声の演技 基礎と実践


声優演技研究所では、どんなレッスンをしているの?
その ほんの一部分を皆さんに教えちゃいます!




はじめに

  • 声優をめざす者は
    教わるのではなく、自ら覚える。
    与えられるのではなく、自発的に何かを手に入れる。
    その姿勢を持つことが一番大切です。
    自分で考えるという行為を放棄していては前には進めません。



発声の基礎知識

  • 発声のもとになるのは呼吸です。
    理想の呼吸法とは、「すばやく吸って、その息を一定の量で吐きつつ、出来る限り長くつかう」ことです。
    大きな声を出したり、息継ぎをしないで長く台詞をしゃべるには、出来るだけ多くの空気を吸い込んで吐き出す練習をすることが大切です。
<腹式呼吸とは>
  • 人間は、肺で呼吸をします。
    お腹で息をすることは医学的に考えても不可能です。
    ではなぜ、腹式呼吸をしなさいといわれるのでしょうか。
  • 大きな声を出すためには、肺の中にたくさん空気を吸い込まなければなりません。
    肺に空気がたくさん入ると、ふくらんだ肺に押されて横隔膜が下に下にと追いやられ、だんだんお腹が大きくふくらんでいきます。
    実際に呼吸をしているのは肺なのですが、まるで「お腹で呼吸しているように見える」という現象が腹式呼吸の正体です。
  • つまり腹式呼吸とは、「肺の中に空気が120%入ったことを確認する方法」なんですね。
  • あお向けに寝て空気を吸い込むと、お腹が大きくふくらんでいくのがはっきり分かるので
    上を向いて寝ながら大きく深呼吸を繰り返すのも、腹式呼吸の練習になります。
  • 上を向いて寝ながら声を出すと
    おなかから声が出る感覚がわかりやすいため
    あお向けに寝て、天井に向けて発声練習をしたり、本や新聞を読む練習をすると良いでしょう。

★腹式呼吸をマスターするための注意点★

  1. 空気は鼻から吸う。
  2. 背中を、まっすぐに伸ばす。
  3. 立っている時は、首を伸ばすことを意識する。
  4. 椅子には浅く腰掛ける。
肩は動かさない。
  • 腹式呼吸は、息を吸うときに肩を上げないようにすることが基本です。
    肩を動かさずに深呼吸すると、腹の底にグッと力がこもります。
    こうすると肺が縦に伸びて、声が良く響くようになります。

腹式呼吸がうまく出来ない人は、あお向けに寝ながら練習するのが良いでしょう。

  1. 仰向けになり、おなかに手のひらをあてる。
  2. 口からゆっくり息を吐く。体の中の空気をすべて吐ききるつもりで、おなかに置いた手で おなかが引っ込むのを確かめながら。
  3. 吐ききった後、鼻から息を自然に吸う。手でおなかが膨れるのを確かめながら。
  4. 「吸って吐く」ではなく「吐いて吸う」を心がけ、「吐く時間」が「吸う時間」の2倍以上になるように留意する。
<発声練習一覧表>
ア エ イ ウ エ オ ア オ  
カ ケ キ ク ケ コ カ コ  
サ セ シ ス セ ソ サ ソ 
タ テ チ ツ テ ト タ ト  
ナ ネ ニ ヌ ネ ノ ナ ノ  
ハ ヘ ヒ フ ヘ ホ ハ ホ  
マ メ ミ ム メ モ マ モ  
ヤ エ イ ユ エ ヨ ヤ ヨ  
ラ レ リ ル レ ロ ラ ロ 
ワ エ イ ウ エ オ ワ オ 
【濁音】ガ ゲ ギ グ ゲ ゴ ガ ゴ
【鼻濁音】ガ ゲ ギ グ ゲ ゴ ガ ゴ  
キャ ケ キ キュ ケ キョ キャ キョ 
【濁音】ギャ ゲ ギ ギュ ゲ ギョ ギャ ギョ 
【鼻濁音】ギャ ゲ ギ ギュ ゲ ギョ ギャ ギョ 
ザ ゼ ジ ズ ゼ ゾ ザ ゾ  
シャ シェ シ シュ シェ ショ シャ ショ
ジャ ジェ ジ ジュ ジェ ジョ ジャ ジョ  
ダ デ ヂ ヅ デ ド ダ ド
チャ チェ チ チュ チェ チョ チャ チョ  
バ ベ ビ ブ ベ ボ バ ボ
パ ペ ピ プ ペ ポ パ ポ   
ヒャ ヘ ヒ ヒュ ヘ ヒョ ヒャ ヒョ
ビャ ベ ビ ビュ ベ ビョ ビャ ビョ   
ピャ ペ ピ ピュ ペ ピョ ピャ ピョ
ミャ メ ミ ミュ メ ミョ ミャ ミョ   
ニャ ネ ニ ニュ ネ ニョ ニャ ニョ
リャ リェ リ リュ リェ リョ リャ リョ

