Shusay Yamamoto site 山本修生
shusay yamamoto 201811
TOP | PROFILE | GALLERY | DIARY | CONTACT
     
     

2018 11

       
 

2018年11月13日(火)

物心ついた時からあったのでもっと前の産物かと思っていた
12日、スパイダーマンの原作者スタン・リー死去(95)
大戦中通信部でイラストレーターが原点らしいけど、通信部にイラスト?
現代じゃその部署もデザイナー枠でもう無いんだろうな…

昨日お絵描きツールで便利な手法が出来ることを発見したけれど
過去にやった似たような処理をどのようにやっていたのかを思い出せない
多分苦心してやったのだろう
大抵は手法を記録したりメモに残したりしているのに、その痕跡もない
苦心しすぎて、手順も手法もメモ出来なかったのだろうな…



2018年11月12日(月)

人にもその見た目の風貌に似合わない拍子抜けするような声の方がいるが
ご近所のどら猫のボスも、そのイカツイ風貌に似合わない啼き方をする
最初に出会ったときは彼が風邪をひいていて鼻水を垂らしていた1月だ
そのときは風邪をひいてるせいであんな声なのかと思っていた
毎日縄張りの日課で朝も早くからやって来ては啼く
その啼き声はキューピー人形を押して出る笛みたいな音だ
決して通常の猫の「ニヤー」には聞こえない。合成音的なノイズが入ってる
あんな声で良くボスが務まるなと感心する
人もそれぞれ、猫もそれぞれ
20181112
黒に斑茶で子猫の父親だと思う。見た目は正にニャジラ
簡単に人にスリスリして来るから、ご近所でも可愛がられているのだろう

カトさまのご紹介でまた一つ奇跡な存在を知ります
エレーナ・アン。久々に存在感のある女優っていうか作品を見つけた



2018年11月11日(日)

歴史は料理を見ればわかる
元を辿るその昔はわかりませんが、料理方法をみれば潮流が見える
沖縄の海藻”海ぶどう”では出汁は出ない。使っているのは北海道産の昆布
昆布は沖縄では今なお消費量日本一のなくてはならないものだ
これは江戸時代からの品物
似たような文化でも、その手順や扱い方、製造方法から流れた元は特定出来る
起源はどんなに主張しても、作法の根底の意味や基礎がない物は源とは呼べない
物資交流があっても庶民の生活こそが文化であって食はもっともわかりやすい

今日のお絵かき。一応完成はしたんですけど
今回も手法ではなく、ソフトの効果でその順番を悩みました
ただ描けばいいことだけなのに、手前のソフトで苦戦する



2018年11月10日(土)

スポーツは最後まで諦めてはアカン!って皆知っているけど
なんでゲームって相手に点が入ったり優位になると明る様に戦意喪失しちゃうのかな
諦めや飽きっぽくなるのってリセットに慣れてるせいじゃないの?
最初っからちゃんとしよう!って性格も、完璧さを求める性分もこの手の人だね
失敗を認めつつ、そのミスをなんとかしようとする粘りが難しい

今日は宗教じゃないんだけど、神がかった日本画の模写をしていました
日本画の模写は色使いの勉強になります
濃淡なさそうで、結構細かい箇所まで色の演出がしてある



2018年11月09日(金)

母が朝早くから運転免許更新のために免許センターに出かけた
天下り機関化しているその施設はかなりの郊外で不便な遠い場所にある
都内のように各警察署で出来ないのも、実に特権化している証みたいなものだ
ご近所と行きつけの乗り慣れた場所しか運転しない母は、バスでセンターに向かったのだ
片道1時間ちょい。そのバスが通るバス停まで我が家からクルマで17分
道のりだけでも約一時間半。往復3時間。余裕で半日は潰れてしまう
老人や暇人じゃなきゃ、こんな遠い施設、ブチキレですわ

避妊したとはいえ女の子で思春期なせいか、子猫は僕に甘えて
僕の顔に向けお尻を高くするのですが…
ほのかにウンチの香りがして困ります

ご近所では七五三。午後は晴れて良かったですね

真面目に「北斗の拳」を実写化したらスプラッタムービーだな
そりゃ、また微妙だ



2018年11月08日(木)

知らぬ間に猫に対して、出会うと頭に「ニャ」と発してる自分を発見
プラネットウィズというアニメ作品の影響だと思うが…
変なクセがついてしまったなぁ

猫は薄明性。活動期は朝方と夕刻。それ以外は残業と時間外活動
本来昼間は寝ている時間に活動している猫は、人間に合わせた経済活動なのです
人間が起きている時間でないとかまって貰えないための活動時間
猫も人間社会に合わせて頑張っておられる訳です



2018年11月07日(水)

郵便局のついでに母校の小学校へ脚をのばしてみた
校内を訪ねたのではなく外周を歩いただけだが
校門前の桜並木が枯れたか伐採されていて奥の一本だけが残されていた
校舎は僕の時代からの物も健在だったが後からの建物との老朽差の見分けもつけない
一定に古くなると外からではわからないのか…。人間と同じだ
ここを巣立ったあの時代の子供たちは今も元気なのだろうか…

