2014年版 2025年における自動車産業予測  

  当資料は、2020年までの自動車を取り巻く環境の変化と自動車の今後の需要予測、自動車産業のグローバル化、
エレクトロニクス化、次世代エコカーの普及予測と技術動向などに関して、弊社及び大学、研究機関の有職者等と
プロジェクトを組み、調査を行うものであり、貴社における今後の事業計画、マーケテイング戦略上の貴重な情報と
なることを確信をもってご案内申し上げます。
*******************************************************************************************************

調査研究のポイント

・自動車産業を取り巻く環境
・自動車の2025年までの需要予測
・2025年に向けてのカーメーカー、部品メーカーの方向性、考え方
・BRICsの自動車産業の将来予測
・電気自動車・プラグインハイブリッド車・燃料電池車等の次世代エコカーの将来予測
・カーエレクトロニクス、自動運転車等を中心とした技術動向
・各カーメーカーにおける世界戦略車の動向

調査項目

.自動車産業を取り巻く環境
   (経済,産業構造,人口構成,ライフスタイル,交通・道路計画,エネルギー)

2.自動車生産台数の現状と予測
 1)日本の自動車生産台数予測
 2)世界の自動車生産台数予測
   (全体,地域別)

3.日本,米国,欧州,アジア等の自動車市場
 1)日本の自動車販売台数予測
 1)米国,欧州,アジア(日本含む)等の自動車市場(2025年予測)

4.日本の自動車輸出台数の現状と予測
 1)日本の自動車輸出台数予測
 2)日本の仕向地別自動車輸出台数予測
 3)日本の車種別自動車輸出台数予測

5.自動車保有台数予測
 1)日本の自動車保有台数予測
 2)世界主要国の自動車保有台数予測

6.車両構成2025年予測
 1)カテゴリー別販売台数(2011年,2012年,2013年)
 2)カテゴリー別需要予測(2025年予測)

7.各装備予測
 1)装備率予測(国内生産台数ベース)
   (CVT,電動パワステ,車間距離レーダー,LEDヘッドランプ,
    パワースライドドア,パワーバックドアなど)

8.カーメーカーの動向、展開
 1)日,米、欧競争力比較
 2)自動車産業のグローバル化・再編成の方向性
 3)BRICs市場に対するカーメーカー・部品メーカーの動向
 4)世界戦略車の動向,考え方
 5)各カーメーカーにおける2025年に向けての考え方

9.技術革新
 1)自動車を取り巻く2014〜2025年までの技術革新
 2)カーエレクトロニクスの動向
 3)電気自動車・プラグインハイブリッド車・燃料電池車等の次世代エコカーの技術動向と普及予測
   (EV,PHVのグローバル生産台数予測など)
 4)自動運車車の動向(2025年予測))

10.材料
 1)アルミ化の動向
 2)マグネシウム化の動向
 3)樹脂化の動向

調査対象先

・カーメーカー全般
・主要自動車部品メーカー
・主要海外メーカー
・官公庁、各関連研究機関


発刊ご案内

2006年版 2015年における自動車産業予測

発刊日: 2014年1月25日
価格: 98,000円(消費税別)
体裁: A4版 200ページ
調査期間: 2013年8月1日〜2014年1月17日

2014年版の内容見本
      ↓
    


お申し込み方法

下記の必要事項を明記の上、FAXかE−mailでお送りください。

 資料名  2014年版 2025年における自動車産業予測  
 貴社名  
 所在地
 TEL
 所属名  
 御芳名  

お申し込み・お問い合わせ

出版案内に戻る