※当サイトは CSS を使用しています。CSS非対応の環境でご覧の際には、一部レイアウトが崩れますのでご注意ください。
サイトマップ リンク トップページへ戻る
ご案内 バンク登録 自立支援プログラム策定事業 セミナー・講習会 メール相談 マメ知識 センターだより 疑問解決

>> 疑問解決 >> ひとり親家庭への支援にはどんなものがあるの? >> 高等技能訓練促進費


自立支援教育訓練給付金

高等職業訓練促進給付金

福祉資金貸付金

児童扶養手当

遺族年金

ひとり親家庭医療費助成

援護事業

日常生活支援事業

子育て短期支援事業

保育サポーター事業

母子生活支援施設

ひとり親家庭向け県営住宅

無料法律相談
養育費等相談

JR定期乗車券割引制度

税対策

売店設置許可

高等職業訓練促進給付金
 (※事前相談が必要です)

ひとり親家庭のお母様、お父様が資格の取得を目指して養成機関で修業される場合、受講期間のうち一定期間について訓練促進費を支給する事業です。詳しくは、各福祉事務所までお問い合わせください。
※お住まいの住所地を管轄している福祉事務所については「市町村別受付窓口」をご覧ください

 対象者

ひとり親家庭の母、父であって、以下の要件のすべてを満たす者。

●児童扶養手当の支給を受けているか、または同様の所得水準にあること

●養成機関において1年以上のカリキュラムを修業し、対象資格の取得が見込まれるものであること。

●就業と修業、または育児と修業の両立が困難であると認められる者であること。

 対象資格

看護師・介護福祉士・保育士・理学療法士・作業療法士

給付金の種類 訓練促進費 支給期間 修業期間の全期間(上限36ヶ月)
支給申請 修業を開始した以後で、申請を行う年度の前年9月末までに修業の予定及び修業状況等を母子自立支援員に報告し、対象者であることの確認を受けること
支給額
10万円(住民税課税世帯は7万5百円)
対象者 入学前に相談している方
支給申請 修了日を経過した日から30日以内
支給額 5万円(住民税課税世帯は半額)
 備考

当事業の実施状況は市町村ごとに異なっているため、受講を希望される方はまず、お住まいの住所地を所轄する福祉事務所にお問い合わせください。
支給申請の方法についても、各福祉事務所でお問い合わせを受け付けております。