スタニスラフスキイ
について
スタニスラフスキイ「俳優修業」を手に取ったのは、2000年の初めごろです。
養成所の講師となるからには、生徒に間違ったことを教えるわけにはいきません。“正しい演劇論”というものを知っておく必要があると強く感じたからでした。

ところが読み進んでいくうちに驚きました。本の内容を全部知っていたからです。

私が声優を志して以来、仕事場から酒の席まで、実に大勢の先輩方や監督さんたちから「演劇論」を叩き込まれました。それが「スタニスラフスキイ演劇理論」だったのです。先輩たちや監督さんたちが語ってくれた演劇論が、すべて「俳優修業」に書かれていたのです。

声優の世界にいる人たち全てが、「俳優修業」を読んだとは思えません。もちろん読んだ人もいるでしょうが、読んでない人も沢山いるでしょう。私自身も、養成所の講師にならなければ、いまだに読んでいないと思います。

でも、読んでいなくても知っていました。
スタニスラフスキイ「俳優修業」には、難しいことはなにも書かれていませんでした。
読んでみれば分かりますが、本の内容は“演劇学校の先生と生徒のお話”です。入学当初は演劇について何も知らなかった生徒たちが、演劇学校で学ぶうちに一人前の俳優として成長していく姿を描いた物語です。プロの声優だったら、誰でも知っている演技の本質<誰でも知っているとは言っても、決しておろそかにしてはならない、とても大切なこと>が書かれていました。

「スタニスラフスキイ演劇理論」は、プロの声優が“それと知らなくても普通に実践している”主流の演劇論です。

もちろん「俳優修業」は、独学で学んでかまわないと思います。
誰かに教わるのも良いですが、自分から進んで読んでみることをお勧めします。
細かいところの誤読など怖がらず、本の全体を通してスタニスラフスキイが読者に何を伝えたいのかを感じ取ることが出来れば、きっと【演劇の本質】がつかめる思います。
「スタニスラフスキイ演劇理論」は、間違いなく声優の世界と密接に関係しております。
だからこそ、声優を目指す皆さんは「スタニスラフスキイ演劇理論」を知っておく必要があると思うのです。
声優演技研究所 講師 巻島直樹
声優演技研究所 l 講師紹介 l 進路一覧 l ボイスサンプル l レッスン見学/入学案内 l 外郎売
質問Q&A l 活動日記
l レッスン予定表 l 演技の基礎と実践 l アーティキュレーション l あがり克服法
俳優道・声優道 l 関係者のページ l お問い合わせ