【※】濁音と鼻濁音の違いについては、声優演技研究所サイト内にある「発音の基本とアーティキュレーション」【濁音・鼻濁音】を参考にしてください。



声優の演技について

◎声優とは、声だけで演技する俳優ではなく、声だけでも演技できる俳優である。

◆俳優の演技

  • 科介 (しぐさ) 所作とも云う。
  • 科白 (せりふ) 言葉。

◆声優の演技

  • 声だけで、科介 (しぐさ) を充分に感じさせるものでなければならない。


◎役の把握について

  1. 性別・年齢・職業を知る。(年齢の中に時代背景も含まれる)
  2. 性格を知る。(その役特有の、ある程度持続的な感情、意思面での傾向や性質、品性、人柄)
    例:几帳面、小心者、熱血漢、冷静沈着、のんびり屋、天然ボケ。
  3. 健康の度合い。(それによって、性格に異変が生じる)
  4. 家族構成。
  5. 現在までの育った環境。
  6. 学歴。(知識・技能・特技)
  7. その他。

◎以上の事柄を、出来る限り細かく調べつくして、初めて「役」が見えてくる。

  • このとき大切なことは、見えてきた「役」を、単なる「知識」として捕らえるのでなく、自分 (演技者) と、何処がどのように違うのかを比較検討し、認識・意識することである。
  • そのためには、俳優は自分のことをつぶさに知らなければならない。
  • 認識・意識することによって、自分 (演技者) の肉体と感情を通して、作者が書き下ろした「役」が誕生する。
  • 認識・意識する誤差が、作者と演技者の間でゼロに近いほど名演技に近づく。

◎科白 (せりふ) は、役を完全に把握した演技者が発する言葉である。

  • まず、初歩的段階として、感情・意思を充分に理解し、且つ自分のハートに、それに近い感情・意思を喚起するところから始まる。
  • つまり、科白(せりふ)には、感情や意思が複雑に込められていなければならない。
  • 従って、画面の口パクに、ただ声を当てはめるだけでは、科白(せりふ)とは呼べないのである。

◆そして、問題はこの先である。

確かに、感情・意思を喚起したハズなのだが表現すると違ってくる。または、「違う」と言われる。
・・・何故だろうか?

そこで幾つかの「論理」と「技法」が必要となってくる。
ただし、これまでの事を十二分に理解・納得していない場合は、大変大きな「害」になるので注意が必要である。



声の種類

  1. 有声音
  2. 無声音 (感情や意思を他に伝えない、モノローグなどの時に使う)
  3. 半無声音
  4. うら声



演技の基礎20項目

1:緩急
セリフのスピードを、早くしたり遅くしたりして変化させること。

2:高低
登場人物の感情に合わせて、声のトーンを変化させること。なお、声の高さは、まじめな演技でも「うら声」にまで及びます。

3:強弱
セリフを強く言ったり弱く言ったりすること。
この、1・2・3項目を覚えるだけでも、かなりの効果があります。
くわえて、短い1センテンスの中で、1・2・3項目が自由に演じられるようになればしめたものです。

4:アーティキュレーション
かつ舌のことです。
演技者が何をしゃべっているのかが観客に分からないようでは困ります。セリフには明瞭度が必要不可欠です。

5:アクセント
「なまり」のことです。
標準語をしゃべれるようにするのはもちろんですが、それに加えて、関西弁などの方言が自在にあやつれれば大きな武器になります。英語などの外国語にも同じことがいえます。