しばしばパスタを愛するイタリア人から攻撃される日本の「ナポリタン」
否定派の殆どは食べたことがない。しかもケチャップの味も日本の味は知らないらしい
食べたことがある海外の方々はイタリアに同情的でも食べたら美味しいと語っている
文化否定の多くは表面だけの情報だけで拒絶している事が多々ある
だから日本もソレが恥ずかしい、止めようという流れは過度な忖度でおかしい

猫の舌打ち
子猫に「お前も大きくなったなぁ…」って撫でたら
「チッツ」ってこっちを見た



2018年11月06日(火)

猫は基本動くモノに反応する。抱いていると
僕の手の下にある自分の脚に興味を示してチョッカイを出す
勢いよく身体をひねった時も、眼の前の自分のシッポに反応するときがある
ちびくろサンボのトラの自回転。バターにでもなる気か…
アホや。それが可愛い

今夜も野ネズミを咥えて帰宅したテチを家に入れなかった
このお仕置きの意味を理解して貰えるかわからないが、お土産はもう勘弁だ
野ネズミもいい加減、巣か、捕まる場所を移動しろ
子猫もテチが近くに居る気配を感じるのに中に入れない僕に不信感な目を向ける



2018年11月05日(月)

今日も晴天。日向ぼっこの猫たちも外に出かけて行きました
午後はテチだけ帰宅して今ボクのベッドの上で寝ております
確かにここは一階より日差しもあって昼寝には最適な季節でしょう
さぁ、昨日は丸一日家に居た子猫は何処に出かけている?

美人画の研究とアニメへの挑戦



2018年11月04日(日)

朝っぱらから「血」と思いきや、踵が割れておりました
そんな季節になったのだなぁと思う今朝
昔の人の保湿はどうしていたのだろうと思います
いやその前にロシアや欧州の寒い地方の方々はどうしているのだろう
ニベアとかオロナインとかあるのだろうか

ワロタ
タイムリープ、人力異次元移動方法は、深い睡眠か仮死状態にすること
確かに一番身近で手軽な方法かもしれないけど、キケンが伴う
自由に、しかも場所も特定化出来たら素晴らしいと思うが
夢でさえその続きもままならないのが現状だろう
進撃の巨人が自傷行為で変身するのを毎回第三者に絞め落とされる主人公…
ギャグマンガとしては有りだ!

昔の猫はネズミを捕まえることが仕事で捕まえない猫はダメ猫だった
犬も昔は番犬で、知らない人間が来たら吠えるのが仕事だった
今や、ネズミはおろか他の小動物も家に持って帰って来たら怒られる
犬も吠えると怒られる。昔は賢いって褒められたのにバカ犬扱いされる
時代は犬にとっても猫にとっても変わりました
人間の勝手です

ウィグルの留学生からの切実な訴え



2018年11月03日(土)

いい天気で、猫達も元気に外に出ていたのだけど
夜ちょっとした騒ぎに。親のテチが子猫のお土産に”野ネズミ”を咥えて来た
母が怒って追い出し、親子で暫く外から帰って来なかった
子猫は寒さに慣れていないせいか、即野ネズミ同伴で帰宅して来たが
テチは一旦帰宅後にまた出て行った
おい、もう土産はイイぞ。手ぶらで帰って来い



2018年11月02日(金)

母は高齢者ドライバーの講習のために教習所に出かけた
認知機能検査とかがあるらしいが、田舎生活ではまだまだクルマは必要だ
人生の年齢がお高い方ほどお値段も頻度もお高くなるシステムだ
生きていくためにお国に納税するのだ
自動運転車が出たら、真っ先に頂ける権利… がある訳でもないのだ

女優の江波杏子さんが亡くなった
好きな女優がまた一人消えてしまった

夕刻、甥が就活報告にやって来た
人生を決める二十歳前の青年。いや、何度でもやり直していい
夜は彼からユニコーンガンダムの劇場版が来年公開されるニュースを聞いた
オルガはガンダムキャラのNo1なのだ



2018年11月01日(木)

今月のサイト写真
今となってはちょっと珍しい雀。望遠で撮ったのですが
電柱の一番上の架空地線(アース線)も緑色だったなんて初めて知った

某邦楽アーティストを描いていたら、久々の陰影タッチだったせいか
ペン入れ後の墨入れが楽しそうな作業になった
やっぱり線画はベタが入るとイキイキする

我が家の複合プリンターは、買った当初こそ故障して修理に出したが
それ以来10年近くトラブル無しの丈夫なヤツだ
だが、頑丈な分、型が古くなるほど年々お高くなるのがインクだ
仕方なく、いつもの通販サイトより備品も安価な家電専門の通販を物色
人間も長く生きても褒めてもらえない。機械もそんな時代なのか…