展覧会のお知らせ;展示資料には、飯田蛇笏氏・前田晁氏、竹内勇太郎氏、今川徳三氏などの直筆があります   
  2017(平成29)年121日(土)~320日(月・祝 
  展示資料抜粋;元山人会の方々
飯田蛇笏;「さわやかに日のさしそむる山路哉」軸装
飯田蛇笏;「桔梗や又雨返す峠口」軸装
飯田蛇笏;「春蘭をくしけづりかく落葉かな」軸装
前田晁;「坪内先生の温情」原稿
前田晁;「『文章世界』と私」原稿
前田晁;「みにくいあひるの子」原稿
前田晁旧蔵;窪田空穂家族写真
竹内勇太郎;「女侠曼荼羅」メモ
竹内勇太郎;赤帽かあちゃん第6回~8回」台本
  竹内勇太郎;赤帽かあちゃん第6回~8回」台本
竹内乗太郎;「三匹の侍義賊故郷に帰るJ台本原稿
竹内勇太郎;「三匹の侍義賊故郷に帰るJ台本原稿
竹内勇太郎;山本勘介」原稿
竹内勇太郎;「赤胴鈴之助(最終回)謎の絵図の巻」台本
竹内勇太郎;「明治パラダイス樋口一葉考」台本原稿
竹内勇太郎;「治パラダイス樋口一葉考」台本
竹内勇太郎「利休年譜」
竹内勇太郎;「千利休」原稿
今川徳三;「武田信玄」原稿
今川徳三;「近藤勇」原稿
 
       
  ◎降矢組人様 がベルギー美術展でグランプリ賞を受賞されました。    201612
       
  ◎川崎勝信様が編著された図書を出版されました。     
        A5 205頁
編著者;川崎勝信
発行:2016年12月31日
発行所:本阿弥書店
03-3294-7068
       
  ◎会員セミナーの後、大村先生を囲んで楽しい懇親会が開かれました。     
        
       
  ◎「文学と歴史」第70号記念祝賀会が開かれました。 H28年1030
   
       
       
  ◎櫻井孝美様が作品展を開かれました会期;2016年10月21日(金)~11月6日(日)    
       
   大村先生が衆参両院から表彰されました。20160204
       
  ◎大村先生からのお礼状です
     山人会様
      各位
  拝啓
   時下iすますご清祥のこととお慶び申し上げます。平素は学校法人北里研究所の教育、研究、診療活動に多大なるご支援を賜り、厚く 御礼申し上げます。
   この度、学校法人北里研究所顧問・北里大学特別栄誉教授大村智のノーベル生理学・医学賞受賞及文化勲章受章に際し、ご丁重なお心遣いを賜りまして、心よりお札申し上げます。
   今回の受賞の喜びを、私どもゆかりの皆様と分かちあえますことを非常に嬉しく思うと共に、北里精神を守り世の役に立つ研究を続け常に人のためになる研究者、教育者、医療従事者を世に出す機関として一層の努力と精進をしてまいる所存ですので、今後とも、ご支援並びにご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。
   甚だ略儀ではありますが、先ずは書中をもって御礼申し上げます。                     敬 具                                                                                                      
   平成28年1月吉日
                                 学校法人 北里研究所 理事長
                                             藤 井 清 孝

                                 学校法人 北里研究所 顧問
                                      里大学 特別栄誉教授
                                             大 村   智

 
   
   ◎大村様ノーベル賞受賞式;NHKTVから 20151211  大村様特集頁
       
       
       
  ◎大村様の文化勲章を親授式(NHKTV から)  20151103   大村様特集   既掲載関連記事 
       
       
       
       
       
   
   ◎大村様が文化勲章を受賞されました。(毎日新聞)
   <文化勲章>ノーベル賞の大村、梶田氏ら7人に
  
毎日新聞 10月30日(金)11時42分配信
   政府は30日、今年のノーベル医学生理学賞に決まった北里大特別栄誉教授の大村智氏(80)と同物理学賞に選ばれた東京大宇宙線研究所長の梶田隆章氏(56)▽法律学・行政法学の塩野宏氏(84)▽染織の志村ふくみ氏(91)▽光通信工学の末松安晴氏(83)▽俳優の仲代達矢氏(82)▽神経科学の中西重忠氏(73)の7人に文化勲章を贈ることを決めた。文化功労者は、スポーツの川淵三郎氏(78)▽俳優の黒柳徹子氏(82)▽脚本の橋田寿賀子氏(90)ら16人に決まった。
 大村氏は寄生虫に効果のある抗生物質を発見した功績で、梶田氏はあらゆる物質を構成する素粒子の一つ、ニュートリノに質量があることを発見したことが評価され、それぞれノーベル賞受賞が決まった。
   
   ◎大村様山梨大学へ    母校の山梨大初「特別栄誉博士」に 毎日新聞 2015年10月26日 20時08分
   
     ◎大村 智様がノーベル賞を受賞されました。おめでとうございます。 20151005
                    既掲載関連記事      (山人会ホームページの既UP情報纏め)
     
   ◎大村 智様が会長されている「山梨科学アカデミー」の会報が刊行されました。
(会員寄稿)山梨科学アカデミーのこと     大村 智 会員   (天然物有機化学専攻)
 
   
大村先生と山人会会員(宮川様の米寿記念)
   
  ◎大村 智様が「朝日賞」を受賞されました。 大村様は昨年3月にはカナダの「ガードナー賞」も受賞されました。 20150101
  ◎大村 智様がガードナー賞を受賞されました。(東京新聞3/28(金)201403