6:リズム
幼稚園児などが「○○ちゃ〜ん。あーそーぼー♪」などと、歌うように喋っているのを聞いたことがあるでしょう。
これは何も子供だけに限りません。人間には、そのときの心理状態によって、ある種のリズムが生まれることが多々あります。ブリッ子の女の子が「やん、やん、やぁ〜ん。なんで、なんで、なんでぇ〜♪」なんて言うのもその一種です。

7:イントネーション
抑揚のことです。
特にセリフの語尾の抑揚には充分な注意をはらいましょう。
語尾を、上げるか下げるか変えないかの違いだけで、セリフの感情がまるで変わってくるからです。

8:呼吸
演技の呼吸とは単なる肺呼吸のことではありません。
激しい行動を表す荒い呼吸や、興奮・緊張・喜び・悲しみを表す感情的な呼吸、また、くしゃみ、いびき、あくび、舌鼓なども呼吸ですし、驚きやショックを表すには呼吸を止めることも必要になってきます。

9:サウンド
声を、口腔や鼻腔などで共鳴させることです。
声を響かせることによって、演技に深みを持たせることが可能になります。
また、その逆に、老人を演じるときやモノローグの場合は、声を響かせないようにすると、それらしく聞こえます。

10:エンファシス
セリフや作品などの最重要ポイント、つまり“言いたい場所”を見つけ出し、そこを立てることです。

11:ポーズ
“間”のことです。
いろいろな状況や設定などから、ありとあらゆる間があります。
「何秒くらいの間をとればいい」というものではありません。同じセリフでも、演じている役の感情設定を変えるだけで、間は変わるからです。
また、書き文章の句読点と音声表現の間は、かなり違います。
文章の句読点は、もちろん参考にしますが、そのまま通りに引きずられないように注意し、間の長さと間を置く場所を工夫して、聞き手に理解されるリズムで話すことを心がけましょう。
間には “論理的休止” と “心理的休止” の2種類があります。
初心者のうちは(自分に自信がない)、間(心理的休止)をとることはとても大変なものです。でも、演技が上手になるにつれて(自分に自信がついてくると)間(心理的休止)をとるのが容易になり、間(心理的休止)をとることが大好きになってくるものなのです。
『論理的休止が、テクストの小節や、纏まったフレイズを機械的に形づけ、それによってそれらのわかりのよさに役立つのに対して、心理的休止は、思想や、フレイズや、小節に生命を加えるのだ。それは、言葉の、サブテクストの上での内容を伝えるのを助ける。論理的休止のない物言いはわけがわからないとすれば、心理的休止なしでは、それは生命がないのである。論理的休止は我々の頭脳に役立つが、心理的休止は我々の感情に役立つのである』(スタニスラフスキイ)

12:対象
好きな人に話すのと、大嫌いな人と話すのとでは、当然セリフは変わりますよね。
同じように、年上の人と話す時でも、相手が先生なのか父親なのか、そしてその人を尊敬してるか軽蔑してるかで大きく変化します。
このセリフは誰に対して喋っているのか。
年上・年下?友達・知らない人?同性・異性?・・・。
人間関係、常に意識しましょうね。

13:距離感
となりの人に喋っているのか。遠くの人に呼びかけているのか。はたまた、壁(ドア)の向こう側の人なのか。
耳元でささやく芝居なのに大声で怒鳴ったりしてはいけませんよね。
遠近感、大切にネ。

14:状況
リラックスしている⇔緊張している
時間がなく慌てている⇔時間がたっぷりあってヒマ
ゲームに勝った⇔ゲームに負けた
などの異なった状況では、同じセリフでも演じ方は変わりますよ。

15:状態
気分爽快、疲れている、寝ぼけている。身体が軽い、重い、痛いなどの肉体的状態。
元気なのか、病気なのかといった健康状態。
他にも、喜怒哀楽といった心理状態を、常に意識しましょう。

