※当サイトは CSS を使用しています。CSS非対応の環境でご覧の際には、一部レイアウトが崩れますのでご注意ください。
サイトマップ リンク トップページへ戻る
ご案内 バンク登録 自立支援プログラム策定事業 セミナー・講習会 メール相談 マメ知識 センターだより 疑問解決

>> 就労マメ知識 >> 面接を受けるときのポイント(事前準備編)

行き当たりばったりで面接試験に臨んでいる人はいませんか?
面接試験で“普段の自分らしさ”を見せることも大切ですが、採用を勝ち取るためには“ちょっとした準備や努力”も必要ですよ。

応募する会社の業務内容や、募集している職種の仕事内容についてできる限り情報を集めましょう。面接時に必ず質問されます。自分で応募した会社の業務内容について答えられないのでは、やる気を疑われてしまってもしかたがないですよね?
また、あれこれ調べている内に、そこで働いている自分の姿をイメージして意欲が膨らんだり、志望の動機を自分の言葉で具体的に表現できるようになったりするものです。そういった前向きな姿勢で面接試験に臨めば、採用担当者に好印象を与えられること間違いなしです。

「どうしてこの会社を志望したのか」「なぜ前の会社を辞めたのか」「自分の長所・短所は?」・・・これらの質問は、面接試験で必ず出されるものです。あらかじめ予想できる質問には、どのように答えるのか考えておいた方が良いでしょう。「志望動機ぐらい、その場でなんとでも答えられるワ」と思っているあなた!実際の面接では、緊張で頭の中が真っ白・・・なんてことになるかもしれませんよ?
また、面接試験では、あなたが質問にどう答えるかだけでなく、あなたの話を聞く態度や会話の仕方などもしっかりチェックされています。あらかじめ考えてきた答えを棒読みするのでは、あまりいい評価は期待できませんよね?答えの要点だけをしっかり頭に入れて、面接時の雰囲気や質問のされ方に応じて柔軟に対応できるのがベストですが、いきなりぶっつけ本番!では、ちょっと難しいかもしれません。
そこでスマイルセンターでは、面接試験突破対策として、プロの面接試験官を招いての「模擬面接」を毎奇数月に開催しています(詳細はセミナー・講習会のページをご覧ください)。ぜひ模擬面接に挑戦して、本番の試験に備えておきたいですね!また、模擬面接を受けられない場合には、ご家族やお友達に協力してもらって面接の練習をしておくのも効果がありますよ。

当日慌てないように、面接場所までの交通手段や道順・所要時間などを確認しておきましょう。できれば実際に、面接予定の時間帯に当日の交通手段を利用して行ってみるといいですね。面接場所を実際に自分の目で確認することで、当日の緊張もいくらか和らぎます。急に面接が決まった場合など、面接場所がよく分からないときには、会社に尋ねてきちんと確認するようにしてください。

忘れ物のないよう、事前に持ち物をチェックしておきましょう。一般的に面接当日必要な持ち物には、以下のようなものがあります。※プリントアウトして、チェックリストとして利用する場合はこちらをプリントアウトしてご利用ください。

@ 履歴書(事前に郵送している場合は必要ない)
A 紹介状(事前に郵送している場合は必要ない)
B 印鑑
C 筆記用具・メモ用紙
D 面接場所の地図
E 面接を受ける会社等の連絡先
F 財布・携帯
G その他持参するよう指示のあったもの(資格証明書等)

基本的に面接試験にはスーツで臨みます。紺やグレーなどの落ち着いた色合いのものを選ぶようにしましょう。夏場であれば、ブラウスにタイトスカートでも大丈夫です。ブラウスにはしっかりアイロンをかけ、だらしない印象を与えないよう注意してください。当日になって慌てないように、服だけでなくカバンや靴も服装にあったものをあらかじめ準備しておきましょう。