※当サイトは CSS を使用しています。CSS非対応の環境でご覧の際には、一部レイアウトが崩れますのでご注意ください。
サイトマップ リンク トップページへ戻る
ご案内 バンク登録 自立支援プログラム策定事業 セミナー・講習会 メール相談 マメ知識 センターだより 疑問解決

>> 疑問解決 >> ひとり親家庭への支援にはどんなものがあるの? >> 児童扶養手当・遺族年金・医療費助成・激励事業


自立支援教育訓練給付金

高等職業訓練促進給付金

福祉資金貸付金

児童扶養手当

遺族年金

ひとり親家庭医療費助成

援護事業

日常生活支援事業

子育て短期支援事業

保育サポーター事業

母子生活支援施設

ひとり親家庭向け県営住宅

無料法律相談
養育費等相談

JR定期乗車券割引制度

税対策

売店設置許可

児童扶養手当

父母の離婚などにより父親又は母親と生計を同じくしていない児童(満18歳に達する日以降最初の3月31日まで)について、児童の福祉の増進を図ることを目的として、公的年金を受けることができない母等に対して支給されるのが「児童扶養手当」です。父親又は母親がいても、重度の障害がある場合にも支給されます。ただし、母等および同居の扶養義務者の所得制限により、一部支給もしくは全額停止となる場合があります。詳しくは、お住まいの市町村の母子福祉担当課へお問い合わせください。

※受給要件・受給額などの詳細は奈良県子育て支援課のホームページで確認できます

※お住まいの市町村の母子福祉担当課については「市町村別受付窓口」をご覧ください

このページのトップに戻る

遺族基礎年金・遺族厚生年金

遺族年金には、「遺族基礎年金」「遺族厚生年金」があります。

・遺族基礎年金 国民年金の被保険者または老齢基礎年金の受給資格期間を満たした人などが死亡したときに、その人によって生計を維持されていた子()のある妻、または子()に支給されます。
・遺族厚生年金 厚生年金の被保険者または老齢厚生年金の受給資格期間を満たした人などが死亡したときに、その人によって生計を維持されていた遺族に支給されます。子()のある妻、または子()には遺族基礎年金が併せて支給され、その他の人には遺族厚生年金のみが支給されます。

・・・満18歳に達する日以後最初の3月31日まで)

遺族基礎年金・遺族厚生年金とも、支給要件について日本年金機構の「年金Q&A」のページで確認することができます。条件に該当すると思われるときは各年金事務所にご相談になり、裁定請求の手続きを行ってください。

※お住まいの住所地を管轄している社会保険事務局については

市町村別受付窓口」をご覧ください

このページのトップに戻る

ひとり親家庭医療費助成

次の対象者は、医療費の自己負担分が助成されます
1. 配偶者のない女子又は男子で現に児童(満18歳に達する日以後最初の3月31日まで)を扶養するもの
2. 配偶者のない女子又は男子に扶養されている児童
3. 父母のいない児童
4. 3の児童を養育している配偶者のない女子又は男子、婚姻をしたことのない女子又は男子

詳しくは、お住まいの市町村の母子福祉担当課にお問い合わせください。

※お住まいの市町村の母子福祉担当課については「市町村別受付窓口」をご覧ください

このページのトップに戻る

援護事業

●交通遺児等激励金
交通事故や自然災害で父または母を亡くした18歳未満の児童に激励金(10万円)が支給されます。

●交通遺児等入学祝金
小学校、中学校、高等学校各入学時 遺児一人につき5万円が支給されます。
●メンタルケア助成
生活や子育て等に不安を持つ保護者を対象に、心理カウンセリングの利用に係る費用を助成。

詳しくは、お住まいの市町村の母子福祉担当課又は下記までお問い合わせください。
お問合せ
社会福祉法人 奈良県社会福祉協議会 総務課
     住所 〒634-0061 橿原市大久保町320-11
                    電話 0744-29-0100


※お住まいの市町村の母子福祉担当課については「市町村別受付窓口」をご覧ください

このページのトップに戻る