16:動作
横になっているのか、座っているのか、立ち止まっているのか、歩いているのか、走っているのか。
上を見てるか、下を見てるか、横を見てるか。
背伸びしてるか、かがんでいるか。
目は開いているのか、つぶっているか。
などで、セリフは変わってきますよ。

17:場所
暑いところと寒いところでは、同じセリフでも演じ方が変わります。
日常生活でも、こごえそうに寒い雪の日なんかはブルブル震えながら喋ったりしてるでしょう。あれと同じです。
他にも、静かな場所と、工事現場や建築現場などのウルサイ場所とでは、声の大きさは変わりますよね。
自分 (登場人物) は、今どこにいるのかを、ちゃんと把握しておきましょうね。

18:からみ
自分の役だけではなく、相手役のセリフや心理には十分な注意をはらいましょう。
相手の出方次第で、自分の演技が変わってくるからです。相手役のセリフや心理のなかに、自分の役を演じるためのヒントがかくされているのです。

19:意味
セリフは、記号ではなく「意味」でとらえなければなりません。
例えば、「バカ」という単語は普通、相手を罵倒するときに使いますが、恋人同士では「愛情表現」か「照れ」になる場合があります。
男「キミって可愛いね。とってもステキだよ」
女「んもぉ・・・バカ」
このシーンで使われた「バカ」という単語の意味を間違えると芝居はブチ壊しとなってしまいます。
言葉のカタチにとらわれず、常に「意味」を考えましょう。

20:ジャンル
ドラマのジャンルが、ギャグ、コメディー、シリアス、などの違いでも演技は変わってきますよ。
台本を、すみずみまでよく読んで、物語全体を把握しておくことはとても大切です。
その他にも、その番組が、子供(幼児)向けなのか大人(一般)向けなのかという視聴者層も意識しましょうね。




演技盗みの実情と実態

  • 自分の好きな演技的要素を無意識に取捨選択して記憶しておき、必要に応じてそれを出すというのは、声優に必要な才能であり技術である。
  • その時に、どういう質のどういう演技が蓄えられ、それが自分のどういう感覚でどう理解されて表現されるか、その過程と結果がプロ声優の勝負となる。
  • ざっと考えても、まずその人の思った通りのやり方を真似る場合、本人が嫌だと思っているところを真似る場合、元よりも上手く真似る場合、元よりも下手に真似る場合、元よりも過激に真似る場合、まったく誤解して真似る場合、真似に失敗して別の変なものができてしまった場合、など、これの実態はさまざまである。



カンは練習の賜物である

  • テストのヤマかけや虫の知らせといった“カン”は、運や能力の産物ではない。
    例えば、道に迷ったときには「以前、右に行ったら行き止まりだった」などという経験が無意識のうちによみがえり判断する。
    カンが働くときは、常に過去の経験による記憶が基準となっているのだ。
  • だが、同じ経験を積んでもカンの鈍い人と鋭い人がいる。
    実はカンの鋭い人は記憶と現実を照合し、そのかすかな違いを感じ取ることが出来るのだ。
    カンの鋭い人は、目のピントを合わせる瞬間視の能力や、色の違いを識別する能力が高く、音の可聴範囲も広い。微妙な違いを瞬時に見分けられる能力に優れているといえるわけだ。
  • また、カンといえば“女のカン”が有名だが、女性は脳全体を使い記憶やイメージなどから情報を多角的に判断するため、男性よりもカンが働くのである。
  • さて、脳の中で経験を保管して記憶に残すのが“海馬”。海馬は、同じ経験を多く積むと記憶の回路を鮮明にするため、判断の基準がより明確になる。
    刑事が一瞬のカンで犯人を見破るのも経験ゆえだ。
  • これは、声優の演技についても同じことがいえる。
  • “練習はウソをつかない”というが、正にその通りだったというわけだ。




