トップページ 山人会体制 山人会紹介 文化活動 今年の催し 山人会報 山人会四賞
  
2017年度募集要項
終了
2017年度受賞者
2017年度表彰式
山人会四賞とは、「県下における文化事業の助成と、青少年の創造力の開発助成のため、芸術・科学などの文化活動の育成奨励を図り、もって学術文化の向上発展に寄与する」という創立理念に基づき制定された団体部門の山人会賞、美術部門の望月春江賞、文学部門の中村星湖文学賞、文化一般部門の前田晁文化賞の4部門の賞を指します。
募集開始は毎年6月、9月に表彰を行っています。詳しくは募集要項をご覧ください。
1960年(昭和35)に制定された、山人会四賞のなかでもっとも歴史の古い賞です。山梨県内の小・中・高校生で、文芸・科学・音楽・芸能・語学などの課目や社会環境と の関わりの中で、過去1年間にめざましい成果を収めた学校および地域のグループを対象にしています。
望月春江(1893〜1979)は、日本画家として中央画壇で活躍するかたわら、県内の美術振興に限りない情熱を注ぎました。その画伯の意志を継ぎ、1981年(昭和56)、県内の美術活動の育成、奨励、発展を願い制定されました。
中村星湖(1884〜1974)は、山人会の創立メンバーであり、小説や多くの評論・翻訳で自然主義文学の担い手として活躍しました。その意志を継ぎ、1987年(昭和62)、文学の振興を願って制定されました。
前田晁(1879〜1961)は、山人会の創立メンバーであり、雑誌『文章世界』編集長、読売新聞社婦人部長、電通出版の部長を歴任し、翻訳家・評論家としても活躍しました。その実績を記念し、1987年(昭和62)、文化活動の振興を願って制定されました。