※当サイトは CSS を使用しています。CSS非対応の環境でご覧の際には、一部レイアウトが崩れますのでご注意ください。
サイトマップ リンク トップページへ戻る
ご案内 バンク登録 自立支援プログラム策定事業 セミナー・講習会 メール相談 マメ知識 センターだより 疑問解決

>> 疑問解決 >> ひとり親家庭への支援にはどんなものがあるの? >> JR定期乗車券割引制度・税対策・売店設置許可


自立支援教育訓練給付金

高等職業訓練促進給付金

福祉資金貸付金

児童扶養手当

遺族年金

ひとり親家庭医療費助成

援護事業

日常生活支援事業

子育て短期支援事業

保育サポーター事業

母子生活支援施設

ひとり親家庭向け県営住宅

無料法律相談
養育費等相談

JR定期乗車券割引制度

税対策

売店設置許可

JR定期乗車券割引制度

生活保護または児童扶養手当の支給を受けている世帯は、「通勤定期乗車券」に限り3割引で購入できます。詳しくは、各市町村の母子福祉担当課までお問い合わせください。

※お住まいの市町村の母子福祉担当課については「市町村別受付窓口」をご覧ください

税対策

 
     
    配偶者と死別又は離婚をした場合や、夫の生死が不明などの場合は所得控除の額が上乗せされ、税額が軽減される
    仕組みがあります。これを寡婦控除(男性の場合は寡夫控除)といいます。

= 寡婦控除の概要 =
  寡婦控除  寡夫控除
一般  特別  一般 
死別・離別の区分
夫と死別・離別した後、未婚の者又は
夫が生死不明の者
夫と死別した後、未婚の者
又は夫が生死不明の者
夫と死別・離別した後、未婚の者又は夫が生死不明の者 妻と死別・離別した後、未婚の者又は妻が生死不明の者
扶養親族等の有無
扶養親族 又は
生計同一の子(他者に扶養されている者を除き、総所得金額等が38万円以下の者)がいる者
扶養親族の有無を問わない 扶養親族である子 生計同一の子(他者に扶養されている者を除き、総所得金額等が38万円以下の者)がいる者
所得制限
なし 前年の合計所得金額500万円以下 前年の合計所得金額
500万円以下
控除額
所得税:27万円
住民税:26万円
所得税:27万円
住民税:26万円
所得税:35万円
住民税:30万円
所得税:27万円
住民税:26万円


      〈寡婦控除のみなし適用〉

           
           未婚のひとり親家庭の母又は父を対象に、保育料の軽減や高等職業訓練促進給付金等の支給額の算定等
           において、寡婦控除又は寡夫控除のみなし適用を実施する各自治体のサービスがあります。

 

           ※詳しくは、各税務署もしくは各市町村の税務担当課までお問い合わせください。

           ※お住まいの住所地を管轄している税務署については「市町村別受付窓口」をご覧ください。


公共施設内の売店等の設置許可・たばこ小売販売業の許可

母子家庭および寡婦が、公共的施設内において売店または理容所・美容所などを設けたいときは、特に優遇されることになっています。また、たばこ小売販売業の許可に関しても優遇されますが、既存店舗との距離不足等により許可されない場合もあります。

・売店等の設置許可 お問い合わせは各福祉事務所まで
・たばこ小売販売業の許可 お問い合わせは近畿財務局理財部たばこ業務室(Tel:06−6949−6368)まで

※お住まいの住所地を管轄している福祉事務所については「市町村別受付窓口」をご覧ください

このページのトップに戻る