発泡ポリエチレンと金属の接着

(発泡ポリプロピレンもやり方は同じです)


1.ホットメルト接着



SKIP66を 両方に塗って乾かす



接着部を重ね、ホットガンやトーチで金属側から強熱し、軽く押さえつける。

(注意点)

炎が発泡体に直接あたると、表面がすぐ融けてしまいます。
・・・金属と密着している部分は強熱しても大丈夫です。



2.プラズマ処理
(orコロナ放電処理)



表面をプラズマ処理する。

この後、エポキシやウレタンやクロロプレン接着剤で、接着する
(瞬間接着剤は プラズマ処理と、いまいち 合わない様です。)



3.SKIP#66処理 (非加熱で)プライマーとして使う方法



接着部にスキップ#66を塗って、乾かす。



エポキシ接着剤orウレタン接着剤で接着する。

この場合、加熱処理を省いていますので
SKIP#66と発泡オレフィンの接着は
あまり強くはありません。

しかし、発泡体の強度はそれ以上に弱いので、
特にキビシイ用途で無い限り、十分、実用になります。



4.スキップラバー(*)接着
(*弊社製品)



接着部にSKIP#66を塗って乾かす。



スキップラバーをあてて、加熱し押さえる。



3.の方法よりは、加熱している分だけ、強い接着ができます。
スキップラバー3.000円/巻(25M)




関連項目
発泡スチロールの接着

概説

発泡スチロールは、溶剤で すぐ溶けてしまいますので、溶剤の入った接着剤は使えません。  無溶剤接着剤を使えば簡単に接着出来ます
エポキシ、ウレタン、酢ビエマルジョン等、何ででも簡単に着けられます。

尚、アクリル系のように、成分自体が溶剤の働きをしてしまうものはまずいです。無溶剤といいながら、溶剤を(少し)加えている市販品もありますので、ご注意ください。