slide01 slide02 slide03 slide04

教えて先生!

当協会では障害者スポーツ指導員の派遣事業を行い、指導員が先生のようにスポーツの内容や楽しさを教えています。主に「障害者スポーツ何でも相談」と題し、指導員を派遣して、呼吸器障害、精神障害、支援学校等への障害者スポーツ普及活動を行っています。また、障害者スポーツの体験会の場を提供するため、「福祉まつりウェルフェア」「宮城野区マイタウンスポーツデー」などの事業で体験会を実施しています。

2017活動

小学校障害者スポーツ体験

東長町小学校と長町南小学校で障害者スポーツ体験を実施しました。 いずれも4年生の皆さんが参加し、長町南小学校では保護者の皆さんにも参加していただきました。 内容はパラリンピック競技の「シッティングバレー」をアレンジし、ボールの代わりに風船を用いたオリジナルの競技「シッティング風船バレー」! 床からお尻を離すと反則になってしまうため、思い通りに動けないのがもどかしいようでしたが、 「障害があってもスポーツができるんだ」ということを楽しみながら知ると同時に、車椅子使用者の講話にも真剣に聞き入り、様々な質問が出るなど障害について知識と理解を深めている様子でした。

 0000   0000
 ※写真は長町南小学校での体験風景です。

2016活動

小学校障害者スポーツ体験

昨年、一昨年に引き続き、東長町小学校で(4年生の)子どもたちが、障害者スポーツの体験でフライングディスク、車椅子スラローム体験を行いました。 フライングディスクでは目かくしをして、視覚障害の体験をした中で投球体験も行いました。 車椅子スラロームは操作が難しそうでしたが、障害があっても一緒にスポーツができることや障害について学んでもらう機会になりました。

 0000   0000
 0000   0000

2015活動

小学校障害者スポーツ体験

東長町小学校(4年生)フライングディスク、車椅子スラロームの障害者スポーツ体験を行いました

 0000   0000
 0000   0000

2014活動実績例

小学校障害者スポーツ体験

車椅子スラローム体験

東長町小学校(4年生)では子どもたちが、障害者スポーツの体験でフライングディスク、車椅子スラローム体験を行いました。 フライングディスクではアイマスクを着用しての投球体験も行いました。 障害のある方のスポーツについて考えてもらうきっかけとなりました。

福祉まつりウェルフェア2014「障害者スポーツ体験」

障害者スポーツ体験

毎年勾当台公園市民広場にて行われる福祉まつりウェルフェアが今年も行われました。 今年はフライングディスクと車いすスラロームのスポーツ体験を行いました。 障害者の方も健常者の方も障害者スポーツに触れることができました。 指導員により、スポーツの魅力や楽しさを伝えています。

2013活動実績例

障害者スポーツ何でも相談「卓球バレー」

卓球バレー

宮城県立拓桃支援学校では卓球バレーの活動を行いました。卓球とバレーが融合した競技を指導員が丁寧に教え競技の楽しさ、面白さを伝えています。

障害者スポーツを体験したい施設、学校、相談したい方はご連絡ください。
電話またはFAX、メールにてご連絡ください。

TEL:022-236-8690 FAX:022-236-8691
E-mail:sdsa@pop21.odn.ne.jp