演技についての注意点



◎ここでは、演ずるときの心理状態などや動作などの詳しいことを、物語形式で分かりやすくお伝えします。

◆演出家はマリアに言った。
「新しい芝居をやろう。その内容はこうだ。
君のお母さんが職を失った。その結果、君は演劇学校の授業料を払えず、退学せざるをえなくなる。
ところが、一人の友達が君を救いに来てくれた。彼女は高価なブローチを持ってきてくれた。
君は感動するが、ブローチを受け取ることはできない。君は辞退しようとする。
友達はブローチをカーテンに刺して立ち去る。
君は友達を廊下まで追っていき、厚意を受けることにする。
君はブローチをとりに部屋へ戻るが、見つからない!
誰かが入ってきて持っていったのだろうか。下宿では、それもありうることだ。
念入りな捜索が始まる・・・・。
私がカーテンの襞にピン(ブローチ)を刺すから、君はそれを見つけなさい」

マリアは舞台へ駈け上った。
彼女はフットライトの縁へ駈け寄り、両手で頭を抱え走り去った。
ついで彼女は、また進み出て、今度は反対の方角へ立ち去った。
舞台の端へ移動すると、彼女はカーテンの襞をつかみ、それを絶望的にゆすり、頭をそこに埋めた。
この行為で彼女はブローチの捜索をあらわすつもりであった。
それが見つからないので、彼女は素早く振り向いて、悲しみを表すためらしく、頭をかかえたり、胸をおさえたりしながら舞台を駈け去った。

「どんな気がする」
「とても素敵。どんなに素敵かとても言えません。舞台が気楽で」
「それは結構。しかし、ブローチはどこだ」
「あら?いいえ、私、わすれました」
「それはおかしい。君はしきりにあれをさがしていたのに、忘れた」

演出家は警告的に言った。
「この事を忘れないように。ブローチが見つかれば君は救われる。だが、もしピンが見つからなかったら・・・」

たちまちマリアの顔は緊張した。
彼女はカーテンに目を据えて、布の襞をいちいち上から下まで根気よく捜した。
今度は、彼女の捜索はずっとゆっくりしていたが、彼女がそんなふりはしようとしないのに、ほんとうに興奮しているのがみてとれた。

「ないわ」
襞を残らず調べ終えると、彼女は絶望と驚愕をこめて叫んだ。

「今度は、どんな気がする」演出家が尋ねた。
無意識的にマリアの目は、まだ舞台の床に注がれていた。「わかりません。よく捜しました」
「本当だ。今度はたしかに捜した。しかし、最初には君はなにをしたのだ」
「あら、最初には、私、興奮しました。悩みました」
「どちらの感情が良かったかね。最初、君が駈け回りカーテンを引き裂いたときと、二度目に、君がそれを静かに捜したときと」
「もちろん、最初にピンを捜したときです」
「いや、最初に、君がピンを捜したなどとはとんでもない。君は単に、捜すフリをしたにすぎなかった。
だが、二度目には、君は確かにピンを捜した。舞台では、常にある目的をもって演技を行うことが大切なのだ」



◆「幕が上がると、君は舞台で腰をかけている。ひとりきりだ。君はいつまでも腰をかけたままだ。そして幕が下りる。それが芝居の全部だ。できるか」

生徒たち全員が演じ終わると、演出家は言った。
「マリア、ここへ上ってきたまえ。君と共演しよう」

彼女は舞台中央の椅子にかけさせられた。彼女は、そわそわと待ち、意識的に動き、スカートを引っ張りはじめた。
演出家は彼女の傍に立ち、たんねんに手帳のページをめくっていた。
そのうちに、マリアは静かになり、ついに動かなくなって、その視線は彼の上に固定された。
彼女は彼の邪魔をすることなく、ひたすら命令の下るのを待ち受けていた。
そのポーズは真に迫り、自然であった。
そして、幕が下りた。

「どんな気がする?」演出家がマリアに尋ねた。
「なぜですか?私たち、演じたのですか?」
「もちろん」
「あら!わたし、ただ腰をかけて、手帳をみつけて、『なにかをしろ!』と言ってくださるのを待ってただけです。わたし、なにも演じませんでした」
「それが一番いいところだ。君は腰をかけて待った。そしてなんにも演じなかった」

