戻る

 戻る

          日本中国茶文化振興協会の発足

 1999年秋 杭州の中国茶葉博物館での茶芸師の講習に参加いたしました。
 地方から参加されている中国の方たちと一緒に講習を受けることは
 言葉・風習すべてが違い当然ながら思った以上に大変でした。
 5日間の間、周りにいる方々全ての方が外国人の参加が珍しいこともあり
 気を遣ってくださり 親切に接していただき
 5日間 楽しく お茶の勉強・楽しみ方・扱い方  そして 何より 
 お茶を大切にし 真摯にお茶と向き合い 広めて行くことを仕事にする方々と
 一緒に過ごせた時間は中国茶に携わり仕事を進めていこうと考えていた私には
 大切な財産となりました。

 2000年 労働省認定中級茶藝師の講座に参加することになりました
 このとき お世話になった先生に
 日本でお茶の勉強に訪中したい人が沢山います ただ一人で訪中するのは
 とても大変なことですと話したことがきっかけになり 
 2001年に日本初級茶藝員セミナーを開催していただく運びになりました。
 2001年1月 第一期生の初級茶藝員が20名誕生いたしました
 第1期生の真面目で一生懸命な態度が講師の先生方に好感を呼び
 良い交流をこれからも続けていきたいとお話しいただき 
  <中国茶・伝統中国茶藝を正しく日本に伝えてください>との
 主旨より<<日本中国茶文化振興協会>>が誕生することになりました。


 まだまだ生まれたばかりの団体ですが 出来る限り
 楽しい<和><輪>の広がりの一つになればと考えております
 
 2002年10月には中国より協会設立のお祝いに宋名誉会長はじめ
 協会設立にご尽力いただいた諸先生がが来日くださり
 名古屋観光ホテルにて振興協会設立記念<中国茶の夕べ>を
 開催することが出来ました

 協会設立に際し多くの関係者のお力をいただき感謝しております
 芽生えたばかりの会ではございますが皆様への感謝の気持ちを
 糧に致しまして大切に育てていこうと思っています
 今後も宜しくお願いいたします

                      日本中国茶文化振興協会
                           代表   山口典子
日本 中国茶文化振興協会
日本での中国茶と中国茶藝の振興、
会員相互の親睦 情報交換の場として
2002年2月発足いたしました
中国国際茶文化研究会 王 家揚 名誉会長  
協会設立記念に書いて下さいました
名誉会長 宋 少祥中国国際茶文化研究会常務副会長
名誉副会長 程    中国国際茶文化研究会副会長
名誉常務理事 姚 国坤中国国際茶文化研究会常務副室長
名誉常務理事 呉 勝天中国茶葉博物館館長
名誉常務理事 江 万緒中国茶葉博物館書記長
名誉常務理事 張 茉頴中国国際茶文化研究会副主任
名誉常務理事 劉 一平中国国際茶文化研究会
茶芸専業委員会副主任