演出家はみんなの方へ向き直った。

「どちらがおもしろかった?」と彼は尋ねた。「舞台で腰をかけ、ソーニャのしたように可愛らしい足や、グリーシャのしたように全身を見せつけるのと、マリアがしたように、なにかが起こるのを待つというような単純な目的にしろ、ある特殊な目的のために腰をかけているのと?
それはそれ自身として固有の興味はないかもしれない。しかし、それは生きている。
これに反して、自分を見せつけることは、君たちを生きた芸術の外に追い出してしまう。
舞台においては、常になにごとかを行っていなければならない。行動、運動は、俳優の追及する演技の根底である」

「しかし」グリーシャが口をはさんだ。
「いま、行うことが必要だ。そして僕のしたように、足や姿を見せつけるのは行動ではない、そう言われました。
なぜ、先生のなさったように、一指も動かさず椅子に腰掛けているのが行動なのですか?
僕には、行動の完全な欠如のように思われました」

「いいかね」演出家は静かに言った。
「舞台で、微動だにせず腰掛けている人間は、不活動を意味するのではない。
身じろぎもせず腰をかけていても、行動をとることはできるのだ。
身体が動かないのは、心理描写の結果であり、演技上、はるかに重要なのは、そういう内的活動である。
演技の本質は、見せかけの芝居ではなく、その精神的内容にあるのだ。
重要なのは、劇中人物が、なにを感じているかを知り、それを表現することである」



◆「ベテランの俳優でさえ、持ち役にとって重要でもなければ必要でもないことを舞台で演じることがしばしば起こる。
これが、君たち みんなにあった。
ある学生は、自分の声や演技の技巧を見せつけた。
他の学生は、その威勢のいい行動や、バレエの跳躍や凄まじいやりすぎによって見物人を笑わせたし、美しい身振りやポーズで飾り立てた。
だが、彼らのやったことは、彼らが演じている役にとって必要なものではなかったのだ。
君についていえば、ゴヴォルコフ、君は持ち役に心理内容から接近せず、まったく別のことをした」

「なんだったのですか」

「機械的演技。
諸君が拳を握り、目をむき、歯をくいしばり、筋肉を緊張させ、浅く早く呼吸すると、まるで怒っているように見える。
また、泣くかわりに両手で目や顔をおおうとか、復讐には拳を振り回すとか、祈るときは両手を天井に差し伸べるというような、さまざまなやり方がある。
しかし、そこには感情はない。あくまでも見せかけである。
役を生きなければ真の芸術はありえない。真の芸術は、感情の加わるところから始まる」


日常における練習方法

「私がかつて並木道に乳母車を押していくのを見かけた老婆の話をさせてもらおう。
乳母車の中にはカナリヤの籠がはいっていた。
多分、老婆は家へ運びやすいように持ち物を全部、乳母車の中へ入れてしまったものだろう。
しかし、私はそうとりたくなかったので、あわれな老婆は子も孫もなくしてしまって、残された唯一の生涯の伴侶というのが、このカナリヤなのだということに決めた。
だから老婆はついこの間まで、いまはなくしてしまった孫息子にしてやったように、カナリヤを並木道へ乗せてやってきているのだ。
こうなると、すべてが事実より遥かにおもしろく、演劇向きである」
スタニスラフスキイ著 「俳優修業」より

つまり俳優には、日常における事柄を絶えず観察し空想することが恰好の練習方法となるんですね。



究極の上達方法

あなたの周りに、学校のテストは落第点ばっかりのくせに
車やバイクの話になると、やたらと詳しい。なんて人はいませんか。

これは、つまり、この人がバカなんではなく
ただ単に、勉強が嫌いで車やバイクが大好きだ。ということなんですね。

もし、本当に頭が悪かったら、車やバイクのことも憶えられるわけがありませんもの。

人は、好きなことならいくらでも憶えられるし上達のスピードも速いんです。

“好きこそ物の上手なれ”の諺は真実なんですね。






まとめ

みんなから拍手される演技。
大勢の人を感動させられる演技が出来る声優をめざして頑張ってください。



声優演技研究所トップページ 講師陣紹介 卒業生たちの進路一覧 生徒ボイスサンプル
質問Q&A  声優養成所日記  レッスン見学・入学案内 演技の基礎と実践  滑舌トレーニング問題集
外郎売<音声 全文> レッスン予定表 あがり克服法 俳優道・声優道 関係者のページ